« 南串山町の力石~雲仙市南串山町 | トップページ | 「多助ぼぅっさん」★土橋多助(貞恵翁) その2~多助橋と貞恵翁堀 »

2013年6月 6日 (木)

「助けぼぅっさん」★土橋多助(貞恵翁) その1~土橋家墓所

Photo_2

森山町に4年ばかりいるとき、毎年「土橋貞恵翁祭」が行われ、薄れた記憶によれば、町

内の2つの小学校4年生以上と中学生全員が、東小学校に集まり、貞恵翁の遺徳を偲ん

だものでした。


貞恵翁の説明については、各3校の持ち回りで、劇にしたり、校長先生の講話にしたり、と

いう形でしたが、なにせ、小学校の4年、5年、6年、中学校の1年、2年、3年と同じ話を6

回聞くわけになるわけで、これでは、いやでも郷土の先覚者の事を覚える事になり、郷土

を深く理解させるには、こういう徹底さが必要だなと感じたことでした。

諫早市でも、諫早小学校、北諫早小学校、丸尾=上諫早小学校の児童が集まり、顕彰碑

に集まり、訓示のあと、「多助まんじゅう」という、紅白まんじゅうを貰っていたそうです(今

もかな?)。


さて、土橋多助は安永五年、諫早の長田に生まれ。苦労しながら、多良の金泉寺で読み

書きを学び、佐賀の諫早藩で下僕をし、その後、長崎の医者吉松道硯に医術を学び、32

才の時、森山町杉谷で開業します。


このときは、「土橋永春」の看板を掲げていたそうですが、医術の優秀さと、その人格か

ら、寸暇も無いほど多忙を極めたそうです。


そのため、資産が増え富豪となりますが、これらの財産は、森山、諫早地方の架橋、道路

の改修、ため池の築造等に使われています。


万延元年、諫早領主から士族に列せられ、「貞恵」の称号を受けます。晩年には剃髪し、

「知足庵」と称し、仏門に入ります。


晩年にいたり、墓地の準備にかかり、地開きをしたり、墓碑を刻んだそうです。墓碑は森

山東小学校の脇の道から入りますが、案内板があるのですぐ分かります。

ここまで登ってくるのがちとつらい、という感じですが道はちゃんと整備されていました。


墓地は、三段になっています。入り口に、六地蔵。

Photo_3

立派なもので、「先祖代々有縁無縁三界萬靈墓」と刻んであります。

最下段は土橋家の墓。貞恵翁の墓もどこかに建っているのでしょうが・・・・

Photo_4

中段が先祖高柳家の祖と、師匠の墓

Photo_5

最上段は三つの尊像。中央が阿弥陀如来、左が大黒天、右が薬師如来。

Photo_6

この、三段に各々カメがいけてあります。

Dscf1224 Photo_7

このカメは小鳥が水を飲みに来るために、いけてあるそうですが、深くて鳥がおぼれない

ように、小石を入れて浅くしてあるそうです。濁って中は見えませんでしたが、貞恵翁の

心が感じられるような墓所でした。

(参考・引用:「森山町郷土史」「諫早史談~田中為一著」「高城の歴史散歩~山口祐造

 著」より)


新車買って3日目。半日ドライブしていたら、何となく、カミサンより、ポチ心が通じるような

気がしてきました。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ





« 南串山町の力石~雲仙市南串山町 | トップページ | 「多助ぼぅっさん」★土橋多助(貞恵翁) その2~多助橋と貞恵翁堀 »

史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/57536920

この記事へのトラックバック一覧です: 「助けぼぅっさん」★土橋多助(貞恵翁) その1~土橋家墓所:

« 南串山町の力石~雲仙市南串山町 | トップページ | 「多助ぼぅっさん」★土橋多助(貞恵翁) その2~多助橋と貞恵翁堀 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ