« 雲仙鉄道 その23~富津トンネル修復跡の謎 | トップページ | USB扇風機の使い方~決定版 »

2013年6月13日 (木)

2013 大村公園の菖蒲&国立大村病院~長崎県大村市

1

今日は、国立大村病院へ(前にも書きましたが、正式名称、独立行政法人国立病院機構

長崎医療センター)。3ヶ月ぶりの検診です。以前にも書きましたが、特定健診の肝臓の

検査で、AST(GOT)とALT(GTP)と、何とかかんとかの値が異常に高く、紹介されてきたも

のです。


あれrから、半年、2回目の検診ですが、本人の努力の甲斐あって、どちらとも、異常なし

(本当に私は偉い)。この値が高いと、肝脂肪、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がん、

原発生胆汁性肝硬変、薬剤性肝炎、アルコール性肝炎が疑われるそうです。ASTが高い

場合は、心筋梗塞も疑われるそうです。皆さんも、主治医を持って、定期的に検診を。


「あなたは安心すると、また太って、値が上がるだろうから、気を引き締めるために、又、

半年後に来なさい。」との、ありがたいお言葉を頂きました。その時、肝臓のエコーも撮る

そうで、肝臓に付いた脂肪はなかなか落ちないそうです。


さて、ほっとして、終わったのがお昼頃。食堂が10階(9階だったかな?)にあるので、お

昼ご飯。いつもの、一番安いランチ。どこへ行っても、お昼には一番安いランチを食べま

す。


これには理由があって、お昼の安いランチに手抜きをする食堂はろくな所はない(金がな

いということもありますが)、という私の哲学でありまして。そのような店は、夜には利用は

しないと・・・・

7 2

飯食って、同じ階に空中庭園なるものがあるとかで覗いたら、一番上の写真。雰囲気良い

ですね。患者さんの心を和らげるために作ったのでしょうが、季節の良い時なら、眺めは

良いし最高でしょう(ビアホールにすれば、まだ最高でしょうが・・・・)。何となく、恋の語ら

いをという感じ。


ちょうど、ドクターヘリが飛んできて、最近大活躍という感じです。千々石にも時々飛んで

きます。患者さん無事なら良いんですが・・・・


さて、どうせ、家に帰ってもすることもないので、大村公園へ菖蒲を見に。これも昨年書き

ましたが、年取ると、同じ事を繰り返すことが多くなって・・・

3

昨年は、ちょうど盛りの時来たのですが、菖蒲の見頃は、5月下旬から6月中旬。今年は

来るのが少し遅くなって、盛りは過ぎていましたが、まだまだ十分楽しめました。


左は私の好きな風景で、「穴門」。肛門ではありません。何のために、このようにしたの

か、説明板もないので分かりません。穴が好きなお殿様がいたのかな?(嫌いな人は少

ないけれど)

4 6

右は、桜並木。と言っても花は咲いていませんが。オオムラザクラ、ソメイヨシノ、玖島(ク

シマ)桜。この公園は、玖島城です。よく大村城と言われる方もおられますが。桜の頃、ま

た来ることに。

5

城に菖蒲、以外と良いですね。もう少し花が咲いていたら良かったのですが。残念というと

ころ。先日、島原城の菖蒲園も紹介しましたが。お城には、桜も似合うし、梅も似合うし。


道元禅師の和歌ですが

春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえてすずしかりけり

自然って良いもんですね。私は、若い女性の方が好きですが・・・・


ところで、桜の説明板を読むと、桜はバラ科なんですね。トゲのないバラ科もあるんです

ね。ウチのカミサンもトゲが無ければ、ポチ可愛いものを・・・・・

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ




« 雲仙鉄道 その23~富津トンネル修復跡の謎 | トップページ | USB扇風機の使い方~決定版 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/57585284

この記事へのトラックバック一覧です: 2013 大村公園の菖蒲&国立大村病院~長崎県大村市:

« 雲仙鉄道 その23~富津トンネル修復跡の謎 | トップページ | USB扇風機の使い方~決定版 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ