« 雲仙モーモーフェスティバル みずほ2013~長崎県雲仙市瑞穂町 | トップページ | 絵馬いろいろ~雲仙市千々石町橘神社 »

2013年5月 5日 (日)

肥前鳥居発見~長崎県雲仙市瑞穂町西郷・八幡神社

0

昨日のモーモーフェスティバルの帰り、「雪屋」さんへ丸ぼうろを買っての帰りがけ、道が分

からないので、適当に走っていたら、「八幡神社」というのがあり、古い神社には興味があ

るのですが、新しそうなので、どうしようかと思いながらも、ちょっとお参りに。

1 2

鳥居をくぐった所の左側に、もう一つ、鳥居と石祠が。この、鳥居を見たとん、愕然。先日

話題にした、肥前鳥居ではありませんか。上の写真です。肥前鳥居について、もう一度復

習しますが、

41 P6140126

鳥居の一番上の部分が、「笠木」、その下の部分が「島木」。柱を貫いているのが「貫」、立

っているのが、私の○○ポ、ではなく、「柱」。右の写真は、諫早市で唯一残っている、肥

前鳥居。諫早市有形文化財・建造物に指定されています。


佐賀県大百科には肥前鳥居について、次のように書いてあるそうです。

「肥前鳥居は、一般的な明神鳥居に比べ、どっしりした落ち着きのある風情を醸し出して

いる・・・・・佐賀を中心とする肥前一帯のほか、長崎県や福岡県の一部にも分布する。そ

の特徴は笠木・島木・貫が原則とし2,3本つなぎで組み立てられ、笠木と島木が一体化

し、木鼻が舟底状に流線型をなしている。また、柱の下部が張り出して作られ埋け込みと

なり、明神鳥鳥居などにみられる亀腹がもうけられていない。さらに柱の上端の笠木・島

木を支える部分に台輪が必ずつけらており、楔を設けることがない。・・・」


一番上の写真とぴったりするのですが、これには島木無しのもので、佐賀の肥前鳥居の

写真をみると、これと同じように島木無しのもあるようです。もちろん3本継ぎです。

Dscf0876

確かに、貫の部分には楔はありません。


ただ、上部を支える台輪がありません。さらに。貫が柱の所で終わっていて、外側に出て

いません。風化か?。また、柱をみると、2本継ぎですが、普通は継ぎの部分は、左右で

高さを同じにしてあるのですが、左右の継ぎ目の高さが違うこと気になりますが。なぜなの

か?


多分、奉納者の氏名、奉納年月日、石工名等が彫ってあったのでしょうが、風化のためか

残念ながら分かりません。額束には「八幡大菩薩」と書いてありました。


ひょっとしたら、この鳥居、初期の肥前鳥居ではないのかな、と思えるほどの素朴な風格

を持っていました。しばらく、鑑賞していきました。市の文化財に指定しても良いんじゃない

のかな、とは思いますが、諫早、佐賀では指定してあるし・・・


ところで、今日、写真を整理していると、灯籠の文字で気になることが

5

「享保十一年丙牛天」。享保十一年は丙牛ですから間違いはありませんが、「年」ではなく

「天」の字が。


隠れキリシタン研究者では、天号年といって、墓などに「天」と言う字が彫ってあると、隠れ

切支丹だと言っています。「天」は「天国」に通じるということです。議論のあるところです

が・・・


ただ、わたしも、年号に「天」の字が入ったのを、いくつか見つけ、専門家の方に写真を見

ていただいたら違うだろう、という返事でした。でも、この灯籠、「年」ではなく、なぜ「天」を

使っているのでしょう?


まあ、昨日は巨乳には触れるわ、肥前鳥居は見れるし、人生たまにはポチと良い日があ

るもんですね。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ




« 雲仙モーモーフェスティバル みずほ2013~長崎県雲仙市瑞穂町 | トップページ | 絵馬いろいろ~雲仙市千々石町橘神社 »

史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/57317652

この記事へのトラックバック一覧です: 肥前鳥居発見~長崎県雲仙市瑞穂町西郷・八幡神社:

« 雲仙モーモーフェスティバル みずほ2013~長崎県雲仙市瑞穂町 | トップページ | 絵馬いろいろ~雲仙市千々石町橘神社 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ