« 雲仙鉄道 その21~昔の愛野村駅風景 | トップページ | 千々石の飛び石~雲仙市千々石町 »

2013年5月31日 (金)

もう一つの眼鏡橋~長崎県諫早市

Dscf1448

何回も出しますが、この風景が好きで。手前がこの間から紹介をしていた「ミニ眼鏡橋」、

奥に見えるのが、本来の眼鏡橋。国の重要文化財です。新緑に包まれていいですね。


諫早には、このほか、もう一つの眼鏡橋があります。

Dscf1484

人が渡るだけの橋です。どこが、眼鏡橋だよ、と言われても・・・正面を見ると

Dscf1485 Dscf1483

右の写真、3枚の銘板があります。左は「本明川」と書いてあり、右には、橋の由来が書い

てあります。真ん中、一段高いところ

Dscf1482

誰が読んでも、「眼鏡橋」.何回読んでも「眼鏡橋」、間違いなしの「眼鏡橋」。なぜ、ここに

「眼鏡橋」があるのか、察しの良い方はお分かりだと思いますが、橋の由来が書いてある

銘板を引用します。これについては、諫早市内の方くらいしかご存じないと思いますの

で・・・・ 


眼鏡橋の由来

「ここは、郷土諫早の象徴として市民に親しまれてきた、名橋眼鏡橋(二連拱式石橋)が本

明川の清流にその優美な影を宿していたところである。・・・・・・・」


そのあと、眼鏡橋の由来、昭和32年の大洪水の折、この石橋が流木をせき止め、濁流が

両岸からあふれ、市街地に流れ込み、人命と財産が失われた事が書いてあり・・・・


「まもなく本明川の改修工事が国の直轄で施工されることとなり、眼鏡橋は撤去のやむ

なきに至ったのであるが、昭和33年11月重要文化財の指定を受け、現在地から四五〇

米上流の諫早公園に、昔の姿そのまゝに移築復元を完了したのである。

市民に親しまれてきた歴史的大石橋、眼鏡橋の名にちなんで再び、この橋を眼鏡橋と命

名する。

                 昭和41年3月竣功      諫早市長 早 川 員      」


ずっと以前、私は、諫早公園の近くに架かる橋が眼鏡橋跡だと思っていたのですが、あれ

は「公園橋」で、本来の眼鏡橋は下流にあったと聞き、場所が気になっていたのですが、

他の事を調べに、ぶらぶら歩いていたら、思わぬ出会いでした。

Img

 (「ふるさとの思い出 写真集 明治大正昭和 諫早~諫早史談会」より)

本明川に架かる、昔の眼鏡橋です。美しいですね。


この界隈、飲み屋さんが多く、私も何回も通ったはずなのですが、今日まで気づきません

でした。諫早早公園から、下流450m地点ですから、諫早公園に行かれたら、散歩がてら

にいかがでしょうか?この間書いた、本明川の「飛び石」も風情があります。


昔、通ったスナックを覗いたら、不況のせいか、つぶれていました。ポチと美人ママさんの

顔を思い出しました。歩きながら昔を思い出し、ポチと感傷にふける、ロマンティックな私で

ありました。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ




« 雲仙鉄道 その21~昔の愛野村駅風景 | トップページ | 千々石の飛び石~雲仙市千々石町 »

史跡」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/57496423

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つの眼鏡橋~長崎県諫早市:

« 雲仙鉄道 その21~昔の愛野村駅風景 | トップページ | 千々石の飛び石~雲仙市千々石町 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ