« 小野(諫早市)の金比羅山 その2~長崎県諫早市小野 | トップページ | 雲仙鉄道 その13~愛野周辺の1944年の航空写真について »

2013年5月11日 (土)

小野(諫早)の金比羅さん その3~長崎県諫早市小野

P9220540

さて、少し参道の坂道を上りつめたところに、「金比羅山鎮護大権現」のお社があります。

このお社をぐるっと囲む石仏。三十三観音像です。

Photo Photo_2

これには、ちょっと迫力がありました。古くは明和3年(1766)、他は安永(1772~

1780)が多いそうです。


この社の裏から少し下ったところに、展望所、八天狗があります。

Photo_3 Photo_4

八天狗ですが、向かって左の石に、「八天狗」と刻んで祀ってあります。元禄八年だと言う

ことです。ここの所、巨石が多く、巨石信仰を伺わせるものがあります。


なお、八天狗とは、愛宕、比良、大山、大峰、鞍馬、飯綱、彦山、白峰に住む天狗のことで

す。


島原にも八天神社などありますが、諫早地方には、永昌、土師野尾、八天町公園など、八

天狗が各地に祀られています。これは、「諫早を歩く」によれば、伊佐早西郷家の家老山

崎丹後守が、佐賀塩田の塩田八天社の出身で、戦国時代から塩田と諫早は深いつながり

あったと言える、ということだそうです。


この脇に少し広いところがありましたが、雨乞い浮流をした所だそうで、ここからの風景は

雲仙、橘湾を見渡せるところですが、この日は曇って残念でした。


さて、この神社に千々石からも灯籠が奉納されています。

Photo_5 Photo_6

写真では分かりにくいのですが、左側、「願主千々石住人永田喜?冶眞」とあり、弘化三

年。右は「願主千々石住人宮嵜九郎右衛門延高」。なんと、以前の書いたことがある、

「山武士神社とは?」に出てくる、宮崎九郎さんではありませんか。ただ、山武士神社は

「千々石里正(郷里制の下における里の長。庄屋。)宮崎九郎右衛門延髙造立」と刻んで

あり、こちらとは若干違いがありますが。


天保十三年(1842)の奉納ですが、これも以前書いた、「平松かぶり★千々石騒動」が起

こったのが、弘化四年(1847)。


「宮崎」姓と言えば、千々石の庄屋でしたから、これから考えると、この宮崎九郎さん、平松

かぶりの時の庄屋さんではなかったんでしょうか?九郎さんだけに苦労(オヤジ駄洒落で

すみません catface )されたんでしょうね。


しかし、千々石、昨日書いたように、山田村(吾妻町)等からも奉納があり、この金比羅さん

の当時の隆盛が忍ばれるところです。   


とにかく、こんな山の中に、といった感じですから是非行ってみてください。何となく、パワー

スポットの感じのする霊場でした。  (参考:「諫早を歩く~山口八郎著)  以上終了


今日はカミサンが一日家にいて、しぇからし(せからしいの長崎弁)かったので、私がポチ

外出してお調べものでした。いろいろ捜してきたので、またネ。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



« 小野(諫早市)の金比羅山 その2~長崎県諫早市小野 | トップページ | 雲仙鉄道 その13~愛野周辺の1944年の航空写真について »

史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/57362513

この記事へのトラックバック一覧です: 小野(諫早)の金比羅さん その3~長崎県諫早市小野:

« 小野(諫早市)の金比羅山 その2~長崎県諫早市小野 | トップページ | 雲仙鉄道 その13~愛野周辺の1944年の航空写真について »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ