« 寺山修司 没後30年 | トップページ | 土井口番所・原口番所■島原藩・佐賀藩の境~長崎県雲仙市愛野町 »

2013年5月 2日 (木)

パソコン~ちょっとしたワザを

1_3

今日の写真は、モアレが入って、ちょっと見にくいと思いますが・・・


昨日、身に覚えのない、英文のメールが届いておりまして、英語といえば、中、高、大学、

10年間勉強したのでありますが、未だに言えるのは、「I am a pen」、「This is a boy」、くら

いのもの。


ひょっとした、先日、変なサイトを見ていたので、高額請求書ではないかと思い、焦った、焦

った。


とにかに、何が書いてあるか分からない事にはどうしようもなく、ひょっと思い出したのが、

Googleの翻訳機能。ここらへんは、私、まだ呆けてない証拠。Googleをだして

3

翻訳の所をクリックすると、画面が変わりますが

4

赤の四角の所に、先ほどの文章をコーピーして、貼り付けると、

45

右側に、立派な和訳が。数年前、翻訳のソフトを入れて試したところが、英文より訳が分か

らない日本語が出てきましたが、これなら立派なもの。


中身は、カミサンが数年前アメリカに行ったとき、パソコンでパスポートの申し込みをし、そ

の期限が切れるので、渡航の時は再更新をというもので、メールのアドレスを書き込んで

いたので、その連絡でした。変なところからではなく、本当にほっとしました。


あとで、気づいたことですが、最初のメールの画面で、右クリックすると

赤で囲んだところに、ボックスが出てきて、この中に、「翻訳」という項目がありますから、あ

とは、少しめんどくさいのですが、とにかく、適当にやってみたら

Dscf0743_3

ちゃんとした、日本語になります。名文とはいきませんが・・・・

6

なお、音声機能があるパソコンでしたら、音声入力しても翻訳文がでます。ただし、正しい

発音でないと無理みたいですが。


「I am a good boy(私は良い少年です)」と音声入力したら、「ウソはつかないでください」と

翻訳されました。

でも、このコンピューターどこまで進化していくんでしょう。先日も、プロ棋士がパソコンに負

けてしまうし。そのうち、人間なんていらなくなるんじゃないのかな?


なお、翻訳できる言語として、アイスランド語、アラビア語、イタリア語、スワヒリ語、ベラル

ーシ語等々、世界中の言語が翻訳できそうです。長崎弁はありませんでしたが。


明日からゴールデンウィークの後半戦。行くところもなく、ポチと寂しい連休です。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



« 寺山修司 没後30年 | トップページ | 土井口番所・原口番所■島原藩・佐賀藩の境~長崎県雲仙市愛野町 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/57295292

この記事へのトラックバック一覧です: パソコン~ちょっとしたワザを:

« 寺山修司 没後30年 | トップページ | 土井口番所・原口番所■島原藩・佐賀藩の境~長崎県雲仙市愛野町 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ