« 「活水」の読み方? | トップページ | 懐かしの郵便ポスト »

2013年4月18日 (木)

十二支公園:未・南風の海浜公園~諫早市早見町

Photo

諫早の十二支公園については、以前書きましたが、諫早市が環境整備のためか、諫早周

辺に公園を整備したものです。しかし、「十二支公園」とは、曰くありげな名前を付けたも

の。

Photo_2 Photo_3

いつも通っている、長崎へ行く、海沿いの国道251号線ですが、左の写真、おや、何だろう

と見ると、右の標識。ここの所、何十年も通っているのですが、気がつきませんでした。新し

く立てたのか、私がボーッとしているせいなのか?

Photo_4 Photo_5

看板を見たからには、見て行かなければと・・・名称が良いではありませんか。「南風の海

浜公園」。思わず、二人っきりで行ってみたいような名称。


道は、広くは無いといったところ。2~3カ所標識がありましたから、迷わずに行きました、

多分標識がなかったら、迷っていたでしょう。なお、ここは、「九州自然歩道」の標識も立

っていました。

Photo_6 Photo_7

着いたところが、え!ここが公園という感じでしたが、左の写真、林になった所は「歳大明

神」があるところで、赤の四角の所、「十二支公園 未 南風の海浜公園」と、古びた標柱。

手前の広いところは駐車場になっており、真ん中に一番上の写真、エビス様がおられまし

たが、もちろん、お供えは「エビスビール」。

Photo_8 Photo_9

「浜遊びの皆様へ」と注意書きがあり、その下に、「駐車料金について 早見町にようこそ

あなたの真心を料金箱へ 駐車料金200円 早見町自治会」と書いた料金箱があって、

「真心を」と書いてあっては、「真心」のある私。200円、ちゃんと入れてきました。

この看板と、駐車場の広さを見ると、夏場にはかなり、浜遊びをする人が来ているみたい

な感じでした。

Photo_10 Photo_11

「歳大明神」と書いてある神社。新しい立て替えたような感じの神社みたいでしたが、御手

洗いには、明治42年と書いてありました。


裏へ回ると、おおきな木が、朽ちたままに立っており、下の説明版に、「諫早の名木 アラカ

シ 諫早ライオンズクラブ結成30周年記念事業」と書かれていました。


調べて見ると、書いてあるとおり、ライオンズクラブが30周年記念に、諫早の名木30本を

選定したものらしく、ネットで調べると、30本の中に、「アラカシ(ブナ科) 早見町 歳大明

神 2.28m 16m」となっておりました。

Photo_13 Photo_14

神社へ行くと、いろいろ見る癖がつき、本殿の所の彫り物ですが、見事なものでした。


さて、海岸は岩場で、道が途中まで続いており、右側にも、3~4カ所駐車場がありました

が。道が狭く、軽自動車以外はよした方が良いでしょう。私も、日本のベンツ、トヨタに乗っ

ているので、車は置いて、しばらく潮風を受けウォーキングしてきました。気持ちは良かっ

たですよ。


この日は霞んでいましたが、愛野の断層は見えていました。多分天気が良ければ、雲仙岳

まで見えるでしょう。

Photo_15 Photo_17

右の看板には笑いました。「この先早見海岸には駐車場がありませんので 適当な場所に

車は置いて 徒歩でお下りください 諫早市長」。適当な場所と言っても、こんな狭い道に

車なんか置いていくと大変ですよ。市長さん。


夏場は、子供を連れて浜遊びは楽しいでしょう。興味のある方は是非どうぞ。途中の道は

気をつけて。


近ごろいろいろあって(例のお方とです)。クサクサしていたので、ポチと良いお散歩コース

でした。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 





« 「活水」の読み方? | トップページ | 懐かしの郵便ポスト »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/57200498

この記事へのトラックバック一覧です: 十二支公園:未・南風の海浜公園~諫早市早見町:

« 「活水」の読み方? | トップページ | 懐かしの郵便ポスト »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ