« 愛のハタあげ大会~長崎県雲仙市愛野町 | トップページ | センゴク一統記第3巻 宮下英樹著~出ましたよ »

2013年4月 9日 (火)

長崎のハタ・諫早の凧揚げ取り締まり

1

さて、皆さんは長崎名物をご存じでしょうか?


「長崎ぶらぶら節」という民謡があります。「長崎名物 ハタ揚げ 盆祭り 秋はお諏訪のシ

ャギリで 氏子がぶらりぶらりと いうたもんだいちゅ」。と言うことで、第一番目に、「ハタ揚

げ」があげられています。ということで、長崎名物の第一がハタ揚げと言うことになります。


「盆祭り」は「精霊流し」、他の所と違って、爆竹などを使って、賑やかなお盆行事。

「秋はお諏訪のシャギリ」は、諏訪神社の「おくにち」の祭りのこと。


これに最近は「ランタン祭り」が加わり、以前の日銀長崎支店長が講演会で、長崎は祭り

が多いところですね、などと言ってました、どうも、口調からすると、長崎人は浪費癖がある

という感じでしたが・・・・


さて、ハタと言えば唐八景、唐八景と言えばハタ揚げと決まっていて、4月7日にハタ揚げ

大会が開かれていました。


この大会、ハタを揚げるヨマ(ハタを揚げる糸)に、ガラスを細かく砕いて、糊と混ぜ、ヨマに

塗り、乾かして、ハタの方に、このヨマを使い、ハタとハタを絡ませ、ヨマを切るというもの。

切れて飛んだハタを追っかけて、拾いに走った思い出があります。この、他人のハタに絡

めて切るのは、難しいものです。


もちろん、切られたからといって、恨むようなことはありません。あくまで大人の粋なお遊び

です。


さて、長崎のハタは上の写真の様に菱形です。裏は

2

実に単純で、二本の竹を組み合わせたもの。ヨマを竹が交差した所と、一番下の部分に取

り付け、この二本を結び、これに揚げるヨマを結びつけます。バランスを取るのが難しく、下

の方に、ほそ長く切った紙を使い、長い尻尾をつけたりします。


さて、長崎でハタ揚げが盛んなら、お隣の諫早でも盛んで、江戸時代に取り締まりまであっ

たとのこと。


「諫早市史」の、「奢侈(しゃし)取締」の所、「寛永年間の倹約令」、「文化向上と服装取

締」、「諫士に對する取締」などの中に、「凧揚げの取締」というのが書いてあり、長いので

要約すると、長崎では凧の大きさを文数で呼んだそうで、長崎は20~30文の小型が多か

ったそうです。


これに対し、諫早では、紙の枚数で何枚入りと言ったそうで、八枚入りになると、かなり大

型になり、長崎ではこの大型の凧を「つぶらかし」と呼んでいたそうで、これに凝ると、財産

を潰すからだと言われています。


その、費用のかかる遊びを、お上が見逃すはずはなく、取締が出たそうです。


一、左の通り達帳を以て相達候事。

   達   帳

凧揚の儀、童、子供尾長の外一切後停止置かれ候については、一統其の心得いたし、吃

度、取止め候様、・・・・・・・自然心得違ひ取り扱い候者これあるい於ては、御取揚の上、其

者は申すに及ばず、親々々も急度其〆り仰付らるヽ儀に候。」


「尾長」は多分、子供用の凧の下に、紙で長く尻尾をつけたものかな?「其者は申すに及

ばず」、「親々々」まで、取締の対象になるとは。


なお、面白いことに、凧ばかり取り締まっても、それを揚げるヨマを売る者があってもよろし

くないと、それも取締になったそうです。


一、市中、其外において、凧相拵(こしらえ)、扨(さて)又、右よま杯一切賣出さざる様、自

然相用ひざる者之有るに於ては、御取揚げの上、急度手當仰付けらる儀候。


この取締が出たのが、慶応四年、江戸時代最後の年号。4年後に明治になりますが、取締

はなくなったため、反動的に盛んになり、凧商などが集まり、凧合戦などを主催したそうで

す。いまでは、この大型のハタ見たことがありません。ゲイラカイトばかりが飛んでいます。

(参考・引用:「諫早市史」より)


女遊びは、できないし、ハタ揚げにでもポチ凝ってみますか。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



« 愛のハタあげ大会~長崎県雲仙市愛野町 | トップページ | センゴク一統記第3巻 宮下英樹著~出ましたよ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、ブログを始めて4ヶ月ほどになりますが、まだよく慣れておりません。貴方様のブログを拝見させていただき多だ感激するばかりです。実は過去のブログで「雲仙鉄道」のことを詳しく記載されてるのを拝見しました。主人が小浜出身ですのでとても懐かしく早速其の1~その12までを印刷させていただき家の宝となりました。本当にありがとうございました。これからもご活躍を心より応援させていただきます。

コメントありがとうございます。

お褒めの言葉、ありがとうございます。日記代わりに、書き始めたのですが、いつの間にか
二年ほどになりました。

「島原鉄道」は、資料がたくさん出ているのですが、、「雲仙鉄道」は資料がなく、苦労します。

まだ、課題が二つばかりと、千々石~愛野の分が残っているのですが、又いつか。

なお、私のブログは、勘違いで書いているところもあるので、要注意です。すみません 。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/57139932

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎のハタ・諫早の凧揚げ取り締まり:

« 愛のハタあげ大会~長崎県雲仙市愛野町 | トップページ | センゴク一統記第3巻 宮下英樹著~出ましたよ »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ