« 本明川の飛び石 その2~長崎県諫早市 | トップページ | 十二支公園:未・南風の海浜公園~諫早市早見町 »

2013年4月17日 (水)

「活水」の読み方?

Img_2

今日は、活水の同窓会事務局から、総会の通知が来ておりまして、この学校、中学校、高

校、大学とあり、、私も、この大学に行きたかったのですが、なにせ、女の子の学校という

事で、門前払いでした。


私たちの時代には、お嬢さん学校というイメージが強く、高校の時には、憧れていた人があ

ったのですが・・・当時は、男女交際なんて考えられない時代でした。


私の家に通知が来たのは、娘に来た通知です。

さて、この「活水」なんて読むでしょうか?「かっすい」。違いますね。

Img_2_2

下の英語で書いてあるところ、「活水」は「Kwassui」と書いてあります。学校のホームページ

も「Kwassui」です。パソコンで「Kwassui」と打ち込んで変換したらなんと出るでしょう。「K]と

「s」の間に「w」が入っていますから注意して。


「かっすい」ではなく、「くぁっすい」と出ます。出ない?そりゃ、あなたのパソコン買い換え時

期ですよ。「かっすい」でしたら「Kassui」で「w」はいりません。


昭和50年の始め頃でしたか、千々石に勤めの関係で来ました。(おかげでカミサンに騙さ

れて、一緒になりましたが、あれは立派な結婚詐欺です。)


ある日、お年寄りの家に行ったとき、「くぁしは、くわんかない。」と言われ、「くわんかない」

は「食べないか」というのは分かるのですが、「くぁし」とはなんぞや?出てきたのをみたら、

普通の「お菓子」。


その時は、千々石では「菓子」のことを、方言で、「くぁし」と言うんだなと思いましたが、いろ

いろ、勉強していくと、言葉の発音には変遷があるとか。たしか何かに書いてありました

が、昔は、「は」は「ふぁ」だったそうで、「はな」ではなく、「ふぁな」だったとか。興味ある人は

自学自習でお勉強を。


調べた人によると、「くわ、ぐあ」が、カ、ガになるのは江戸時代だったそうです。

「活水」が「活水女学校」として創立したのが、1879年(明治12年)、すくなくとも、この頃

まで長崎地方では「か」ではなく「くわ」、もしくは「くぁ」と発音した歴史がうかがわれます。


さて、千々石では、昭和50年までは確実に使っていましたから、千々石はよほど時代に遅

れたところか、それとも、伝統、文化を大切にしたところか・・・・


活水ですね。ポチとでも入学してみたかったな。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




« 本明川の飛び石 その2~長崎県諫早市 | トップページ | 十二支公園:未・南風の海浜公園~諫早市早見町 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/57193404

この記事へのトラックバック一覧です: 「活水」の読み方?:

« 本明川の飛び石 その2~長崎県諫早市 | トップページ | 十二支公園:未・南風の海浜公園~諫早市早見町 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ