« ぶらり歩けば~雲仙市千々石町 | トップページ | 本明川の飛び石 その2~長崎県諫早市 »

2013年4月15日 (月)

本明川の飛び石 その1~長崎県諫早市

Photo

昔は、橋が現代ほど多くなく、住民は川の飛び石を渡っていました。


先日、書いたように、諫早の郷土館で「諫早市郷土館 解説シート」という冊子をいただき

ましたが、表紙を見ていると

Photo_2

赤い枠の所が、昔の本明川に架かっていた眼鏡橋になります。本明川洪水後、今の諫早

公園に移設し、そのそばの本明川に公園橋が架かっていますが、眼鏡橋は、若干、下流

の所にあった事になります。


この地図、諫早図書館蔵の諫早家古地図の中にあるそうです。


説明によると、文久4年(1864)頃のものだそうですが、見取り図ではなく、測量したもの

だそうで、かなりの精度をもったものだそうです。縮図1818分の1。


さて、この本明川をみていると、青の四角の所、なにやら、○印が点々と書いてあって、ひ

ょっとしたら、飛び石かなと思って、GoogleのEarthで調べるとビンゴ

Photo_3

皆さんも、Googleで本明川を見て行くとすぐに分かります。ここの河原は歩きやすく、ウォー

キングがてら、見に行ったら

Photo_6 Photo_7

Photo_8 Photo_9

Photo_12 Photo_15

いや、あちらこちらあるもんで、しばらく見ていたら、皆さん結構利用していました。橋と橋

の間に住んでいる方は、ぐるっと回わらなければならないので、利用しているのでしょう

が、飛び石のある川は風情があって良いもんですね。


ということを、考えていると、ふと、ある疑問が。この本明川は昔から、洪水を起こしたとこ

ろ。元禄12年には洪水を起こし、次の年の大干害の犠牲者の供養、治水、領内の安泰の

願いを込め、諫早家当主、第7代目茂晴公が富川渓谷に500羅漢の磨崖仏を彫っていま

す。


特に、昭和32年の7月25日には、大雨に伴う諫早地方の災害、特に本明川に大水害を

おこした事は、まだ記憶に新たなところです。


と言うことで、この本明川はかなり河川改修をしたところ。この事を考えると、飛び石を残し

たままだと、工事の邪魔になるはず。どうしたのか?どうも、釈然としません。


さて、どこで確認するか?考慮することしばし、ピンときたところが、私のカン良い所。と言う

ことで次回のお楽しみ。


なお、一番上の写真は対岸が、諫早神社(旧四面宮、地元では、お四面さんとして親しま

れているそうです。)この写真、次回に関係あるので覚えておいてください。


飛び石、私も渡ってみましたが、歳のせいかポチと滑りそうになりました。情けない。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




« ぶらり歩けば~雲仙市千々石町 | トップページ | 本明川の飛び石 その2~長崎県諫早市 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/57180406

この記事へのトラックバック一覧です: 本明川の飛び石 その1~長崎県諫早市:

« ぶらり歩けば~雲仙市千々石町 | トップページ | 本明川の飛び石 その2~長崎県諫早市 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ