« 桜だより~長崎県雲仙市千々石町橘公園・小浜町とけん山公園 | トップページ | 幻の肥前鳥居 その1 ~長崎県南島原市有家町・島原市 »

2013年3月16日 (土)

北村西望特別展~南島原市南有馬町

Img_0006

今日は天気も良く、カミサンが家にいるので、何かないかと思っていたら、「北村西望特別

展」が、西望記念館(北村西望の生家)で開催されていました。これ幸いと、「行ってきま

す」。北村西望は、日本を代表する彫刻家の一人です。


カミサンも、私がいるのが鬱陶しいのか、行き先も聞かずに黙っていました。


写真は、パンフレットですが、長崎の平和祈念像を作っているところです。こうして見るとす

ごいですね、。長崎の原爆記念日の慰霊祭は、この像の前でおこなわれます。

庭には、現物の四分の一の像が置いてあります。

P3150275_3

西望記念館は西望公園の一角にあります。西望の生家です。庭も整備され、作品が10点

ほど展示してあります。

P3150281 P3150277_2

この敷地内に、先ほど書いた生家が、記念館としてあります。庭の作品を鑑賞するのは、

ただですが、記念館に入ると、入場料を取られます。もちろん中には西望の作品が置いて

あります。


何回か入ったことはあるのですが、今日は特別展だとかで、ちゃんとお金を払って入りまし

たが、平和祈念像の試作品が2体おいてあり、ひとつは、写真のような座像、そして、もう

一つは、立像でした。これは、珍しかった。写真撮影禁止のため、写真は撮れませんでし

た。


何十年か前、大分県の「朝倉文夫記念館」に行ったことがありますが、その時、長崎から来

たと言うことで、北村西望の話が出て、朝倉文夫は明治16年生まれ、北村西望は明治17

年生まれ。


朝倉文夫の猫の彫刻が、今でも目の奥に残っていますが、朝倉文夫は1,902年、25歳

の時に第2回文展で、最高賞の2位(最高賞が2位みたいです)、次の年も2位、次の年は

3位と天才ぶりを発揮します。


これに対し、北村西望が文展最高賞を取ったのが、1,915年(大正4年)。朝倉文夫に遅

れること13年です。北村西望は、朝倉文夫に対しライバル感を持っていた、との話を聞い

た覚えがあります。


北村西望は、「たゆまざる 歩みおそろし かたつむり」という言葉を残していますが、まさ

に努力の人と言えるでしょう。亡くなったのが104歳。こちらの方も、まさに、かたつむりの

歩みでしょう。


さて、記念館の入り口

P3150280_2

かわいい彫刻が立っていますが、名称は「将軍の孫」。自分の子どもだったか、孫だったか

がモデルだそうです。


赤い四角の所、以前は確か、「将軍の孫」となっていたのですが、この平和な時代に、とい

うことでしょう、「今日わ」になっていました。こちらの方が、入り口に飾られるものとしては、

ふさわしいでしょう。なお、中に、同彫像がありますが、こちらは「将軍の孫」になっていま

す。


いつもは、見られないものがありますから、春の一日ゆっくり、鑑賞してはいかがでしょう

か?庭でゆっくりしていくのも良いですよ。


明日も天気が良さそうだし、カミサンはなにもなさそうだし、ポチポチどこへ行くか、考えま

すか。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ





« 桜だより~長崎県雲仙市千々石町橘公園・小浜町とけん山公園 | トップページ | 幻の肥前鳥居 その1 ~長崎県南島原市有家町・島原市 »

人生」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/56968366

この記事へのトラックバック一覧です: 北村西望特別展~南島原市南有馬町:

« 桜だより~長崎県雲仙市千々石町橘公園・小浜町とけん山公園 | トップページ | 幻の肥前鳥居 その1 ~長崎県南島原市有家町・島原市 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ