« 2013 島原芝桜公園(3月1日)~島原市 | トップページ | 桃カステラ~長崎 »

2013年3月 2日 (土)

辻井いつ子講演会~子どもの才能の見つけ方 伸ばし方

P3020037

辻井いつ子さんといっても、お分かりにならないでしょうが、上の写真。ご存じですね。全盲

のハンディキャップを乗り越え、日本人で初めて、第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノコ

ンクールで優勝した、辻井伸行のお母さんです。舞台の右側で、講演していますが、ちょっ

と写りませんでした。


話を聞いていると、いつ子さんの考え、話の、ポジティブなこと。

才能がないと、あれだけのピアニストにはなれないでしょうが、才能だけでなく、親の考え、

支え、人との交流の中で人が育っていくことが、分かります。とくに、最初のピアノの先生の

こと、小学生1年から高校まで指導をした川上昌裕氏とのこと、指揮者の佐渡裕との出会

い。その出会いも、いつ子さんのポジティブな思いから出てきたもの。その、ポジティブな思

いが世界的なピアニストを育てたのでしょう。


機会があったら、是非、聞いていただきたいお話です。会場で配っていたチラシに、【「親ば

か力」で才能を引き出す10の法則】が載っていたので、転記してみます。


① 子どもの可能性を信じる

② よく観察し、才能を発見する

③ 始めるのに「早すぎる」はない

④ 思いっきりほめる、抱きしめる

⑤ ネガティブな言葉は使わない

⑥ ファン第1号になる

⑦ ひらめいたら即アクション

⑧ 本物に触れさせる

⑨ いい先生を見つける

⑩ 明るく楽しく、あきらめない

※「親ばか力」とは、モンスターペアレントをはじめとする、自己中心的な親ばかになるので

はありません。子どもの可能性を信じて、よく観察する事です。そして、たっぷりの愛情をも

ってほめ、応援することで、子どもの才能を引き出してあげる力のことです。

(それぞれに、注釈が入っていますが、長くなるので省略します。)


会場では、ハンカチを出している方の姿もありました。私も、少しばかり・・・・


詳しくは、本も出ており、公式サイト「辻井いつ子の子育て広場」もあり、メールマガジンも

ありますので、子育て中の方は、是非ご覧下さい。自分の子育ての反省のために。


ウチは子育ても終わって、話を聞くのがポチ遅かったみたい。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



« 2013 島原芝桜公園(3月1日)~島原市 | トップページ | 桃カステラ~長崎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/56873311

この記事へのトラックバック一覧です: 辻井いつ子講演会~子どもの才能の見つけ方 伸ばし方:

« 2013 島原芝桜公園(3月1日)~島原市 | トップページ | 桃カステラ~長崎 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ