« 「鯨の塔」後日談 その1 | トップページ | シルバー川柳 2 ~買ってしまいました »

2013年3月27日 (水)

「鯨の塔」後日談 その2

Photo

さて、「鯨の塔」後日談 その2 です。


80年配の男性の方が歩いてこられたので、念のために、聞いてみたら、「諫早水害の時に

流されたのを集めたんじゃないかの。」


すっかり忘れていました。昭和32年7月24日~25日にかけて、1,000㎜もの集中豪雨

が諫早市を襲い、諫早市で多数の死者行方不明者がでます。本明川が氾濫しますが、こ

こは、本明川のすぐ川沿い。


「上からも、地蔵さんとかいろいろ流れてきて、仲沖の公民館の所にも、集めて祀ってある

よ。」、とのことで、すぐ近くの仲沖の公民館に行ってみたら、裏側にありました。一番上の

写真になります。


ちなみに、ここは

Photo_2

諫江八十八カ所の第四十四番札所でした。


ということは、鯨の塔とその横にある碑は、災害の時流されたものを、あそこに集めたもの

か?


と、思っていたらふと疑問が、私がこの「鯨塔」に興味を持ったのが、「諫早史談~田中為

市著」、ですが、これは初版が昭和40年、「その対岸仲沖側の堤防の一角に、一基の碑

が建ててある。」と書いてあり、諫早水害が32年。なら、災害後も流されずに残っていたこ

とになるのですが・・・ということは、はやり何かの時に、ここに移設されたものなのか?


さて、疑問は解けぬまま、某日、諫早の郷土史を研究されている方に、たまたま出会い、

聞いたところ、鯨の塔までは知っておられたものの、今の位置に置かれたいきさつは、分

からないとのこと、ただ、田中為市氏の事も知っておられ、出版は昭和40年であるが、水

害以前の事を思い出して、書かれたのかも知れないとのお話し。また、ここ一帯は、災害

後土地をかさ上げされており、その工事の時、移設された可能性も考えられる、と言う事。

しかし、わたしが言う、漁協解散時の関係も考えられると。なにがなにやらと、いう感じです

が・・・・


結局は、①水害で流され、その後この場所に集められた。②土地、河川工事の時集められ

た。③漁協解散時に集められた。と3つの事が考えられるのですが、近所の人も知らない

となれば、これ以上は、当時の漁業関係者を見つけて、話を聞かなければならないのです

が、そこまでの元気はなく、田中為市氏が書いておられるように、「余り人通りのない堤防

の一隅に寂しく建っている・・・」ではなく、現在は、人通りのあるところに丁重に建てられ、

「よっかったね鯨君」と声をかけ、「鯨塔」を後にしました。


さて、ここ一帯は、前は漁村で、以前の写真を見たことがありますが、今は面影もありませ

ん、

Photo_3 Photo_4

Photo_5 Photo_6

Photo_8 Photo_9

道を歩くと恵比寿さんの像があちらこちら置いてあり、これだけが港町だった面影をとどめ

てめていました。何となく、長崎出身の蛭子能収さん(おなじエビス)的な雰囲気で、いつま

で見ても、飽きませんね。


今回も、昔のことを知る人が少なくなってきていることを肌で感じました。所詮、庶民の歴

史は埋もれてしまっていくのかな?


満開だった桜が、今日の雨で早くも散り始めました。ポチ感傷的になる時期です。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 

« 「鯨の塔」後日談 その1 | トップページ | シルバー川柳 2 ~買ってしまいました »

史跡」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/57045241

この記事へのトラックバック一覧です: 「鯨の塔」後日談 その2:

« 「鯨の塔」後日談 その1 | トップページ | シルバー川柳 2 ~買ってしまいました »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ