« 女夫木(めおとぎ)の大スギ(国指定天然記念物)と十二支公園~長崎県諫早市 | トップページ | 江東寺②松倉重政と板倉重昌の墓~長崎県島原市 »

2013年2月 1日 (金)

江東寺①涅槃像~長崎県島原市

P2010241

今日は、島原の病院通い、ふと思い出して、「涅槃(ねはん)像」を見に。

島原に、「江東寺」というお寺があり、最近は、このお寺にある「涅槃像」を見に、観光客の

方も訪れているみたいです。


全長8m、高さ2m、鉄筋コンクリート造り涅槃像としては、日本最大のものだそうです。作

者は仏師として有名な、福崎日精氏だそうです。

P2010257_2

「涅槃」とは、辞書によれば、釈尊がすべての煩悩を無くし、高い悟りの境地に達し死んだ

こととなっています。(新明解国語事典)


亡くなるときは、頭を北にして、西の方を向いてそうですが、これが現在も「北枕」として、残

っています。西を向いていたので、浄土は西の方にあり、「西方浄土」という話も聞いた事

があります。


さて、ある学者が言っていた事ですが、この姿勢で寝るのが、一番体に良いとか。よく、北

枕で寝るのは縁起が悪いと避けますが、地球の磁力線は北極から南極に向かっているの

で、北を頭にして寝た方が体の道理に合っているとか。また、この姿勢で寝ると、心臓は上

の方になり、負担がかからないとか。お試しを・・・・


正面からだけ見た方には分からないでしょうが、一番上の写真、足の裏を見ると、なにやら

複雑な文様が彫ってあります。


「仏足石」といって、お釈迦様の足跡を石に刻み信仰の対象にしたそうですが・・・・

文様の一つ一つに意味があるみたいで、真ん中丸いのが「千輻輪相」、親指の下が「金剛

杵相」、魚みたいなのが「双魚相」。それぞれに意味があるそうです。ネットで流れています

から、各自学習を。「涅槃像」を見に来られたら、是非、足裏の方もご覧を。


さて、この横に、島原城を作った松倉重政と、島原の乱で総大将を務めた板倉重昌の墓が

ありますが、それは又明日。

P2010262

今日は雨が降って、猫さんもゆっくりと雨宿りでした。


私も、自分の足裏を見てみたら、ポチ臭かった。  

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



« 女夫木(めおとぎ)の大スギ(国指定天然記念物)と十二支公園~長崎県諫早市 | トップページ | 江東寺②松倉重政と板倉重昌の墓~長崎県島原市 »

信仰」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/56674777

この記事へのトラックバック一覧です: 江東寺①涅槃像~長崎県島原市:

« 女夫木(めおとぎ)の大スギ(国指定天然記念物)と十二支公園~長崎県諫早市 | トップページ | 江東寺②松倉重政と板倉重昌の墓~長崎県島原市 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ