« 第7回 雲仙市美術展覧会開催~長崎県雲仙市 | トップページ | 「安德天」と「二位尼(にいあま)」の碑 ② ~諫早市夫婦木 »

2013年2月 9日 (土)

泣く子と地頭には勝てぬ

P2090486_3

女夫木の「安德天」の続きを書こうと思ったら、本日は法事。


子どもが孫を連れて来ていて、ブログを書き始めたら、泣くこと、泣くこと。どう、あやそう

が、抱っこしようが、泣き止みません。


ほんとうに、「泣く子と地頭には勝ちません。」ところで、この意味、「道理の分からない者に

は 、いくら理を尽くして言っても通用しない。」(新明解 国語事典)と書いてあります。


まあ、この子にはいくら理を言っても分からないでしょう。言葉自体を理解していないので

すから。


「地頭」とは「昔、荘園を管理し、租税を徴収した職名。」とあり、「荘園」とは「奈良時代から

室町時代にかけて、貴族・社寺が私有した土地。」とあります。


さて、この「泣く子と地頭には勝てぬ。」という言葉が、いまも残っているところを見ると、地

頭は、かなりの権力をもっていて、道理の分からない人々が多かったのでしょうね。


うちは、「泣く子とカミサンの小言には勝てぬ。」といったところかな?うちのカミサンも、道

理が分からないかたです。

孫がまだ泣いているので、今日のところはここまで。


赤ちゃんは、「おぎゃーおぎゃー」。私は「ポチ、ポチ。」

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




« 第7回 雲仙市美術展覧会開催~長崎県雲仙市 | トップページ | 「安德天」と「二位尼(にいあま)」の碑 ② ~諫早市夫婦木 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/56730540

この記事へのトラックバック一覧です: 泣く子と地頭には勝てぬ:

« 第7回 雲仙市美術展覧会開催~長崎県雲仙市 | トップページ | 「安德天」と「二位尼(にいあま)」の碑 ② ~諫早市夫婦木 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ