« ぼけたらあかん長生きしなはれ | トップページ | 鬼火・門松作り・そして少子化時代~雲仙市千々石町 »

2013年1月 5日 (土)

エンディングノート

Photo

父母が一週間で続けて、亡なくなり、葬儀等について、考えていることを書こうと思ってい

たのですが、「週間ポスト 1月18日号」に、エンディングノートについて、ちょうど載ってい

たのでそれを利用して。


エンディングノート。どのような最後を迎えるか、残された人へのメッセージ等を書く記録で

す。これが遺こしてあると、本当に助かると思います。


記事に従うと

(自分について)

「氏名」。「生年月日」~子どもの生年月日は知っていても、親の生年月日は意外と出てこ

ないもの。私もでした。「住所」。「電話番号」。「本籍」~死亡届等にいります。「学歴」。「職

歴」。「携帯電話」。「パソコン・アドレス等」~これ、解約するときに必要。


「告知について」~これは自分自身どうするか、しっかりした考えが必要でしょう。母は、最

後の3日ほど前に、まだやりたい事があるということを言っていました。私は医者から告知

されていましたが、母には何も言えませんでした。


「延命治療について」~母は眠るように逝ってしまいましたが、父は3日ほど苦しみ、病院

は延命させることが本質ですから、一生懸命処置をしていただきましたが、やはり、頭の隅

には、安楽死と言う言葉が横切っていました。苦しまないように、最低の延命措置で、とは

お願いしましたが。

Pc300314


「最期を迎える場所について」~いま、ほとんどが病院ですが、祖母が自宅で最後を迎え

たときの、母の大変さを聞いていましたから、残される家族のことも考えることが必要でしょ

う。


「臓器提供や献体についての希望」。「最後の瞬間に呼んで欲しい人」。

あと、妻とか、子ども孫に残したいメッセージ。


まあ、これだけ書いてあれば楽ですが、一番困ったのが、親族への連絡。

父は兄弟が一人で良かったのですが、母の時は7人兄弟。一応連絡先は聞いていたので

すが、間違いやら、連絡が取れなくて、これで半日かかりました。


それから、写真が意外と困ることが多いようですが、父母とも葬儀用の写真を撮って預か

っていましたが、見ると平成12年に写した写真、12年前の写真で、今とはほとんど姿が違

っていて、困りましたが、故人の意思と言うことで使いましたが。


あと、葬儀社との連絡、特に母の場合は、亡くなったのが、午前1時半、すぐに地元の葬儀

社を呼び自宅に搬入。それから、祭壇、会葬お礼、会葬者の数の確認、コツ壺の撰定、

お寺への手配の方法、お寺へのお礼の話(お布施、ご仏前、衣代等々~宗派によって違

いはあります)等々、結局、打ち合わせが終わったのが5時くらい。


朝から、自治会へ連絡して、2,3名のお手伝いを。その日の通夜。次の日の葬儀。ほとほ

と疲れ、葬儀の次の日に初七日を終わり、次の日に役場等へ手続き等にいって、やっとほ

っとしたら、医者に呼ばれ、父もあと2~3日だろうと言うこと。ちょっと待ってよ、という感

じ。


結局、賑やかな母は、クリスマス。お経の話が好きな父が、大晦日に逝去。どちらも、らし

いなと思いました。


父の場合は、家族葬を望んでいたので、近くの親戚に来てもらって、おこないましたが、

今年の年末は亡くなった方が多く、1日半ほど、保管をして、仮通夜、通夜、葬儀と少し時

間がかかりました。

葬儀社の話も、一回は訪ねて聞いておくのも必要ですね。私も、前もって、少し話を聞いて

いたので、多少楽でした。


話はまだまだあるのですが、この「週間ポスト」、「『裏』エンディングノート」というのがつい

ていているので・・・


「春の歩みー私の女性遍歴」。「一番好きだった女」。「一番SEXがよかった女」。「生涯で一

番想い出に残っているSEX」。「変態告白」。「あぶない思いで」。「隠し財産」。「処分して欲

しいものリスト」「妻子に内緒で自分のことを伝えて欲しいリスト」。「最後に言い遺しておくこ

とー最後だからこそ許される爆弾告白や、・・・・・」「この裏ノートを保管して欲しい人の名」

いかにも、「週間ポスト」らしい。


さて、試しに「裏エンディングノート」を書いていると、書けたのは、「処分して欲しいものリス

ト~アダルトビデオ72枚」だけでした。侘びしい人生だな・・・・


この「週間ポスト 1月18日号」、役にたちますので是非ご一読を。420円です。


侘びしい人生に、慰めのポチを・・・・

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ




« ぼけたらあかん長生きしなはれ | トップページ | 鬼火・門松作り・そして少子化時代~雲仙市千々石町 »

人生」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

遺言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/56475826

この記事へのトラックバック一覧です: エンディングノート:

« ぼけたらあかん長生きしなはれ | トップページ | 鬼火・門松作り・そして少子化時代~雲仙市千々石町 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ