« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

女夫木(めおとぎ)の大スギ(国指定天然記念物)と十二支公園~長崎県諫早市

1

諫早に「夫婦木」という集落があり、そこの中に「女夫木(めおとぎ)の大スギ」があります。

説明版によると、高さ31m、幹廻り9m。樹齢600年。


昭和27年に県の天然記念物に指定。国内でも、優れていると言う事で、昭和50年に国指

定天然記念物に。杉の木で国の天然記念物は以前の記録では、40本ほどあるそうです

が、この杉は中くらいだそうです。もちろん長崎県内では一番大きいそうです。


昔は二本の大スギが夫婦のように自生して(ウチとは大違い)おり、そのため「女夫木」と

いう地名が生まれたそうです。


台風か落雷かで、今の姿になったようですが、平成4年出版、「諫早の文化財~諫早市教

育委員会著」には下のような写真が載っております。

Img

多分右の写真が、昔の大スギで、左の写真が、災害後の補修工事でしょう、昭和60年度

となっています。現在も。

2

このように、しっかりと補強がしてあります。


さて、この地に、安德天皇と二位尼の碑があるとかで、この先かなと思ってウロウロしてい

たら、このような看板があるので行ってみると、

3 4

「十二支公園  牛 平家と大杉の里」の標注が、少し上って行くと

6 5

広場があり、真ん中に石碑が。これが安德天皇の碑かと思って、駆け寄ったら「猿田彦」の

石碑で、明治31年の文字が彫られていました。ちょっとがっかり。


さて、この「十二支公園」、この立て札は、先日書いた「木秀一里塚」に行く道にも見たので

すが、ネットで調べると場所の紹介してあるブログはあるのですが、由来は全然分かりま

せん。そんなに古くもない立て札ですが、誰が立てていったのか?謎が謎呼ぶといとこ

ろ・・・


大スギは諫早の小栗小学校横の道を行って、刑務所横(中には入らないで!)の道を行く

とすぐに分かります。


「十二支公園」については→こちらをクリック→「諫早十二支公園」

さて、仁徳天皇、二位尼の碑については、また日を改めて、ということでお楽しみに。


この大スギが、夫か妻かは分かりませんが、一本だけで、大きいだけにポチと淋しそう・・・

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




2013年1月30日 (水)

センゴク一統記②~宮下英樹

Img

やっと出ましたね。「センゴク一統記②」。今日、本屋さんに並んでいました。奥付を見ると

出版日は2013年1月4日。やはり、田舎に届くまでに時間がかかったみたい。老眼のせ

いで、私が、見そこなっていたのかな?


さて、本編はいよいよ毛利攻めになりますが、信長が毛利攻めの後に何を考えていたの

か、明らかになってきます。


この巻は、備中高松城の水攻めが中心になりますが、

Img_0002_5

こんな感じで、水攻めをしていきますが、右下の「秀吉堤」、「太閤記」では12㎞、伝承では

3㎞。この本の最後の付記にどうであったのか、研究によると・・・・少しばかり触れてありま

すが、歴史の本当の姿は、なかなか分かりませんね。後は、本をお読みください。上の図

には距離が書いてありますが、ネタバレになるのでカットしています。


さて、いよいよ、次回は「本能寺編~序奏~」に入っていきます。


明智光秀がなぜ、反乱を起こしたのか、諸説在り、日本史の謎の一つでしょう。真実は分

からないところでしょうが、この著者がどのような解釈をしていくか、楽しみですね。


光秀の若い時分は不明な所もあり、また、光秀は死んでなく、徳川家康の幕僚、「天海」に

なったという説も有り、日本史の中でも謎の多い人物で、興味を引くところです。


主人公の仙石権兵衛秀久は、まだまだウロウロしているところです。信長は、時々出て来

ますが、その一言々々、重みがあって、凄いですよ。


私も謎の多い人物で、なぜ私みたいないい男が、女性にもてないのか謎であります。ポチ

と不満を持っております。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 





2013年1月29日 (火)

トルコライス名称異聞

P1280169

チャンポンに続き、食べ物の話です。「トルコライス」。長崎の人なら誰でも知っています

ね。多少、全国的に有名になってきたようですが、一つの皿に、ナポリタン、ピラフ、カツが

盛られたものが基本。うちが発祥の店だと、いろいろ宣伝しておりますが。


カロリーが高いので、随分ガマンしていたのですが、体重が3㎏ほど減ってきたので、まあ

たまには・・・お久しぶりね~あなたと会うなんて(古い唄! 


入ったレストランのメニューに、「トルコライス メンズ レディース」と書いてあるではありま

せんか。しばし考えて、可愛いウェイトレスさんを呼んで


「トルコライス ハーフを」

「え?」

「ハーフだよ。はるな愛ちゃんとか、KABA.ちゃんとかの。」

「そんなのありません。」


「メンズとレディース、どう違うの?」

このウェイトレスさん、機転がきくお嬢さんらしく

「メンズは付いておりますが、レディースには付いておりません。」

今度は私が「え?」


一瞬、きょとんとしましたが、そう、男の子には付いていて、女の子に付いてないといえば、

あれの事ではありませんか。あれですよ。あまり、人を冷やかすものではありませんね。大

反省()。


メンズのほうが、大盛りで、カツも大きいとか。体の事を考えて、レディースを。でも、男のく

せに、レディースを頼むのは、何となく気恥ずかしかった()。なんとなく、オネエになった

気分。普通のトルコライスは、写真よりもっと分量があります。


さて、真面目な話に戻ります。ただし、以下の話は、私がある方から聞いた話で、私は責任

をもつ者ではありません。「トルコライス」の名称については説が多々あり、はっきりしてい

ません。なぜ「トルコ」なのか?


昔、ソープランドの事を「トルコ」、「トルコ風呂」と言っていましたが、トルコの国の方々から

抗議がおこり、1984年に「ソープランド」と改称しました。


これは、「トルコ」と言っていた時代、「トルコ」で有名な某県の話。

そこに勤務されておられた、あるお嬢さんが、ナポリタンとピラフとカツライスが大好きで、

これを、毎日、食堂に順番に頼んでいたそうです。


これを、店のコックさんが、それなら全部一緒に皿に盛ってやったら、という事で、一皿にナ

ポリタン、ピラフ、カツを乗せて持って行ったら、このお嬢さんの喜ぶ事。横で見ていたお嬢

さん方も、私も私もと大評判。


このコックさんが、どういうわけか、長崎に来たそうですが、店のメニューを作るとき、この

料理も入れたそうですが、名前を考えてなかったそうで、「トルコ」で評判だったから、それ

ならと、「トルコライス」と名前をつけたそうです。


重ねて、以上の話は、あくまで、私が聞いた話で、本当の事かどうかは不明です。でも、こ

の話が、他の話より信憑性があるようで好きですね・・・


ところで、これだけ食べるお嬢さん方は、よほどハードな労働なんでしょうね。私は天地神

明、誓って、通った事は無いので知りませんが・・・・ホントよ。


トルコライスを食べた夜、体重を量ると0.5㎏ほどポチと太っていました。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



2013年1月28日 (月)

上山(じょうやま)へ~長崎県諫早市上山公園

Photo

昨日は、とにかく寒くてたまりませんでしたが、今日は天気は良く、そんなに寒くは無く、カミ

サンは家にいないし、お出かけしました。


さて、どこへ行こうかと思っていると、昨年書いた、諫早の総合運動公園からの上山へ登る

道を思い出して、ちょっと登る事に。ただ、総合公園からの分かれ道がどうなっているのか

分からないので、東口から登る事に。


この上山公園は、諫早家に維持、管理された地域で、諫早家代々の直轄の山(留山という

そうです)だったそうです。


市が諫早家から取得し、平成18年には、本県から唯一、「日本の歴史公園100選」に選

ばれています。


入り口の所には、駐車場もあり、道も車が十分通れる広さ(入り口にチェーンが張ってあ

り車での出入りは禁止)。

Photo_2 Photo_4

標識も結構整備され、この「まむしがいます」には笑えますが、あちらこちら見るので、本当

に多いのでしょう(今は冬場だから無事)。

Photo_5 Photo_6

一番頂上にある展望台。諫早を一望する展望台。写真は、クリックすると拡大します。

Photo_7 Photo_8

Photo_9 Photo_10

Photo_14 Photo_15

大村湾、諫早干拓、多良岳、雲仙岳等、一望する景色の良さです。


さて、ここに登るにはルートがたくさんあり、下りはどれをとろうかと・・

Photo_18

赤色が展望台。黄色の所が登り口になります。今回は総合公園のへ降りる道を。

Photo_20 Photo_21

道は良いのですが、登りには多少きつい道になります。こちらから登っていれば、途中でく

たばっていたかも(なにせ老いの身)。「上山公園で遭難、問われる中高年の登山」なん

て、新聞の記事が目に浮かびます。たかだか、122.4mの山ですが・・・・


予定どうり、公園のローンボール場の上の方のタンクの所に出ました。赤い所に標識が立

っていて、分かれ道になってますが、標柱が中途半端な角度なので、右の登り道をとって

ください。


下ってみたら、競技場、完成間近というところでしょう。

Photo_22

多分私が通った道が、一番長いけれど、楽な道みたいです。子供連れにもってこいの、

安、近、短なレジャーですよ。


明日からは、ポチと温かくなるそうです。また、どこかにポチと出かけましょうかね。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ





2013年1月27日 (日)

チャンポンと坂口安吾

P1180452

長崎の食べ物と言えば、チャンポンにカステラ。


先日、「坂口安吾の新日本地理 06 長崎チャンポンー九州の巻」にふれ、「金鍔次衛門」

の事を紹介しましたが、安吾はキリシタンについて、長崎に来てかなりの事を調べて行った

ようです。この、安吾の作品も、長崎チャンポンと題をつけながら、本質はキリシタンにふれ

たものです。


もちろん、チャンポンの事にも触れていますが、チャンポンについて、下記のように書いて

います。


「・・・・陶器製のカナダライに相違ない平鉢の中へ、高句麗の古墳の模型をつくって少女が

運んでくる。古墳の上側にかけてある物をしらべると多量のキャベツやらキノコや肉などを

原料に支那と日本の中間的なウマニに煮たものである。


・・・・カナダライに水をナミナミと満たした場合にはカナダライの内部が直接空気にふれる

空間というものはなくなるのであるが、日本のウドンと支那のウドンのアイノコの場合にお

いてはその空隙がないのみでなく更にカナダライの高さと同じぐらいのものが上へ盛りあ

げられており、更にその上にキャベツ一個分はないけれども一個の半分以下ではないらし

いキャベツとキノコと肉などが積み上げられているのである。


・・・しかし、その時おどろくべきものを見たなア。学校帰りの一四五ぐらいの女学生三人組

と、母親らしき女と十一二の男の子の一組が、ちょっとお八ツ代わりにチャンポンを食いに

来たらしき様子であったが、五六ぺん笑い声をたててお喋りしているうちに、みるみる古墳

の山をくずして、三食分のチャンポンをカステラのように平らげてそこにカラのカナダライが

なければまだ完璧に何も食べていないような顔でしたなア。実に私は目を疑ったね。おそ

るべき女学生がいる。おそるべきオカミサンとその子供がいる。


・・・ところがチャンポン屋に回を重ねて通ううちに、長崎の老若男女というものは実に一人

残らず同じような特別の胃袋の持ち主で、そこに例外は決してないということが、たちまち

明白になりましたね。・・・・」


これは昭和26年の作品ですが、これを読む限り、長崎チャンポンは、この頃までは全国的

に有名で無い事が分かりますね。


なお、長崎の人間としていいますが、そんなに長崎の人間の胃袋は特別のものでは無い

ですよ。確かにチャンポンは量はありますが。上の写真は、上品な盛りのチャンポンで、こ

の倍くらい盛り上げたチャンポンはザラです。


なお、安吾は中身を、キャベツ、キノコ、肉をあげていますが、カマボコ、いか、えび、あさ

り、牡蛎などもはいったりします。とにかく、美味しいので、長崎にお越しの折には、食べて

みてください。ただ、店は選んで・・・・あまり・・・・という店もありますから。


これだけ、入れば、栄養、野菜繊維文句なしでしょう。私の知り合いにも、昼食は毎日チャ

ンポンばかり食べていたのがおりました。


他県の男性の方にいっておきますが、長崎の女性の胃袋も普通ですから、安心して結婚

してください。


なお、長崎にはトルコライスというのもありますが、その名前の由来について、面白い話が

あるので、いずれまた、ポチとご紹介を。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


2013年1月26日 (土)

田結条里制遺構~長崎県諫早市飯盛町

P1210009

条里制といえば皆さん、高校の時習って、よくご存じだと思います。当時、私は歴史の時間

が嫌いで寝ていましたから(どの授業もだったか  )、良く覚えていませんが・・・


たしか、租税徴収の手段としておこなわれた、土地の区画整理制度だったと思います。

土地を区切り、基本単位は109m(古代日本では109mが1町)だそうですが、1町四方が

坪と呼ばれていたそうです。あとは自学自習でお願いね。


この条里制遺構は現在も、あちらこちら残っているそうですが、いつも行っている長崎の病

院の通り道にも、この遺構があるとかで、少し寄り道を。


場所は、いつかご紹介した、「結いの浜マリンパーク」から海沿いにしばらく行ったところ。

又は、国道251号線から少し入ったところ。たしか、「田結」という看板が出ていたと思いま

す。


上が、その写真ですが、


GooglのEarthで見ると

Photo_2

              (Google Earthより)

こんな感じです。


なお、「飯盛町郷土誌編纂委員会」から出版されている、「飯盛町周遊記~史跡と観光」に

地図が載っていましたので

Img

地図の中に「三坪」等「坪」という地名が出ていますが、「条」「里」「坪」が付いているところ

は条里制の名前に由来するところが多いそうです。


なお、ウィキペディアによると、条里制遺構を見つけるには、専門家以外にも可能であるそ

うで、2万5000分の一の地図に、パラフィン紙などに、109mの間隔で、方格線を引き、

地図に重ね合わせ、道路、水路、畦道などがある程度重なれば、条里遺構の可能性が高

いそうです。


いつも通っている近くに、1000年以上の遺構があるなんて驚きました。あなたの住んでい

る近くに田畑があったら調べてみてはどうでしょう?

ただ、現在農地は圃場整備が進んでおり、昔のままの田畑は少なくなっているでしょう。


(参考:「飯盛町周遊記~飯盛町郷土誌編纂委員会」「島原藩主 長崎監視の道~島原殿

さん道の会」「ウィキペディア」より)


わたしも、ポチポチ畑を耕す必要があるのですが、寒くて意欲が湧きません。ポチ。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



2013年1月24日 (木)

たった一人の誕生日

P1240101

市原悦子、野際陽子、シャロン=テート、尾崎将司、ジュディオング、前田日明、久保純

子、五輪真弓、ナターシャ=キンスキー、ニール=ダイアモンド、渡辺正行、まだまだいる

んですが、そして、私。今日1月24日が誕生日の方々です。


さて、今日は図書館へ行ってコピーを頼み、申込書を書き込む時、日にちを忘れて、「今日

は何日だっけ?」「1月24日ですよ」「え?」「1月24日ですが・・・」


1月24日、何か頭の中に引っかかるものがあり、誰かと約束したか?病院に予約を入れ

ている日だったか?頭をフル回転したら、なんと私の誕生日。年取ると、こんなもんです

ね。本当に呆けてしまいました。


どうせカミサンは用事で夜までいないし、一人で祝う事に。誕生日といえばケーキ。懐かし

いですね。小さいときは、父が誕生日ケーキを買ってきてくれたものです。


大きなケーキは2人暮らしなので食べきれないし、小さなケーキなら一つくらいは(現在減

量中)特別に良いだろうと。ケーキ屋さんに行きましたが、ケーキ1個は何となく気が引け

て、買いにくいですね。


コンビニで、150円のケーキを買って、ローソクも仏壇用しか売って無かったので、自分

で、「お誕生日おめでとう」と書いて、「ハッピー・バースディー」の曲を歌って一人で食べま

した。


何とも侘びしい誕生日でしたが、ヤケになって、誕生日祝いは

P1240104_2

前から欲しかった、iPhone5を買って来ました。せめて、これくらいは・・・・


カミサンが今帰って来ましたが、「誕生日」の「た」も言いませんでした。分かっている事だけ

ど、ポチと悲しい

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



2013年1月23日 (水)

「さわやかみかんこまち」だよ!~長崎県立諫早商業高等学校家政科

P1220026

昔、女子高校生といえば、胸がときめいたもの。長崎のJ女子高校とか、k女子高校とか

のセーラー服を見ただけで、頭に血が上っていたものです。あれから、50年。いまや、心も

体もときめきません。


さて、昔は、高校とか短大とかに「家政科」というのがありました。今はほとんど無くなって

きているみたいですが・・・もちろん憧れの女生徒ばかりです。


長崎の諫早に、商業高等学校があって、ここにも家政科があるのですが、今年度で廃止。

2月28日に、「家政科お別れの会」があるそうです。


その、「家政科」が開発して、コンビニで、期間限定で(地域も限定だったかな?)販売され

るのが、上の写真「さわやかみかんこまち」。


以前、島原農業高等学校で、 「じゃGぱん」を開発して、同じように販売した事を書きまし

たが、こちらは「みかん」で対抗です。


長崎のジャガ生産量は日本2位(北海道とは話になりませんが、北海道を除くと日本一で

す)。そして、昔は、みかん畑も良く見かけていました。


以前は千々石でもみかんも良く作っていたのですが、果実の輸入自由化に伴い、みかん

を作っているところは減ってきました。私の家も、昔はみかん畑だったところを潰して、宅地

にしたものです。他の市町村では、有名ブランドもありますが・・・


この、「さわやかみかんこまち」中身は、ぎゅうひ、白あん、長崎県産みかんジャム。

そして、長崎県産米粉(小麦粉も使っていますが・・)。

P1220027 P1220034

お味ですか、2個買ってきて、半分食べたのですが、あとで見ると全部無くなっていました。

カミサン曰く、「あれ、美味しかったよ」。あまり、ものを褒めないカミサンが褒めたところをみ

ると、味は保証付きでしょう。


さて、裏に

P1220030

「家政科」で開発に携わった、生徒さんでしょうか。


学校紹介の所に、「・・・・私たちは、このパンを食べて皆さんが笑顔になれたら、とても嬉し

いです。そして、諫商家政科がなくなっても、思い出してもらえるように心をこめて作りまし

た。ぜひ、ご賞味ください。」と書いてありました。何となく、涙うるうるですね(年取ると、涙

腺が緩んで・・・・)。


以前紹介した、島原農髙の生徒の「じゃGAぱん」、大村城南高校の「田んぼアート」。高校

生も結構頑張っていますよ。「さわやかみかんこまち」を食べて、頑張る高校生を応援しま

しょう。


こちらはパンで、私はポチよ。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ




2013年1月22日 (火)

嶋原街道の一里塚②★唐比一里塚・木秀一里塚~長崎県諫早市

1_2

昨日についで、もう一つの一里塚「木秀一里塚」です。先日書いた、木秀古墳の付近にな

ります。県道124号線をいくと、道の端に、小さな看板で嶋原街道と書いてあります。

2 3

県道から外れ、しばらく登ると嶋原街道に出ますが、街道に出たところに、看板があり、「木

秀一里塚 400メートル 唐比一里塚4㎞」と書いてあります。

3 4

道は、唐比一里塚より良く、私の、ベンツの軽トラックでも十分通れるくらい()。というよ

り、車の轍があり、植林がしてあったので、いまでも使っているのでしょう。



とりあえず、右の方の「木秀一里塚」へ。

上の写真の所ですが、こちらも看板はちゃんと設置されていました。「塚は街道の両側にあ

る」と書いてあったので、道下を見ると。こちらにも、ちゃんと標識が。

5_2

さて、すこし先まで行ってみると、残念ながら、林の中に入ってしまい、分からない事はない

ようでしたが、回れ右。


元のところに戻って、唐比一里塚の方向へ、「唐比一里塚まで、4㎞」と書いてありますか

ら、一里は大ざっぱに4㎞。唐比の一里塚の次が、この木秀の一里塚だったことが分かり

ます。


しばらくいくと。こんな所にでましたが、分かれ道の所に、標識が。まっすぐ行くと、昨日の

唐比一里塚方面、手前が木秀一里塚への道。諫早方面に出ます。唐比一里塚から来て、

標識の左の方向に行くと、有喜から江の浦方面、長崎への最短の道です。

6

8_2 7

真ん中の看板、嶋原街道の文字の下には「長崎への分岐点『蓮堂の辻』」とありましたが、

「島原藩主 長崎監視の道」には「横山頭追分」とありました。「追分」ですから、街道、道が

分かれる所です。


勝海舟、坂本龍馬一行は、唐比一里塚方面からここへ出て、左へ曲がって長崎へ向かっ

たのでしょう。一番右の標識にも「龍馬が歩いた道」と書いてありました。「歩いた」のでは

なく、急ぎ旅で、「駆け抜けた道」が正確ではないのかな?


今日は1月22日、年末まであと343日、ポチと急ぎましょう。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



2013年1月21日 (月)

嶋原街道の一里塚①★唐比一里塚・木秀一里塚~長崎県諫早市

P1200456

一里塚といえば、皆さんご存じの通り、街道に旅の目印として、一里(約3.92㎞)ごとに、

目印をつけたものです。塚の側に、榎の木を植えたり、標識を立てていたそうです。


話は変わりますが、島原藩は高力隆長が仙台に配流されたのち、寛文9年に丹波福知城

主松平氏が島原藩主として配されます。これに関しては、林銑吉著島原半島史に、「徳川

幕府の政策として諸侯を封ずるに親藩譜代外様を適当に配し・・・・特に忠房(注:島原藩

主松平忠房)を島原に配して長崎の監視を命じ・・・それで、忠房は参覲前又帰国、及び阿

蘭陀船入国時のとき、出帆の時必ず長崎を巡視して、直接其の詳細を将軍に報告したも

のである。」

と書いてあり、島原藩主二代目松平忠雄に至っては、38年間の間に50回余になるそうで

す(島原藩主・長崎監視道)。


さて、島原から長崎まで領主が使った道は、二本ばかりあるそうですが、この街道も使って

います。


この嶋原街道には一里塚は二カ所しか残っていないそうで、あまり家から遠くではないよう

なので、お出かけを。といっても、昔の街道は荒れているところがありますから、特に、イノ

シシ対策に愛用の槍を持って・・・


行ってみたら、国道251号線のすぐ上

P1210014_2

黄色の線が唐比温泉センターへの道、一里塚は赤い矢印の方(ここまでは車で行けま

す)。青い丸印あたりに、一里塚がありました。

P1200466 P1200465

車道に、「嶋原街道、森に入り200メートル」と書いてあったので、森に入っていくと、落ち

葉は積もっていましたが、あっけないくらいの良い道。以前、ボランティアの方で整備したと

の話も聞きましたが・・・しばらく行くと、最初の写真のように、標識まで立っていました。多

分、これが無かったら分からなかったと思います。

P1200460

時代劇で見る一里塚が、こんな所にあるとは夢にも思いませんでした。いつも書いている

ように、自分の住んでいるところなど、もう一度、良く見て行く必要がありますね。


多分、この道を勝海舟、坂本龍馬も通ったのでしょう。しばし、歴史の夢に浸っておりまし

た。


TVニュースでインフルエンザが流行っているとのこと。ポチと注意しましょう。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ




2013年1月20日 (日)

この一曲~「雪は天か送られた手紙である」★伊奈かっぺい

Img

先週は、東京が雪で大混乱したみたいですが、雪国に比べれば、たいしたことはないので

しょうが。伊奈かっぺいさんも、「東京に降る雪は 青森から見れば・・・日なた雪の見本 

雪の試食品 風花の計り売り 漬物にかける化学調味料 耳かきいっぱいのふくらし粉 ま

ゆ毛から落ちるフケみたいなもんだ。」と書いています。


伊奈かっぺいさんは、このブログ二回目の登場だと思いますが、雪で思い出した詩があっ

たので・・・「雪は天から送られた手紙である」と言ったのは、中谷宇吉郎だそうですが。


雪は天から送られた手紙である」



”お父さん 何て書いてあるの?”などと聞かないで欲しい。

それはむしろ お父さんがお前に聞きたいくらいだ。

文字も読み 文字が書けるようになって 

お父サンは天からの手紙が 読めなくなってしまった。

子どもの時には ちゃんと読めたはずなのに。

子どものお前、子どものお前たちだから読めるはずだ。

天からの手紙には何が書いてあるー

お父さんに教えてほしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すべての色は白になり

すべての白は どんな色にもなれる。

小さな子どもたちは どんな大人にでもなれる可能性があるが

大人はどんなことをしても子どもにかえることが出来ない。

せめて

大人の心の中に白い雪を振り続けさせておきたい・・・・・。

(詩:伊奈かっぺい)


こちらの方は、ポチとも雪は降りませんでしたが・・・

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




2013年1月19日 (土)

金鍔次兵衛(トマス・デ・サン・アウグスチノ)神父~神出鬼没の男

Img

先日、島原の殉教者記念館へ行ったとき、何冊か本が置いてあったので、買ってきた本の

一冊です。「ガリラヤ」はもちろん、イエスが宣教を始めた場所です。


この本、「フランシスコ・ザビエル」「天正遺欧少年使節」「日本二十六聖人殉教者」等々の

物語が書いてありますが、この中で、「金鍔次兵衛」のことが書いてあります。この「金鍔次

兵衛」については、坂口安吾が、よほど興味があったのでしょう、「島原の乱雑記」、「安吾

の新本地理 06 チャンポンー九州の巻ー」で、二度にわたって触れています。


この本と、安吾の文章では若干の違いがありますが・・・


さて、この金鍔次衛門、詳しくは省きますが、小さいときから信仰心が強く、禁教令が出さ

れるに及び、マカオへ行ったり、長崎へ戻ったり、再びマニラへ渡り、聖アウグスチノ会(他

にも、イエズス会、ドミニコ会、フランシスコ会などがあります。)に入り、トウマス・デ・サン・

アウグスチノという修道名が与えら、25歳の時、司祭に叙せられます。


もちろん、このとき日本は禁教令が出ていたのですが、日本に潜り込み、なんと当時、キリ

シタンを取りしまる、長崎奉行、竹中采女の馬廻りに入り込み、当時、捕らえられていた、

アウグスチノ会の布教責任者、グチエレスと通信を取ったりしたそうです。昼は役人、夜は

神父です。


グチエレス刑死の後、布教に努めますが、露見をし、ここ、この本と、安吾は若干違います

が、この本によれば、15歳から60歳までの男子、4~5千人が集められ、三十五日にわ

たって山狩りがおこなわれたそうです。


安吾によれば、もっと詳しく

「九州諸藩の軍勢数万人が出動したのである。・・・大村藩所蔵の『見聞集』によれば、家

老大村彦右衛門を大将に少数の城内留守番を残して、士分は言うまでもなく、足軽から土

民に至まで、15歳から60歳に至る全人口を集めたのである。そのうへ、佐賀、平戸、島原

の三藩から援軍をもとめ、長崎浦上から大村湾一帯にかけ山関を張り、一歩一人の列を

守って山狩りをはじめたのである。山狩りの味方同士が同士討ちの危険があるので、・・・

(佐賀藩、平戸藩、島原藩それぞれ目印をつけたそうですが、長いので省略)・・・・三十五

日かかって山の端から端に及び浦上から海へ突き抜けてしまったけれど、次兵衛を捕らえ

る事ができなかった。」そうです。


さて、次兵衛はどうしていたかというと、江戸へ逃れ。今度は大奥へ忍びこんで、将軍家光

の小姓に伝道し、洗礼を授けたそうですが、それを知った家光は、小姓を殺してしまったそ

うです。


その後、長崎に舞い戻り活躍しますが、捕らえられ、拷問を受け、処刑されたそうです。35

歳のときだったそうです。長崎市戸町に金鍔谷という所があり、そこの洞窟で捕らえられた

そうです。


波乱に富んだ人生みたいですが、彼もまたキリスト教布教のために殉じた一人だったので

す。


さて、坂口安吾は、「チャンポン屋で渋い酒を呑みながら、金鍔次兵衛ともあろう豪のもの

が、原城にも入城しないで(注:金鍔次兵衛は原城の乱前に処刑されています。)あんな穴

ぼこの中で捕まるとは、返す返すも残念至極だと、酩酊に及んでしまったのである。」

(参考・文引用:坂口安吾「島原の乱雑記」「安吾の新日本地理 06 チャンポンー九州の

巻」  「ガラリヤへ」~まるちれす研究会 ドン・ボスコ社 より)


大奥へ忍び込むとは、ポチと羨ましい・・・・

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



2013年1月17日 (木)

Siri と遊ぶ・・・

P1170443

いつもにっこり、カトリーヌ・ドヌーブ。いつも、むっつり、ウチのカミサン。


こう寒くては、外に出るにもいやで、少し調べに行きたいところも、あったのですが、お家で

遊ぶ事に・・・


この間、iPhone4sを買った事を書きましたが、お持ちの方はご存じのように、Siriと言う機

能が付いています。こちらの問に答えてくれるものです。「今、何時?」と聞くと、「7時です」

なんて答えます。これを使うと、本当に技術の進化が感じられます。何となく怖い感じも。


これで、少し遊んで見ました。「問」は私の質問。「答」はSiriの答えたもの。


問 「今日は寒いね。」

答 「はい、相当寒くなります、気温が1℃まで下がります」


問 「明日、暇?」

答 「明日、諫早病院へ」~これ、私の明日の予定です


問 「デートしようか」

答 「結婚相談所は見つけられませんでした。」~なんのこっちゃ。


問 「呑みに行こうか」

答 「諫早、個室宴会居酒屋は○○○屋、飲み放題、二次会記念日、ルートをご紹介しま

す。」~地図の画面に変わりました。


問 「君って可愛いね。」

答 「ありがとうございます。」


問 「君、どんな男の子が好き?」

答 「意味が分かりませんwebで捜してみましょうか?」


問 「愛してるよ」

答 「よしてください。」~いい男が質問したらなんと答えるか?


ちっときわどいところで

問 「○○○スしようか?」

答 「つ!」~「つ!」はないだろう。


問 「ブス!」

答 「ちょっと!」


この野郎、iPhone5に買い換えてやる。


ああ!機械にまで振られてしまいました。慰めのポチを!  

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 





2013年1月16日 (水)

ジャガ作りだよ~長崎県雲仙市千々石町

P1160436

父母が相次いで亡くなったもんで、事後の事務処理がとにかく忙しく、郵便貯金、銀行貯

金(少額ですが、手続きは大金も同じ事。)、簡易保険の手続き(郵便局には5,6回通いま

した。あと2,3回ですむでしょうが。)共済組合、互助組合の脱退手続き、おのおのに、戸

籍謄本、埋葬許可の原本証明、病院の入院証明書、死亡証明書の写し等々。


固定電話の廃止手続き(亡くなった人では廃止できないので、私の方に所有移転手続きを

して、廃止の届け出。)、携帯電話の廃止(契約破棄になるので9千なんぼ取られまし

た。)、郵便物の回送手続き、その間をぬって、ケアハウスからの荷物の搬出。役場への

保険証など、諸々の証明書等の返却。いや、これが二人分ですから、もう、大変。あと、七

日毎の逮夜。あっという間に四九日の準備。


という事で、今日一日は息抜きを。

昨年、話をしていると、年末に雨が多く、ジャガ作りが遅くなるだろうとの事でしたが、ぶらっ

と歩いてみると、ジャガ作りがあちらこちら始まっていました。


ジャガと言えば、お隣の愛野町、小浜町の隣町、南串山町がかなり宣伝をしていますが、

千々石は人柄が良いのか、あまり、広く宣伝はしていません。良いジャガ作っているんです

が・・・

P1160431

今では、ほとんど機械でしていますが、昔は、この畝立て、ジャガ植えも一つ一つ手で、お

こなっていたものです。

ジャガ植えは、右のおばあさんが、種芋を機械に送っています。見ていると、どこも、仲良く

夫婦でやっています。ウチなんか喧嘩ばかりなので、一緒にやれたもんじゃないですよ。

P1160429

これがちょっと大変な作業。ジャガイモを植えたあと、マルチ(ビニール)をかぶせますが、

これも、夫婦二人でやっていました。かぶせたあと、風でめくれないように、土を乗せていき

ますが、これが、見ていても重労働。私なんか軟弱の徒には、とてもとても。


さて、今年は、野菜の値段が高いとか。安いときは、収穫もしないで、トラックターで潰して

しまっているのですが・・・話によると、本当かどうか分かりませんが、レタスは5年に一度

儲かると良いといいます。


左がレタス。霜よけをかぶせています。右がキャベツ、どこかの国の伝承に、子どもがキャ

ベツ畑から生まれるというのがありましたが、あれが本当なら、少子化なんかすぐに解決

できるのですが・・・・


わが家は、カミサンの兄弟が農業をやっているので、いつも、いただいています。うらやま

しいでしょう。

P1160417 P1160425

早生の玉葱です。まだまだ今からでしょう。毎年、晩生のタマネギを植えていたのですが、

今年はバタバタで、植えきれませんでした。落ち着いたら、春~夏の野菜作りに、取りかか

ろうと思っています。

P1160418_2


野菜とポチは、健康のもと。たくさんポチして健康に。 

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




2013年1月15日 (火)

シルバー川柳

Img

本屋でふと目に付き、立ち読みしていると、似たものを読んだ記憶が。調べて見ると、昨年

10月、「遺言川柳~もうそろそろの方はお読みください」に、高齢者の方が作った川柳の

事を書いていました。(すっかり忘れていました。)


こちらの方は、「社団法人全国有料老人ホーム協会」の主催だそうで、2012年で12回を

迎え、最小年応募者は6歳(?)、最高年齢は100歳。だそうです。


■カード増え 暗証番号 裏に書き

私も同じ状況。でも、なんで、あんなにカードばかり増えるのでしょう。財布の中は、お札よ

り、カードが多い状態。


■万歩計 半分以上 探しもの

■立ちあがり 用事忘れて また座る

■歩こう会 アルコール会と 聞き違え 

本当に、忘れたり呆けたりという事ばかり、昨日も、品の良い老婦人が歩いているな、と思

ったら、カミサンでした。


部屋の電灯が壊れたので、LEDの照明に替え、電気屋さんと話をしていると、20年はもつ

とか。「そんなに、生きちゃいないよ。」といいましたが、同じような事、考える方おられるん

ですね。78歳の方の作品です。

■LED 使い切るまで ない寿命


最近、お医者さんと仲良くなりましたが

■「お年です」 それが病気か 田舎医者

■三時間 待って病名 「加齢」です

■無農薬 こだわりながら 薬漬け


あと何年、元気でいられるのか分かりませんが

■介護して ふたたび芽生える 夫婦愛

■手をつなぐ 昔はデート 今介護

ほのぼのとして、良いですね。うちは手もつないでくれないでしょうが・・・


こんなのも、良いですね。

■老の恋 惚(ほ)れる惚(ぼけ)けるも 同じ文字

■恋かな 思っていたら 不整脈


寒い毎日。外へ出るのも嫌になります。

■起きたけど 寝るまでとくに 用もなし


さて、最後に一発、最高のを

■妖精と 呼ばれた妻が 妖怪に


この「シルバー川柳」読んでいると、見につまされますね。字も、大きいので、お年寄りの方

にも十分楽に読めますよ。

(「シルバー川柳」~社団法人全国有料老人ホーム協会・ポプラ社より)


川柳には、名前、性別、県名、年齢、職業も書いてありましたが、年取ると、何もかも、面倒

くさくなって、省略させていただきました。


老いらくの 恋でも ポチとしてみるか

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



2013年1月13日 (日)

この一曲~ご正忌報恩講とアンパンマンのマーチ

Img

父母の永眠に伴い、私の家も、あるお寺の門徒になりました。なったとたん、ご正忌報恩講

のお知らせが。こちらは、集落の氏神様、キリシタン関係は勉強して少しは分かるのです

が、「ご正忌報恩講」とは?


調べると、親鸞聖人の命日にあたり、そのご恩を報謝する法要だそうで、こちらのお寺で

は、1月12日~16日の5日間、開催されます。


さて、お寺さんへ行ってみると、一杯で(昔若かった、男性と、女性ばかり)、始めに、全員

で読経。その後、住職より、ご正忌報恩講の説明。さて、終わりかと思うと、講師というか、

説教坊さんというか、正式名称は分からないのですが、かなり、親鸞について研究をした、

お坊さんが現れ(いつもの通り、名前等忘れました。)説教というか、お話を。


いや、上手かったですね。親鸞の教えにしても、お経にしても、難しいもの。ユーモアを交

えながらの話。これくらいないと、人の心はつかめないでしょう。古来、名僧と言われる方

は、こんな風に話をしていったのではないでしょうか。


さて、その中で、孫とのチャンネル争いの話になり、毎日孫に付き合わされ、「アンパンマ

ン」ばかり見ているとの事。


「アンパンマン」はテーマソングが「アンパンマンのマーチ」ですが、その中で、一番が省略

され、二番の「そうだ!恐れないでみんなの為に 愛と勇気とだけが友達さ・・・・」から歌わ

れる事が多い事に気がついたとか。それで、一番の歌詞を調べると、内容がなかなか難し

いとの事。


確かに、YouTubeで聴いても一番が省略されているのが多いですね。



「アンパンマンのマーチ」



そうだ!嬉しいんだ生きる喜び 

たとえ胸の傷が痛んでも



何の為に生まれて 何をして生きるのか

答えられないなんて そんなのは嫌だ!

今を生きることで 熱いこころ燃える

だから君は行くんだ微笑んで

 

そうだ!嬉しいんだ生きる喜び

たとえ胸の傷が痛んでも



嗚呼アンパンマン優しい君は

行け!皆の夢守る為



何が君の幸せ何をして喜ぶ

解らないまま終わる そんなのは嫌だ!

 

忘れないで夢を 零さないで涙

だから君は飛ぶんだ何処までも

・・・・・・・・・(2番略)

(作詞 やなせたかし  作曲 三木たかし)


「そうだ!嬉しいんだ生きる喜び たとえ胸の傷が痛んでも」、なんて、幼稚園児が分かる

歌詞ではねいですね。「何の為に生まれて 何をして生きるのか 答えられないなんて そ

んなのは嫌だ!」。まさに、青春の歌でしょう。「今を生きる事で熱いこころ燃える」。「いまを

生きる」という映画もありました。昔、ある先生から「明日でなく、今を生きろ」といわれた事

もありましたが・・・・


二番にも、「時は早く過ぎる 光る星はきえる だから君は行くんだ微笑んで」。というのが

ありますが、考えると難しい歌詞ですね。


「アンパンマンのマーチ」もう一度、良く聴いてみてください。これ、大人の歌ですね。

ついでに言って何ですが、お坊さんの話も、機会あったら聴いてみてください。いい話が聞

けますよ。


アンパンマンの本、久しぶりに読んで見ましたが、面白いですね、私は「ポチポチマン」です

が・・・下のバナーをポチしてネ。  

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



2013年1月12日 (土)

愛宕社★鳥居・愛宕社宝殿・三重塔②~諫早市

Photo

昨日の続きです。階段を登っていくと、上の方が、広場になっており、三重塔と、愛宕社宝

殿が建ててあります。

Photo_2

愛宕社宝殿は、思ったより大きく、立派なものでした。


永禄六年(1563)に西郷純堯(すみたか)の時代遡るそうですが、最初は木造で、台風で

よく壊れたといいます。享和元年(1801)に、石造りになったそうです。


この頃、大村の大村純忠(キリシタン大名)を、武雄(佐賀県)の後藤貴明、平戸の松浦

氏、キリシタン嫌いの西郷氏が大村を攻めますが、大村氏は兄の有馬義貞に応援を頼ん

で、戦っています。


この、愛宕社は、京都の愛宕権現を勧請したものだそうですが、愛宕信仰は武の神様、鎮

火、防火の神として信仰されており、戦いの武運長久を祈って建てたものでしょう。


三重の塔です。四角の所に文字が彫ってあります。

Photo_5 Photo_6

「仁王経千部 讀誦 並 一部一字一石塔」と読めました(説明版にも書いてありますが)。


施主は百武与次兵衛昌芳という人だそうです。「仁王経」は護国の教典として尊重され、

国家安泰、五穀豊穣を祈念して建立されたと思われるそうです。


なお、この三重塔は下の理由によって、再建されたものですが、それに先立ち、基壇部を

調査したところ、多数の河原石(一つの石に一字づつ経文の字が書いてあります。一字

一石経といわれる。)と、祭祀に使われたと思われる、小皿2枚と、12枚の銭貨が出土した

そうです。

P1110398_3

              (説明看板より撮影)

さて、ここにはもう一つ話があり、幕末の頃、罪を得た武士が、この石殿内で切腹をしたそ

うですが、そのため、血で汚されたという事で、壊され、石垣に落とし込んであったそうで

す。


昭和59年、諫早史談会が引き上げて、昭和60年、ライオンズクラブが創立30周年記念

事業として愛宕社宝殿、三重塔を復元し、市の文化財になったそうです。  (終了) 

(参考・文引用:「説明版」「諫早を歩く~山口八郎著」「諫早市の文化財~諫早市教育委員

会著)


今日はお寺に行ってお説教を聞いてきました。ポクポクポク。ではなく、ポチポチにしてね。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




2013年1月11日 (金)

愛宕社★鳥居・愛宕社宝殿・三重塔①~諫早市

Photo

諫早、上山公園駐車場の一角に、愛宕社へ登る階段があります。頂上に行くまでの階段

途中に、三つの鳥居があります。


最初の鳥居は、「肥前鳥居」といわれるもので、佐賀を中心に、福岡、長崎の一部に分布し

ているそうですが、諫早では唯一残っているものだそうです。市の文化財に指定されてい

ます。


この鳥居については以前書いておりますのでご覧下さい。→こちらをクリック


先日は、膝を痛めていて、この鳥居だけ見て帰ったのですが、今日は少しは直りかかって

いたのですが、不整脈も朝から時々起こっており、さて、どうしたものか、と思っていたら、ト

レーニングで階段を、登り下りしている人が。これなら、倒れても助けてもらえるなと・・・・


入り口には、上まで200mと書いてありましたが、階段は267段。平地の200mと、階段の

200mは大違い。登るには、登りましたが、とにかく、膝はガクガク、疲れました。


さて、この鳥居、上の鳥居ほど、柱の太さが段々細くなっているそうで、また、最初の鳥居

の柱は、三本継ぎ、この写真では少し分かりにくいのですが、確かに三本継ぎです。


下の写真、二本目の鳥居。二本継ぎ、少し、細く、小さくなっていました。

Photo_2

鳥居は明神鳥居、二本継ぎになっているのが分かると思います。


三本目の鳥居は一本造り、これも明神鳥居です。

Photo_3

一本目、二本目と違い、確かに一本造り、写真では分かりにくいのですが、貫石(横になっ

た柱の下の部分)は、背があまり高くない私でも、頭がつきました。


しかし、ここまで、持ち上げてくるには(当時は重機はない時代)大変だったでしょう。だんだ

ん、小さくしてあるのが、登ってみて、よく理解できました。


奥に見えるのが、愛宕社宝殿です。明日は、この宝殿と、三重塔のことを。


階段は慌てず、ポチポチ登りましょう。トレーニングしている人は、私が上に行くまでに、2

往復していました。若いって、うらやましいですね。じじいは消えゆくのみか・・・

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 


2013年1月10日 (木)

もう一度見たい風景~佐賀バルーンフェスタ

Dsc_0001

古い写真を整理していると、「佐賀バルーンフェスタ」の写真が出て来ました。

数十年前、まだ元気があった頃、毎年見に行っていまが、長崎からなので、早く行かない

と会場に入れなく、4時頃に起きて行っていました。

Dsc_0067_2 Dsc_0144

初めて見たときは、感動して涙がじわっと出て来ました。なにせ、100機弱のバルーンが、

会場に広げられ、時間になるとと同時に、ゴーというバーナーの音と共に、バルーンが膨ら

んで、ふわりと浮き上がっていきます。なにせ、100機ですよ!これは凄かったですね。感

動しました。

Dsc_0105 Dsc_0163

それで、時間が決められて、それまでに会場に戻って来て、地上のマークに、自分のマー

カーを落として、距離によって順位をつけるのですが、風をつかめきれなければ、会場から

何㎞も流され会場に戻ってこれないし、上手なパイロットは、上空から、地面すれすれまで

降りてきて、マーカーを、落としていきますが、数機競り合って、バルーン同士がふれあっ

て、迫力のある事。

Dsc_0266

Dsc_0278

バルーンが戻ってくるまでは、いろいろなイベントがあって、バルーンの搭乗体験もありまし

たが、これは、遠慮しました。女性恐怖症と、高所恐怖症があるもので・・・・


少し元気になったら、また、行ってみるつもりです。


今日も厳しい寒さ。あとは、ポチして眠るだけ。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 


2013年1月 9日 (水)

円谷幸吉の遺書

今、東京にオリンピックを招致すべく、運動をしていますが、今日、1月9日は、円谷幸吉の

命日になります。


もうほとんど、思い出す人もいないでしょうが、1964年の東京オリンピック、マラソン競技

で銅メダルを取った選手です。


競技場に入ってきたときには2位、後からは、イギリスのヒートリー選手。テレビで見てい

て、「頑張れ、頑張れ」と日本中の人が叫んだのですが、残念ながら、抜かれてしまいまし

た。


その後、円谷幸吉には、あまり良い日々では無かったようですが、1968年のメキシコオ

リンピック開催の年、1月9日に自殺をはかりました。27歳。


その折、下のような遺書を残しています。何回読んでも、涙が流れそうになります。



今のオリンピック選手とは、時代も、考えも、指導も違っておりますが、昔と今の考え方の

違いの、大きな事を思わざるを得ません。



父上様母上様 三日とろろ美味しうございました。干し柿 もちも美味しうございました。

敏雄兄姉上様 おすし美味しうございました。

勝美兄姉上様 ブドウ酒リンゴ美味しうございました。

巌兄姉上様 しそめし南ばんづけ美味しうございました。

喜久造兄姉上様 ブドウ液 養命酒美味しうございました。又いつも洗濯ありがとうござ

ました。

幸造兄姉上様 往復車に便乗さして戴き有難うございました。モンゴいか美味しうござ

いました。

正男兄姉上様お気を煩わして大変申し訳ありませんでした。

幸雄君、秀雄君、幹雄君、敏子ちゃん、ひで子ちゃん、

良介君、敬久君、みよ子ちゃん、ゆき江ちゃん、

光江ちゃん、彰君、芳幸君、恵子ちゃん、

幸栄君、祐ちゃん、キーちゃん、正嗣君、

立派な人になってください。

父上様母上様 幸吉は、もうすっかり疲れ切ってしまって走れません。

何卒お許し下さい。

気が休まる事なく、御苦労、御心配をお掛け致し申し訳ありません。

幸吉は父母上様の側で暮らしとうございました。


なんと純粋で、悲しい遺書でしょうか。 



 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 


2013年1月 8日 (火)

木秀古墳と上井牟田ため池のオブジェ~長崎県諫早市森山町

P1080357_2

森山町の上井牟田のため池に、季節々々のオブジェがあるので、時々、寄って見ますが

(何回かブログに登場しています)、ここの近くに、古墳があるというので、ちょっと寄り道

を。


でも、このような状態で、何もこんなtころに、電柱まで立てなくては良いでしょう。標柱が無

かったら、誰も古墳なんて分からない場所。

P1080354

横穴式古墳、古墳時代後期7世紀の頃のものだそうです。大正14年、京都大学の浜田博

士による調査がされ、市誌によれば、「この古墳は円墳、石郭は高さ8尺、幅13尺の平滑

な自然石を組み合わせ、その上に盛り土してある。出土器は、勾玉(瑪瑙)、管玉、小玉、

金環、直刀、馬具、刀剣金具、祝部式土器」と記してあるそうですが、出土品は例によっ

て、大学で眠っているのでしょう。多分、当時とは周囲の状況も変わっているのでしょう

が・・・



なお、奥に見える大きな石が石室、左の石が腰石になるのでしょうか?

見ていて、侘びしくなるような遺蹟でした。せめて、標柱の立て替えでも・・・


さて、いつもの、上井牟田のため池のオブジェですが、今年は巳年なので、関係あるのが

あるかと思ったら

P1080369

羽の後が黒く、くちばしが赤いところを見ると、多分コウノトリでしょう。風が吹くたびに、羽

が、ゆさゆさと優雅に揺れていました。少子化対策への願いもあるのでしょう。


今日は、あまり日のあたらないところの紹介でしたが、身の回りを注意すれば、いろいろな

ものがあるんですね。


私のブログも地方中心で、あまり日が当たってないので、ポチで激励を。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




2013年1月 7日 (月)

七草粥の振るまい~長崎県雲仙市橘神社

P1070338

「芹薺五行はこべら仏の座菘すずしろこれぞ七種(せりなずなごぎょうはこべらことけのざこ

れぞななくさ)」(年中故事要言)。


七草粥。ご存じの通り、正月七日、粥に七種類の菜を入れる風習です。場所によって、多

少違いがあり、たらの芽をいれるところがあるそうです。


橘神社でも、七草粥の振るまいがあり、結構、賑わいました。

P1070350

長崎から放送局も来て、生中継があったようです。


ここの七草粥の特長は「梅干し」。神社に梅の木があり、それを使い作った梅干しです。

P1070340_2

もちろん、売り物では無く、この日にしか口に出来ません。寒い中、ありがたく、いただき、

体が温まりました。相変わらず、一人ぼっちで食べたので、心の中までは、温まりませんで

した。誰かいないかな・・・


 
   寒風の中老いらくの恋求め   sugikan 


おそまつさまでした。


さて、昨年の絵馬の中に、「妻とスムーズに離婚出来ますように・・・」と言うのがあって、笑

ったものですが、今年は真面目なものばかりで、「就活」「婚活」「家内安全」「スポーツでの

優勝」がほとんどでした。

P1070345_2

橘神社の出店も店じまい、段々静かなって来ました。なお、今月20日は五時半(夕方では

ありません、朝の五時半です)、神社の軍神橋の下で「耐寒禊」がありますが、カメラファン

には、絶好の被写体ですよ。私は、もちろん寝ていますが・・・

27日、8時半からは、世界一の門松が解体されます。

正月が終われば、観梅、そして花見シーズン、夏が来て・・・・・


一年の早いこと、ポチも早く押してね。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 


2013年1月 6日 (日)

鬼火・門松作り・そして少子化時代~雲仙市千々石町

P1060328

ちょっとばかり、通りかかるのが遅くて、鬼火の火が小さくなっていました。


いわゆる、左義長、どんど焼き、どんどと呼ばれ、1月14日、15日におこなわれるそうで

すが、こちらでは、「鬼火」、「鬼火焼き」。長崎の五島あたりでは「鬼の骨(おんのほね)」と

よばれ、1月7日におこなわれていることが多いようです。なぜ、「鬼」が付くのかはよく分か

りませんでした。


こちらでは、子ども会が中心になり、山から、木や竹を取ってきて、大きく積み上げ、門松、

松飾りなどと一緒に燃やすのですが、もう火が小さくなっていました。


このあと、子どもは、おき火で、餅や芋を焼いたり、大人は竹の中に酒を入れ、温めて楽し

みます。


この行事、数年前まで各地区で見られたのですが、段々実施するところが、少なくなってき

ました。親が面倒くさがるのでしょうか?


さて、この写真、よくご覧になると分かる通り、ほとんど子どもがいません。4,5人ほどし

かおりませんでした。


年末に、私の自治会でも子ども会(小学生)を集めてミニ門松作りをしたのですが、

Pc230262 Pc230273

50世帯あって、小学生がたった6名。今度、1年生になる子が1名だけ。果たして、日本は

どうなるんでしょう?


以前書いたことがありましたが、少子化対策は簡単なことで、夜9時になったら、電力会社

が、電気を切れば良いのです。数十年前のニューヨーク大停電の時、10ヶ月たったら、新

生児が増えたという話もあるでしょう。


電力会社が電気を切るのが無理だったら、法律を作れば良いのです。「一般家庭において

は、21時以降は、消灯すること、なお、テレビ、ゲーム機等、電力を必要とするものもこれ

に準じる。違反したる者は、3年以下の懲役、もしくは50万円以下の罰金に処する。」


次回の国政選挙では、「21時以降電気を切る党」を結成して、立候補するつもりです。皆さ

んの清き(汚くても結構)一票を。当選すれば、即、少子化は解消してみせます。


うちの家も9時消灯ですが、それ以降何もおこりません。昔は頻繁におこっていたのです

が・・・皆さんもポチして、9時消灯ね。特に若い人は・・・

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



2013年1月 5日 (土)

エンディングノート

Photo

父母が一週間で続けて、亡なくなり、葬儀等について、考えていることを書こうと思ってい

たのですが、「週間ポスト 1月18日号」に、エンディングノートについて、ちょうど載ってい

たのでそれを利用して。


エンディングノート。どのような最後を迎えるか、残された人へのメッセージ等を書く記録で

す。これが遺こしてあると、本当に助かると思います。


記事に従うと

(自分について)

「氏名」。「生年月日」~子どもの生年月日は知っていても、親の生年月日は意外と出てこ

ないもの。私もでした。「住所」。「電話番号」。「本籍」~死亡届等にいります。「学歴」。「職

歴」。「携帯電話」。「パソコン・アドレス等」~これ、解約するときに必要。


「告知について」~これは自分自身どうするか、しっかりした考えが必要でしょう。母は、最

後の3日ほど前に、まだやりたい事があるということを言っていました。私は医者から告知

されていましたが、母には何も言えませんでした。


「延命治療について」~母は眠るように逝ってしまいましたが、父は3日ほど苦しみ、病院

は延命させることが本質ですから、一生懸命処置をしていただきましたが、やはり、頭の隅

には、安楽死と言う言葉が横切っていました。苦しまないように、最低の延命措置で、とは

お願いしましたが。

Pc300314


「最期を迎える場所について」~いま、ほとんどが病院ですが、祖母が自宅で最後を迎え

たときの、母の大変さを聞いていましたから、残される家族のことも考えることが必要でしょ

う。


「臓器提供や献体についての希望」。「最後の瞬間に呼んで欲しい人」。

あと、妻とか、子ども孫に残したいメッセージ。


まあ、これだけ書いてあれば楽ですが、一番困ったのが、親族への連絡。

父は兄弟が一人で良かったのですが、母の時は7人兄弟。一応連絡先は聞いていたので

すが、間違いやら、連絡が取れなくて、これで半日かかりました。


それから、写真が意外と困ることが多いようですが、父母とも葬儀用の写真を撮って預か

っていましたが、見ると平成12年に写した写真、12年前の写真で、今とはほとんど姿が違

っていて、困りましたが、故人の意思と言うことで使いましたが。


あと、葬儀社との連絡、特に母の場合は、亡くなったのが、午前1時半、すぐに地元の葬儀

社を呼び自宅に搬入。それから、祭壇、会葬お礼、会葬者の数の確認、コツ壺の撰定、

お寺への手配の方法、お寺へのお礼の話(お布施、ご仏前、衣代等々~宗派によって違

いはあります)等々、結局、打ち合わせが終わったのが5時くらい。


朝から、自治会へ連絡して、2,3名のお手伝いを。その日の通夜。次の日の葬儀。ほとほ

と疲れ、葬儀の次の日に初七日を終わり、次の日に役場等へ手続き等にいって、やっとほ

っとしたら、医者に呼ばれ、父もあと2~3日だろうと言うこと。ちょっと待ってよ、という感

じ。


結局、賑やかな母は、クリスマス。お経の話が好きな父が、大晦日に逝去。どちらも、らし

いなと思いました。


父の場合は、家族葬を望んでいたので、近くの親戚に来てもらって、おこないましたが、

今年の年末は亡くなった方が多く、1日半ほど、保管をして、仮通夜、通夜、葬儀と少し時

間がかかりました。

葬儀社の話も、一回は訪ねて聞いておくのも必要ですね。私も、前もって、少し話を聞いて

いたので、多少楽でした。


話はまだまだあるのですが、この「週間ポスト」、「『裏』エンディングノート」というのがつい

ていているので・・・


「春の歩みー私の女性遍歴」。「一番好きだった女」。「一番SEXがよかった女」。「生涯で一

番想い出に残っているSEX」。「変態告白」。「あぶない思いで」。「隠し財産」。「処分して欲

しいものリスト」「妻子に内緒で自分のことを伝えて欲しいリスト」。「最後に言い遺しておくこ

とー最後だからこそ許される爆弾告白や、・・・・・」「この裏ノートを保管して欲しい人の名」

いかにも、「週間ポスト」らしい。


さて、試しに「裏エンディングノート」を書いていると、書けたのは、「処分して欲しいものリス

ト~アダルトビデオ72枚」だけでした。侘びしい人生だな・・・・


この「週間ポスト 1月18日号」、役にたちますので是非ご一読を。420円です。


侘びしい人生に、慰めのポチを・・・・

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ




2013年1月 4日 (金)

ぼけたらあかん長生きしなはれ

Photo_2

先日、両親が亡くなり、葬儀の準備等、前もって、考えておいた方が良いことなどを書こうと

思ったのですが、明日が、父の初七日、母の二日七日とバタバタしているので、簡単に。


今日は、久しぶりに病院へ。病院から処方箋もらって調剤薬局に。この薬局の壁に、「ぼけ

たらいかん長いきしなはれ」の額が、かけてあり、いつも読んでいて面白いので、写してき

ました。多分、あちらこちらで、お読みの方もいると思いますが、再度、じっくりお読みくださ

い。



年をとったらでしゃばらず

憎まれ口に泣きごとに

人のかげ口愚痴いわず

他人のことはほめなはれ

聞かれりゃ教えてあげてでも

知っていることでも しらんふり

いつでもアホでいるこちゃ



勝ったらあかん負けなはれ

いづれお世話になる身なら

若いもんには花もたせ

一歩下がってゆずるのが

円満にいくコツですわ

いつも感謝を忘れずに

どんな時でもへぇおおきに



お金の欲を捨てなはれ

なんぼゼニカネあったとて

死んだら持って行けまへん

あの人はええ人やった

そないに人からいわれるよう

生きているうちにバラまいて

山ほど徳をつみなはれ



そやけどそれは表向き

ほんまはゼニを離さずに

死ぬまでしかっりもってなはれ

人にケチといわれても

お金があるから大事にし

みんなベンチャラいうてくれる

内緒やけどほんまだっせ



昔のことはみな忘れ

自慢話はしなはんな

わしらの時代はもう過ぎた

なんぼ頑張り力んでも

体がいうことききまへん

あんたはえらいわしゃあかん

そんな気持ちでおりなはれ



わが子に孫に世間さま

どなたからでも慕われる

ええ年寄りになりなはれ

ボケたらあかんそのために

頭の洗濯生きがいに

何か一つ趣味もって

せいぜい長生きしなはれや


若い方も、人生の過ぎていくのは、以外と早いもの。今のうちによく読んでご準備を。


一番上のイラストは、私のファンの女の子が、描いてくれたものですが、本物はもっといい

男です。真面目な話。


なお、イラストは、私の趣味、皿回しをやっているところです。


久しぶりに、ポチしてね。

  

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ





2013年1月 1日 (火)

すみません

Dsc_0198_2

本来なら、おめでたい記事を考えていたのですが、昨年12月24日に母が、12月31日に

父がたてつづけに亡くなり、今年は、おめでたい記事はパスします。すみません。来年をお

楽しみに。


さて、明後日までバタバタしますが、二つの葬儀を通して、葬儀の大変さが分かりました。

やはり、前もって知っておいたことが良いこと、準備しておいた方が良い事が多々あるよう

です。次回は体験的葬儀のお話を・・・

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ