« 2012年1月15日 - 2012年1月21日 | トップページ | 2012年1月29日 - 2012年2月4日 »

2012年1月22日 - 2012年1月28日

2012年1月28日 (土)

これからの野菜の食べ方~ファーマーズマーケット 男子野菜部

Photo

私も30坪ほど畑を持っています。いま、家庭菜園がはやっていますが、なぜ家庭菜園をす

るのでしょう。やってみれば分かりますが、夏はきついし、雑草取りは面倒だし、どうかす

ると買った方が安いし。


しかし、それでも自分で作るメリットは、まず自分の手で何かを作るという喜び、野菜があ

の小さな種から段々大きくなっていく驚き、楽しさ、自分で作ることで確認できる安全、旬

のものが取れたてで食べられる、自然と触れ合える。いろいろあると思いますが、ただ、

全部のかたが家庭菜園を持てる環境にはないと思います。


この、「野菜の食べ方」という本は、青山・国連大学前で、ファーマーズマーケットを開いて

いる「青山・国連大学前ファーマーズマーケット 男子野菜部」の方が書いた本です。

このマーケットに農家の方が野菜を持ち込んで、消費者の方と野菜について情報を交換・

共有しながら、野菜のこれからのあり方を模索して場でもあるようです。出店者にも厳しい

面接があって、出店できるかどうかもチックがあるそうです。

私達の田舎でも、生産者の店、無人の百円市場などあって、作った方の名前が書いてあ

りますから、どこの畑で、どんな作り方をしているかまで分かるのですが、都会の店ではそ

こまでなかなかチェックできないでしょう。そんなときに、この本を読んでみると野菜の事に

ついていろんな事が見えてくると思います。


農法についても、「有機栽培」「無農薬栽培」「無化学肥料栽培」「栽培期間中農薬不使

用」「減農薬栽培」「特別栽培」「自然農法」「無肥料栽培」「EM農法」「永田農法」「慣行農

法」「合鴨農法」「炭素循環農法」・・・などあるそうです。消費者も、安全でおいしい野菜を

食べるには勉強が必要でしょう。



もうひとつ、この本でなるほどと思ったのが、「国産野菜は本当に国産?」~「種が国産で

ない場合もあります」。

何年か前、あさりを輸入して、日本の砂浜で育て国産ということで売ったのが問題になりま

した。ウナギの稚魚も日本近海では取れなくなっているので、外国から輸入しそれを育

て、国産として売っていますが、野菜も同じで種が外国製があるのです。

勿論、外国製が危険で、まずい、国産品が安全で、旨い。ということではないのです。国産

品、国産品とあまりに気にしすぎているのではないでしょうか?農業も国際化の時代なの

です。私が使っている種にも。

大根の種。赤で囲んでいる所を見てください。「韓国」製です。

P1280173

小松菜、「オーストラリア」製です。

P1280174

人参、「チリ」製です。

P1280178

もちろん、日本製の種もありますが。

安全で、おいしい野菜を食べるヒントとしてこの本を読んでみてください。


なお、家庭菜園を作っておられる方にも参考になると思います。

農薬を使わない「自然農法」にも若干触れてあります。①耕さない②女装ではなく、除草し

ない③農薬を使わない④肥料を使わない。ということだそうです。これを実施するにはとて

も困難な事でしょうが、長崎県内でも取り組んでいる方がいるそうです。

お互い家庭菜園の作り方。野菜の消費者として勉強しましょう。

2012年1月27日 (金)

さびゆく商店街~雲仙市千々石町

P1270134

さて、いつも農業関係ばかり書いていますが、千々石にも商店街はあるのです。

昔はこの商店街の道がメイン道路で、バスもこの道を走っていたそうです。

いつもは、農道ばかり歩いているので、たまには商店街を歩いてみました。シャッターを下

ろした店が目につきます。店を潰して、更地にし、駐車場にした所もあります。

後継ぎの問題、経営の問題、いろいろ事情があるのですが。

P1270107 P1270108

(左)第一小学校学前の伊東文房具屋。(右)松本写真屋跡。新しい家が建ちましたが、

昔の写真館の時は、下宿をしました。写真屋さん町内2件ありましたが2軒とも廃業。

  P1270110 P1270111

(左)M毛糸。一時毛糸を編むのがはやり、この近くに毛糸編み教室がありました。

(右)中村自転車。バイクのパンクでよくお世話になりました。

P1270113 P1270118

(左)草野食堂。宴会の時、金がないときはここでやりました。(右)吉本電器、時計屋。

P1270119 P1270122

(左)昔、映画館があったところだそうです。「凪」という割烹料理をしていましたが、先日閉

店しました。(右)芦塚薬局

P1270123  P1270125

(左)中山菓子店。ここの店主は、千々石の少年ソフトの監督をしていました。シュークリー

ムがおいしくて、良く買いに行きました。遠くから買いに来ていた方もいたのですが、50才

くらいで亡くなり、閉店しました。(右)田中酒店。

P1270128 P1270129

(左)谷川酒店。息子がサッカーをやっていて活躍していました。(右)北側ストアー

だったかな、時々買い物に来ていました。

P1270137

よしのり電器。私の家の照明を取り付けてくれたところです。

P1270106

商店街ではありませんが、城代酒屋です。第一小学校前のバス停です。ご主人が青少年

関係のボランティアで一生懸命やっていたのですが。ここが、閉店したのにはちょっとショ

ックでした。

まだ、潰れたのはたくさんあるのですが、最初書いたように更地にして駐車場にしてあった

て、歯が抜けた様な感じでした。

P1270139 P1270143

(左)千々石幼稚園です。4年くらい前だったかな閉園しました。(右)千々石保育園も閉園

し学校のプールになりました。代わりに私立の保育園は出来ましたが。


農協のストアーも一時潰れたのですが。建物はそのままにし、半分はコンビニエンスストア

ー、半分は生産者の店「日本いぶくろ」になりましたが、これは便利でした。ちょっとした物

はコンビニエンスで、野菜類は「日本のいぶくろ」で。右がコンビニエンス、左が「日本のい

ぶくろ」になっています。

P1270148

天川屋といって、頼山陽が泊まった宿屋がありますが、古くなったので新館を作りました。

一時は、結婚式場で一杯でしたが、近頃は結婚式場がいろいろ出来て、苦労しているみ

たいです。頼山陽が泊まったという天川屋旧館です。

P1270133_2 

さて、これから先どうなるのでしょう。まだまだ潰れていく店屋の噂も聞いています。

工夫次第で、成功している店があるといいますが、ほんの少しだけでしょう。成功した店

と、失敗した店。どちらが多いのでしょう。誰だって努力はしているのです。だれもが、東大

に入れるような頭はしていないのです。規制緩和でどれだけの店が潰れたのでしょうか。


また、町村合併で、小さな商店は入札を原価で入れても、市外の業者に持っていかれ、首

を括る寸前だそうです。市内の業者を優遇しないで、どうするのでしょうか。

財政は前より持ち直しているようですが、以前、移植手術がはやったとき、なだいなだが、

「手術は成功せり、しかしながら患者は死せり」と言ったことがありますが、まさに「財政は

持ち直せり、しかしながら市民は死せり」の状況でしょう。

日本の国はどうなっていくのでしょう。


ついでにもう一つ、少子化とよく言いますが、人口動態を見れば、数年前から分かってい

るはず。分かっていて、準備をしてないのは何なんでしょう。まさに政治家、霞ヶ関は低脳

と言って差し支えないでしょう。みんなで怒りましょう。「国民を馬鹿にするな!」

今日は、興奮してしまったので口直しを。

P1270155

2012年1月26日 (木)

戦争遺跡~額栗石(ガックリ石・雲仙市小浜町富津)/あわや遭難

P1260046

この間手に入れた、熊本の戦争遺跡研究会で出版の、「子どもと歩く戦争遺跡Ⅲ」の中

に、島原半島の事が載っているので、時々現地に行って見ています。

半島関係では、加津佐町に砲台、南串山町に震洋の基地、千々石鉄道跡のトンネルの

砲台、愛野町の展望台下の砲台、そして今日いって見た額栗石(ガックリ石)。

ガックリ石の由来は下の方の説明版を読んでください。


数日前、下見に行き近所の人、2、3人しゃべっている人がいたので訪ねてみると「行かれ

ん行かれん。」「もう無理じゃろ。」「荒れてどげんもならんよ。」とのこと。でも、行かれない

となったら行きたくなるのが私の悪い習性。今日、天気が良かったので出かけました。


場所は、先日紹介した、千々石町から小浜に至る鉄道跡の道で、木津から富津の間の道

から山側に入ったところです。少し行くと一番上の看板が。

P1260047 P1260072_2

まだ、ここらあたりまでは道が良く、ルンルン気分、「誰が行かれんのじゃ、嘘つきめ!」

と思ったのが甘かった。ここを少し行くと、もう、茨(いばら)の密集した道。なんとか道らし

いので、そこを辿って行きましたが、まさに「茨の道」、「神よわれに苦難を与え給まうか。」

というほど、ひどかった。しかし、「冒険王」(昔の漫画雑誌)で育った私、負けずに行くと。

P1260049 P1260052_2

「ここから160m」「80m」の文字、これを見つけたときはうれしかった。と思うほど、世の

中は甘くなく、写真でも分かるようにどこが道か分からない状況。しばらくうろつくとこんな

物が。

P1260058

大鍋とそれを置いて、煮炊きするようになってました。ここらあたりまでは昔畑だった跡が

ありましたが、まさか、畑仕事でこんな大鍋を使って食事の準備をするわけでもなく、時代

的にもかなり古く、ひょとしたら、昔の兵隊さんが食事を作った跡かなと思われました。

さて、もうこれ以上は無理と思い、戻りかけ、ひょっと右を見ると、なんと看板が。

P1260065

P1260063

左に見える石が「ガックリ石」ですが、ご覧の通りで石の上には登れませんでした。

説明版です。

P1260060

さて、帰ろうかと思ったら、とにかくここまで迷ってここまで来たものですから、帰り道が分

からず、右往左往。もう無理だから警察に遭難届けを電話で連絡しようかな、と思ったの

ですが、たかだか300mの道のり、みっともないなと思い、又道をあっち行ったり、こっち

行ったり、何とか元の道に戻れました。

ここへ来る勇気のある方は、完全武装で、鎌、山刀等を持って。


車で戻っているとお婆ちゃんがいたので聞いてみたら、このガックリ石の下の方に、兵舎

と、監視所があり、機関銃とか設置してあったそうです。

そのお婆ちゃんが富津小学校出身で、富津小学校から、月1,2回兵隊さんの慰問に行っ

て喜ばれていたとのことでした。

数年前までは富津小学校のPTAが年2回ほど、道をきれいにしていたそうですが。もうこ

こも風化していくだけでしょうかね。


さて、この後富津の弁天公園に寄って見ました。落ち着いて静かで良いところなのです

が。右の写真は「立石」という名前だそうです。

P1260096 P1260080_2

P1260082

知りたかったのが、この「じゅごさん」の名前の由来だったのですが、4,5名お年寄りにき

いてみたのですが、「道を作ったときに移転した」とか、「舟の守り神」とか、結局、名前

の由来は分かりませんでした。土地のお年寄りが知らないということは、あまり大きくない

地域ですが、ここも文化、風習が薄れていってしまっているのでしょうか。


しかし、ブログを書きにガックリ石まで行って、あそこで遭難していたら、墓碑でも建てても

らって、「ブログに生き ブログに死んだ男 ここに眠る」と書いてもらおうかなと思ったもの

でした。


2012年1月25日 (水)

絵馬~なに?離婚!

P1250019_2

さて、今日も朝から寒く、雪もちらほら、負けずに歩いてきました。

P1250005

雪景色ではありませんね。ジャガイモ畑です。ビニールが被せてあります。いま、春ジャガ

の植え付け最盛期です。

P1250009

玉葱(早生)もだんだん太ってきています。なにか、一足早い春を感じるようです。

P1030019


P1250008

「千々石川ふるさと輝くみんなの水辺づくり事業」も終了したようです。すっきりしました。


さて、この後橘神社へ行ってみたのですが、絵馬を見ていると、時代もここまで来たかとい

う絵馬を発見しました。それは、後ほど。

一番上の写真の絵馬は「津山ちなみ」さんという漫画家が来て、自分で書いていったので

しょう。残念ながら少女コミック関係は読んでないので、申し訳ない。調べると長崎出身の

方でした。でも、一巻から十巻まで発売、アニメ放送中ですから、すごいですね。

今度、見てみますね。大ヒットを祈ります。

P1250027

名前は伏せますね。プライバシー保護のため。でも、ここの店時々横を通りますが、お客さ

んが少ないようで、何となく分かりますね。

P1250029 P1250043

ここは軍神橘中佐の神社ですから、効果があるでしょう。

P1250031 P1250035

見ていると、はやり、健康、家内安全、そして学校への合格、就活が圧倒的に多かったよう

です。この、漫画家になれます様に、は可愛いですね。うちの娘も小さいとき漫画家になり

たいと言っていたのですが。

渋いのが一枚。

P1250021_3

「我が道の遠けれど我が選びたる道の成就を願わん 末吉のみくじを引き結び」

旨いですね。少しはお年の方なのでしょうが、見習いたいものです。

P1250023_2

さて、この絵馬にはびっくりしましたね。写真出すと、筆跡から人が特定できるかも知れな

いので文字は消しましたが、なんと「離婚願い」なのです。本当にあった証拠に「離婚」だけ

は残しましたが、文章はこうです。

「妻とスムーズに離婚できますように

自宅が高く売れますように

新しい家庭が築けますように、幸せにできますように

子供たちが健やかに育ちますように

好きな女性とずっと歩いていけますように。○○」

まあ、正月早々神社に離婚願いをだす時代になったのですかね。これは、いかに神様でも

聞いてくれないでしょう。これからは、こんなのも増えるのでしょうか。

これ書いたのは私ではありませんよ。いくら、かみさんの悪口をブログで書いているからっ

て、こんな、怖い事は出来ません。絶体私ではありません。

絵馬も読んでいくと面白いですよ。はやり、世相を反映しますね。

2012年1月24日 (火)

長崎ランタンフェスティバル~嵩福寺~さだまさし




Dscn2136_3

今日は、長崎は雪。病院に行ったら、待っている患者さんが誰もいなくて、あっという間に

診察終了。時間があったので、長崎ランタンフェスティバル会場に行ってみました。

平日、午前中、雪。イベントはまだやってなかったので主会場はがらんとしていました。

はやり、ランタン祭りは夜ですね。

Dscn2154_3


今年は辰年にちなんで、メインの作り物は龍。さて、ランタンばかりでなく、この奥に祭壇が

作ってありますから、見逃さないように。

Dscn2144

良く祭壇の供え物を良く見てください。大きくうつすと。

Dscn2141_2

そう、あなたではなく、豚の丸焼き、頭がずらりと並んでいます。中国盆のお供えは豚なの

です。これ、全部本物ですよ。舞台では中国の雑伎団の方でしょう、練習をしていました。

私も一応日本皿回し協会5段の腕ですから、一緒に出たかったのですが。この、美人と混

じっては恥ずかしくって。

Dscn2147

さて、この主会場の道をはさんで、つりがね堂薬局がありますが、2階のところをよく見てく

ださい。

Dscn2160_2

Dscn2165

釣り鐘があります。この釣り鐘は以前は本物の鋳造されたのもでしたが、危険だと言うこ

とで、現在はプラステック製になりました。その下に分かりますか。プロペラです。木製で

す。大昔の飛行で使ったプロペラだそうです。是非、見ていってください。ついでに、風邪薬

でも買っていってください。私の親戚筋ですから・・・


ついでに崇福寺の方にも寄って見ました。修学旅行で行かれた方も多いと思いますが。

Dscn2227_2

この門の少し左横に小さなお堂が。左の古い標柱に「弘法大師霊場第・・・(欠落で分から

ず)」と書いてありました。写真では分かりませんが柱の裏に小さな標柱が左右にあって、

Dscn2221_2

「寄進崇福寺通り今篭町町内有志一同」と書いてありましたが、もう片方には。

Dscn2222


なんと、さだまさしさんが寄進を?喜代子さんはお母さんでしょう。考えてみて分かりまし

た。回れ右をすると。さだまさしさんと妹の玲子さんの喫茶店「自由飛行機」が。これにて一

件落着というところですか。でも、思わぬところに思わぬものがあるもんですね。近くに寄っ

たら、お堂の方も見てください。

Dscn2231_2

さて、今日は誰も祝ってくれない私の誕生日。お菓子を買って帰りました。もう子どもでな

し、和菓子にしましたが。でも、なんで誕生日はケーキなんですかね?

Dscn2238_2

上左から、「こがね笹」「初春の岸」。下左から、「万両」「丹頂」。おめでたい名前ばかりです

ね。おめでたいので、ひとりで全部食べました。諫早の「あずま屋」さんから買ってきたもの

です。和菓子も、良いですね。久しぶりでした。



2012年1月23日 (月)

「橘神社門松(世界一)解体」そして「寒中みそぎ」そして「観能火宴」

Photo_2



昨日1月22日、千々石の橘神社入り口を飾っていた、世界一の門松が解体されました。

多くの人を楽しませた門松でしたが、またを楽しみに来年会いましょう。

Dscn2042

Dscn2037

Dscn2051

なんか、鳥居が淋しい感じですね。パンツ履き忘れてスースーするような感じ。

これがなくなると本当に正月が終わった感じがします。


これに先立つ前日21日午前6時頃から、千々石川(軍神橋の下)で「橘神社寒中みそぎ」

がありました。

参加者37名、この日の気温6度、水温は9度、約5分間川に入り身を清めたそうです。

私?この老骨に無茶言わないで。写真は撮りに行けなかったので新聞で。

(長崎新聞より)
Photo_3

さて、後は3月31日(土)に、日本一のたいまつ武者行列「観櫻火宴」(一番上の写真)。

もう準備に入っていますが、参加者も募集がぼつぼつ始まるような感じです。はっきり決ま

ったら、お知らせしたいと思います。私ももちろん出ますよ、「悪代官」役でね。


ついでに、長崎は今日から「ランタンフェスティバル」です。

007

(写真は虎年の時の写真。今年は辰年で龍のオブジェだそうです。)




2012年1月22日 (日)

この一曲~子供達を責めないで/伊武雅刀

Photo

このレコード、内容が刺激的なので、紹介しようかどうしようかと思っていたのですが、ウィ

キペディアに次のような説明が載っていました。要約すると。


■原曲はサミー・デイヴィスJR、原曲が「子供達が犯罪を犯してしまうのは、我々大人達に

も原因があるのではないか?」というメッセージなのに対して、「本当は子供達に愛された

いのに、愛してもらえないのでひねくれている大人」のコミックソングへとかえられてい

る。」・・・なお作詞の秋元いわく、「この曲の子供のモデルは小さかった頃の自分自身」だ

ったという。・・・内容があまりに刺激的なため、発売元であるCBSソニー(当時)は発売前

に十代の若者を対象とした試聴会を開き、アンケートを行った。


ということですから、紹介しても差し支えないでしょう。なお、私のは45回転ドーナツレコー

ド盤。見たことない人もあるでしょうから。

Dscn2125

歌は伊武雅刀となっておりますが、歌というより語りです。あの、渋い声で始まりますが、

段々怒り始め、最後はどなり散らすというものです。



■子供達を責めないで

(歌:伊武雅刀  日本語詞:秋元康  作曲:Barnum,Reve  編曲:清水信之)


私は子供が嫌いです

子供は幼稚で 礼儀知らずで 気分屋で

前向きな姿勢と 無いものねだり

心変わりと 出来心で生きている

甘やかすとつけあがり 放ったらかすと悪のりする

オジンだ 入れ歯だ カツラだと

はっきり口に出して人をはやしたてる無神経さ

私ははっきりいって”絶壁”です

努力のそぶりも見せない 忍耐のかけらもない

人生の深みも 渋みも

何にも持っていない

そのくせ 下から見上げるようなあの態度

火事の時は足でまとい 離婚のときは悩みの種

いつも一家の問題児

そんな御荷物みたいな そんな宅急便みたいな

そんな子供が嫌いだ

私は思うのです この世の中から子供がひとりも

いなくなってくれたらと

大人だけの世の中ならどんなによいことでしょう

私は子供に生まれなくてよかったと

胸をなでおろしています。


私は子供が嫌いだ

うん!

子供が世の中になにかしてくれたことがあるでしょうか

いいえ 子供は常に私たちおとなの足を引っぱるだけです

身勝手で”足が長い”

ハンバーグ エビフライ カニしゅうまい

コーラ 赤いウィンナー カレーライス

スパゲティナポリタン 好きなものしか食べたがらない

嫌いなものにはフタをする

泣けばすむと思っているところがズルイ

何でも食う子供も嫌いだ

スクスクと背ばかりたかくなり

定職もなくブラブラしやがって

逃げ足が速く いつも強いものにつく

あの世間体をきにする目がいやだ

あの計算高い物欲しそうな目がいやだ 目が不愉快だ

何が天真爛漫だ 何が無邪気だ

何が星目がちな つぶらな瞳だ。


そんな子供たちのために 私たちおとなは

何もする必要はありませんよ

第一私達おとながそうやったところで

ひとりでもお礼を言う子供がいますか

これだけ子供がいながら ひとりとして

感謝する子供なんていないでしょう。


だったらいいじゃないですか

それならそれでけっこうだ ありがとう ネ

それならそれで けっこうだ ネ

私達おとなだけで せつな的に生きましょう ネ

子供はきらいだ 子供は大嫌いだ

離せ 俺はおとなだぞ

誰が何んといおうと私は子供が嫌いだ

私は本当に子供が嫌いだ  (以上)

これ、調べていたらYouTubeにも出ていました。とくに、「夜のヒットスタジオ」のが面白いで

すよ。

若かりし頃の、ハゲで無かった頃のかっこいい(今も)伊武雅刀が歌って(どなって?)いま

す。



本日のお口直し

Dscn2123

愛野のお菓子屋さんからです。和菓子屋さんだと思っていたら、洋菓子もあったので買っ

てきました。店の名前を思い出せません(また呆けてもうた)。パチンコ屋さんの横のところ

です。しゃれたケーキでしょう。

« 2012年1月15日 - 2012年1月21日 | トップページ | 2012年1月29日 - 2012年2月4日 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ