« 2012年9月9日 - 2012年9月15日 | トップページ | 2012年9月23日 - 2012年9月29日 »

2012年9月16日 - 2012年9月22日

2012年9月22日 (土)

小野の六地蔵石幢(せきどう)群~長崎県諫早市小野&お昼ご飯は「えんげ坂」さんで(諫早市内)

Photo

石幢(せきどう)とは、製造物の一。六角または八角の柱状幢身と龕(がん)部・笠・宝珠な

どより成る(三省堂・大辞林)。だそうで、本地域のものは「佐賀型六地蔵」といわれるそう

です。


普通6体の地蔵が並んでいるのも見かけますが、この形は、佐賀、福岡、熊本に分布し

ているそうです。この地蔵は天文年間の銘を持つ、県下でも古いものだそうです。


残念ながら、顔が削られていますが、明治の神仏分離令による、行き過ぎた、廃仏毀釈

によるものでしょう。

4 2

3 P9210428

上の左の写真の四角いところが、六地蔵です。なお、ここは、昨日書いた「十王供養塔」

をはじめ、興味ある石造物があり、好きな方は、一日見ていても飽きないでしょう。


さて、もう一カ所は、ここから300メートルくらい離れた、天満神社内の若宮社にありま

す。

P9220576

手前の鳥居には「天満神社」と書いてあり、奥の唐風の鳥居には「天満宮」と書いてありま

した。この、奥の鳥居をくぐり、右手の方に、「若宮社」があり、4基の六地蔵があります。

P9210438

真ん中の、仏像の左右に2基づつ祀ってありました。

P9220579

P9220581

なお、上の写真の左から2番目。九州でも珍しく、上竿石に金剛界の四方仏を陽刻し、そ

の下に梵字が刻んであります。建立者は、「悦岩宗喜」「藤原信尚」等、西郷氏一門だと思

われるそうです。


これも、残念ながら顔が削られてありました。石造物に興味がある方は、一度は見に行っ

た方が良い所の一つでしょう。  (参考:各説明版・山口八郎著「諫早を歩く」)

P9220582 P9220583


今日のお昼ご飯:

また、カミサンが行方不明で、帰りがけ図書館によって、諫早公園近くの「えげん坂」さん

でお昼ご飯。

P9220597 P9220593

「えげん坂ランチ」、チキンのトマトクリーム煮。これに、食後の軽いケーキがつきます。こ

れで、1000円以下です。お味?お客さんが多いので、それだけで分かるでしょう。

薬を出していると、「普通のお水をお持ちしましょうか?」と、気配りも心良いものでした。


この前まで暑いと思っていたら、あっという間に朝夕は寒いほどになりました。季節の変わ

り目は、体に変調をきたすことがあるそうです。ポチして体に、ご注意を。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



2012年9月21日 (金)

十王供養塔~諫早市小野町馬場谷

P9210428

実は、諫早の三大名勝「富川渓谷」「長田の御手水観音」は、この間からブログに書いた

ので、あとは「小野の金比羅山」ということで、大体の感でいってみました。


山頂らしきところまでいったのですが、ここには、お社、神社等があるはずなのですが、何

もなく、帰って調べたら、この少し先だということで、何事にも予習は必要ですね。最も、学

生時代から、予習はしたこともなかったもので。(復習も。)

帰りがけ、ウロウロしていたら、小野の郵便局あたりに、

P9210412_2

せっかくだから、寄ることに。

最初に近いところから。

P9210423

この近くには「性空寺(しょうくうじ)跡」といわれるところがあり、そこにあった石仏、供養塔

でしょう、まとめて祀られていました。真ん中の背の高いのが「六地蔵」です。


六地蔵については、明日書こうと思っていますが、下に並んだ石造物に、一番上の写真

のが置いてあって、どこかで見たなと思って調べたら、山口八郎著「諫早を歩く」に、のっ

ていました。「十王(じゅうおう)供養塔」と呼ばれるものだそうです。


以下「諫早を歩く」を要約してみると、十王とは、死後、生前に犯した罪の軽重を裁く十名

の裁判官のことで、良く知られるものに閻魔大王がいるそうです。


さて、この写真、よく見てください。「天秤」なのです。罪の重さを量っている図だそうです。


「性空禅寺」には、「栄守(えいしゅ)」という住職がいて、無常道を感じ、「十王堂」を建て、

「十王経」を人々に講釈しておられたそうです。


おりしも、その頃、諫早の「西郷紀」(西郷氏は伊佐早、後に諫早を支配していましたが、

天正15年に龍造寺に落とされます。)に、天正15年に「怪異の事」として書かれている

そうですが、年の初めに、不思議な異変が起こり、陰陽博士に占わせたところ、「・・・五ヶ

月後、五ヶ国の守護になるであろう。」といったのに対し、栄守は「・・・五ヵ月のあと、在所

を離れねばならなくなるだろう。」と占い、怒りをかって追放されますが、七月には龍造寺

家晴が諫早に入部。西郷氏は落ちのびていきます。


結局、栄守の占いが正しかったということで、この、十王供養塔は、栄守の形見ということ

ができるでしょう。単なる、石造物だと思っていたのですが、調べると歴史って意外と面白

いもんですね。  (参考・引用:山口八郎著「諫早をあるく」)


あなたもこの天秤で、罪の重さをポチと量ってみませんか?

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



2012年9月20日 (木)

工事状況★ミニ眼鏡橋・県立総合運動公園&「ベジーテ」さんでお昼ごはん~長崎県諫早市

P9190398

諫早に買い物に行ったついでに、以前に書いた「ミニ眼鏡橋」と「県立総合運動公園」を見

に行ってきました。


「ミニ眼鏡橋」は先日より、随分工事が進んだみたいですが、工期が10月30日になって

いましたから、あと、少しというところですが、回りも整備をする予定のようです。


これ見ていて、下の支えを取ったとたんに、ガラガラといかないんでしょうね。はやり、人柱

がいるのでは?私でよければ、なって良いんですが、まあ、むくつけき爺が人柱はあまり

似合わないか。うちのカミサンで良ければ喜んで・・・

P9190402

眼鏡橋の向こうに小さな橋が。眼鏡橋では無いんですが、何か親子を見ているようで、私

の好きな風景です。

P9190405

諫早の「県立総合運動公園」です。2014年に国体の主会場になるところです。詳しい設

計図等は→こちらをクリック

この間、半分だけだった屋根もすっかりできあがったみたいです。アップしてみると

P9190408

椅子も取り付けられたみたいですが、右側の工事の方、やっと涼しくなりましたが、あの炎

暑の夏、日陰も無いところで、上からは照らされ、下からの照り返しがひどい中で大変だ

ったでしょう。完成するまでには、まだまだ時間がかかりそうです。


お昼ご飯は「ベジーテ」さんでrestaurant

いつも、気になって一回は入ろうと思っていたのですが、今日はカミサンがいないので、コ

ンビニのご飯も飽きたし、入って見ました。

場所は以前記事にした「干拓の里(諫早ゆうゆうランド)」(遊園地)に附属する形の、バイ

キングレストランです。

P9160279

入るなり、従業員の方が、「本店は野菜中心で、お肉やお魚の料理はありませんが、よろ

しいでしょうか?」


近ごろ、太り気味の私。もちろんOK。年取ると、肉より野菜の方が口に合いますね。

P9160278 P9160277

連休の日でしたが、雨が降り、台風も接近とあってお客さんは、あと家族連れが一組だ

け。


子供向けのスパゲッティにはソーセージなども入っていましたが、あとはほとんど野菜料理

ばかり、手作りの豆腐とか、納豆もあって、このバイキングというやつ、いつも食べ過ぎて

困るんですが、・・・この後も、あと2,3品食べましたが、まあ、野菜料理ですから、良いで

しょう。


野菜で作る美貌と健康。ついでにポッチもよ。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 


2012年9月19日 (水)

田んぼアート鑑賞会~長崎県大村市★県立大村城南高校・竹松農場

P9160274

2014年に長崎で国体が開催されます。「長崎がんばらんば国体(第69回国民体育大

会」そして「長崎がんばらんば大会(第14回全国障害者スポーツ大会」です。

「がんばらんば」とは、「がんばろう」という長崎弁です。


その、国体のマスコットが「がんばくん」と「らんばちゃん」です。

Ganba01 Ranba01

左が「がんばくん」、右が「らんばちゃん」。長崎県の鳥。仲の良い鳥として知られている

「オシドリ」がモチーフだそうです(うちとは大違いdespair)。着ぐるみもあり、長崎のいろんなイ

ベントの場所で活躍をしています。


大村の城南高校で、この「がんばくん」をモチーフに、田んぼアートをしていると新聞記事

がでていたのでお出かけを。


あいにくの雨で、学校に行ってみたのですが、回りは住宅ばかり、先生がおられたので聞

いてみると、もっと離れた所の竹松農場でやっているとのこと。


場所は、大村市立郡中学校、県立虹の原特別支援学校の所だとか、車を走らせている

と、手作りの小さな看板が。入っていくと、雨の日もあってか見学者は私ひとり。


やぐらが組んであるので登りかけたら、プレハブの中から高校生が、さっと走り出してき

て、少しお話をすると、(こちらは、ひげを生やして、アロハシャツでサングラス、生徒さん、

多少ビビリ気味)今年で5回目だとか。自分たちで、デザインを出しあって、今年は「がん

ばくん」にしたそうです。「GANBA★」の文字も。

P9160272_2   P9160273

そのうち、先生も登ってこられ、5年間試行錯誤だったそうですが、この色の濃い所は、い

わゆる、古代米といわれる「緑米」だそうです。私も「黒米」「赤米」は使った事はあり、「緑

米」は噂だけは聞いていたのですが、見るのは初めてでした。炊くと、普通の白米と同じ色

になるそうです。回りの稲に比べると、穂の丈が高く、色が濃く、非常に見やすくなっていま

した。


「黒米」「赤米」は、普通の米に少しばかり混じぇて(混ぜての長崎弁。キーボード打ってて

も時々長崎弁がでるもんで・・・happy01)食すると、もちもち感があっておいしいですよ。是非お

試しを。緑米はどんな味か、食べてみたいものです。


生徒さん、先生の応対も気持ち良いものでした。新聞によると10月14日までの、土日と

祝日(平日は授業がありますから)の午前10時~午後3時までだそうです。是非寄って見

てください面白いですよ。

大村城南高校の皆さん来年も「GANBA★」よ。来年も楽しみにしています。


「GANBA★」でポチね。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



2012年9月18日 (火)

敬老の日~またまた、皿回し

P9180358

先日は、敬老の日。65歳から老人クラブですから、私もボチボチ心構えをなんですが。

私の義兄、73歳ですが、まだ下っ端で、事務方を任されているそうです。なんせ、80歳代

で、まだ、ばりばりしている方が、たくさんがおられますから。


さて、今年は、大丈夫だろうと思っていたら、昨年に続いて、先週、皿回しの依頼。断れな

い、弱い私。今年もお隣の町の、小さな老人クラブでのアトラクション。私の前に、きれい

どころが、お二人ばかり踊り(bleah)。

その次、私の出番。

P9180376 P9180388

いつものように、皿だとか、お盆だとか、盥だとか回してきましたが、一年ばかりサボって

いたせいか、緊張、緊張。なんとか回して、お年寄りの方を、ちょっとお手伝いして

P9180371

何名かの方に回していただきましたが、これは喜ばれました。左の方は皿が落ちた時の

助手。


芸は身を助く、と言いますから皆さんもいかがですか。大分県が本部で、大分社会福祉セ

ンターで、教室を行っています。私も、長崎から通ったものですが、東京から習いに来た方

もおられます。


東京は文京区湯島スタジオKSというところでやっているそうです。長崎は、佐世保市の広

田町いで湯荘、相浦公民館でやっているそうです。お問い合わせを。


なお、私の写真、顔を隠しておりますが、時々、変なところを、うろついているので・・・


今日は、ドット疲れたのでこのへんで・・・ポチ忘れないでね。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



2012年9月17日 (月)

「長崎県謎解き散歩」

Img

意外と知らないのが、地元のこと。この「謎解き散歩」という名前がいいですね。


前書きを読んでいると、廃藩置県の時、長崎は「幕府直轄領の長崎と島原藩六万五千

石・平戸藩六万一千石・対馬藩五万二千石・大村藩二万七千石・五島藩一万二千石・平

戸新藩一万石・ほかに佐賀鍋島親藩の諫早領・神代領など小藩乱立で、時流に適応する

人材の育成、藩内の整備、殖産事業の振興などでの遅れが目立った。」、いわれれみれ

ば、なるほど、長崎には小藩が乱立していたのですね。そのせいで、県民所得ランキング

は下位5位くらいですか・・・think


この本「第1章 長崎県ってどんなとこ?」「第2章 幕末維新編」「第3章 考古・歴史編」「

第4章 人物編」「第5章 民俗・文化・宗教編」「第6章 自然・地理・産業編」と、ほとんど

のジャンルに及び、それぞれに詳しい方が執筆しています。


「『島原の乱』ー半島北目不参加の謎!」、「出島はどうして扇の形なの?」、「『二十六聖

人』ー最初は何人だったの?」、「諫早の民謡『のんのこ節』は箱根の関所で誕生し

た?」、「『島原手延べそうめん』のルーツは中国福建省?」、「島原半島の有家町には謎

の石造が点在している」、「平戸松浦氏の始祖は光源氏のモデル!?」等々いろんな項目が

並んでいます。


各項目、大体2~4ページですから、気楽に読め、こんな事があるのかと思うことが、てん

こ盛り。長崎在住の方はご一読を。光源氏が長崎と関係あったとは!まったく知りません

でした。


今光源氏と言われる私にポチを。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




2012年9月16日 (日)

2012 第14回千々石中学校吹奏楽部定期演奏会~この一曲★北国の春

P9160286

去年も書きましたが、「千々石中学校吹奏楽部定期演奏会」、今年で第14回を迎えまし

た。


今年は、ジオパーク世界大会での出場(御神楽)、雲仙市観光PR大使で上海へ、長崎県

の吹奏楽コンクールでは、初めての銀賞。かなり上位の銀賞でだったみたいです。


高校生のOBを2名含めて17名の出演です。以前書きましたが、私も、吹奏楽、オーケス

トラをやっていましたが、あの当時は金管楽器はほとんどが男子。特に、トランペット、トロ

ンポーンは、女子が吹く姿は見たことがなかったのですが、今は普通になって、男子より

迫力あるんじゃないですか。


今日の演奏会は、第一部がクラッシックステージ。第二部が千々石ファミリーコーラスのゲ

スト出演。第三部が、ここの吹奏楽部でしか見られない、御神楽。第四部がポップスステ

ージ。

P9160299

この千々石ファミリーコーラス。若い方も(coldsweats02)交え、30年以上も良く続いています。皆さ

ん、本当にお元気で・・・

P9160316

全国、広しといえど、吹奏楽部部で御神楽を舞うのは、ここだけでしょう。あちらこちらと、

引っ張りだこです。


第四部では、サッカー部だったか、テニス部だったかも友情出演、ちょっと緊張気味で、

「栄光の架け橋」を。

P9160336

さて、この第四部で「北国の春」の演奏があったのですが、「北国の春」といえば、私の持

ち歌、というより、カラオケはこれしか歌えません。


曲が始まる前、誰か歌いませんかと言われたので、私、手を上げて、マイクをもって、「唄

い続けて30年、心を込めて歌います。『北国の春』。」と言うことで、絶唱しました。もちろ

ん、これ冗談です(happy01)。でも、歌いたかったな。カラオケと、生バンドのバックでは迫力が

違うから。


と言うことで、今日は楽しい一日を過ごしてきました。来年もガンバッテね。楽しみにしてい

ますよ。


応援のポッチね。 

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



« 2012年9月9日 - 2012年9月15日 | トップページ | 2012年9月23日 - 2012年9月29日 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ