« 2012年5月20日 - 2012年5月26日 | トップページ | 2012年6月3日 - 2012年6月9日 »

2012年5月27日 - 2012年6月2日

2012年6月 2日 (土)

片足鳥居~雲仙市小浜町雲仙  付録:諫早市森山町ハス園 6月1日

P5240017_2

今日は北有馬町で「有馬晴信没後400年紀念 キリシタン大名サミット」の聴講のため、帰る

のが少し遅くなったので簡単に。


雲仙のあまり気づかない所を紹介していますが、雲仙の片足鳥居です。国道筋ですが、心が

けていなければ多分見落とすでしょう。場所は温泉街の手前、札の原の小地獄のバス停の

すぐ近くです。

P5240024_2

説明版によれば温泉神社が四面宮と呼ばれていた頃、文政十年に北有馬の北村与一兵衛

が建立をしたそうです。これが、第一の鳥居になります。

P5240020_4


たしかに、文政十年の文字が読んでとれます。

P5240019_3


横には「四面社」の額が、鳥居に取り付けられていたのでしょう。

これが片足になった理由とか、どこかに資料を持っていたのですが見つけきれませんでし

た、分かったらまた書いてみます。


ここから先は、女人禁制だったそうで、子どもを寺に預ける母と子が、ここで涙を流して別れ

たのでょう。

この少し先に、この間書いた「七日回りの石」があり、ここから下の方には、悲恋の「猿石」が

あり、女人禁制については私たちの知らない悲話がたくさんあるのではないでしょうか。

私は女人禁制の男性ではありません。誰でも歓迎です。


付録:諫早市森山町ハス園 6月1日

前回行った時より、葉が大きくなってきましたが、花はまだまだ。

でも、このハスの葉は大きくて良いですね。風がくると一斉にゆったと揺れて心安らぐ感じ。

しばし、浮き世の憂さを忘れて見とれていました。

P6010229

良かったらポッチしてね。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ  


2012年6月 1日 (金)

魚洗川(いわれご)~雲仙市国見町

Photo

   【八斗木(はっとぎ)むかしむかし~国見町八斗木小学校刊から】



享保年間、国見町多比良(たいら)の地図です。ちょっと分かりににくいのですが、赤いとこ

ろに魚洗川(いわれご)茶屋と書いてあります。


島原半島は、島原から愛野に出るまで、海沿いの道、南目街道(島原~北有馬町)、西目

街道(南有馬~千々石町)と北目街道(島原市~国見町経由~愛野町)そして、山越えの

千々石道の道があります。


南目街道、西目街道、北目街道は比較的緩やかですが、千々石道は雲仙を越え、厳しい

坂を辿る道ですが、この道が一番の近道になり、勝海舟、坂本龍馬が辿った道ではない

かともいわれています。


昔、島原の殿様が長崎へ行くとき(長崎は江戸時代天領で、島原の殿様が監視するのが

役目でした。)その時、この魚洗川で一休みして、昼食を食べたと言われています。

Photo_2

右の四角から、島原、赤く塗りつぶしたところが「魚洗川」、田代原、千々石になります。

現在、このルートを辿った人が何人かいますが、話を聞くと、山間部は道が使われていな

いため荒れ果てて分からなかったそうです。


この「魚洗川」いつも何気なく通ることがあり、標識は知っていたのですが、この前ひょっと

降りて、標識の裏に何か書いてあると思って見ると。

Photo_3 Photo_4

「屋敷跡はこの奧」。裏に書くもんじゃありませんね。全然気付きません。

全体的にはこんな感じの所です。

Photo_5

この道と道の間が奧ですが、植林がしてあり

Photo_6 Photo_7

林の中ですが、入ってみると、たしかに家の石垣が。

Photo_8 Photo_9

Photo_10 Photo_11

この「魚洗川」、時々話を聞くことがあり、千々石で取れた魚を島原に運ぶとき、魚が傷ま

ないように洗っていったそうです。千々石から山越えで島原までといったらちょっと信じられ

ない話。昔の人はスパーマンか?試しにチャレンジしてはいかがでしょう。命の保証はしま

せんが。


調べて見ると、この「魚洗川」、雲仙への湯治客なども通るため、多くの人が通り、茶店を

する家がかなりあって景気が良かったそうです。

凍豆腐(こおりどうふ)も作られ、また馬市も開かれていたようで、「魚洗川のこおりどう

ふ」、「魚洗川の馬」と言えば有名だったそうです。


残念ながら、昭和10年ころ1800メートル下の方に開墾地ができ、ほとんどの人が移住し

たそうです。昭和26年には一軒だけ残っていたそうですが、現在は上の写真のとおり何も

残っていません。道路が出来たため、当時の様子とは全然違っているのでしょう、林の中

の石垣以外は何にも残っておりません。場所は、雲仙から国見に下る途中の所、国道

389号になります。

参考:「八斗木むかしむかし~八斗木小学校」「新島原街道を行く~松尾卓次著」


今日のおやつ:

「いきなりだご」、意味が分からない人は、ネットで調べてね。面白いから。ここのは、あんこ

入りでした。

P6010233 P6010234
 

よかったら、いきなりポッチしてね。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ  

2012年5月31日 (木)

夏野菜~太り始めました

1 2

膝の痛みがひかないので整形外科まで行ってきました。膝に炎症があるとか、炎症が引くま

で、三週間ほど安静とのこと。山を歩くのも、若いときとは違うんだから歳を考えなさいと言わ

れ、トホホ。三週間外出できないのは辛いですね。


さて、先月の5月3日に夏野菜を植えましたが、ここ三週間ほど手入れが出来ず、草ボウボ

ウになっていますが、野菜は元気に育っています。


私が嫌いなピーマン、いの一番になりました。キュウリも一本なっていて、お腹の中に入りま

した。花がたくさん咲いているので次々に実がなっていくでしょう。

9 8

見たことのない方のために、キュウリの花に、ピーマンの花です。どちらも結構可愛い花。

3 4

茄子とトマトも徐々に成長。「親の意見と茄子の花は千に一つの仇(あだ)もない」。茄子の

花は咲けば必ず実がなるように、親の忠告は必ず役ににたつ、ということです。親の意見は

ともかくも、茄子は本当ですね。「冷や酒と親の意見は後できく」というのもありますが・・・・


このトマト4種類ばかり植えてみましたが、種類によってかなり成長の仕方が違うみたいで、

おなじトマトでも・・・同じ日に植えたのですが。

5 6

トマトの育て方に、最小限の水しか与えないという育て方があり、味が違うということですが、

なかなか素人には出来ませんね。土が乾いているのを見ると、おもわずかわいそうになっ

てジャバジャバと水やりを。

75 14

サトイモも順調に芽が出てきました。そろそろ敷わらをしようと思っています。柿は気付かな

いうちに花が咲いて、実が付いていました。小さな実がたくさん付いているのですが、どれだ

け残るのやら、もうボチボチ落ちていました。やっぱり少しは消毒が必要か?

10 11

晩生のたまねぎ、少し小さめですが、毎日食卓に出ています。空豆、この4倍ほど取れたの

ですが、夫婦二人。どうするかと思っていたら、空豆のスープで何回かいただきました。

季節感があっておいしかった。

12 13

イチジク。本当にどこに植えてもよくなります。実は秋口くらいでしょう。

ペパーミント、いやになるほど繁殖します。雑草より強いんでないですか。

白ゴーヤ、苗がなかったので種をポット植えしましたが、うまく芽が出ません。先日、もう一度

種を買ってきて植え直しました。9粒ほど入って450円、少し高かった。


最初に書くのを忘れていました。膝の関節を守るためには、足の筋肉を鍛えておけていうこ

とで、筋トレの方法を。


仰向けに寝て、足のつま先を手前に挙げ、膝をしっかり伸ばしたまま10㎝ほど足を上げ、左

右5秒づつ、20回。慣れてきたら、足に1㎏ほどのおもりをつけ、徐々に2㎏、3㎏と上げ

て、体重の5%くらいまで負荷をかけろということですが、山歩きをするなら10%まで必要と

いう事でした。私の体重の10%というと6㎏。ちょっときついな。でも、頑張りますよ、山の中

の面白いところいろいろ調べているので、この秋のむかって・・・


よかったらポッチしてね。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ





2012年5月30日 (水)

大村公園花菖蒲速報(5月30日)~長崎県大村市

Photo

梅の次は桜、桜の次はつつじ、つつじの次は菖蒲と、まあ、次々にあるもんです。紫陽花

と蓮の花ももうボチボチかな。

大村公園の花菖蒲も、もう時期かなと思って、痛む足をひきづりながら・・・

Photo_2

まだまだ五分咲きだとか。博打が強ければ大村競艇にいったのですが・・・


説明板によれば、ここの花菖蒲園は慶長3年(1598年)に、大村19代当主大村喜前公

が玖島城(注:よく大村城という方がおられますが玖島城が正式名称です。)を築いたと

き、長堀と南掘のあとに作ったそうです。昭和36年熊本から肥後菖蒲を、昭和38年明治

神宮御苑から江戸菖蒲を移植し、現在は伊勢菖蒲も植えてあります。花の種類は271種

類。見頃は5月下旬から6月中旬までだそうです。


私も以前花菖蒲を集めたこともあったのですが、花菖蒲は三日花で散るのが早く、何とな

く侘びしくもあり止めてしまいましたが、


さて、五分咲きといえど、江戸系はの花菖蒲は見るに十分。

Photo_3

江戸系の花菖蒲は、肥後系とは違い池などに密集して植え、上から眺めるように改良して

きた歴史があります。

Photo_4

肥後系ですが、蕾がほころんでいますからもう少しです。

肥後系は元来鉢植えにして、座敷で鑑賞するため、横から見たときに姿が美しく見えるよ

うに改良したもの。この、肥後系の歴史については面白い話があり、「ウィキペディア」の

「肥後六花」の「肥後花菖蒲」に載っています。


また、この肥後系については「日本菖蒲協会」のブログの「肥後花菖蒲の鉢植え展示」の

所に鑑賞の道具、陳列の方法、接待、鑑賞者の心得と作法と詳しく載っており、お茶と同

様にお作法があり、又鉢植えの花菖蒲の美しさが味わえますので、下にリンクを張ってお

きますので是非御覧下さい。

Photo_5

伊勢系の花菖蒲ですが、肥後系より女性的な美しさを持っているそうですが、こちらももう

一息でしょう。

Photo_6

こんなところでスケッチも良いですね。

P5300137

6月3日に花菖蒲まつりがあるそうです。参考のために看板を貼り付けておきます。

Photo_7

「日本花菖蒲協会」~「肥後花菖蒲の鉢植え展示の方法」は→こちらをクリック

「肥後六花」~「肥後花菖蒲」は→こちらをクリック


良かったら下もついでにクリックしてね。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



2012年5月29日 (火)

県立諫早総合運動公園★公園の裏道~長崎県諫早市

1

膝の痛みが少し薄れてきたので、どれくらい歩けるか、諫早の県立総合運動公園に行って

みました。陸上競技場は、4月の下旬に行ったときより、随分工事が進んで、屋根の取り付

けをやっていて、外見が見えてきた感じ。


さて、この前、膝を痛めていないとき、山歩きをしている癖で、テニスコートの上あたりになに

やら林の中に入れる道らしきものをみつけ、入ってみると、

3

落ち葉は積もっているが、結構良い道が。コースより少し高い位置くなりますが、コースと平

行に道は走っています。

4 5 

どこまで続いているか、行って見ると。芝生公園便所の所から、緩い坂道があって、給水塔

がありますが、そこまで続いていました。

6 P4220158_2

給水塔の所には、展望台への指示板が。

8_2

四角のところが展望台でしょう。

10_2

よく考えると、この山、上山公園なるんですね。うっかりしていました。反対側からは登ったこ

とがあるんですが、膝が治ったらこちらから登ってみます。後日、報告します。


今からの時期、このジョギングコース太陽に晒されますが、この裏道コースなら木陰になる

し、森林浴にもなるし、適当なアップダウンはあるし、もう少し手入れをして、標識を立てて貰

えば良いコースなんですが。ここらあたりは、猿とかイノシシとか熊とかの噂も聞きませんか

ら、一度お試しにいかがですか。蛇は保証しません。


所々に菖蒲が、もうすぐ見どころでしょう。

11_2

折角だから、ケーキの「ル・ミエル」さんによって「なると金時のヨーグルトムースのタルト」を。

12_2 13_2

「なると金時」で思い出して園芸店に、サツマイモのツルを買いに行ったのですが、全部売り

切れでした。残念。



ポッチしてね。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ






2012年5月28日 (月)

雲仙鉄道 その9~鉄道とバスのクロスポイント★雲仙市千々石町

Cimg0493

もう終わろうかと思ったのですが、また、雲仙鉄道のことです。鉄道の諫早~小浜間の完

全運行が昭和2年。バスの諫早~小浜間運行が大正10年。昭和13年に鉄道が廃止に

なりますから、この間、昭和2年から昭和13年まではバスと鉄道が競合したことになりま

す。

ふと考えていると、このバスと鉄道とのクロスポイントが千々石町内で2カ所ある事に気づ

きました。


ちょうど、雲仙のビジターセンターで、企画展をやっていて、「長崎大学工学部工学科環境

デザイン工学コース」という所から、雲仙の交通図絵が展示をしてあり、撮影禁止は出て

なかったので、ちょっと千々石の部分だけ撮影して確認してみたら・・・


上の写真、鳥瞰図ですから、普通の地図みたいに正確ではありませんが、赤い線が鉄道

路線。緑の色がバス路線。左が愛野、諫早方面。右が小浜方面です。黄色い丸印の所、

交差しているところがあります。下の写真が、左の黄色の丸印の部分です。

Photo_2

青の道が旧道。バス路線。今はその上の所に国道が走っています。もちろん当時はあり

ません。矢印方向が愛野方面。

赤の矢印が鉄道路線で千々石の国道、千々石駅方面。

上の国道から見たところです。

Cimg0698

下の道が、昔の街道。バスも昔はここを走っていて、雨上がりなどのときは、バスが登り

切れず、乗客で押していったそうですが、泥はねでひどい目に遭ったそうです。いまも、畑

があり使っています。余談ですが、ここを登っていくと、

Photo_3

昔のガードレールでしょう。これなんか、歴史的遺産になりませんかね。何となく懐かしい

感じ。もう少し行くと、

Photo_4

「あいのちかみち」の道標が。建てられた時代ははっきりしませんが、ここから、右に曲が

ると国道を横切って、愛野方面への道があります。残念ながら道路を改修しているため、

昔の道はちょっと分かりません。


元に戻って、さっきの所から、回れ右をすると。

Photo_5

赤の矢印の方向が千々石駅方面になります。今は国道ですが、ここを汽車が走っていた

のです。


昔のバスは千々石の商店街を通って、橘神社の少し上の方に出て、今の国道にでてきま

す。商店街を通る道といえば青い線の矢印の方向。ここらに一つ目のクロスポイントがあ

ります。うちのかみさんの家が、商店街の上の方にあるのですが、高校時代まで家の前を

バスが通っていたそうです。


二つ目のクロスポイントは、商店街の中にあります。

Photo_6

青の線がバス路線。商店街になります。赤の線が鉄道路線。黄色の丸印が「上千々石

駅」になります。


結局、雲仙鉄道は設置の経費がかさみ小浜の温泉街の手前までしか運行できず、車に

乗り換えか歩くか。バスは温泉街の中まで直行。鉄道はバスに負けてしまいます。

旧汽車道に興味があるひとは参考までに。


良かったらどっちかポッチしてね、

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



2012年5月27日 (日)

この一曲~だまって俺について来い★ハナ肇とクレージー・キャッツ

Photo

世の中は不景気の話ばかり、個人的には膝は痛いし、季節の変わり目で心身ともに不調

だし、かみさんは怖いし、車は擦るし。まあ、絶不調の今日この頃。パットいきたくても、年

金暮らしで、アルコールはドクターストップ、女にはもてないし、博打は弱いし、まあこんな

時は、楽しい音楽でもと。


クレージー・キャッツ、全国民的に爆発的に人気がありましたが、この時代、活気がある時

代でした。メンバーは、リーダーがハナ肇、植木等、谷啓、犬塚弘、安田伸、石橋エータロ

ー、桜井センリでしたが、いま生き残っているのは、犬飼弘と桜井センリのみ。なにか寂し

いですね。このCDの中で、なんといっても好きなのが「だまって俺について来い」。




だまって俺について来い


ぜにのないやつぁ

俺んとこへこい

俺もないけど 心配すんな

みろよ 青い空 白い雲

そのうちなんとかなるだろう


彼女のないやつぁ

俺んとこへ来い

俺もないけど 心配すんな

みろよ 波の果て 水平線

そのうちなんとかなるだろう


仕事のないやつぁ

俺んとこへ来い

俺もないけど 心配すんな

みろよ 燃えている あかね雲

そのうちなんとかなるだろう

わかとっるね わかっとるね わかっとるね

わかったら だまって俺について来い


(作詞:青島幸夫・作曲、編曲:萩原哲晶)




さて、近ごろ、かって修験者(山伏)の修行の場であった雲仙の山を歩いて、修験道に興

味が出てきて、

Photo_2

という本を読んでいたら、「塩路鉄砲水さん」という人の話がでてきます。「奧駆げ」という、

険しい山を歩く修行の時、気の向くまま、道がないところでも、「てけと~(適当)に行けば

(目的地に)着くやろ。」といって断崖絶壁でも進んで行く人ですが、著者が一緒に暮らすう

ちに、「鉄砲水さんは自分のことを『てけとーな人間』と言いますが、その『てけとー』の中に

はとても思慮深い先人達の知恵が息づいているように感じます。」と書いています。


この歌を聞いていると、この話を思い出し、「てけとー」でありながらどこかに深いものを感

じるのですが・・・


なお、この歌、「無責任一代男」として有名になった植木等が歌っています。実家はお寺

で、実際は真面目な人間だというのは多くの人が語っているところでが、「スーダラ節」の

楽譜を渡され、歌おうかどうか悩んでいるとき、僧侶である父から「わかっちゃいるけどや

められない」という言葉は親鸞の教えに通じるといわれ、歌うことを決めたそうです。


「みろよ 青い空 白い雲  そのうちなんとかなるだろう」。何となく、人生の達人の言葉と

は思いませんか。




ポッチお願いネnote

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ





« 2012年5月20日 - 2012年5月26日 | トップページ | 2012年6月3日 - 2012年6月9日 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ