« 2012年3月25日 - 2012年3月31日 | トップページ | 2012年4月8日 - 2012年4月14日 »

2012年4月1日 - 2012年4月7日

2012年4月 7日 (土)

天草四郎、小浜温泉へ~高来郡小浜村由来記から

Cimg1034

某所で、資料をあせっていたところ、こんなものが。所有者とか、来歴はよく分かりません

が、「弘化四丁未の年二月中旬書写」とありますから、写し書きしたものには間違いないで

しょう。


幸いに中身は古文書そのものではなく、書き下してあるものでしたから、私にも小浜村(現

雲仙市小浜町)のいろんな出来事が書いてあることは分かりました。読み下しは誰がした

のかよく分かりません。そんなに厚い文書ではありませんが。


最後の所に、「氏由来記一冊、岩豊蔵跡の家に有り候ところ、未正月の年始まわりの節

に、ちょっと見かけ候ゆえ借り来たり。」とありますから、原本は岩豊蔵家にあったのでしょ

う。


読んでいくと、見慣れた名前が・・・

Cimg1037

赤線の所、「益田四郎」とあるではありませんか。「天草四郎」の本名です。元和7年(162

1)江部村(現宇土市)に生まれたそうです。父益田甚兵衛は切支丹大名小西長行の家臣

です。


そのまま写してみます。


一、寛永十四年丁丑の一揆の節の小浜村様態の事。

  春二月の頃、肥後の守宇土郡、益田四郎が小浜へ入浴に参り、場所元より右庄屋支

  配。

一、四郎逗留の間、庄屋才助文武二道に達(?)し、両人学問の噺の上より、庄屋才助を

  邪宗に引き入れ、羽毛合忠衛門と申すも邪宗に傾く。

  その時分才助の妻、長々のわずらい、三会村(島原市)の金作、佛を持参し、これを拝  

  ませ、佛法沙汰より、さっそくわずらい平癒致しおよぶにつき、四月頃に四郎、金作有

  馬に参り、二月頃に右四郎、才助、金作を同道にて入浴へ参り、名苦(?)を致し候。

  湯右衛門林の間より沖八丁ほど北に浮島が見え、これを打つ者が有り候えば、四郎

  が死鳥 (?)を招き寄せ申し候につき、才助、鉄砲上手に撃ち殺し、金作を招き寄  

  せ、三人ともに 小浜に逗留し、十月上旬頃に有馬表へ参り候。


意味不明なところもありますが・・・・寛永14年は島原の乱が起こった年です。

ここに出てくる金作とは、小西長行の家臣で「さげ針金作」と言われた鉄砲名人です。吊し

た糸針の糸穴を打ち抜いた事から「さげ針金作」と名前がつけられたそうです。どうして、

島原に住んだのか不明ですが、島原の乱の最初の幕府軍の総大将、板倉重昌の胸板を

鉄砲で貫いたのも金作だといわれています。


ここで、「小浜史談」を調べると、ちゃんと出ていました。天草四郎ただ単に湯治に来たの

ではなく、実戦の経験があり、戦術も心得ていた北村の郷士、津田太郎左右衛門を引き

込むために説得に来たと記述してあります。津田太郎左右衛門は危機一髪で逃れ幕府

軍に加わったそうです。


なお、「小浜由来記」には、この後、才助が代官高橋武衛門を鉄砲で撃ち殺し、逃げおお

せた事も書いてあり、なかなか興味のあるものでした。

38061_2   

写真の画像が小さくて済みませんが、明治中旬の小浜の様子です。天草四郎が来たと

きはどんな様子だったのでしょう。


上の写真は、長崎大学附属図書館幕末明治日本古写真メタデーターベースからとったも

ので、面白い写真がたくさんありますから覗いて見てください。


なお、幕府の最初の総大将、板倉重昌派遣について、昭和44年発行の「南有馬郷土誌」

に幕府内の状況とか、大久保彦左とか柳生但馬守宗矩が出てきたり、これ興味ある方は

読んで見てください。面白いですよ。



参考:「小浜町史談」「南有馬郷土誌」「有家町郷土誌」



2012年4月 6日 (金)

橘神社・新春奉納揮毫12年の軌跡展  付録:橘公園の桜

Photo

地元の人も、この事、知らない人が多いのではないかと思います。

地元の新聞を読んでいると。

Shodou

長崎県書道展副会長の書家、坂田緑楓氏が、毎年正月、橘神社新春干支の書き始めを

12年間続けて、神社に寄進しておられるとか。

Photo_2

見にいったらはやり大きい。

Cimg1198

畳3畳分ですから、人間と比べるとかなりの大きさ。ちょうど、橘神社の世界一の門松作り

の親方(責任者)がおられたので、比較のためにモデルになってもらいました。


新聞によると、坂田氏は毎年大晦日の11時半から禊ぎをし、元旦の午前0時から書き上

げるということです。


十二支そろい踏みになったと言うことで、今回、全作品の書道展になったようです。この作

品、神社の社務所等が手狭で、展示するところがなく、神社で保管はしているそうですが、

一般には見る機会がないということで是非ご覧下さい。


会場は千々石町公民館、期間は4月6日~8日(日)、時間は10時~20時(最終日は17時

まで)。なお、8日(日)は15時から山口修・純子さんによるミニコンサートもあるそうです(入

場無料)。

十二支の作品を貼っておきますのでご覧下さい。(龍は一番上の最初の写真です。)

Photo_4 Photo_6

Photo_7 Photo_8

Photo_9 Photo_10

Photo_11 Photo_13

Photo_14 Photo_15

Photo_16  Cimg1194_2


付録:

橘公園の桜も散り始め、人間でいえば、自称アラフォーくらいですか。川沿いのしだれ桜

がきれいに咲いています。お弁当広げるにはもってこいでしょう。

なお、プロポーズするならこんな所も良いですよ。人も少ないし。雰囲気は良いし。

Cimg1227

プロポーズ はやくしてよと 花吹雪heart02  by sugikan    おそまつさまでしたcoldsweats01







2012年4月 5日 (木)

赤岩観世音・音姫観世音~音姫観世音編・秘境の神社/雲仙市国見町

Photo

昨日は、赤岩観音さんの事でしたが、今日は音姫観音さんの事を。

この事については、国見町郷土誌研究会が出した、「国見町の忘れられた文化財第二

集」しか資料が見当たらず、これから引用してみます。赤岩観音と音姫観音との関係です

が、赤岩神社には赤龍、音姫神社には白龍と刻んだ石碑が建っているそうですが、残念

ながらこのときは、知らずに見落としてしまいました。


赤龍は男神で、白龍は女神で、天の一角からつるんだ竜神がこの山に天降ったとして書

いてありますが、これは神話の世界の問題でしょう。

Photo_2 Photo_3

赤岩神社に行く途中から、直接下る道があるのでしょうが、一応用心のため分かれ道まで

戻り、右手の道を。

Photo_4 Photo_6

まったくの下り坂ですが、そんなに急な坂ではありません。10~15分程度下ります。下る

のは楽だけど、また、登るかと思うと・・・

Photo_8

一番谷底になりますが、木立の中から見えました。何となく、ほっとした感じ。

Photo_9

新築をしたみたいで、一番上の写真の鳥居も、昭和62年6月に有明町の方が立てられた

もの。奉納の垂れ幕には、平成23年3月の文字。新築も新築なのかな?


さて、「国見町の忘れられた文化財」から引用しますと、『特に山裾の「音姫神社」は昭和

初年頃迄信仰が盛んで、木綿織りの織子達に崇められた。通称「音姫さん籠もり」と偁し

て神詣りが続いたが、木綿織りが廃れると共にすべてが忘れ去られてしまった。その昔、

織子達に歌われていた歌が残っているので、次に紹介しよう。


音(乙)姫さんはトンコロリ トンコロリ 機を織る その布のさきはよけれども 何方つけて

着せましょう 前には「弥帆」の帆柱 後は象牙の釣船 片袖は 梅の折り枝玉手箱 玉

手箱開けてみたれば 印花布七夕寝てござる・・・・


歌詞に不明なところもあるが、文意からして音姫神社と織物との間に深い関係があると推

察される。・・・』

と書いてありますが、これが書かれたのは平成5年ですから、もう20年程度前。確認する

のは無理でしょう。しかし、これだけでも記録があるということは素晴らしいことだと思いま

した。

ただ、仏像はほとんど新しい物ばかりで

Photo_10

一番左と、この写真の右の外になりますが、これが一番古い仏像でした。本来ここがど

のような場所であったのか、知りたいものでしたが残念でした。ただ、まだ信心している方

がおられる事は事実でしょう。

Photo_11

なお、ここらはどうも湿気があり、マムシの気がありそうなので、これから行かれる方はご

注意を。なお、私みたいに一人で行くような馬鹿な真似はしないで、少なくとも二名では行

ってください。


付録:

イノシシを見ました。近頃山の中を歩くと、あちらこちらイノシシの罠がありますが、今日も

いろいろ山の中で調べていると、罠にイノシシがかかており、近づくと罠が破れんばかりに

暴れて、恐ろしかった。この間は、猿とすれ違うし。私としては、美女との遭遇を期待して

いるのですが。

10



2012年4月 4日 (水)

赤岩観世音・音姫観世音~赤岩観世音編★秘境の神社/雲仙市国見町

1

雲仙から国見町へ下る道。続に奧雲仙といわれているところですが、この道路の所に大

きな鳥居があります。

2_2

右へ行けば雲仙、左へ行けば国見町、手前に来れば田代原になります。鳥居には、「赤

岩観世音・音姫観世音」と書いてあります。

ここには、10年ほど前写真を撮りに来たことがありますが、久しぶりにいって見ました。

3 4

鳥居から15分程度は軽トラックでも入れるような道。この日は、雲仙岳もすっきり見え良

い気持ち。ここは、鳥甲山の中腹より少し下にある程度かな?鳥甲(とりかぶと)山は、国

見町住民の信仰を象徴する霊山であったそうです。

5

ここから、赤岩観世音と赤姫観世音の分かれ道になり、道が少し険しくなります。

左に行けば赤岩観世音、右に行けば音姫観世音。

6 7_2

歩くこと20分程度。まさに秘境の神社という感じです。

8

崖の下の、岩穴の中に神社があります。千々石断層の続きになるのでしょう。上の方は、

鳥甲山の山頂です。一回鳥甲山に登ってこの上の方から覗いたら、とにかくおっかなかっ

た。まったくの、絶壁です。


さて、この「赤岩観世音」と「音姫観世音」何か関係があるのかと調べると、資料がなく分

からない。たしか、「殿様監視の道」という本で、祭日には賑わって、うどん屋なども出てい

た、という記憶が薄くあったのですが、国見町郷土誌にも見当たりません。


数週間調べて、やっと見つけたのが、国見町郷土史研究会の「国見町の忘れられた文化

財第二集」という14頁の小冊子と。八斗木(はっとき)小学校の先生と、他団体、機関の

方が作った「八斗木むかしむかし」という冊子。ただし、前者は主に音姫観音が主で、後者

は赤岩観音が主。


今回は赤岩神社を主に書きますが、雲仙を開山した行基が田代原に、寺や僧坊を建てた

いと願い、苦行をしたとき、赤岩観世音が願いを助けてやろうとした伝説があるそうです。


たぶん、ここの雰囲気からすると、修業道者の霊場として、赤岩観音が祀られたのでしょ

う。祭神は「武甕槌神(たけみかつちのかみ)と「経津主神(ふつぬしのかみ)」。


むかしは、地元はもちろん、ご利益が多いということで有明、島原からもお参りがあったそ

うです。鳥居の寄進者の所にも「島原市三会」の文字もありました。


さて、この観世音の命日が、旧暦3月18日で、その折りお参りする人が多く、里から酒、う

どん、おかしなどを売る店が登ってきたそうです。次の日は「千日ごもり」といい、千日お参

りをしたのと同じご利益があるということで、夜になると、ご詠歌の合唱があり、流行歌も

交わったそうです。この場所でと、信じられないことですが・・・


残念ながら、神仏分離の令により、この赤岩観音は大正4年に烏兎神社境内の岩下神社

に移されたそうです。この岩下神社も大宝年間ごろから祀られていたと口伝にあるそうで

すから、とにかく古い神社と言えるでしょう。


現在の赤岩神社は、新築され仏像も新しい物が多いようでした。こうしてみるとと時代の

移り変わりを感じます。

9

10

こちらは岩下神社です。ご神体は鍵が掛けられ拝めませんでしたが、「岩下神社」の横の

所に「赤岩さん」の文字が書いてありました。

Dscn1694 Dscn1695

Dscn1696

時間があったら、「赤岩観世音」寄って見てください。とにかく凄いとこですよ。

あしたは、「赤姫観世音」編です。←クリックしてね。


参考:国見町郷土誌・国見町の忘れられた文化財第二集・八斗木むかしむかし





2012年4月 3日 (火)

皿山人形浄瑠璃~長崎県東彼杵郡波佐見町

Photo

昨日、島原桜まつりで皿山人形浄瑠璃を公演していたので、浄瑠璃といえば滅多に見る

機会も無く行って見ました。

Photo_2 Photo_3

皿山狂言は東彼杵郡の、焼き物で有名な波佐見町の皿山という、小さな集落で受け継が

れている民俗芸能です。現在長崎県指定無形民俗文化財に指定されています。


歴史的には、享保17年(1732年)の「享保の飢饉」がきっかけとなり、飢えをしのぐため

に皿山地区の人が人形浄瑠璃を思い立ち、大村藩各地を巡業し食料を手に入れてきた

という事に始まるそうですから、随分の歴史を持っているということになります。

万延元年には(1860年)「美玉座」を結成。他地方から師匠を呼んできて、技を磨いたそ

うで、各地方に出向き公演しているそうです。

人形は10㎏強。3人で操りますが、終わって挨拶をするときは皆さんぐったり。

Photo_4

この、太夫さんも大変で、力一杯語り、終わったときには、肩でゼイゼイ息をしていまし

た。

Photo_5 Photo_6

当日の、演目は「寿式三番叟」と、おなじみの「壺坂観音霊験記~沢市内より山の段」。

泣けますね。あなた知らない?日本人なら見ておきましょう。最も、私も初めて見ました

coldsweats01

Photo_7 Photo_8

黒子さんですが、この中に中学生(女の子)が2名。小学生5年の時からやっているそうで

すが、大人でも重労働の人形遣いをするのは大変でしょう。若い人が、地区に残る民俗芸

能を継承して行くことは、大切なことだということを感じた一日でした。私の町でも、浮流等

段々継承者が少なくなって来ています。

なお、この方々昼はちゃんと仕事(焼き物が中心)を持ちながら、練習を続けているそうで

すから、大変な事だと思います。(参考:皿山人形浄瑠璃パンフレットより)





2012年4月 2日 (月)

マイウォーキングロード~森山図書館周辺(諫早市森山町)

1_2

森山の図書館へ本を返しに行き、ついでに、ウォーキングを。いつもお世話になっている

図書館ですが、元町長が、木造、和風にこだわり続けた方で、この図書館も出来た当初

には見学者が引きもきらずで、また、図書だけでなく、郷土の生物、植物を含め、民俗、

史跡、遺跡の情報を収集するために、学芸員まで配置していたのですが、いまはすっかり

普通の図書館になってしまいました。


木造、和風へのこだわりは徹底したもので、公民館、便所なんと消防栓の収納庫も。もち

ろん、町営(当時)住宅も木造です。おかげで地域全体が何となく落ち着いた感じの町にな

っています。

2 3

4 5

図書館前のウォーキングロードです。いつか書いたように、ウォーキング、ジョギングする

人の足の事を考え、舗装はしていません。桜も咲いて、気持ちいいですね。

6

同じ所ばかり歩くと飽きるので、ちょっと脇道にそれながら・・・・

宮中献穀米の記念碑と、すぐ近くに実際に米を作った田んぼが。

7 8

少し行くと、立派な石垣が続いています。見事だなと思うと。「まちづくり景観資産~慶師野

の石垣通り(長崎県指定)」でした。

9 10

ぐるりと回ると、看板があり「陣野家墓地」とあったので、この寺(六喩庵・近くの子供に

聞くと廃寺みたいな感じ。)の裏手の階段を登ってと書いてあったので。

11 12

なんと立派な墓が・・・

森山町はご存じのように、干拓地です。看板によれば、昔、諫早藩の財政が貧弱であった

頃、干拓の先鞭をつけたのが、初代神野甚右衛門。代々、神野家は先祖の意思を受け

継ぎ、耕地の拡大に尽力をしてきたそうです。

寛文13年に(1673)万灯籠と弁財天を。宝永6年(1709)に、三代目神野与四右衛門

が、祖先の恩に報いるために、六喩庵と三重宝塔を作ったそうです。右の小さなのが、弁

財天でしょう。三重宝塔の真ん中の所にも弁財天が祀られており、何百年も前の物と思え

ないほど崩れてなく珍しい物でした。

13

15 14_2

元の道に戻るともう田植えの準備。森山では早場米を作っているとのことで、もうすぐ田植

えでしょう。図書館に行く途中、ラグビー場(2面)がありますが、道から見えにくいので、目

立ちませんが、今日は、何校か集まって練習試合でした。高校生とはいえ、実際に見ると

迫力ありますよ。こうしてぶらぶら歩いてみれば、いろんなものがあるもんですね。

17 16

今日も、かみさんが留守のため、桜の下で、花見弁当、花見サラダ、花見お茶を買って、

一人ゆったりと外食(本当の「そとしょく」)。


西行の和歌に

「ねがわくば 花の下にて 春しなん そのきさらぎの もちつきのころ(山家集)」というの

がありますが、私も花の下、負けずに一首作りました。

「願わくば 花の下にて 飯食わん 三十半(なか)ばの 美女とふたりで」

18 19

今日のおやつ、今はやりの米粉を使ったクレープでした。


一番上の写真、森山町の某所です。近頃有名になり、普段車が少ないのですが、今日の

車の多いこと。良い桜ロードですよ。唐比あたりから山手の方に入る道です。後は自分で

探して下さい。



2012年4月 1日 (日)

平成24年・観櫻火宴スナップ~日本一の松明武者行列(雲仙市千々石町)

1

3月31日、「観櫻火宴」が開催されました。天気予報によると、朝は雨が降るとか、みんな

心配していましたが、見事に外れ、良い天気でした。みんな格好良く決まっています。今年

は、「佐賀葉隠大砲隊」の方々が。

出発地点は千々石海岸、福石公園。商店街を通って、橘神社、約30分程度の松明行列

です。

Cimg0728

こちらは、可愛いお稚児武者の面々。私の孫も入っていましたが。

2

千々石城主、大和守直員を中心として、家老町田兵七郎、木戸萬九郎ほか、家臣が脇を

固めます。大和守直員は、天正5年佐賀の龍造寺隆信に釜蓋城(橘神社裏山)を攻め落

とされ自刃しますが、この遺児が天正遺欧使節四少年の一人、千々石ミゲルになります。

詳しくは昨年8月20日、「橘神社裏山のこと(釜蓋城)」に書いていますので、ご覧下さい。

挨拶等が終わり、ホラ貝、号砲一発、弥栄(いやさか・栄えるの意味)のかけ声で全員出

発です。

3

4

神社の階段を埋め尽くす松明。

5

神社の境内で、恒例の千々石中学校吹奏楽部による、御神楽の舞。

6

壇上にいるのは、今年、中学校にあがる子供です。一人ひとり、自分の名前と、決意をみ

んなの前で発表。これは、良い思い出になりますよ。皆さんの子供も来年あたりどうです

か?

7

ことあと、釜蓋城の物語、稚児武者と悪役軍団のチャンバラ劇の寸劇がありました。


スタッフの裏方はほとんどボランティアの方。今年で、16年ですか。最初は、ぼちぼちした

ものでしたが、年を経るにしたがって段々大きくなってきました。橘神社の大門松と同様こ

こまで続くとは思いませんでしたが、皆さんの地域のためを思う心でしょう。

見逃された方は、来年是非見に来て下さい。というより、あなたも武者の格好をして参加し

てはどうでしょう。良い思い出になりますよ。












« 2012年3月25日 - 2012年3月31日 | トップページ | 2012年4月8日 - 2012年4月14日 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ