« 2012年3月11日 - 2012年3月17日 | トップページ | 2012年3月25日 - 2012年3月31日 »

2012年3月18日 - 2012年3月24日

2012年3月24日 (土)

幻の雲仙電気鉄道★長崎市~小浜町~雲仙   付録:橘公園桜情報

Photo_4

この話、何かで読んでいたのですが、あまり、大風呂敷の話で信じてなかったのですが、

先日「小浜町史談」を読んでいたら、載っておりましたので、まったくのでたらめではないらしく

紹介してみます。


四角に囲んだところが、長崎市(左)と諫早市(中央)と小浜町(右)になります。明治末から

昭和初期までは小浜~長崎は船を利用し、九州商船の船(500トン程度)で、南串山町の

京泊を始発~飛子~小浜~富津~千々石(以上現雲仙市)~唐比~有喜~下釜~網場

~茂木着。それから、歩いたり、人力車に乗ったりして長崎まで行っていたそうです。


明治24年に、小浜の元庄屋本多氏が、鉄輪の一頭立て箱馬車の乗合馬車の運行を始め

たそうですが、コース等は不明だそうです。明治末期、車輪が鉄輪からゴム製になり、小浜

~雲仙の客を運んだそうですが、自動車の出現で姿を消していきます。


大正元年に自動車が始まり、小浜~諫早、小浜~口之津、雲仙~小浜~長崎を運行。来

訪客が増え、昭和10年にはバス45台、ハイヤー16台があったそうですが、昭和16年長

崎県営バスに併合されていきます。


さて、この「雲仙電気鉄道」計画されたのが、はっきりしていませんが、すでに小浜~諫早

に鉄道が通っていた時期(大正15年には小浜~愛野は全線開通)みたいですが、小浜駅

から愛野駅まで行き、島原鉄道に乗り換え、諫早駅でまた長崎本線に乗り換えるという不

便なもの(小浜~諫早直通は昭和2年)。また、国内外からのお客さんが増え、そこでこの

「雲仙電気鉄道」が計画されたもののようです。


経路は上の地図ほとんど、大ざっぱに言えば海岸線に平行に、長崎市~日見峠の隧道~

日見町~北高戸石村~田結村~江の浦村~有喜村~愛野町~千々石町~小浜町~雲

仙。また、有喜からは分岐して諫早までも計画された模様です。

電力は、千々石の水力発電を利用し、また、水力不足のため、水面積8町のため池を作

り、水路を作り発電する予定だったそうです。所要時間は長崎雲仙間を2時間20分、運賃

は1円30銭以内。

総資本金は600万円と計上され、収支概算書として、収入総額105万176円。なお、雲

仙電気鉄道株式設立のための定款も定められているようですが、残念ながら実現はでき

ませんでした。


実に壮大な計画だと思いますし、これが出来ていれば島原半島の交通、経済はまったく変

わっていたのですが、でも、何となく、いまだもってこんな計画があったなんて信じられない

話ではありますが・・・・(「小浜町史談」の中には計画者の氏名など書いてありませんでし

た)。


付録:

橘公園桜開花の基準木はまだですが、軍神橋の下の桜2,3本少し咲いてきました。同じく

橋の下のしだれ桜一本は咲きました。他のも、ぼちぼちと蕾が膨らんで、咲いているのも

少しですが見え始めました。

Dscn3234

Dscn3251

桜の蕾も良し、満開の桜も良し、桜が散ればあっという間に梅雨、夏が来て、秋が来て、ま

た冬。あっという間です。少し早いけど年賀状の図案でも考えようかな。



(参考:小浜町史談)


2012年3月23日 (金)

島原城✿春うらら茶会~日米親善人形交流と島原展

1

少し遅い報告になりましたが、3月20日、長崎県島原市、島原城内の御馬見所で「島原城

✿春うらら茶会」が開かれました。


さて、皆さんは「日米親善人形」って知っていますか。戦前、親日家のシドニー・ルイス・ギ

ューリックという親日家の方がいましたが、排日運動に反対し、日本のひな祭りに友情人

形を日本全国の幼稚園、小学校等に12,000体送ったのです。多分皆さんの学校にも送

られてきていると思います、長崎には214体の人形が送られてきています。島原にやって

きたのは昭和2年5月18日。


お返しとし、日本の子どもたちが募金をし、全国で58体の人形を米国に送っています。長

崎からは、「長崎瓊子(たまこ)」を送っています。

2

残念ながら、戦争が起こり、この送られてきた人形は敵の人形だということで、竹槍で突か

れて壊されたり、焼かれてしまいました。


ところが、島原の第一小学校の古い箱の中から、昭和57年一番上の写真の人形が、偶

然見つかったのです。誰かが故意に隠したか、偶然しまい忘れたかは分からないようでし

たが・・・

名前が分からなかったので、子どもたちから名前を募集し「リトルメリー」と名付けられまし

た。もう一つ、エレン・Cという人形が見つかり、長崎県からは合わせてわずかですが、2体

の人形が確認されました。


さて、平成12年、アメリカの博物館に「ミス・青森人形」として保管されていた人形が、実は

「長崎瓊子」だと分かったのです。そして、平成15年「長崎瓊子~日米友情の島原里帰り

展」が開催されました。同時にボランティアによる「島原親善人形の会」が発足し、毎年「

日米親善人形交流と島原展」が開催され、今年で9年目を迎えています。学校の平和学

習などでも活動をしています。


今年の展示会は、3月15日~4月8日まで、島原城内の観光復興記念館で見られますの

で、島原城にお越しの折は是非お越し下さい。


3月20日はその一環として「島原城✿春うらら茶会」を開催。

3 5

6 7

小学生による紙芝居、「リトルメリー物語」。中学生による、「平和学習発表会」。ゆかいな

仲間たちによるリコーダー演奏。アンコール付。お茶の接待。

今年は、しまばら国際交流クラブによる、米国語、中国語、日本語による「春を外国語で歌

おう会」も。

8_2

中国の方も張り切って、四季の歌を。右の方は、茶会を担当した方々です。なんと2時間く

らいで500杯のお茶を点てたそうです。こうなるとお茶というより、重労働。大変でした。

年齢不詳の美女の方ばかりです。

9 10

4


来年で10回目。地味な活動ですが、地方からの平和発信です。こんな活動が、各地で広

がりを持ってくると本当の平和がやってくるのでしょうが・・・ボランティアの方もたくさん参加

していました。来年も10年目に向かってがんばっていきましょう。(私も裏方を少しをやって

きましたが、裏方も意外に楽しいですね。美女に囲まれて。皆さんもどうですか?)



今日のおやつ:コラーゲンたっぷりの美白プリン

Dscn3128



2012年3月22日 (木)

西郷四郎(姿三四郎のモデル)と長崎その4(最終回)~西郷四郎の墓

2

西郷四郎は45歳(1911年)の時結婚します。料亭「まねき」の娘「チカ」、長崎の三大美

人といわれていた人だそうです。実子はなく養子が二人あったようです。


長崎でも武勇伝を残しているようですが、柔道の指導、また、長崎遊泳協会(当時瓊浦遊

泳協会)の発足時、理事に名前を連ね、大正3年、5年には有明海横断遠泳の監督・顧問

として主導的役割を果たしたそうです。1919年(大正8年)病気療養で妻・チカの親族の

住む尾道に移住するまで、長崎を第二の故郷として幸せな日々を送ったのではないでしょ

うか。

しかし、1922年(大正11年)12月23日(一部22日の記事あり)療養先の尾道で生涯を

終えたのです。57歳。

翌年、講道館から、最初の項で書いたように六段を追贈され、4月7日長崎の皓台寺で東

洋日の出新聞の社葬として盛大な葬儀がおこなわれたそうです。

西郷四郎の遺骨は、長崎の大光寺(長崎市鍛冶屋町)の妻・チカの実家中川家に埋葬。


墓地は入り組んだようになっており、なかなか分かりにくいでしょう(私は幸せなことに墓を

知った人と出会い、教えて頂きましたが)。大光寺には日本活版印刷の先駆者本木昌造

の墓もあり、こちらには表示板があるのですが・・・・

Dscn2368 Dscn2385

左が大光寺山門、親鸞の銅像が真ん中に建立してあり、立派なお寺です。右は「本木昌

造」の墓の案内板です。


西郷四郎の墓所には、三基の墓石がありました。

Photo_2

左から「中川家、濱口家」のお墓、真ん中が「山田家」のお墓、多分ご血縁で同じ墓所に作

られたのではないかと思いますが・・・そして、一番右に西郷四郎の墓がありました。

墓地には、綺麗な花が供えられ、まだお線香が燃え尽きてなく、少し前に何方かがお参り

に来られていたようでした。お会いできたら、お話でも伺えればと思いましたが・・・


さて、帰って再度調べると、西郷四郎の戒名が「星光院北州達観居士」。撮してきた写真を

見ても戒名の所が写ってなく確認をしに再度墓地へ。なお、一番右の墓は、昭和44年に

諏訪体育館の顕彰碑と同時に長崎県柔道協会が建立した物でした。

どうにも、戒名が見当たらず、失礼とも思いましたが、もしやとおもい中川家の横の方を見

るとありました。

Photo_4 Photo_5

赤の四角いところに、「星光院北州達観居士 大正十一年十二月二十三日  俗名 西郷

四郎 五七歳」。薄い文字でした(風化したものか?)。この墓、昭和16年建てられている

ようで、それまでどのように彫り込まれたいたのでしょうか。古い墓もあったはず

だと思いますが・・・


柔道協会が建てた墓は裏の方に「星光院北州達観居士  大正十一年十二月二十三日 

五十七歳  昭和四十四年十月佳辰 長崎県柔道協会建之」と彫ってありました。


西郷四郎の墓は生まれ故郷の会津にもあり、こちらはこの大光寺のお骨を分骨してある

そうです。会津の墓です。クリックしてください。

説明版には『西郷四郎の墓~明治の中頃、講道館の草創期、四天王の一人として、「山

嵐」の大技をもって一世をを風靡し名声を博しました。

その後、長崎に移り「東洋日の出新聞」の記者として大陸に渡り「辛亥革命」に関わった

「孫文」とも交流するなど幅広く活動する。

大正十一年(一九二二年)十二月二十三日、病気療養中の広島県尾道市で五十七才の

波乱の生涯を終える。

没後、富田常雄の柔道小説「姿三四郎」のモデルとして脚光を浴びたことはあまりに有

名である。

本人の遺言により、生家・志田家の菩提寺である正法寺に、長崎市の大光寺より分骨す

る。 平成十九年十一月二十三日 西郷四郎研究会』と書いてあります。


また、逝去した尾道にも「西郷四郎の碑」があるようです。


なお、西郷四郎の出自、出奔してからの足取りなど謎が多く、興味をひくところです。

夢枕獏の「東天の獅子」の後書きに、『このところ柔道はJUDOとなっている、加納治五郎

が始めた頃、頭に描いていたものとは大きくかけ離れた物になっている。治五郎自身が、

生前その頃の柔道を見て、「これは私の柔道ではない」と発言している。』と書いています。

西郷四郎の「山嵐」の時代の柔道がどんな物であったか、見てみたいのは、私一人とする

ところでしょうか。


さて、長崎は昨年、NHK大河ドラマ「坂本龍馬」一色でしたが、西郷四郎という卓越した人

物も迎えていた事を知って頂きたく今回ブログにしたものです。

誤りもあるかと思いますがお許しください。


参考:長崎遊泳協会~資料室・新聞記事・「朝日新聞福島版・西郷四郎を追って」

    長崎歴史散策~長崎学研究家:宮川雅一

    東天の獅子~夢枕獏

    各ブログから

 

2012年3月21日 (水)

西郷四郎(姿三四郎のモデル)と長崎その3~西郷四郎の新聞記事 付録:橘公園桜情報

1

当時の、東洋日の出新聞です。1902年(明治35年)創刊です。このとき西郷四郎35歳。

西郷四郎の養父の甥、義理のいとこにあたる井深彦三郎という人がいますが、この人が、

鈴木天眼と親しく、この人を通して鈴木天眼と知り合ったようです(?)。

2_5

赤で囲んだところ、発行人兼印刷人、西郷四郎の文字が見えます。


西郷四郎は、日露戦争が始まる前年、朝鮮半島に出向き、「特派員西郷四郎十一月十五

日朝鮮義州発信」の記事があるようですが、これは、残念ながら見つけきれませんでした。


辛亥革命が起こった1911年(明治44年)中国の武漢に飛んで、「武漢通信」として記事を

書いています。四角で囲ったところが、西郷四郎の記事です。

3

「武漢観戦通信」西郷四郎の名前が書いてあります。

4_3

もちろん、天眼を初め西郷四郎等、孫文の革命軍の支持者です。


「・・・南北両軍いづれも公徳を守りて其破損を避けん事に戒めたりと聞く、然れども塔内に

見れば壁は蜂の巣の如く弾痕を印し、階段には榴散弾の破片の踏みどころなき迄に散乱

し思はず慄然たるを覚ふ、・・・・」いかに、前線まで入ったか様子がうかがわれます。

「・・・黒色洋服姿に紅白木綿の襷を十時に交叉し胸間に敢死隊と書せる標章をかけたる

少壮血気の勇士(学生上がりの義兵と聞く)屯在せり、吾等其前を「辛苦々々(シンクーシ

ンクー)」と慰撫の語を掛けつつ通過すれば、彼等は如何にも満足げなる顔色にて、挙手

の礼を行ふ、而して彼等一体の気合如何にと注視すれば、孰れも昂然たる意気眉宇の間

に表れ、毫塵も意気沮喪、堕気の気配なく、確に斃れし後已むの決心あるをみとめたり。」

柔道を極めた人の目から見た、革命軍の姿でしょう(11月2日漢口からの記事)。


「・・・鉄路に(戦線区域)に出づれば死骸累々、其の悲惨惨憺たる光景は小生の拙筆には

到底能く盡す所に非ず、この死体は皆革命軍のみ、・・・・砲弾一発余等の立てる後方一

四、五間の建築物に命中し非常の響きと共に建築物に命中し非常の響きと共に建物の一

角破壊せり、ここは危険なり、命有つての物種、今茲に流丸の一ツも頂戴するならば飛ん

だ世間の笑はれ物、君子不可近危とここを退却し・・・」(10月30日の記事)随分危うい目

にも遭ったみたいです。


このとき、西郷四郎45歳です。この後1911年、45歳の時結婚しますが、1920年、病気

療養のため、尾道で病没しました。明日は、「西郷四郎の墓」についてです。


付録:今日の橘公園の桜です。

桜開花の基準木はまだ咲いていませんでしたが、軍神橋の下の桜、一本だけ少しです

が、咲き始めていました。

5 6

2012年3月20日 (火)

西郷四郎(姿三四郎のモデル)と長崎その2~東洋日の出新聞社 付録:今日の島原城

10

さて、昨日、西郷四郎の講道館からの出奔の事については書きましたが、その後を、少し

補足すると、出奔したのが、1890年。鈴木天眼が東洋日の出新聞を出したのが1902

年。西郷四郎は発行人兼印刷人として載っています。鈴木天眼は戊辰戦争で敗れた二本

松藩出身(会津藩の説あり)、西郷四郎は会津藩出身。どこかで、接点はあったのでしょ

う。


この、1890年~1902年の西郷四郎の足跡はあまりはっきりしていないようで、ウィキベ

ディアによると、「宮崎滔天とともに大陸運動に身を投じる。」となっており、夢枕獏によれ

ば「西郷四郎は、この後、鈴木天眼たちと合流し、すぐに大陸には行けなかったもの・・・」と

なっおり、この間紹介した長崎遊泳協会のホームページ資料室の新聞記事、「朝日新聞福

島版~姿三四郎を追って」によると、「わずかな資料によれば、日露戦争とそれに伴うロシ

ア、ドイツ、フランスの三国干渉に揺れる世情の中、各地を転々とした。」と書かれていま

す。「各地」とは外地も含むのかどうかは不明です。


ただ、はっきりしているのは、西郷四郎の養子になった孝之氏によれば、加納治五郎が熊

本の第五高等学校の校長に赴任するとき、博多駅で出迎え再開したそうです。朝日新聞

によると「・・・四郎もただ頭を下げたままで止めどなく涙を流していた、と古老の話であっ

た。」手記はそう記す、と書いてありました。なお、同新聞によれば1894年に旧制二高で

柔道指南として就任したとありますが、半年で姿を消したとされているそうです。、この、長

崎遊泳協会のホームページの記事は是非お読みください。面白いですよ。


さて、上の写真が「孫文先生故縁之地」としてありますが、「東洋日の出新聞」あったところ

です。長崎でも有名な喫茶店「ツル茶ん」です(倉庫を改造して喫茶店にしたと店内の説

明にはありましたが・・・)。長崎のトルコライスで有名な所です。

11

標柱の上に説明版がありますが。

写真左から、孫文、真ん中が鈴木天眼、一番右が西郷四郎。随分小柄に見えますが、身

長153㎝(151㎝、156㎝、158㎝の諸説も有り)、体重52,3㎏位だったそうです。写真

はクリックすると大きくなります。

12_2

孫文は長崎に来るたび、この、東洋日の出新聞社を訪れていたそうです。


ここで、私と西郷四郎との鼻くそほどの接点があります。この新聞社は長崎市の鍛冶屋に

ありますが、時代は違いますが、私の生まれも加治屋町、ここから200~300メート位離

れたところでした。


腹が減ったのでついでに昼食を、ちゃんと「トルコ三四郎」もありましたが、ツル茶んライス

を。

13 14


付録:今日の島原城。梅はほとんど散っていました。何本か花を残すのみでした。

    橘神社の桜はまだまだです。    

Dscn3020_2 Dscn3023

2012年3月19日 (月)

西郷四郎(姿三四郎のモデル)と長崎その1~武徳殿の思い出

0


先日3月1日のブログで「長崎と西郷四郎」ということで書きましたが、少し調べると私にも

少しほど、自慢するほどのことはありませんが、鼻くそほどは接点があり、調べたら意外と

面白いので、記事にすることに。

「武徳殿の思い出」「東洋日の出新聞社」「西郷四郎の新聞記事」「西郷四郎の墓」と4回に

まとめてみます。


この間書いたように、「西郷四郎」と聞いてみても意外と知らない人が多く、「姿三四郎」と

いえば分かるようですが、時代が変わりましたから、感動はあまりないようです。


先日、若干書きましたが、加納治五郎が洋行の折、「支那渡航意見書」の一書を残し、出

奔しています。これには、いろいろな話があるようですが、夢枕獏の「東天の獅子・第4巻・

天の巻・加納流柔術の22章~四郎出奔」に、もちろん事実を基にしたフィクション小説です

が、ここの部分はかなり、事実に基づいて書いてあるようです。

なお、西郷四郎の出自については複雑な事情があるようですが、これについても言及して

あり、後日「東洋日の出新聞」で、行動を共にする、鈴木天眼についても書かれてありま

す。


さて、西郷四郎、長崎において、柔道、水泳、弓道を教えていたそうですが、長崎学研究家

宮川雅一氏の「ながさき歴史散策」において、武徳館(現長崎市立諏訪体育館)で指導をし

ていたそうです。

1

現代、右の建物が、体育館、左の白い建物が管理棟になります。

武徳館は、明治28年に設立された大日本武徳会の武術、武道の本部、各地の道場につ

いても武徳殿と称されたものです。大戦以前は現在の都道府県、市町村立の武道館に相

当する機能を果たしていたものです。もちろん、長崎では、今は建て変わってし待っていま

すが。


この武徳殿が、道場としては終戦後閉鎖されるのですが、県が管理をし、住居とし一時貸

しており、なんと、私一家が一時住んでいたのです。

その時も、道場と管理棟に別れていましたが、道場の方は石垣が組まれ一段高い所に木

造の立派な道場があったのをかすかに覚えています(その時、私、5歳の時の思い出で

すから)。私たちは、管理棟の2階に住んでいましたが、一階は広い板張りになっていまし

たので、多分、着替えとか、時によっては練習が終わって、西郷四郎も皆で飲んでいた所

かも知れません。早く知っていれば、何か、記念になるものを探して、持っていたものを。

今、あそこで西郷四郎がと思うと感慨に堪えません。



最初の写真の顕彰碑ですが、昭和44年に長崎柔道協会が建立したものです。

上の方に、西郷四郎の死を知って、加納治五郎から6段を追贈されたものが彫られていま

す。

5_2

碑文です。



五段西郷四郎

講道館柔道開創ノ際予ヲ助ケテ研究シ投技の薀奧ヲ窮ム其ノ得意ノ技ニ於テハ幾万ノ門

下未ダ其ノ右ニ出デタルモノナシ不幸ニ病ニ罹リ他界セリト聞ク惋惜ニ堪エズ依テ六段ヲ

贈リ以テ功績ヲ表ス

                                 大正十二年一月十四日

                                      講道館師範加納治五郎



最大級の讃辞でしょう。


孫から、邪魔されながら書いていますから誤字、脱字があったらスミマセン。

 

今日のおやつ。「たまに作るケーキ」と書いてありました。

Dscn2915

           

2012年3月18日 (日)

この一曲~むすんでひらいての謎   付録:橘公園花まつり演芸会(雲仙市千々石町)&島原城✿春うらら茶会

Photo

「むすんでひらいて」この歌、歌ったことない人、多分ないでしょうね。

でも、作詞、作曲誰だか知っていますか。作詞は不明ですが、作曲は一時期、ルソー、そう

あの教科書にも出てくる、ジャン・ジャック・ルソーだと言われていました。

それを、海老沢敏さんが、下の本で論証し、上のCDに関係する曲が24曲入っています。

Photo_2

簡単に書くと、ルソーは哲学者、思想家、政治哲学者であるとともに、作曲もやっていたの

です。その中で、幕間劇<村の占い師>に含まれているパントミム(劇中黙劇)の一節が、

聴いてみるとそっくりなのです。「むすんで、ひらいて」の所まで。


この劇の曲が単独で歌われることもあって、ルソーの劇中の器楽曲を誰かが「歌曲」(ロマ

ンス)、<J.Jルソーの新ロマンス>として編曲したと考えられます。

それが、フランスでは「ルソーの新ロマンス」、イギリスでは「メリッサ」あるいは、アメリカで

は「ロディーおばさんにいっといで」あるいは、賛美歌として全世界的に広がっていったよう

です。ここらあたりは、少し複雑なので、無責任なようですが、興味のある方は本をお読み

ください。


さて、日本には、明治15年に文部省が作製した唱歌教材「小学唱歌集」初編に「みわたせ

ば」として入っています。「みわたせば、花桜、こき混ぜて、みやこには、みちもせに、春の

錦をぞ。さおひめの、おりなして、ふるあめに、そめにける」という詩ですが、テンポは優雅

で、スローテンポです。


この曲が軍歌「戦闘歌」(明治28年)として「見渡せば、寄せてくる、敵の大軍、面白や。ス

ハヤ戦闘(たたかい)はじまるぞ。イデヤ人々攻め崩せ。弾丸込めて打ち倒せ。敵の大軍

打ち崩せ」と歌われたり、「進撃追撃行進曲」(明治29年)として作曲されました。


軍隊で必要なのは身体の鍛錬。それは、学校教育、幼児教育にも影響を及ぼし、単純で

歌いやすく、体のごく簡単な動きの絡み合わせと結びついて、明治42年と書かれています

が女子高等師範学校(現お茶の水女子大学)附属幼稚園でおこなわれた<遊戯>とし

て、<結んで開いて>の名が書かれ、ここに「むすんでひらいて」(作詞不明)が誕生した

そうです。


著者によると19世紀~20世紀、ヨーロッパ大陸、英国、アメリカ、日本、アジア大陸、アフ

リカ大陸に渡る時間と空間の旅であったそうです。まあ、この単純な曲に、こんな壮大な物

語があったとは。

さあ、たまには皆で歌ってみましょう。手を出して、元気よく。




むすんでひらいて


むすんで、ひらいて、

てを うって、むすんで、

また ひらいて  (股は開かない!手を開く!)

てを うって、

その てを うえに。

(その てを したに。)

むすんで、ひらいて、

てを うって、むすんで。


(参考・引用: CD「むすんでひらいての謎」ライナーノーツ、「むすんでひらいて考ールソー                  

            の夢」~いずれも海老沢敏著)




付録:

春になってきました、あちらこちらイベントがあるようです。「橘公園花まつり演芸会」4月1

日、ちょうど桜が見どころでしょう。

Photo_3

日米親善人形交流島原展(3月15日~4月8日)の一環として3月20日、お茶会が開催さ

れます。紙芝居などもあります。是非どうぞ。

Photo_6

« 2012年3月11日 - 2012年3月17日 | トップページ | 2012年3月25日 - 2012年3月31日 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ