« 2012年2月26日 - 2012年3月3日 | トップページ | 2012年3月11日 - 2012年3月17日 »

2012年3月4日 - 2012年3月10日

2012年3月10日 (土)

前立腺がん疑いのための生検入院体験記

Photo

さて、今日のところは無事戻って来ました。要するに検査入院で結果は1週間ほどのちだ

とか。なかなか、経験することがないと思いますので、男性の方はご参考に。

PSA(前立腺特異抗原)が平均値より高いということで、内視鏡、MR等では正確に確認出

来ないために、細胞をとる検査という事でした。


10時に入院。着いたら可愛い看護師さんがお待ちかねheart04

個室が空いてないとの事でしたが、ラッキーにも空いており、シャンデリアとかホームバー

とかカラオケまではありませんでしたが案内されて入室。

血圧測定、体温、一番嫌いな採血。お尻丸出しにして浣腸catface。点滴。抗生剤を2錠。薬剤

師さんが来て、今飲んでいる薬の確認。朝から暇なし。


昼から、妻を従えて、じゃなく妻に従って先生の説明。チンコの先から内視鏡を入れて(こ

れ痛いよ、悶絶するくらい)細胞切り取りかと思ったら、肛門から器具を入れ、針を腸壁か

ら通して前立腺の細胞を取るとか。先生何気なし「10カ所おこないます。」

私、「げぇー10カ所も!」


3時からということで、しばし待機。もうこの時間ドキドキ。とにかく手術と言えば歯を抜いた

くらいのも。かみさん、時間があるのでお気楽に、お買い物。


さて、3時に手術室に。思ったより明るいところ。名前を、部屋に入るときと、部屋に入った

とき確認。なだいなださんによると、昔、右足と左足を間違って切断した医者がいたとか。

念には念をいれて確認作業。


横になって、仙骨のところから麻酔薬注入。麻酔が効いたところで仰向けに。右腕に血圧

計。左腕は点滴。胸には脈拍計。

良く産婦人科でするように、器具に足をのせて広げて恥ずかしい格好(砕石位と書いてあ

りました。)最初指を入れて触診(もちろん肛門から)ぐりぐり。はるな愛ちゃんとか、KABA

ちゃんとかもこんなんかなと思いながら・・・可愛いチンコ見られ放題。


その後、消毒とかなんとかとか出したり入れたり。もう肛門ヒリヒリ。

機械を入れます。ということで挿入されたと思いきや、手術室にバーンと銃声。これ針を刺

す機械の音でした。ビックリしました。多分腸の壁を通して前立腺へ刺しているのでしょう。

これを10回。もう、早くしてよ。ビリザーキッドみたいに早撃ちで。とにかく、一本、二本、

三本、四本・・・数えてやっと十本で終了かと思ったら、消毒とか圧迫とかで、まだ穴に出し

入れ、ガーゼを挿入(30分くらいでしたが)。やっと終わり、本当に待ち遠しかった。


後はベットに移って部屋へ。かみさん、やることがないので「ほんじゃね。」と帰りましたが、

天皇陛下だって、今度の手術にさいしては、美智子妃殿下が天皇陛下の手を撫でながら

「大丈夫ですか。」とお聞きになったとか。手ぐらい撫ででいっても良いじゃないですか。減

るもんじゃなし。2時間ぐらいの安静で飯は普通に食われました。


なにやら放送があって、長崎の方はご存じの「アンサンブル・ポエ」の演奏会があるとか。

Photo_2

ユーモアある司会で、いろんな曲が聴かれて、お客さんも結構入って楽しい音楽会でし

た。良いですね。患者さんの気持ちもほぐれて。

あと、検尿とか、体温、血圧とか次から次々にやることが。

さて、睡眠薬を飲んで眠ろうかと思ってもなかなか眠れず、というより9時消灯は早すぎ

る。

Photo_3

後は大丈夫だろうということで、今日、やっと退院してきましたが、1~2週間は血尿とか、

血便がでることがあるとか。本当に血尿でました。あんまり気持ちいいもんでないですね。


暇なとき本を読もうと思って、少し勉強するつもりで「漢文法基礎」、それも600頁の本を

持ち込こみましたが、病院に入るときは易しい読み物が良いですね。こんな本持ってくる

くるんじゃなかった。

手術がなかったら病院は良い所なんですけどね。

男性の方は、前立腺にはご注意を。本日は疲れました。お休みなさい。









2012年3月 9日 (金)

読書について~ショウペンハウエル著、斎藤忍随訳

Photo_6

今日は楽しい検査入院。わくわくしています。やさしい看護師さんに。

ということで、今日はざっと書いていきます。明日、ブログが更新していなかったら、そのま

ま入院と思ってください。これが、私の遺稿になるかもしれません。


哲学が好きだということではないのですが、どういうわけか、ショーペンハウエルの「読書

について」これだけは、何回か繰り返し読んでいる本です。他の著書は読んだことがあり

ませんが。この本、読書好きの方は、是非お読みください。

「無知は富と結びついて初めて人間の品位をおとす。」という有名な文句から始まります。

「貧困と困窮は貧者を束縛し、仕事が知にかわって彼の考えを占める。これに反して無知

な富者は、ただ快楽に生き、家畜に近い生活を送る。」お互い、富者でなくて良かったです

ね。


「読書は、他人に物を考えてもらうことである。本を読む我々は、他人の考えた過程を反

復的にたどるにすぎない。習字の練習をする生徒が、先生の鉛筆書きの線をペンでたど

るようなものである。だから読書の際には、物を考える苦労はほとんどない。」


「紙に書かれた思想は一般に、砂に残った歩行者の足跡以上のものではないのである。

歩行者のたどった道は見える。だが、歩行者がその途上で何を見たかを知るには、自分

の目を用いなければならない。」

主に哲学書を対象にしているのですが、小説を読むのにも応用できるでしょう。


きりがないので、止めますが、さすがショーペンハウエルですね。、本を読むたびに思い出

す言葉です。一度は、目を通してください。読書の仕方が少しは違ってくるでしょう。

では、また。


2012年3月 8日 (木)

木花開耶姫(このはなさくやひめ)神社~雲仙市小浜町雲仙

00_4

おお凄いですね。自分のと見比べないように。絶望的になりますよ。

これ、雲仙は地獄方面から少し離れた原生沼の山の方にあります。

0_2

原生沼はミズゴケの湿原として、学術的価値が高く、昭和3年日本の天然記念物に指定さ

れています。さて、原生沼の向こうに小さな山がありますが、その中腹に「木花開耶姫神

社」があります。良い名前ですね「このはなさくやひめ」。

一般に道祖神とも呼ばれ、男女和像の神像で、自然石を祀る縁結び、家庭和合、子宝授

けの神と云われています。


さて、この原生沼を回ると、ちょっと、というより壊れかけた鳥居があります。

Photo

ここが神社の入り口ですが、道はしっかりしています。濡れているときは少し滑りやすいの

で注意して。

Photo_3 Photo_5

少し急な坂ですが、道々の木にプラスッテックいたの短冊が下がっています。これは、お

参りの人から短歌を奉納してもらいその歌を下げたそうです。思わず笑ってしますのも。


・あの人は口で言うほどできもせず

言われた方はかわいそうに。

・いつまでも若くもちたい男女の道

・還暦はとうに過ぎたがまだしたか(まだしたい:長崎の方言)

・こらしもた(これはしまった)八十路越しちゃ間に合わん

・行きつぎて登りし坂にあなかしこ昔を偲ぶなつかしきもの


少し歳を取られた方とすれ違い挨拶がてら「どうでしたか?」と聞いたら、ご夫婦ともニコニ

コしておられました。


・今夜こそ咲かせてみせますピンクの花びら

・姫のお加護のありがたや女房今夜は大ハッスル

・いちもつの我より太き男神我が妻と今夜比べん女神(おんながみ)

・新しき人生を歩み始めたユミと僕坂のきつさも楽しからずや

・この石像モデルいったい誰かしら

・うわー太さビックリ仰天友九人

・後家三人陰陽石で思い出し

・若後家は登る道々ひやかされ

・うるわしい若き男女の二人づれ男根女根のねがいみのらん


いろいろ、下げているのを見ながら登ることしばし。読んでいくと坂のきつさも忘すれます。

やっと見えました左側に男根が。

Photo_7

こちらが、ご本尊様でしょう。

Photo_9

この右側になんとリアルな・・・思わず吸い込まれそう。

Photo_11

この神社由来がユーモアをもって書いてありました。クリックすると拡大するのでゆっくり

お読みください。

Dscn1518_2

この神社のこと、あまり知られていないようですが、雲仙まで来られたら寄って見てくださ

い。

でも、一人で来ても面白くないですよ。二人で来て、神様を拝んで、夜はハッスル、ハッス

ル。

(資料提供:雲仙お山の資料館 資料:雲仙歴史散策資料/西 久海)


2012年3月 7日 (水)

歩道の終わるところ~シェル・シルヴァスタイン

Photo Photo_2

(「歩道の終わるところ」表表紙・裏表紙:クリックすると拡大します。)

1974年、シルヴァスタイン44歳の時の作品です。1970年には長女ショシャンナが生まれて

いますが、1972年には父親が亡くなっています。1975年にはショシャンナの母スーザン・ヘ

イスティングが亡くなっています。(法的な婚姻はありません)


「歩道の終わるところ」は発売されるとベストセラーリストの一位になり「ニューヨーク・タイ

ムズ」の推薦書にも選ばれ、1984年には朗読でグラミー賞を受賞したそうです。


さて、この本は絵本ではなく、詩集です。

絵が入っていたり、文字だけの詩であったりしますが125編の詩からなる本です。

子どもも、楽しめますが、「ビッグ・オーとの出会い」のあとがきで、倉橋由美子が書くよう

に、「大人が読むための絵本」かもしれません。

Photo_3

こんなこと言われたら、この本閉じられませんよね。


一番面白いのが、「カバサンドの作り方」。もちろんあの「カバ」です。動物の大きいやつ。


カバサンドの作り方


カバサンドの作り方は簡単でございます

材料は

 パン           ひときれ

 ケーキ         ひときれ

 マヨネーズ             少々

 オニオンリング   ひとつ

 カバ         一頭

 ひも         一本

 胡椒         少々

これだけでございます

さてこれからが問題でございます

召し上がり方が



これには、絵がついていますが、私、意地悪なので絵は載せません。本当に「カバサンド」

簡単にできますよ。自分で確かめてください。絵を見たら、笑い転げてしまうでしょう。この

本、本棚に置いて時々読むのが楽しいでしょう。一気に読むのが惜くって。


すこし横道にそれますが、マイケル・G・ホーガン著、水谷阿紀子訳「大きな木の贈り物

の」の中に、「図書館で読めない本として」『「歩道の終わるところ」と「まよなかのだいどこ

ろ」は、アメリカじゅうの多くの図書館でずっと禁書になっている。シルヴァスタインのいくつ

かの詩に見られる反抗的な内容だけでなく、これらの本に含まれる2~3の挿絵が、子供

にふさわしくないと考える人たちがいるのだ」と書いてあります。

読んでみて、別にそんなことはないのですが、やはりアメリカは文化の面で後進国、失礼、

発展途上国なのでしょうかね。


本の題になっている、「歩道の終わるところです」



歩道の終わる所


ここは歩道の終わるところ

車道の手前

やわらかい草が白く光り

太陽が真っ赤に燃えて

月夜鳥が羽を休め

ペパーミントの風に吹かれるところ


こんな所は出て行こう

ここは黒い煙が流れ

暗い道が曲がりくねっているところ

アスファルトの花咲く採掘場を横目に

ゆっくりと歩調を整えて歩いて行こう

歩道の終わるあの場所へ


ゆくっりと歩調を整えて歩いて行こう

チョークの矢印を追って

それは子供たちの矢印

子供たちはしっている

歩道の終わるあの場所を



さて、歩道が終わる場所には何があるのでしょう。文章だけの詩は、自分で絵を思い描く

ことが必要です。たぶん、この本を読むと分かってくると思います。シルヴァスタインと一緒

にでかけてみませんか?



(参考:マイケル・G・ホーガン著、水谷阿紀子訳「大きな木」の贈り物)




 

2012年3月 6日 (火)

長崎刑務所正門跡&「破獄」吉村昭~長崎県諫早市

1

昨日、諫早に用事があって行った時、ひょっと目についてものが。

全部無くなっていたと思っていたのですが、正門だけ保存してありました。長崎刑務所で

す。

2

入りたくはありませんが、立派な作りですね。

説明の看板を読むと歴史もあります。

大正年間  豊臣秀吉が囚獄を南馬町(長崎市の諏訪神社下)に設置

慶長5年  南馬町から桜町に移転

明治7年  明治政府桜町囚獄を長崎本獄と改称

明治9年  長崎監獄に改称

明治15年 長崎村片淵郷に移転

明治34年 北高来郡諫早村(諫早市野中町)に移転工事着工

明治41年 移転開庁

大正11年 長崎刑務所に改称

そして、平成4年に諫早市小川町に移転。ここは、廃止になりました。

3

裏側から見た写真です。一部補強してありますと書いてありましたが、白い煉瓦のところ

が補強した部分でしょう。以前は取り囲む塀、建物の大部分が煉瓦造りで、690万個が

使われたそうです。


ここを、取り壊すときは保存するかどうか、議論があり、なくなってしますということで、カメ

ラ愛好者の方が写真撮影でたくさん訪れていたものですが・・・


こんな建物はもう見られないでしょう。近くを通られる時は是非ご覧ください。諫早の陸上

競技場あたりになります。初めての方は、ちょっと分かりにくいので訪ねながら行ってくださ

い。

4

正門の後ろ側は、なにが出来るか知れませんが、敷地造成中でした。


さて、これで思い出したのが、吉村昭の「破獄」。

5

刑務所を脱獄すること4回の白鳥由栄をモデルにした小説。この人をモデルにした本何冊

か出ていた記憶があるのですが。とにかく、何しろ、あの網走刑務所を脱獄した人。読ん

で見ると、緻密、大胆、あっと驚く脱獄方法。筋を書いてしまうと、読むときの楽しみがなく

なるので、書きませんが、是非ご一読を。

(参考:刑務所説明板より)










2012年3月 5日 (月)

諫早陸上競技場(長崎県立総合運動公園陸上競技場)~諫早市

Photo

上の写真、陸上競技場ではありません。帰りに寄ったお菓子屋さんです。


長崎で国体が開催されたのが1969年、その時のメーン会場になったのが、普通、諫早

競技場と言っていますが、正式名称「長崎県立総合運動公園陸上競技場」。えらくまた長

ったらしい名前ですけど、まあ、お役人がすることですから。


さて、2014年に国体と全国障害者スポーツ大会が開催されるので、競技場は取り壊し、

建て直し中です。2013年6月までに完成予定だそうです。

前に書いたように、マイウォーキングロードでもあるので、先週の土曜日3月3日久しぶり

にいってみたら、だんだん形がしっかりしてきました。

Photo_4 

少し上の方から見た風景です。

ガードマンが見張って中まで入れませんでしたが、左が北村西望さんの像がある正面で

す。

Photo_5 Photo_6 

ここの、芝生広場のびのびして良いですね。

Photo_8

グラウンドゴルフ。いつ行ってもやってますね。皆さんお元気なこと。スポーツ教室でしょう

か?珍しい二重長縄飛び。しばらく見ていましたが、やはり難しそう。

Photo_9 Photo_10 

Photo_11

サブグラウンドは、使われますのでそちらまで足を延ばすと、中学生でしょうか。練習中だ

ったのですが、私が通りかかると全員起立して、私に「おはようございます」。えらく、礼儀

正しいなと思ったら、監督さんが私の後ろに来ている所でした。

Photo_12 Photo_14

サブグラウンドは、一杯。ここから2014年の国体の選手がでてくるのでしょう。

私も、長崎県民の一人として国体に挑戦しようかと、先日選考会の申し込みをしてきまし

た。水泳連盟へ。競技種目は100メートル犬かき競泳の部。係員が真面目なせいか受け

付けてくれませんでした。

いいじゃないですかね。かって、オリンピックで1900年パリ大会から、1920年アントワー

プ大会まで綱引き競技だってあったんですから、犬かき競技があったって。

皆で作りましょう、全国犬かき水泳競技連盟。


さて、帰りがけ、競技場の全景を写せる所がないかうろうろしていたら、一番上の写真の

お菓子屋さんがあったので、「ラ・フェーブ」と読むのかな?入って、お買い物。

Photo_15 Photo_16

3月3日だったから、お雛様の可愛いケーキと、ハートチョコの詰め合わせ。こちらは息子

の嫁へのお返し。食べた後、窪みに水を入れて製氷室に入れるとハート形の氷ができる

というもの。

さて、昔、タイ焼きは頭から食べるか、尻尾から食べるかなんてありましたが、お雛様のケ

ーキ、食べ方は決まってますよね。まず邪魔な男雛をガブリと。後は、残った女雛をゆっく

り楽しみながら・・・・「あれ~」と言う声が聞こえたようですが、おいしかった。




2012年3月 4日 (日)

この一曲~グラスハープのためのアダージョハ長調/モーツァルト

Photo

あまり、一般的でなくほとんど聞く機会がない楽器のひとつに「グラスハープ」があります。

Dscn1722_2

足つきの、ブランディーグラスに(これは私のウィスキー用のグラスで、スコッチモルトウィ

スキー協会から手に入れたやつですが)、水を入れ、指に水をつけグラスの縁をグルグル

回すように撫でると音が出ます。といっても、指の力の入れ方、指の速度を微妙に調節し

なければなりませんが、音だけは少し練習すると出るようになります。

音は、澄んだ純粋な天使の音といっても良いような心地よい音です。水の量、ガラスの質

などによって音程、音色が変わります。


ただ、音楽を奏でるにしては音程を合わせるのが難しく、演奏途中で水が蒸発して音程が

変わる、水の中に不純物が入るなど難しい面があるようです。また、早いパッセージは音

の立ち上がりが遅いため特に難しいでしょう。


ここからは、ライナーノートを参考に書きますが、この素朴な楽器に改良を加えたのが、政

治家であり、発明家であったベンジャミンフランクリンであったそうです。半円形のグラスを

一本の心棒に何個もとおし、回転させる方法を考案し、コード、早い動きにも対応できるよ

うにし、飛躍的に楽器としての性能を高めたそうです。

これにより、モーツァルト、ベートーベン等もこの楽器のために作曲して隆盛をみせたそう

です。


しかし、奏法が容易になったため、演奏に熱中するあまり、指先の微妙な振動が時として

神経障害を起こす例が続出し、ドイツでは禁止され、違反者は逮捕されたそうです。しか

し、改良されたとはいえ、水と壊れやすいガラスのため、時代遅れの楽器になって忘れら

れた存在になったそうです。

ユーチューブに多分フランクリンの考案した楽器があるみたいです。


今世紀に入り、R.シュトラウスがこの楽器を「影のない女」で採用し、ブルーノ・ホフマンとい

う名手が現れ、フランクリンの機械式ではなく、素朴なグラス方式を使い大きな関心を集

めるようになったそうです。

ユーチューブにこのグラスハープを使って「アベ・マリア」を演奏したのがありますが、聴い

て見てください。まるで、この楽器のために作曲したのではないかと思えるほどです。

聞けば、癖になる癒やしの楽器です。


私もしたいんですが、これだけのグラスを買うといくらになるのか、年金暮らしですから、聴

くだけにしておきましょう。

(参考:ライナーノート解説/諸石幸生)








« 2012年2月26日 - 2012年3月3日 | トップページ | 2012年3月11日 - 2012年3月17日 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ