« 鴛鴦(おしどり)の池:別所ダム★水裁判のこと~長崎県雲仙市小浜町雲仙 | トップページ | 2012 日本一(世界一)の大門松完成★橘神社~長崎県雲仙市千々石町橘神社 »

2012年12月23日 (日)

雲仙大黒天(パワースポット)横の天照法師について~長崎県雲仙市小浜町雲仙

Pa140204

 

最近、パワースポットとして紹介され始めた、雲仙の磨崖仏の大黒天です。

 


小浜町史談によると、永久3年(1151)。「満明寺が再建、瀬戸石原に三百坊、別所に七

 

百坊(この数字、本によって違いがあり、正確には分かってないみたいです)。大黒天彫

 

刻。」と書いてあります。

 


別所はもちろん、僧の修行したところですから、その時彫られたのでしょうが、年代まで

 

は?

 


この大黒天の横に石仏があります。青の四角が大黑天。赤の四角が石仏です。

 

Pc200221

 

この磨崖仏、雲仙の別所ダム(鴛鴦の池)のほとりにありますが、ダムの工事が昭和36年

 

~44年。この磨崖仏は昭和40年に発見されたと、新聞に載ったそうですが、この横の石

 

仏。

 

Pa140212

 

セメントで補修したような感じですが、横に二本の石柱が。

 

右の石柱は途中から折れています。

 

Pc200218

 

左は、

 

Pa140208_2

「是ニ行者空照法師生存・・」まで読めましたが、下は土に埋まって読めません。

 

もう片方には、「昭和六年一月二十九日」の文字が。と言うことは、昭和四十年頃に発見さ

 

れたのでは無く、もっと以前から、この大黑天は知られていたことが分かります。四十年説

 

がインターネットのあちらこちらで見受けられますが・・・

 


さて、この「天照法師」ですが、西有家に関係があるらしく、西有家の郷土誌に載せてあり

 

ました。

 


生まれは、佐賀県東多久。当時、南有馬村で病気を治す霊験を現していた空照さんにお

 

願いし、西有家の八十八か所の設置を進めたそうです。

 


なお、「雲仙お山の情報館」の、西氏に聞いたら、空照師は、雲仙最後の修験者であった

 

そうです。、昭和六年に百日の回峰修行をされたそうです。延暦寺の「千日回峰行」では、

 

一日平均三十キロ、山中をめぐるそうです。雲仙の山中も岩が多く、上り下りが厳しいとこ

 

ろです。

 


なお、高岩山に登る途中に「奥の院・一夜大師」の小さな標識があり、登山道を逸れ林に

 

入り五百メートルくらいの所に、空照師の立像があるそうです。

 

Photo_2

 

  (西有家町郷土誌より)

 

台には、「開山空照師 昭和八年見岳名中」と刻んであるそうです。見岳は現在南島原市

 

です。

 


なお、ここから細いけもの道を登ると、巨岩があり、その中に石窟があるそうで、これがな

 

かなか見つけにくいそうで、ここで百日修行をされたものだと考えられています。

 


さて、この石窟の中には、一夜大師というものがあり、見岳名の信者の人が、セメント、砂

 

などを険しい山道を石窟まで運び上げ、一夜のうちに、大師像を作りあげたといいます。

 

Cimg0221

 

           (提供:雲仙お山の情報館)

 

なお、この場所については、聞いておりますので、体調が治ったら是非いきたいと思ってお

 

ります。

 


最初に戻りますが、空照師が百日修行をおこなったのが昭和六年。大黑天の横の像も昭

 

和六年。記念に作ったのかな?

 


雲仙の山は奥深く、修験者が多く修行をしていますから、まだまだ、知られていないところ

 

があるかも・・・

 


なお、空照師、行基が修行をしたという行基洞(ここも分かりにくく、二度ばかり捜しました

 

が分かりませんでした)で二十一日間の業をおこない、故郷に帰られたということです。

 

(参考:「西有家郷土誌」「雲仙歴史散策資料~西久海著」「雲仙お山の情報館」)

 


もういくつ寝るとお正月、お正月には、凧上げて、ポチを押して遊びましょう・・・

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



« 鴛鴦(おしどり)の池:別所ダム★水裁判のこと~長崎県雲仙市小浜町雲仙 | トップページ | 2012 日本一(世界一)の大門松完成★橘神社~長崎県雲仙市千々石町橘神社 »

旅行・地域」カテゴリの記事

史跡」カテゴリの記事

コメント

千々石に友人がおり、神社も大好きなので、コメントさせていただきました✨✨
どうぞよろしくお願いします🙇

コメントありがとうございます。

神社は誰もいない小さな神社も面白いところがあります。鳥居、燈籠に彫られた文字、木鼻、石垣の作りなど面白いですね。石造りの本殿などもありますが・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 鴛鴦(おしどり)の池:別所ダム★水裁判のこと~長崎県雲仙市小浜町雲仙 | トップページ | 2012 日本一(世界一)の大門松完成★橘神社~長崎県雲仙市千々石町橘神社 »

フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランク参加中ポチしてね(^o^)

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ