« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

船つなぎ石~長崎県雲仙市千々石町

Pb200151

千々石町(ちぢわちょう)の温泉神社近く、田の中に大きな石があります。右上(向こうから

見れば左上。当たり前か。)の方が、少し削ったような感じがありますが、途中で諦めた

のかな?


この石にはいわれがあり、「船つなぎ石」と言われています。「山頭(やまがしら)の府中

の下手の田の中に大きな石がある。お四面さま(現温泉神社)がはじめて千々石村に来ら

れたとき、千々石田原はそのころ海であったので、船に乗って来て、この石に船の縄を繋

がれたものだそうな。」(千々石町史より)。


実際、昔はここまでが海と言うより、上から見ると、ここらあたりまで、入り江になっていた

のではないかと思われます。


なお、このすぐそばには、以前書いた「チン釣り石」 があり、あわせて考えてみれば、本当

の事なのでしょう。

Pb300048

黄色で囲んだ所が、「チン釣り石」があるところ。赤で囲んだ所が、「船つなぎ石」。こうして

見ると、海から、ここあたりまで入り江になっていたのが、何となく感じられると思います。


森山町、愛野町。現在国道が走っていますが、昔は海だったところです。現在の地形では

信じられないでしょうが・・・地形は調べて見ると、昔とは随分違ったところがあります。


この石の写真を撮っていると、ちょうど田を耕している人がいて、邪魔にならないか聞いた

ところ。「石にあわせて耕がやさにゃ、しかたなかろう。」と言うことでしたが、数十㎝耕す

と、地層が違っているそうです。

Pb280014

この、畑の近くにも、同じような石が所々転がっていて、辿っていけば一直線になり(数十メ

ートルですが)、岩礁ではなかったかとの話でした。あとは、畑になっているので、壊された

のではないかと思います。


「船つなぎ石」。地元でも、知る人は段々少なくなってきているようです。足元にも、面白い

所、話がたくさんあるのですが・・・・


明日から十二月。私の人生も十二月頃かな?ポチと悲しい今日この頃。励ましのポチを。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 


2012年11月29日 (木)

塩豚~その3 ベーコン編 (最終回)

Pb260448

お~、色艶といい、香りといい、お味といい、なんと素晴らしい。


例によって、「きょうの料理」のテキストのレシピから。


鍋か中華鍋にアルミ箔を敷き、茶殻を干したもの一つかみ、ローリエ1~2枚、砂糖大さじ1

を中央にのせ、網を6㎝くらい上になるように置きます。網の上に500グラムの塩豚をの

せ、ふたをして、弱火ににかけ、25分ほどいぶしします。


さて、私も、たくさん食べたいのですが、減量中に付き、昨日のポトフに使った残りで、少し

ばかり作りました。

Pb260436

本来、燻製用の道具が売ってはあるのですが、買うのはもったいないし、大きな鍋はわが

家にはないし、魚焼きを使っています。もちろん、魚の匂いがつかないように、良く焼いて、

洗って。


下にアルミ箔を敷いて、その上に、茶殻がなかったので、単なるお茶っ葉、砂糖、ローリエ

を。以前、コーヒーとか、紅茶とかも試しましたが、これはこれで、乙な味。


いまは、燻製用のチップが売ってありますから、それを使うのも良いでしょう。線香を入れ

てみましたが、なかなか高貴な味でした。(もちろん冗談。よい子も、悪い子もこんな事

はしないように。)

Pb260440 Pb260442

さて、金網を置くのですが、底が深くなく、まあ、そこはそこ・・・適当に。


本当は、大きな肉の塊を入れるのですが、魚焼きが小さいので、お肉は少し小さめに切っ

て(2~3㎝程度)。この方が、火の回りが良く、あとで切り分ける手間も省けるし・・・

金網には、焦げ付かないように、薄く油を塗ります。

Pb260445 Pb260447

あとは、アルミ箔で煙が逃げないように、しっかりと隙間をふさいで、弱火から少し強い程

度、要するに、煙が出る程度の火加減で、注意しながら20~30分。完成したら、冷やし

て、少し薄めに切って、食べて下さい。

酒のつまみに、もってこいなんですけれど・・・残念ながら、アルコールはドクターストップ。


作ったけれど、あんまり、たいしたことが無い?それは、あなたが味音痴だからです。

(参考:NHK「きょうの料理・塩豚~料理研究家 荻野恭子」より)


今日は久しぶりにポチとした雨の日。ポチ、ポチ、ポチ、ポチ、ポチと雨の音。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




2012年11月28日 (水)

塩豚~その2 ポトフ編

Pb240378

まあ、男の手料理ですから、盛りつけは、我ながら下手なもの。


今日は、昨日の続き、塩豚のポトフ編です。ポトフと言えば、お肉と、野菜を煮込んだもの。

もっとも、高級なものもあるようですが・・・そんな、面倒くさいことは、スルー

Pb240366 Pb240374_2

左が、昨日書いた、塩豚を2~3日置いたもの。右は、入れるお野菜。


一応、「きょうの料理」に書いてある、材料です。2人分(2人分といえば新婚さん用なのか


①塩豚 250~300グラム ②キャベツ 1/4コ ③玉葱 1コ ④じゃがいも 2コ ⑤

人参 2コ ⑥セロリ 1/2 ⑥にんにく(つぶす)1かけ ⑦ローリエ 1枚 ⑧黒こしょう

(粒)10粒


になっていますが、私のは上の通り、一応、2日分です。お肉の左側。大きく切っているの

は、明日のベーコン作りに使います。冷蔵庫に残っていた、エンリギ、人参、じゃがいも、玉

葱、ニンニク、ブロッコリー、あと写真を忘れましたが、白菜。


一応、テキストでは、塩豚は4等分、キャベツは2等分、玉葱は縦半分に切り、人参は縦に

半分。鍋に水をカップ7~8杯。材料を入れて、弱めの中火で1時間程度。となっています

が、私は、野菜の煮崩れを考え、塩豚と、人参、玉葱(トロトロになったのが私の好み)、ロ

ーリエを入れて、(ローリエは、庭に植えてあるものを使用。一本植えておくと、うんざりする

ほど増えます。)

Pb240371

しばらくすると、アクが出てきますから、完全に取って下さい。アクが残ると雑味が出てきま

す。「料理とはアクとの戦い。」「料理とはアク無き戦い。」とは、私の料理の師匠から、叩き

込まれたものです。


30分くらい煮込んだら、火を止め、一晩おくか、急ぐなら、冷水で冷やすと、

Pb240376

油が固まってきます。本当は、これが旨いのですが、今、減量中で、油分には注意をして

いるので、これを完全に取ってしまいました。あとは、再び、火にかけ、30分ほど。


できあがる少し前に、ブロッコリーと白菜とジャガイモを入れます。(じゃがいもは、煮崩

れやすい品種だったため。ブロッコリー、白菜は、少し固めが好きなので・・・なんと細かい

心づかい。)


お味の方は、調味料は全然加えず、お肉のスープの塩の味と、野菜の甘みがミックスし

て、自然な味で、バッチリと美味。もちろん、お肉は柔らかく。味が足りないか、好みによっ

ては、コンソメを少し加えれば良いでしょう。


なに?作ったけれど、あまり美味しくなかった?それは、あなたの料理の腕が下手だから

です


一番上の写真、ブロッコリーを入れるの忘れていました

   (参考:NHK「きょうの料理:料理研究家 荻野恭子~塩豚」より)


カミサンが帰って来ていました。また、ポチポチといじめられる毎日が・・・・

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




2012年11月27日 (火)

塩豚~その1 準備編

カミサンが、どこかへ消えて数日


別に困ることはないのですが、やはり、3食、食べるものは食べないと。弁当は飽きたし、

昔良く作っていた、塩豚を作ることに。


3回に分けて、準備編、ポトフ編、ベーコン編jと3回に分けて書いていきまます

もっとも、この料理、私が考えたのではなく、NHKの「きょうの料理」に載っていたもので、

料理研究家の荻野恭子さんが考えたものです。保存食としても便利なのでご紹介を。

Pb210248

テキストでは、①豚バラ肉 500グラム ②荒塩 大匙1 ③きび砂糖 大匙1/2 ④黒胡

椒小さじ1/2 ③はブラウンシュガー、三温糖でもよいとなっています。


田舎の悲しさ、きび砂糖は、店を4軒ばかりまわったのですが、見当たらず、ブラウンシュ

ガーなんて、気の利いたものなんぞ、影も形もなく、三温糖は大袋がありましたが、もった

いなく、なにかないかと探していたら、コーヒーシュガーといったものがあったので、買って

きました


裏を見ると、原材料として、グラニュー糖、カラメル色素となっているではありませんか。こ

れでは、グラニュー糖でもよかったか。まあ、きび砂糖も、ブラウンシュガーも、コーヒーシュ

ガーも、同じような色で甘いのも同じで、ここらあたりは、男の料理ですから、アバウトで・・・


塩は、荒塩の代わりに、岩塩を持っていたので、それを使うことで、アバウト、アバウト・・・

お肉はこれで、332グラム、肉の量に合わせて、多少、塩と砂糖を加減しました。

とにかく、これを混ぜて、豚肉にすり込み、あと、黒胡椒を振りかけます。

Pb210252

これを、保存袋に、私は、ラップで包みますが、2~3日おいておきます。

テキストによれば、冷蔵庫で1週間、冷凍庫で1~2カ月保存可能だそうです。

Pb210254

準備はこれだけです。材料さえあれば、5分でできるでしょう。私は、きび砂糖、ブランシュ

ガーを捜し求めて、準備で半日かかりましたが・・・・


これで、肉を熟成させ、濃厚なうま味が生まれ、砂糖の保水力で、しっとりした柔らかな口

当たりに仕上がるそうです。(参考:NHK「きょうの料理~料理研究家・荻野恭子」より)


ブラウンシュガーって、どんなんですか?ポチと教えて下さい。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



2012年11月26日 (月)

世界一の大門松作り始まる~長崎県雲仙市千々石町橘神社

Pb250387

昨日、25日橘神社を通っていると、早々と大門松の準備。


残念ながら、一応終わって後始末中。責任者の方と、話をしていると、一番大変なのは、

竹を準備すること。昨年は、佐賀から切って運んだそうですが、今年は、地元で揃えたそう

です。


昨年は、11月29日、12月10日が準備、12月23日が、完成の竣工清祓式。

まだまだ、締め付け、竹の先を斜めに切る作業、飾り付けと作業が待っています。作る方

は、各々仕事を持っているため、土、日曜日しか作業ができません。


この、大門松、最初は1回のみで考えていたそうですが、いつの間にか毎年作ることに。こ

の門松ができたおかげで、正月の参拝客が増えたそうです。ちゃんと、ギネスの認定も受

けています。

Dscn0666_21

さて、この門松の準備が始まると、もうすぐ正月。なんとなく、急き立てられるような感じが

してきます。

Pb250383

昨年は、13.3メートルだったそうですが、クレーン車で上に登って、竹を切る作業なん

か、見ていると面白いですよ。途中経過はまた報告を・・・


今日から、年末ジャンボ宝くじの売り出し。ポチとでも当たらないかな?買うの忘れてた。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 











2012年11月25日 (日)

都々逸(どどいつ)も良いよ

Img

都々逸といっても、名前は知っていても、実際に聴いた方は、少なくなってきていると思い

ます。


三味線をバックに、七・七・七・五で歌われるもので、いろいろな内容がありますが、色っぽ

いのが多く、有名なのでは


・恋に焦がれて泣く蝉よりも 鳴かぬ蛍が 身を焦がす

・あとがつくほど つねっておくれ あとでのろけの種にする

・あとがつくほど つねってみたが 色が黒くて わかりゃせぬ


都々逸といえば、三亀松。小さい頃、ラジオで聞いた覚えがあるのですが、近頃は、都々

逸は、ラジオでも、テレビでも聞くことはなく、多分、お座敷あたりで残るだけでしょう。


三亀松のテープを一本だけ持っていて、久しぶりに聞いたら、いや~色っぽいですね。な

んせ、経験が違いますから。上の本に書いてありますが、「宝塚のスターだった高子を略

奪するように結婚した。そして式の当日、会場を抜け出し、当時関係のあった五人の愛人

を順番に回って別れ話をつけてきた」。うらやましい限りです。


・弱虫が たったひと言ちっちゃな声で 捨てちゃいやよと 言えた晩

・あの虫は 粋な虫だよ 蛍じゃないか 忍ぶ恋路の 道ょ照らす 

・ねえあなた もうこんなになっちゃったと 鬢搔きあげて 忘れちゃいやです今の事 

・いけませんわの言葉をよそに 膝から崩れる緋縮緬(ひじりめん) 

・目から火の出る所帯を持てど 火事さえ出さなきゃ水入らず


私にぴったりのやつ

惚れて惚れられ 惚れられて惚れて 惚れて惚れられた ことがない


一番好きな都々逸

七つ八から いろはを習い はの字忘れて いろばかり

はげ頭 抱いて寝てみりゃ 可愛いものよ どこが尻やら アタマやら


都々逸もいいでしょう?

四畳半で、少し年増の美人と二人きり、三味線を弾かせながら、都々逸を口ずさむ。実に

良いですね。来年私の目標です。あなたも、いかがですか?

  (参考:「浮かれ三亀松」吉川潮著)


ポッチと押してね 下のバナー 押せば二人の 恋が咲く

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 





2012年11月24日 (土)

武エ門(ぶえもん)の湯はいかが?

Pb240361

小浜の旅館は、自分の所で源泉を持っているところ、他の源泉からお湯を引いてくる所が

あります。


小浜の某旅館の近くを通りかかったら、写真のような看板が、「四方蔵」「武エ門の湯」。


小浜温泉は、「肥前風土記」にも「峯の湯の泉郡(こおり)の南にあり、此の湯の泉は、郡の

南の西の西南(ひつじさる)のかたの峯より出でて、東に流る。流るる勢は甚多に、餘(ほ

か)の湯に異なれり。但、冷(さむ)き水を和(まじ)へて、乃(すなわ)ち、沐浴(ゆあみ)する

ことを得(う)・・」とでており、かなり昔から、雲仙、小浜あたりの温泉は利用されたことが、

うかがえるようです。


なお、後年、島原を治めるようになった、松平家から、本多親能(ちかよし)は、臨時の小浜

庄屋とともに、温泉場の取り締まりを命じられていましたが、長男の才兵衛親継(ちかつ

ぐ)に庄屋職を、次男の親次(ちかつぐ)を初代の湯太夫としています。


その歴史ある温泉にいまだに、、「四方蔵」「武エ門の湯」、という名を付けているのは、時

代を感じ、楽しいですね。


なおここの湯、近くに、町営温泉浴場がありますが、そこにもお湯を引いているとか。この

町営浴場、朝から、近所の方が、大勢入浴をしに来ています。


この、旅館のお湯を貰いにきているのでしょう。多分、どこかの施設の車だと思いますが、

施設のお風呂に混ぜて使うのでしょう。

Pb240364

横からのぞいてみると、

Pb240363

温泉卵が作れるように、かごまで準備してありました。

この旅館の横に、

Pb240365

小浜小学校平成20年度卒業生による、この旅館等の説明板が設置されていました。結構

参考になりました。(この説明板、小浜町内の各所に設置してあり、各グループで作ったの

でしょう、読むと面白いですよ。)


皆さんも、この武エ門さんのお湯、いただいて、自宅のお風呂に混ぜてはいかが?お肌ツ

ルツルになりますよ。エッ、頭はツルツルだって。失礼しました。

(参考・引用:「小浜町史談」「風土記:新編日本古典文学全集5」より)


お肌はツルツル。下のバナーはポチポチ。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




2012年11月23日 (金)

旧鍋島家住宅(重要文化財)保存修理見学会

Pb230295

まあ、とにかく、いろいろありまして、天正十年、豊臣秀吉の九州征伐の論功により、有馬

領(当時島原半島を支配していたのは有馬氏でした)から、旧神代領3000石が割かれ

て、鍋島家(佐賀藩)に与えられました。東、西神代村、伊古村、古部村です。


どうして、佐賀藩の飛び地領ができたのか、今日は少し疲れたので、詳しいことを知りたい

方は、自学自習して下さい。

Img_3

(「島原半島の歴史:松尾卓次監修」から)


その後、領地支配のため陣屋が置かれましたが、これが、旧鍋島家住宅で国の重要文化

財に指定されています。


この建物が、現在修理されていますが、長屋門、隠居棟、主屋の一部が「根本修理」、そ

の他が「維持管理修理」。


「根本修理」は建物を解体(または半解体)し、補修をし、組み立て直す修理だそうで、150

年周期を想定しているそうです。次回の修理は150年後と言うことです。


解体の時、釘一本一本でさえ、抜き取り、組み立てるときは、同じ所に、同じく釘を打ち込

んでいくそうですが、どんな手間ひまがかかるのか、分かると思います。

工事中の写真です。

Pb230335

写真では、分かりにくいと思いますので、当日の資料に、保存修理.の流れが分かりやす

く、イラストでく描かれていましたので、当日の説明会資料に使われるだけでは、もったい

ないので、貼り付けておきます。


あわせて、旧鍋島邸を見に行かれる時、旧鍋島邸の作りも、よく分かると思います。文化

財建造物保存技術協会、と書かれていますので、こちらで作られているのでしょう。各イラ

ストはクリックすると拡大します。

1 2

3_2 4

今回の修理は、平成21年7月から始まり、完了は25年8月予定だそうです。完成したら

是非お越し下さい。なお、上のイラストを頭に置いておくと、旧鍋島邸の面白さが、倍増す

ると思います。

(参考・引用:「旧鍋島家住宅、説明会当日資料」「島原半島の歴史・監修松尾卓次」より)


これくらいの豪邸に、住んでみたいものですが、掃除が大変だろうな。ポチとしたわが家が

一番かな。ポチよ。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 





2012年11月22日 (木)

今富キリシタン墓碑群~長崎県大村市

P9240073_2

大村まで用事があり、帰りがけ、道の標識を見ると、「今富キリシタン墓碑」の案内板が。

名前は聞いていたのですが、どうせ、急ぐ人生でもなし、ちょっと立ち寄ることに。


道は途中まで分かるのですが、途中から分かれ道になっており、ままよと、ハンドルを切っ

てしばらく行くと、ピンポーン。せっかく、国道に案内板あるなら、途中にも欲しいもの。


さて、見ると伏碑ではなく、立碑。初めて見ました。

P9240065

文字がかすかに分かると思いますが、これについては、案内板を読んでいただいた方が

分かりやすいと思います。(クリックすると拡大します。)

P9240060

この、墓碑の特徴は、墓碑の上の所、伏墓にすると、こちらの方が、正面になります。

P9240072

「干」型をした、「カルワリ罪標十字架」が分かると思います。


「日本キリシタン墓碑総覧」での調査によると、この十字架の右側に「慶長十九年」という紀

年銘が確認されたそうです。


慶長十九年に、伏碑とし作られ、その後、明暦三年の郡崩れ(潜伏キリシタンが検挙され

た事件。)以後に改造され、立碑にしたと考えられるそうで、元来の天正四年銘「一瀬越智

相模栄正」の墓碑として建碑されたものとは考えられないそうです。ここのところ、説明版と

は違った、新説になります。


なお、調査された大石一久氏によれば、「改造後の今福第1号墓碑からは罪標十字架や

紀年銘を陰刻した小口面を頭頂部にして建て直している面から信仰弾圧に対する強い抵

抗心を読み取ることもできるが、この改造に関わった人物が一瀬家またはその関係者であ

ったことは間違いないとおもわれる。」と推察されておられます。


一瀬姓をもったキリシタン墓碑は、東彼杵郡「一瀬ゆ阿ん」。田下伏碑があるそうで、「一瀬

姓はキリシタンとの関係が濃い。」とも書かれてあります。


一番上の写真、墓碑の台石、これもキリシタン墓碑を転用した物だそうです。この墓碑の

右側に、手水鉢があるのですが、これも、伏碑を転用したものだそうです。写真を撮る

のを忘れました。

P9240076

墓碑の裏には、天正十年の銘が入った六地蔵笠部があり、それまでの伝統的墓地をキリ

シタン墓地に転用した可能性が高いそうです。


この記事は、「日本キリシタン墓碑総覧・企画南島原市教育委員会:編集大石一久」から、

参考、また、引用しましたが、本文及び、特に、大石一久氏の「(全体所見)日本キリシタン

墓碑総覧ー分析と課題ー」の部分に、この墓碑に関して、詳細が書いてありますので、

興味のある方は、お読み下さい。


「日本キリシタン墓碑総覧」は長崎文献社から出版されていますが、限定200部ですから、

研究されたい方は、お早めにご入手下さい。8,400円は少々お高いですが、価格以上の

価値はあります。    (参考:引用~「日本キリシタン墓碑総覧」から)


今日は11月22日(いいふうふ~良い夫婦)の日だそうです。私の結婚式は11月12日

(いいひにけっこん~良い日に結婚)なんですが・・・良いことありませんでした・・・ポチ。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 


2012年11月21日 (水)

年賀状だよ!

Page001

いよいよ、頭が痛い年賀状書きの季節。


数年前までは、全部手書き、時々木版画などもありましたが。私、字が下手なため、毎年、

苦痛でしたが、「プリントごっこ」が売り出されてから、すぐに購入し、2台使い潰し、随分長

い間利用しました。お世話になった方も随分おられると思います。今もあるのかな?


ワープロが出てからは、ワープロ。PCが出てからはPC。便利なことは、便利ですが、何か

いただいても、同じようなのばかりで味気ないこと。


たまに、墨書、木版、絵手紙の年賀状なんか貰うと、なにか心温まるものが・・・

と言うことで、PCは使いますが、何か少し工夫を凝らした物を、と考えてはいるのですが、

なかなかアイディアがでず、昨年は、ご近所の橘神社の、世界一の大門松の写真で誤魔

化しましたが。


寅年の時、作った年賀状、寅年にちなんで、「寅さん神社」のおみくじ。

Page001_2

最初の詩歌が良いですね。「冬枯れて 休みし時に 深山木は 花咲く春の 待たれける

かな」。そういえば、マラソンの高橋尚子さんの座右の銘は、「何も咲かない寒い日は 下

へ下へと根を伸ばせ やがて大きな花が咲く」、でしたっけ。


「恋愛~あきらめなさい」。良いですね。私が年賀状を出すのは2,3,名を除いては既婚

者ばかりですから。「失物~どこかにある」。当たり前ですが。


後日、「新年早々、大吉のおみくじを、ありがとうございました」とのハガキをいただきまし

た。


私の生まれ年、丑年の年賀状。

Page001_5

丑年生まれの有名人を並べ、その中に、若かりし日の私の写真を密かに入れたもの。

こうして見ると、私も、意外といい男(どれかは言いませんが)。進むべき道を誤ったか?


最も、回りが、ガッツ石松さんとか、昔の林家木久蔵さんとか、林家三平さんとか、アントキ

ノ猪木さんとかですから。


最近、年上の方から、「年賀状を書く体力も、気力もなくしてきたので、来年からは遠慮させ

ていただきます」、という年賀状をいただくようになりました。本当に寂しい限りですが、元

気なうちは、頭を絞って何とか書いていきましょう。年に一回ですから。


考え初めて一月、ポチともアイディアが出てきません。ポチと押してご協力を。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



2012年11月20日 (火)

2012 三十路苑★ライトアップ始まったよ!(11月20日)~長崎県雲仙市小浜町

1

三十路苑のことは、11月15日に、「三十路苑・あと一歩」と言うことで、書きましたが、今

日から正式にオープン。同時にライトアップが始まりました。当然、正式にオープンですか

ら、入場料500円必要でした。


モミジ自体は、15日とあまり変わらない状態で、紅葉したもの、まだ、青モミジのもの、ま

ぜまぜ。多分、全部紅葉するまでに一週間程度かなという感じ。


ライトアップの時間を聞くと、「日没から」、と言う返事。9時まで、ライトアップをしているそう

ですが、「日没」とは、何時くらいになるのか、難しい。


写真の所、夕日が綺麗で、自分の人生の、来し方行く末なんぞ、ボーッと考えることしば

し。5時半少し過ぎた頃にライトアップ。あとは、写真を貼っておきます。クリックすると、拡

大しますからお楽しみを。

2 Pb200201

Pb200213 Pb200205_2

Pb200219_2 Pb200220

8_3 9

確か12月10日まで、オープンだったのではないかと思います。今日から、ライトアップと

いう事を知らない方が多いらしく、日暮れまでは結構お客さんが多かったのですが、ライト

アップの時間になると、ガランとした状態でした。連休は混雑するでしょう。

Last_2

念のために、場所は小浜~雲仙に行く途中です、赤い矢印の方に、10台くらい停められ

る駐車場があります。道は広く、電球がぶら下がって、分かりやすくはありますが、慣れな

いと、ちょっと運転しにくいため、手前の所と、横幕の数十メートル先に「六兵衛茶屋」の駐

車場がありますから、そこを利用したが良いと思います。


日が暮れると、寒いので、厚着をするか、二人でお手々を繋いでいくかして下さい。


三十路苑がオープンしたので、今年の「三十路苑情報」は、今日で幕を閉じます、また、来

年をお楽しみに。


年賀状書き、大掃除、ポチ、ポチと忙しくなりますね。ポチポチ頑張りましょう。 

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 


2012年11月19日 (月)

ノルディック・ウォーク用ポール、買いました

Pb190139

先日、「健康づくりだ!」で、ノルディック・ウオーキングを、始めたことを書きましたが、使っ

ていたのが、トレッキング用のポール。


YouTubeなんか見ていると、どうも、私が歩いているのとは、違うみたいで、思い切って、専

用のポールを買ってきました。ウォーキング用とか、トレーニング用とか、ダイエット用と

か、リハビリ用とかあるようですが、田舎の悲しさ。一種類しか置いて無かったので、選ぶ

余地なし。写真下のが、購入したポール。これは、ウォーキング用みたいです。


持つところが、全然違いますね。

Pb190141 Pb190142

トレッキング用のポールの持ち方は

Pb190148

すんなり伸びた、可愛い指。私のですが・・・下の写真が、ノルディック専用のポールの持ち

方。

Pb190143 Pb190144

すこし要領は、いりましたが、慣れると断然良い感じ。膝への負担、腰への負担が少なく、

姿勢も自然と、まっすぐに。歩く速度も、普通のウォーキングよりも速くなったみたいでし

た。


また、上半身。特に、上腕あたりに力がいり、二の腕の贅肉プルプルが気になっている女

性には、効果があると思います。ただし、続ければの話・・・


いつも、夜、使っているのですが、昨日は昼、諫早の陸上競技場の、ウォーキング・ジョギ

ングコースで使ってみましたが、誰も、注目する人も無く、都会は良いですね。私が、住ん

でいるところで、これを使っていると、噂の種になって大変ですよ。


さて、もう一つ、夜間のウォーキングに、良い物、見つけました。

Pb190150_2

ライトですが、首からかけて使います。結構明るく、ノルディック・ウォーキングするときは、

両手がふさがるので、便利しています。皆さんも、おひとつどうですか。


今から、ポチ、ポチではなく、バリバリ歩いて来ますよ。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 





2012年11月18日 (日)

この一曲~悲しきわがこころ/ハナ肇とクレージー・キャッツ

Img_0001

このCD、二度目の登場です。前の回では、「だまって俺について来い」を紹介しました。

写真のメンバーは、ハナ肇、植木等、谷啓、犬塚弘、石橋エイタロー、安田真、桜井センリ

(このCDでは桜井千里、本名です)。


クレージー・キャッツといえば、1960年代、好景気の時代に、人気を博したコミックバンド

で。スマップなみの人気でした。もともとは、本格的なジャズバンドでしたが・・・


バンドリーダーはハナ肇でしたが、中心的になっていたのは植木等。


さて、この11月10日に、桜井センリさんが亡くなられ、残るは、犬塚弘さん、一人になってし

まいました。桜井センリさんは報道によると、孤独死だったとか。あの時代を知っている私

にとっては、やりきれないものを感じたものです。本当に、悲しきわがこころ、です。


クレージーの歌は、ほとんど植木等が歌っていますが、この曲は全員が代わり代わりに歌

っています。亡くなられた順に並べると



ハナ肇~1993年逝去

授業料ゴマかして のむ酒は

甘く切なく ホロ苦い

よぱらってくだまいて ふつかよい

これじゃ大学八年生

※ああ 悲しき わがこころ (台詞)勉強になりました



石橋エータロー~1994年逝去

ダンスとマージャンで 徹夜して

運転免許で 徹夜して

進級試験で ひるねして

とうとう大学八年生

※繰り返し



安田伸~1996年逝去

学生夫婦で 四年間

彼女が就職 また四年

せがれは小学 一年生

おやじは大学八年生

※繰り返し



植木等~2007年逝去

柔道剣道は 師範代

スモウにボクシング レスリング

喧嘩とデイトに 明け暮れて

気がつきゃ大学八年生

※繰り返し



谷 啓~2010年逝去

小学時代は 優等生

中学時代も 優等生

高校時代も 優等生

どうして大学八年生

※繰り返し



桜井センリ~2012年逝去

ミヨちゃんにふられて 一年生

カズちゃんにふられて 三年生

チコちゃんにふられて 五年生

ふられふられて八年生

※繰り返し



犬塚弘~存命中

食うもの食わずに バイトして

彼女を映画に さそったら

腹はグウグウ 目はかすみ

シャボクレ大学八年生

※繰り返し


最後は全員で歌いますが、今の若者に聴かせたいですね。



全 員

早く就職してみても

万年課長か 平社員

あせるな いかるな あわてるな

俺たちゃ大学八年生

ああ 楽しい わがこころ

エイ! エイ! オウ!

(松原哲晶作詞・採譜・編曲)


こちらはポチ、ポチ、ポチ。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




2012年11月17日 (土)

マリリン・モンロー★死して五十年

Pb170117

私のiPodの待受画面です。もちろん言わずと知れた、マリリンモンロー。iPhoneは、カトリー

ヌ・ドヌーブですが。


さて、マリリン・モンローが死去したのが、1962年8月5日。50年前、36歳の時です。生

きていたら86歳になりますが、もしもの話は止めましょう。モンローは36歳の時の姿のま

まに、私たちの心の中に生きているのですから。


モンローについては、色んなスキャンダル、逸話、そして、今もなお残る死亡の謎。多分、

20世紀に選ばれる人物の、ベストテンの候補に選ばれるでしょう。

Img_3

この本、単なる評伝ではなく、主な部分は「究極のマリリンAtoZ」ですが、モンローのエピソ

ードが、積み重さなって語られています。

今更ながらに、私たちが、モンローの全体像を捕らえてない事が分かります・・・一部をご

紹介



モンローの読書歴

おつむの弱いブロンド女優として名をはせたハリウッド時代のマリリンは文字も書けない、

まして読書などできない、と皮肉たっぷりにしばしば批評された。・・・彼女の家を訪れた記

者たちは、本棚に置かれたり積まれたりしている本の数に感銘を受けた。・・・だがすでに

1945年(19歳)に、ノーマ・ジーン(注:モンローの本名)はウエストウッド公立図書館の会

員だった。・・・1951年(ニューヨーク渡る4年前)マリリンはUCLAの夜間コースで「文学の

背景」を学んでいた。

次に挙げる本のリストはマリリンが読んだものの一部である。

「聖書」「ギリシャ神話」「緑の館」「郵便配達は二度ベルをならす」「審判」「ユリシーズ」「戦

争と平和」「エドガー・アラン・ポー作品集」「カラマーゾフの兄弟」



お気に入りの音楽家

「ルイ・アームストロング」「アール・ボスティック」「ベートーベン」「モーツァルト」


お気に入りの作家

「ドフトエフスキー」「J.D.サリンジャー」「バーナード・ショー」「トマス・ウルフ」



アルフレッド・ヒッチコック

偉大な映画監督のひとり、アルフレッド・ヒッチッコクは、かって本物の映画女優は三人しか

いないと言ったことがある。エリザベス・テイラー、イングリッド・バーグマン、そしてマリリ

ン・モンローだ。・・・・



ウォルト・ディズニー

ウォルト・ディズニーはマリリン・モンローのイメージから「ピーターパン」のティンカン・ベル

を創りだした。



ティファニーで朝食を

・・・・・・当初マリリンの脚本であったといわれている。原作はポールマン・カポーティ。結局

はオードリー・ヘップバーンが出演し、マリリンが欲しがっていたアカデミー賞にノミネート

されている。



ソフィア・ローレン

・・・・・「彼女は生き生きとした個性的なすばらしい女優でした。その一生は寂しいものだっ

たかもしれないけれど、精いっぱいしあわせそうに、何もないようにみせていたのです。」



シドニー・ギラロン(ヘアスタイリスト)

・・・・「マリリンほどスィートな人は知りません。あれほど評価されなかった人も、悲しい人生

を送った人も」


少し、マリリンらしい話を。



ヌード

「ボッティチェリのビーナスに異議を唱える人はいないでしょう。それなら、私のヌードにどう

して文句を言うのかしら」



埋葬されたとき

お気に入りのひとつ、明るいグリーンのプッチのドレス。スリップとブラジャーもつけてい

た。パンティをつけるのはハウスキーパーのユニース・マレイが拒んだと言われている。


さて、マリリンは段々と死に近づきますが、



・・・・・里親やアパート、ホテルを含めて、マリリンが36年の生涯で住んだ場所は57カ所に

およぶ。死は「自分の家」を買って間もなくのことだった。



フランク・シナトラ

・・・・最後の夜、マリリンはいつものように、フランク・シナトラのレコードをかけていた。大好

きな歌手だった。



ルイ・アルハンティ(フラワーショップのオーナー)

・・・・・マリリンの葬式の花飾りを作った人物。ジョー・ディマジオは「週に2度、永遠に」赤い

バラをマリリンの墓に手向けるようアルハンティに頼んだ。


ご存じのように、マリリンの検死をしたのは、日本人のトーマス野口博士です。



外見所見

防腐未処理の遺体は年齢36歳。体格・良、栄養状態・良好、栄養状態・良好、白人女性。

体重53キロ、身長162,5デンチ。頭髪は脱色したブロンド・・・・

長いのでこれくらいで止めますが、体腔、循環器、呼吸器、肝・胆臓器、血液・リンパ液、内

分泌腺、泌尿器、生殖器、消化器官、骨格・筋肉組織、頭部・神経系統・標本について

書いてあります。


なお、世界中から「マリリン・モンローの死の謎」について1週間に一回は問い合わせがる

そうですが、「もう私が話すことは何もない」と沈黙を守っているそうです。


マリリン・モンロー亡くなって50年ということで、話が長くなりましたが、この「究極のマリリ

ン・モンロー」、2006年、今から6年前、出版された本ですが、マリリンモンローの興味深

い話が、たくさん載っていますから、興味ある方は、お読み下さい。面白いこと請け合いで

す。 

今や、古今東西、歩くだけで、様になる女優なんていませんね。

(引用;「究極のマリリン・モンロー」井上篤夫編・著)


立てばビヤ樽、座ればタライ、歩く姿はドラム缶、というのは、私のカミサンのことではあり

ません。そんなことは、口が裂けたって(裂けたら言えませんが)言えませんよ。うちのカミ

サンはポチッと可愛い方ですから。ポチッとね。(たまには褒めとくか)

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




2012年11月16日 (金)

小浜歴史資料館★円山応挙・池大雅・成富椿屋(ちんおく)展~長崎県雲仙市小浜町

Pb150099

小浜歴史資料館、何回か登場して貰いました。先日は、西郷隆盛、福沢諭吉、勝海舟の

書でした。もちろん、所有者は小浜の湯大夫の子孫、本多家の所有物です。


今回は、円山応挙、池大雅、成富椿屋(明治33年、当時の皇太子殿下、佐賀市行幸の

時、皇太子殿下の御前で鶴松の画を揮毫したそうです)の日本画展です。これも、本多家

の所有物です。


特に、円山応挙といえば、お宝鑑定団によく出てきて、本物はあまり無いといった絵画で

す。「足のない幽霊」を書き始めた画家だとも言われています。


池大雅は、江戸時代の文人画家、雅号は「大雅堂」「霞樵(かしょう)」等。与謝野蕪村と共

に、文人画家として有名です。

Pb150088

一番右が、池大雅、真ん中が、円山応挙、左が、成富椿屋。どうも、無造作に架けてあると

おっかない感じ。もっとも、監視カメラはばっちりと・・・

Pb150093_2 Pb150095

左が池大雅、右が円山応挙。池大雅には「霞樵(かしょう)」の号が書いてありました。


展覧会に行くと、何点も並んでいて、目移りがするものですが、一点だとじっくり見れて、か

えって、良いもんですね。平日、朝からだったので入場者もおらず、これが、円山応挙か

と、心ゆくまで見て来ました。


そういえば、「小曽根乾堂」の絵も、ちょっと替わっておりまして、この方、坂本龍馬の援助

者で、亀山社中の財政を支え、海援隊の本部を小曽根家に置いたりしています。以前にも

少し触れた事とと思いますが・・・


明治政府の勅命で御璽・国璽を刻しています。「御璽・国璽」、読み方、意味が分からない

方は、辞書をお調べ下さい。


説明を読んでいると、「勝海舟と長崎妻の間に生まれた子の世話もしている。」と書いてあ

るではありませんか。英雄色を好むか、はたまた、単なる助平か・・・なお、勝海舟が用

いた印は小曽根乾堂の作だそうです。  (参考・引用:各説明による)

Pb150076_2

私だって、カミサンひとりでガマンしているのに。ポチとガマンしなさいよ。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



2012年11月15日 (木)

2012 三十路苑・あと一歩(11月15日)~長崎県雲仙市小浜町

Pb150046

性格的に、粘り強いと言うか、しつっこいと言うか(だから、女性に嫌われる、ストーーカー

ではあませんが・・・)、「三十路苑」については、今年で三回目の記事を書きます。


前回、11月3日の模様を書きましたが、寒さが厳しくなったせいか、色づき始めました。全

体的には、もう一歩ていうところでしょう。

Pb150040 Pb150047_2

右が今度新しく作った池ですが、ここは、ライトアップするそうです。左側のモミジが紅葉す

ると綺麗に写るでしょう。

Pb150068 Pb150038

Pb150066

平日の朝でしたが、アベックの方が、4~5組。いつも通り、一人ぼっちは、私だけ


ライトアップは、11月20日からだそうで、多分20日からは、入場料が取られると思いま

す。

現在は、只で入れますが、オーナーの方は準備中でした。昨年、ライトアップしているとき

訪れましたが、綺麗でした。


11月23日~25日が連休ですから、見ごろだと思いますが、多分、お客さんで一杯になる

でしょう。


場所は小浜~雲仙に至る途中、「耳採(みみとり)」と言う所に、「六兵衛茶屋」という、食堂

がありますが、その裏側にあたります。看板が出るはずですから、すぐに分かると思いま

す。


なお、以前、「耳採(みみとり)」という地名について書きましたが、キリシタンが、地獄攻め

に、雲仙に連れて行かれるとき、転教を迫るためか、逃げられたときの目印にするため

か、耳をそがれ、村民が、そがれた耳を集めた「耳塚」があった所だそうです。

「耳採」の地名については→こちらをクリック


ライトアップしたら、もう一度くらいポッチと書くつもりです。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



2012年11月14日 (水)

2012 滝の観音の秋~長崎市

Pb140023

「滝の観音」については、8月2日に書いた所ですが→「こちらをクリック」、紅葉の頃、カミ

サン以外の女性と来たいなと、書きましたが、結局は病院帰り、一人ぼっちで来ました。


はやり、夏の頃と違って、秋の紅葉に滝、風情がありますね。しばし見とれていました。た

だ、ここ2日ばかり雨が降ったので、残念ながら、少し散り気味でしたが・・・・


本堂も夏と違って、しっとりした風情がありました。この間、写していなかったので、本堂の

中です。

Pb140028 Pb140007_2

古い羅漢像と紅葉。これも、良いですね。

Pb140025

磨崖仏は、川の向こう側だけかと思っていたら、こちらにも一つありました。

なにやら、不思議な石造物。いわれはあるのでしょうが、説明はありませんでした。なんで

しょう?

Pb140024_2 Pb140037 

仁王門ですが、雨が降ってなかったら、もっと、素敵だったでしょう。左右に仁王さんの像

があります。

Pb140031

平日でしたが、三人ほどカメラを持って見学に来ていました。長崎近郊の方は是非お出か

け下さい。


なお、ここは「滝の観音」であり、「観音の滝」ではありません。ここの滝は固有の名前が無

いそうで、人里の滝で、名前が付けられてない、国内唯一の滝だそうです。


紅葉jがポチポチ散っていくと、何か人生の無常が感じられます。ポチポチね。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



2012年11月13日 (火)

ミニ眼鏡橋完成&御書院~諫早市

Pb130630

この間から、何回か書きましたが、「ミニ眼鏡橋」、あと少し工事jが残っているようですが、

ほぼ完成でしょう。こうして見ると、「眼鏡橋」という名前の由来が、よく分かると思います。


左の写真が9月頃の工事中の写真。上と右の写真が今日の写真ですが、入れない様に、

ロープが張ってありました。渡れないように、柵などの工事をするのだと思いますが、この

橋、渡るのはちょっと、おっかないですね。

P9050311_3 Pb130632 

さて、来たついでに、諫早高校内にある御書院をちっと見学に。名前知っていたし、私の

愚娘も、諫早高校出身なのですが、見に行ったことがないので・・・


戦国時代に、諫早を支配していたのが、西郷氏、それを滅ぼしたのが佐賀の龍造寺で、

その後、「諫早氏」に改名しました。


この、御書院は、佐賀藩主の接待など、公式行事に使われていたそうですが、大正11

年、県立諫早中学校が開校するにあたり、諫早家が、約一万坪ばかり学校用地に寄付し

たそうです。


考えれば、諫早競技場の一部も諫早家の寄付。確か、諫早郷土館も、諫早家の住居を寄

付したものと聞いたことがあります。なんとも、太っ腹のお殿様ですね。


御書院入り口になっていますが、新しく作ったものでしょう。入り口の横の張り紙を見て思

わず笑いましたが・・・・「猿が目撃されましたご注意下さい」。私の家の近くなら、分かるの

ですが。

Pb130606 Pb130611

静かで良い所ですね。写真では全体像が分かりにくいのですが、モミジが真っ赤に染まっ

て綺麗でした。私の家の庭も少し改造するかな。

Pb130619_2  Pb130623_2

この、御書院、市役所あたり周囲を「高城回廊」として整備していますが、ここ、足元が柔

らかく、スポンジみたいな感じで、歩きやすいですね。膝に負担がかからず、楽でした。最

も途中で雨が降ってきたので、引き返しましたが。また、天気の良い日にでも。

Pb130625

昨日は、私の町で町内放送をやっていまして、「○○地区に猿が目撃されました、いたず

らしたり、餌をやったり、ポチとでも目を合わせないで下さい。」との事でした。下のバナー

はポチして結構ですよ。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 


2012年11月12日 (月)

下針(さげばり)金作★鉄砲名人~原城の乱へ(島原市三会)

Pb090494

島原の乱について、読んでいると、「下針金作(さげばりきんさく)」という人物が、書かれて

いることがあります。


島原の三会(みえ)というところで、百姓をやっていたとか、猟師をやっていたとか資料によ

って、多少違いはありますが、数間離れた所に、下げた針を打ち落とす腕前。名付けて

「下針金作」。その実、「金作」とは仮の名前で、小西行長の家臣「駒木根八兵衛友房」。


関ヶ原の戦いで敗れた、「小西、豊臣」の残党は、互いに連絡をとり、豊臣家の再興を計

画していたと言われています。


島原の乱が起こると、三会村の1420名と原城に立て籠もり、鉄砲の狙い撃ちで、幕府軍

を悩ませたといいます。


写真の場所は、「下針金作屋敷跡」と言われています。場所は、愛野町からグリンロード

が終わり、がまだすロードが始まる交差点から、右に曲がり、左の一本目の道を入って行

くと写真の所に出ます。赤の矢印の所が祠があるところです。

Pb090501

この中に、祠があるはすなのですが・・・・


この祠は、昭和初期ある事情があって奉祀されたものだそうですが、太平洋戦争中、出

征兵士の武運を祈願して、列をなしていたそうです。(有家町郷土誌より)


また、この場所には雀も寄りつかず、飛ぶ鳥も避けて通ったと言います。そして、宝クジの

神様になっているそうです。鉄砲の名手ですから、良く当たるそうです。(新島原街道を行

く:松尾卓次著より)


さて、扉は閉まっているのですが、中をどうしても見たくて・・・回りの畑にはだれもいない

し。


とはいっても、開けたとたん、ズドンとやられてはたまらないし、一応近所に家があったの

で(祠の所有者ではありませんでしたが)、「開けてみてもいいでしょうか?」と尋ねたら、

「元通りにしたらいいんじゃない。」と言うことで、恐る恐る開けてみました。

Pb090509

祠の中には、なにか入っているような木箱が。さすがに、これは開けきれませんでした。

「宝くじは当たらなくて良いですから、いい女の子に当たりますように。」とお祈りをし、お賽

銭をあげて来ました。


さて、話が長くなりますが、原城の第一陣の攻め手の大将、「板倉重昌」を、この「下針金

作」が撃ち取ったという話があります。


村井昌弘著、「耶蘇天誅記」によれば、「・・・三会村の奴原が固めたる出丸の狭間より放

ちたる横矢の銃玉、左の乳の下に当たり、・・・その場に討ち死にをぞ遂げられける」。こ

の、「奴原」というのが「下針金作」でしょう。


金井俊行著、「原城耶蘇乱記録」では、「・・・重昌益々進ミ城塀ヲ攀ツ賊下針金作之ヲ狙

撃ス胸ヺ貫ラ卒ス行年五十一歳・・・」


「奴原」とか、「賊」とか表現してありますが、「島原の乱」については、多くの資料が残って

いますが、全部と言っていいほど「幕府側」の資料ですから、仕方が無いところでしょう。


なお、「耶蘇天誅記」は江戸中期、「原城耶蘇乱記」は明治25年に、書かれていますが、

「耶蘇天誅記」は、部分的には見つけましたが、この部分の原典は見つけきれなかったの

で、有家町史談会発行の「嶽南風土記」、福田八郎氏の「原城聞書覚」から、「原城耶蘇

乱記」は、国立国会図書館の近代デジタルライブラリーから引用しました。


そんなに良くてもなくても、いいんです。ポチとでも良い女の子に、当たりますように。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



2012年11月11日 (日)

この一曲★Ka Nohona Pili Kai~平成24年度 第42回千々石町文化祭演芸の部より

Pb100531

昨日、千々石町文化祭演芸の部が開催されました。オープニングはいつもの通り、千々

石中学校の吹奏楽部。


曲目は「世界に一つだけの花」と「北国の春」。「世界に一つだけの花」はカラオケで一番

歌われた曲だとか。


日曜日は、音楽の事を書いているので、この、「世界に一つだけの花」を取り上げようと思

ったのですが、スマップと言うより、いい男は嫌いなのでこれはパス。


さて、演芸大会だけあって、種々雑多で、きちんとした演奏会の演奏も良いですが、いろ

いろ種々雑多の演芸も楽しいものですね。全部、アマチュアの方ですから、この日に向け

て、練習して来たのがよく分かります。


全部、写真を載せるとスペースがありませんので、一部のみ。

踊りの方、「良くできたじゃないですか。」というと、「足がよれて、ころびそうだったのよ。」と

70歳の踊り子さん。

Pb100538 Pb100546

Pb100572 Pb100585

今年初めての出演、姉妹のライブ。釣具屋さんの娘さんです。太極拳の皆さん。私も、一

時習いに行って、これは健康に良いですよ。体調が、良くなります。

Pb100540 Pb100565

カラオケグループの皆さん。制服をそろえての熱唱。私も、歌って良かったのですが、プロ

は・・・と言うことで、お断りされました。

Pb100576 Pb100579

合唱の皆さん、多分メンバーが増えているみたいでした。

最後は、今年の祭の当番町で、奉納踊りをした、南船津名の銭太鼓。

Pb100552 Pb100604

この中で、フラダンスグループ、「ブルーアイランド雲仙」のフラダンスが。

Pb100591

遠くで見ると、素晴らしいですね。近くで見ると、二の腕あたりの贅肉が少しばかり・・・・


この中で、一曲、私の好きな曲、「Ka Nohona Pili Kai」。この曲、実は「涙そうそう」なので

すが、ケアリー・レイシェルという、ハワイの歌手が、日本公演を終えて帰るとき、飛行機

の中で聞いて、すぐにレコーディングしたものです。


初めて、聞いたとき、こちらの方が、「涙そうそう」の原曲かと錯覚したほど、素晴らしい編

曲です。


レイシェルは、大好きだったおばあさんの思い出を、歌ったそうです。

長いので、一番だけ。なお、ハワイ語で標記できない文字があるので、そこはアバウトで、

ご勘弁を。



Pa hanu ka pua ehu o ke kai

E holu napa ana i ka lau ki

Me he leo a ala i mapu mai

E heahea mau nei



Aloha e, aloha no

Aloha ka hali a li a mau

He nani e, henani no

He nani ka nohona pili kai


「涙そうそう」も、良い歌ですが、こちらも、すごく良い歌ですよ。

Aloha e, からは、メロディーが少し違ってきますが、とにかく良い歌です。機会があったら

是非、お聞き下さい、ハワイの歌手がいろいろ歌って、CDなんかにも収録されています。

(参考・引用:「ハワイアンを歌おう!」(株)ヤマハミュージックメディア)



来年は私も出演しようかな、口三味線は得意だから。ポチポチと。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 


2012年11月10日 (土)

雲仙で研修会~長崎県雲仙市小浜町雲仙

Cimg0193

雲仙の紅葉。今が見ごろでしょう。


さて、今日は「ガイド養成研修」に、さる事情で、参加してきました。まだ、ある理由で積極

的に「ガイド」さんになる時期ではないのですが、まあ、驚くほどの美貌ではないし、ガイド

さんなんて・・・


今日の講師は、桃源郷雲仙ガイドツーリズム代表の田浦元氏。ガイドとしての、理念、心

構え、よく分かるお話で、雲仙のこともよくご存じで(勿論雲仙生まれの方です)、もし雲

仙に行かれる方、漫然と歩き回るのではなく、ガイドさんを頼まれた方が楽しいですよ。

Cimg0195

雲仙は、小学校の時、修学旅行でやって来たとき、泊まったことがありますが、あの時代

長崎市内の小学校の修学旅行は、ほとんど小浜、雲仙方面だったと思います。


いま、景気の冷え込み等々もあって、お客さんは減少の一途みたいですが、何とかしよう

と、ガイドさん達頑張っています。

Cimg0198

紅葉が綺麗でした。昔はこの柵がなく、中に入って、硫黄を取って持って帰って、火をつけ

て遊んだものでしたが・・・・

Cimg0207

「阿鼻叫喚地獄」です。今、雲仙の中で一番噴煙が上がっているところだそうです。雲仙の

源泉は段々場所が移っており、今の場所も、何百年か後には移動するかも知れません。

Cimg0200

これは、地元の方ならではの話で、昔は源泉からお湯を引くのに、松(杉だったかな?)を

くりぬいて、使っていたそうですが、その名残で、道の側にありました。中の方は、今は詰

めてあるそうですが。

Cimg0209

三途の川です。もちろん渡ってきましたが、天国には行けそうもないですね。美空ひばりさ

んが、病気療養で来られたときも、ここを渡ったというお話で、面白い話でしたが、この話

は、雲仙に来られたときガイドさんに、お聞き下さい。


ところが、参加者の若い方が、美空ひばりさんとか、「君の名は」を知らないい方がおら

れ、世代のギャップを感じました。


雨が降りそうな日でしたが、紅葉は楽しめたし、話は楽しめたし、有意義な一日でした。


もう一つ、近ごろ温泉卵売りの人が少ないと思っていたら、国立公園内では、法律で、販

売が出来ないとか。国立公園に指定されたとき、その時点で、温泉卵を売っている方、一

代のみに販売が許されたそうですが、だんだん死去され、今は、ほとんどいないと言うこと

でした。はやり、地元の方の話ならではですね。


たまには真面目に勉強するのも良いもんですね。真面目に勉強したご褒美に、ポチを。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 


2012年11月 9日 (金)

タマネギ植え付け始まりました&その他~長崎県雲仙市千々石町

Pb020330

少し膝の具合が良くなったので、ぶらりと歩いていたら、あちらこちら黒マルチをかけてい

ました。こちらは、夫婦仲良く、農作業、うらやましいですね

早くも、タマネギを植えている所も。

Pb090486_2

多分、近所の方を雇って植えているのでしょうが、全部手植えです。何万本あるのか、い

つ見ても、気が遠くなるような作業で、これを見ていると、農家の老人の方の腰が曲がって

いる理由が、よく分かります。右の車輪のようなもの、先が釘みたいに尖っていて、マル

チに、タマネギを植える穴を開けていきます。

Pb020334

こちらが、タマネギの苗ですが、これを掘り起こして、一本ずつ分けて、先ほどのように、

植えて行きます。

Pb090492 Pb090522

左が多分白菜でしょう。こちらも、全部手で植えたもの。右は、ハウスのビニールの外から

写したので分かりにくいですが、ミニトマト。

Pb020333 Pb090528

左がイチゴ。寒さに向かって、ハウスのビニールを貼っている途中でした。右が、立派にな

ったキャベツ。プロとはいえ、お見事というほどの並び方。

Pb090525

これ、お分かりになる方?

花のスイトピー栽培です。普通、スイトピーは、すんなり伸びていませんが、花屋さんで見

ると、まっすぐ伸びているスイトピーが売ってあると思います。


写真、よく見ると、洗濯ばさみが、ずらりと並んでいるのが分かると思います。花の茎をこ

れではさんで、まっすぐに伸ばしていきます。もちろん、これも全部手作業です。もう少しす

ると、花芽が上がってきます。


農村風景というと、のどかな感じがしますが、見ていると重労働ですね。野菜は残さないよ

うに食べましょう。


さて、私もタマネギをボチボチと思って、園芸店に行ったのですが、晩生のタマネギの苗は

まだ出ていませんでした。多分11月の下旬あたりからでしょう。予約をしていないと、入手

出来ないと言うことでした。


昨年は12月に植えています。昨年も書きましたが、晩生のタマネギは、マルチをするなと

言われたので、言われた通りにしたら、立派なタマネギが育って、6月に収穫をし、あと少

し残っているところです。


園芸家の皆さんも、タマネギの準備をポチポチと。ついでに、下のバナーをポチね。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 


2012年11月 8日 (木)

「里阿ん」墓碑~長崎県雲仙市南串山町

Dscn1688

実は、このキリシタン墓碑、何か紹介したような気がするのですが、どうも呆けて、はっきり

しません。読んだ方は、読んでないふりをして、読んでください。古い写真は、初めて出す

ものです。


この墓碑は、大正13年、内山芳郎氏が発見したそうですが、三基からの墓碑~一番上

と、左右(上の墓碑の長辺の方)を支えている石、これも墓碑だそうです~から成っている

そうです。


当時の南串山村の池崎の畑の中にあったのを、所有者の竹下義己氏が畑を売却したと

き、墓石だけを竹下氏裏庭の池のほとりに移し、三基を積み重ねたものだそうです。

Img_0009_2

「日本キリシタン墓碑総覧」にも、同様な写真が載っており、「竹下氏裏庭時代の墓碑群」

となっておりますので、竹下氏宅にあった時代のものでしょう。


昭和2年に長崎県文化財に指定され、昭和53年に現在地に移転されたそうです。

上の墓碑には、正面小口に「里阿ん」と刻んであります。

Dscn1681 Img_0009_3

右は、上の写真を拡大したもの。左は現在のものですが、「里阿ん」と読めると思います。


上の方の墓石、右側面には「慶長十一年」、左には「九月三日」と刻まれ、これは今も読

める状態です。


支石になっている墓碑の片方には、「里阿ん」とおなじ「慶長十一年」、もう一つには「慶長

十七年六月二十七日」、の文字が刻んであるそうですが、見た目よく分かりませんでした。

柵を乗り越えて、確認しようと思ったのですが、人目があったので止めました。

(写真・参考:「長崎県の文化財」昭和36年発行 「日本キリシタン墓碑総覧」 「説明版」

より)


痩せるために好きなケーキを止めて、三日目。ポチポチ食べたいこの頃です。ポチポチで

すよ。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 


2012年11月 7日 (水)

クラヴィコード~上地優步

Img_0016

このマンガ、「天正遺欧少年使節」を描いたもので、まだ、第1巻目です。

Img_0017

長崎新聞に、作者が少年使節のゆかりの地、雲仙市、南島原市、大村市を訪れたことが

載せてあり、本屋さんに置いてあったので、買ってきました。「comicスピカ」に連載中で、

第5話まで収録されています。第1巻は主に、「セミナリョ」の生活を描いています。


ところで、新聞に「上地優步(24)」と書いてありますが、犯罪者ならともかく、女性の年齢

を書いて良いんですかね。いつも、疑問に思っているところです。女性に年齢を聞くのさえ

失礼にあたるのに、公器たる新聞に書くのは失礼ではないのでは?私の知っているボラ

ンティアで活動している女性が、新聞に載ったとき、「年齢書かれちゃった!」と怒っていま

したが・・・・


閑話休題、天正少年遺欧使節といえば、伊東マンショ(大友宗麟の名代、後年、司祭に叙

階されるも長崎で死去。)、千々石ミゲル(後に棄教)、中浦ジュリアン(長崎で穴づりによっ

て殉教)、原マルティノ(後、司祭に叙階されるも、追放先のマカオで死去)。


他に、コンスタンチノ・ドラード、アグスチーノと呼ばれる二人の日本人少年。この少年につ

いては、この使節団を計画したヴァリアーノが、日本人のキリスト教教育のため、書籍を

日本で印刷することが必要だということで、派遣されたもの。なお、日本で最初の印刷がな

されたのが、南島原市加津佐町。この、最初の印刷に、この2名も従事しています。(日本

最初の金属活字本。日本初の西洋文学翻訳書。宗教上、日本初の聖人伝。(参考・「加

津佐郷土誌 加津佐史話」 林田第壹號著)


さて、「千々石ミゲル」が主人公とは、この作者、難しい人物に取り組みましたね。

Img_0012 Img_0013

Img_0014 Img_0015

「千々石ミゲル」、「天正遺欧使節」に関する本、まだ、あるのですが、手元にあるのが、こ

の4冊。「マルガリータ」は、松本清張賞を取った作品です。


実は、私の家からすぐそばに、釜蓋城跡があり、佐賀の龍造寺氏に倒された「千々石大

和守直員」が城主の所であり、その子が「千々石ミゲル」、と言うことで、一度は真面目に

勉強しようと集めた本で、まだ全部は読んでいませんが・・・


他に、高瀬弘一郎氏の、キリシタン時代に関する本もあり、読んでいくと、イエズス会内部

の問題、他の会派との問題、ポルトガル、スペイン、オランダとの関係など書いてあって

、興味深い問題があります。


千々石ミゲルの棄教に関しては、諸説あり、難しい問題を抱えていますが、時代の流れの

中で考える必要があると思うのですが・・・


さて、松田毅一氏はこの4名に関し、使節が国を出たのが十三歳のころ、「しかもかれら

が生まれ育ったのは、日本の僻地ともいうべき九州の片田舎であった。伊東マンショの郷

里である都於郡(とのこり・宮崎県)、千々石ミゲルの出身地は千々石(ちぢわ・長崎県)

といった地名は、同郷の方でなければ耳にしたこともないであろう。原マルチの出身地波

佐見(長崎県)はともかく、中浦ジュリアンの郷里中浦に至っては同じ長崎県人でも知る人

は稀で、西彼杵半島に西岸にあるその地は、いかにも寒村というにふさわしい。」


「そうしたことを考えれば・・・・雲煙万里の彼方なるヨーロッパ、しかもルネッサンスの華咲

くフィレンツやローマにまでたどり着いたということは、まさに奇異なことでもあり、破天荒の

壮挙と評する外はない。」と書いています。(松田毅一著 新装版天正遺欧使節・1991年

発行)


上地優步さん、「日本のキリシタンの歴史には暗いイメージがあったが、南蛮文化が根付

いていく華やかなものと知った。漫画を通し歴史い興味を持ってほしい。」(長崎新聞)と語

っていますが、この難しい問題、特に、千々石ミゲルをどのように描いていくか、楽しみで

すね。でも、伊東マンショは美少女みたいな描きかたで、何となくですね。表紙の右がマ

ンショです。


さて、ポチポチとウォーキングの時間です。ポチポチと歩いてきます。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



2012年11月 6日 (火)

健康づくりだ!

Pb060482

昨日からの続きになりますが、国立病院のお医者さんからも、「とにかく、体重を落としなさ

い。」と言われ、かかりつけのお医者さんからも、「すこし、痩せませんか?」と言われ、「脂

肪肝から、肝硬変、肝硬変から肝臓癌になりますよ。」と脅かされ、少しは痩せてみるか

と。


膝を痛めているので、今、流行のノルディックウォーキングが、膝の負担が少なくなると

いうことで、運動具屋さんへ。


以前、山登りをしていたときに、ステックを2本持っていたので、店の人と話をしていたら、

「それでも良いんじゃないですか。」と言うことで、何となく、商売っ気のない人でしたが、そ

れを使うことに。


写真の台のようなものは、NHKの「ためしてガッテン」でやって、一時売り切れになった、

「スローステップ運動」の台。3日坊主で物置に入れていた物を、引きずり出して、これは天

気が悪いとき、時間が無いとき用。でも、10分もやったら、きついですよ。


靴は、これも前から持っていた「MBT」という靴。「Masai Berefoot Technology」。アフリカの

マサイ族の歩き方から、ヒントを得たそうですが、この靴、踵がありません。踵が無いため

に、不安定になりますが、それを安定化させようと、「自己防御能力」を活性化させようとす

るものだそうですが、慣れないときは、ぐらぐらして歩きにくいのですが、慣れると、普通の

靴より、自然に歩ける感じ。これも、靴箱から引っ張り出して。


これに、この間、紹介したラジオ体操。朝と昼と寝る前にちゃんとやっています。


さて、ノルディックウォーキングをやろうと思ったのですが、何せ田舎のこと。二本のスティ

ックを使って歩くと、何か恥ずかしい感じ。どこかないかと思ったら、ご近所に、城山グラウ

ンドが。


ここは、橘神社の裏、昔、釜蓋城があったところを、一部グラウンドにしたところで、中学校

の野球部が使うだけで、昼はがら空き。

Pb060476

行ってみたら案の定。先ほど歩いてきたところです。さあ、頑張るぞ。


今から、ラジオ体操のお時間。1,2,3,4、ポチ、ポチ、ポチ。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




2012年11月 5日 (月)

やって来ました、国立大村病院・肝臓検査~長崎県大村市

Pb020327

やはり、「国立」というと立派な建物ですね。中へ入って、迷子になってウロウロしました

が。


国立病院というと、ここしかありませんから、国立病院、国立病院と言っていたのですが、

旧名称が「国立病院長崎医療センター」、現在の正式名称は「独立行政法人 国立病院機

構 長崎医療センター」、分かったような、分からないような。


ドクターヘリも備えて、千々石にも何回か飛んできて、急患を運んだこともあります。かっこ

いいので写真を撮ろうとしたら、お留守でした

Pb020328

さて、先日から書いたように、肝臓の検査値が高いので、かかりつけの病院で、2~3回調

べても、検査値が下がらず、こちらの病院を紹介して頂いて、やって来ました。


予約時間は取ってありますが、どうせ、待ち時間が長いだろうと、本を持って行って読み始

めたら、予約時間通りに呼ばれ、問診が終わり、検尿、血液検査、エコーの検査。エコーの

検査技師の方は若い女性の方で、ポンポンだして検査されるのは少し恥ずかしかった

血液検査は5本も取られ、血には弱い私。見ているだけで、具合が悪くなって・・・


検査結果が出るまで、時間がかかるということで、今度はゆっくりと読書タイム。


再び、お医者さんに呼ばれて、結果を見てビックリ。7月5日の検査では、ASTの値が46

、今日は82、上限値が33。ALTにいたっては、102から184、上限値が42。ALTは上限

値の5倍弱ですよ。どんどん上がってるではありませんか。


説明では、立派な脂肪肝。要するにフォアグラ状態。フォアグラを食べたこともない私が、

フォアグラになるなんて・・・・


検査値が高いのは、脂肪肝が原因になることがあるが、非アルコール性脂肪性肝疾患の

恐れもあるとか。検査詳細情報にはしっかりと「肝障害」と書いてありました。


とにかく、食事の注意と、経過観察ということで、12月3日再検査です。場合によっては、

ポンポンの脇から、鍼を入れ、肝臓の一部を取るための検査入院もあるとか。麻酔は打っ

てくれるそうですが・・・でも、この病院調べてみると、政策医療ネットワークにおける(なん

のこっちゃ?)肝疾患の高度専門医療施設だとか。何となく、安心。

Img_0011

ちゃんと、パンフレットも貰ってきました。


帰りがけ、どこか旨いものでも食っていこうかと、タウン誌を調べてきたのですが、元気もな

く、病院の10階のレストランで、皿うどんでも。大村湾を望み、風景はは良く、楽しいはず

の昼食ですが、ガックリきて、味も何もしませんでした。

Pb020320 Pb020323

皆さんも、食事、アルコール、煙草、女(は関係ないか)には注意しましょう。特に、歳を取っ

てからは。


思い出しましたが、誰だったか、言ってましたね。「酒も女も二合(号)ぐらいが良いんだ

よ。」(言ったのは、絶体、私ではありません。酒はともかく、女性にはもてませんから。)


煙草を止め、酒を止め、パチンコを止め、女には関係なく、大好きなケーキも止め。ああ、

侘びしき我が人生。慰めのポチを。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




2012年11月 4日 (日)

2012 「岳棚田収穫感謝祭」~この一曲★「棚田へ行こう」・・・長崎県雲仙市千々石町岳地区

Pb040391

今日は、日本棚田百選の地、千々石町岳地区で「岳地区棚田感謝祭」が開催されました。


上の写真は、この地区の「千々石第二小学校」の子どもたちが、田んぼを借りて作った、

餅米です。精米は「水車」で。


今日のオープニングは、「棚田へ行こう」。「第12回全国棚田サミット」で、坂本棚田の酒谷

小学校の児童でつくった「シングアウトキッズ」が作った曲だそうですが、「棚田サミット」の

テーマソングだそうです。人数は少ないながらも一所懸命、歌ってくれました。


晴れた日は 棚田へ行こう

じいちゃんの 軽トラ乗って

おかあさん後から来てね

おばあちゃんの おにぎり待っているよ・・・・


良い歌でした。YouTubeでも聞かれますから、聴いて見てください。

Pb040414 Pb040404

その後、みんなで売り込んで、すぐに完売。

私も、買いましたが、カミサンの親戚から、毎年、お歳暮代わりに、餅米貰うもんですから、

少し怒られました。

Pb040460

こちらが、大人が作った、棚田米。結構、買っていく方も多く。うちも前から、一年分頼んで

いるので、もうすぐ着く予定で楽しみです。


地元の方。農協守山(吾妻町守山地区)女性部加工組合の、売り出し中の、雲仙こぶ高

菜。手作り饅頭。買いたかったんですが、お医者さんに、脂肪肝と言われているので、我

慢の子でした。

Pb040407_2 Pb040412

「川島学園」の生徒さん。岳地区の米を使った製品を研究しています。本日は、米粉を使っ

た「米粉ラスク」と「米粉クッキー」。地元の新鮮な野菜。

Pb040418_2 Pb040458

中学校の吹奏楽部。3年生が受験のため退部したので、1、2年生。9名でしたが、アンコ

ールがかかる熱演。

Pb040421_2

昨年は、朝から雨が降り、ずぶ濡れで踊っていたのですが、「ヨサコイ踊り」。

Pb040424_3 Pb040427

Pb040443 Pb040456

「ヨサコイ踊り」の着ている、Tシャツ(女性の方)が面白かったので。

Pb040450_2

「足も上がらん 手ものびん 腹も出とるし 目も回る ステップふみえん 飲んだくれ

ばんってん おい達踊りたか」。ちょっと、お肉がつきすぎの女性の方でしたが、足の方は

しかっりしていました。


このほか、抽選会、スポーツ推進委員会による長崎国体のがんばらんば体操、キーボード

演奏、ヤマメのつかみ取り。私は用事で午前中で会場を後にしましたが、昼からは、雨が

降ってきて、どうしているか、心配な半日でした。

Pb040448

この会場、現在は「下岳公民館」ですが、以前は分校でした。千々石第二小学校も、児童

が減ってきていますが、この棚田、後継者を育てていって欲しいものです。


田舎の小さなイベントですが、地域の人が一丸になった、楽しい物でした。来年は、是非

お越し下さい。米は美味しいですよ。グルメの私が太鼓判を押します。


昔の、米の炊き方の火加減。「始めちょろちょろ、なかパッパ、じわじわ時(どき)に火をひ

いて、赤子泣いても、蓋とるな。」 炊きあがるまでにポチして待ちましょう。  

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



2012年11月 3日 (土)

2012 三十路苑情報(11月3日)~長崎県雲仙市小浜町

Pb030380

このブログに、何回か取り上げましたが、すっかり紅葉名所になった、三十路苑です。


10月中旬にも少し触れましたが、あの時は、まったくの青紅葉。ここ数日、寒さが厳しくなっ

たので、多少の期待を持って、見に行ったのですが、残念。

Pb030375

Pb030376

ご覧のとおり、まだ青紅葉。木によっては少しばかり、色気、ではなく色づいていましたが。


オーナーの方がおられたので、少し話をすると、今から、どれくらい寒くなるなるかによっ

て、はっきりは言えないが、多分、今月の25日前後1週間くらいが、見ごろだろうということ

でした。現在、あちらこちらから、問い合わせが多いそうです。


夕日がきれいに見えるように、オーナーの方が工事をやっていました。

Pb030383

この場所が、夕日が一番奇麗な所だとか、時間は4時半くらいになるそうです。他にも拡張

工事をやっていましたので、昨年より見ごたえがあるでしょう。


青紅葉を見て歩いていると、昔、若かったと思われる(当り前か )女性が、4~5名歩い

ていたので、「見ごろは25日くらいですよ。」と教えると、「青紅葉も良いですね。」との返

事。やはり年配の方、分かってらっしゃる。本当に青紅葉も、すがすがして良いもんです

ね。

Pb030386

つわも移植したみたいで、駐車場付近に奇麗に咲いていました。わが家にも、2、3本植え

ていますが、今が盛りで、この花も意外と目立っていいですね。


もみじの紅葉まで、もう少し。ポチポチと待ちましょう。  

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



2012年11月 2日 (金)

平成24年度 第42回 千々石町文化祭展示の部~長崎県雲仙市千々石町

Pb020352

11月2日(金)~11月4日(日)まで、千々石町文化祭の展示の部が開催。

暇があったので、ちょっと、のぞいて見ました。私も、数年前、セルフヌードを出そうと思って

いたら、断られましたが・・・


人口5000名程度の小さな町。全員アマチュアといっても、しっかり頑張った、作品ばかり

でした。個人で、サークルで、公民館講座で、小中学生、ディサービスで、幼稚園、保育園

で作ったものです。意外とたくさんの作品が集まっていました。集めるのも大変だったでし

ょうが・・・


全部、紹介できないので一部だけ、小さいのはクリックすると、少しは大きくなります。

まあ、可愛いお人形さん。

Pb020350

保育所の子どもの作品。板金屋さんが、板金で折って作った珍しい、鶴に亀に兜。

Pb020336 Pb020349

書道部グループは毎年出品していますが、腕は上達しています。パッチワークのサークル

作品。根気よく作ったあとがうかがえます。

Pb020353 Pb020354

小、中学生の習字ですが、良く見ると、習っている子と、そうでない子の違いが分かります

ね。でも、みんな、しっかり書いていました。

Pb020358 Pb020360

押し花の作品ですが、意外や意外、良くできていて、これなら、お金出して買っても良いな

という作品も。和室の各種手芸も、良くできていました。

Pb020356 Pb020361

下は、グッドアイディアもの。ディサービスの方の作品ですが、昭和20年ころの千々石の商

店街の様子です。映画館もあったのが分かります。お風呂屋さんに、木賃宿まで。今も、

営業している店、潰れてしまった店・・・・


多分、お年寄りの方が、ああでもない、こうでもないと思いだしながら描いたのでしょうが、

これ、小学校の授業なんかにも使うことができますね。今回の「はなまる」でしょう。

Pb020363

今、各町、文化祭が開かれていますが、時間があったらのぞいてみませんか?楽しい作

品や、意外とすごい作品も出ていますよ。


ポチポチ見に来てね。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



2012年11月 1日 (木)

長崎県立総合運動公園陸上競技場&ミニ眼鏡橋工事中~長崎県諫早市

Pb010243

諫早の図書館に寄ったついでに、諫早の総合運動公園と、ミニ眼鏡橋を久しぶりに、見て

きました。

いつもの所からの、写真ですが、外側はできてきたようです。前の競技場とは、雰囲気が

随分違ってますね。


こちらは芝生広場から見た風景。前より一回り大きい感じ。相変わらず、グラウンドゴルフ

の、お若い、ご老人達が、楽しそうに頑張っておられました。私も、ぼちぼち仲間入りか

な?

Pb010298

少し歩いてみると、紅葉が奇麗でした。公園の機関車も、相変わらず、力強いですね。

Pb010304 Pb010292

サブグランドは、長崎のプロサッカーチーム、「V.ファーレン」の皆さんが練習を。今年は

成績が良く、昇格できるかどうか期待されるところです。


今月の6日が、長崎県の高校駅伝大会なので、多分、諫早高校陸上部なのかな?

どちらも、頑張ってもらいたいものです。

Pb010278 Pb010281

ミニ眼鏡橋、工期が10月31日までになっていたので、出来上がっていたのか見に行った

ら、あと、一歩でした。

Pb010309

この、ミニ眼鏡橋のいきさつについては→こちらをクリック。

たぶん、下の方には、水を張って池にするのでしょうが、良い仕事してますね。

Pb010313

写真では、少し分かりにくいのですが、赤の矢印の所に、眼鏡橋が見えます。良い風景で

すよ。もう少しすると完成でしょうから、是非ご覧ください。可愛いミニ眼鏡橋でした。


今日から、年賀状の売り出しだそうで、ポチポチ、準備しましょうか。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ