« 和牛の祭典・島原会場(全国和牛能力共進会)★牛はどこだ~島原市・島原復興アリーナ | トップページ | この一曲~思い出のグリーン・グラス »

2012年10月27日 (土)

伊能忠敬地図展・島原測量200周年★雲仙岳災害記念館~島原市

Pa260127

昨日は、「和牛のj祭典・島原会場」の事を書きましたが、この会場が、島原復興アリーナ。

おもにスポーツがおこなわれる会場ですが、道を隔てた所に、雲仙災害記念館がありま

す。


雲仙災害の記録を風化させることなく、後世に残すため、その当時の記録が残してあり、

また、体験学習できる施設です。


その、施設で、伊能忠敬が島原測量をした200周年を記念し、「伊能忠敬地図展」が開催

されていました。


今年だったか、佐賀市で伊能忠敬の地図展があり、体育館一杯地図をひろげた展覧会

で、うらやまし思いをし、やはり、長崎まで来ないのは後進発展途上県なのかと悔しい思

いをしていていたのですが・・・今回、この「伊能忠敬地図展」が開かれるということで、やっ

た、と思ったのですが、残念ながら、ミニ展でした。


伊能忠敬については、「四千万の男~井上ひさし」ということで、書いたこともありました

が、「和牛の祭典」の近くの会場。一石二鳥ということで・・・・

Pa260094

レプリカだそうですが、方位盤、像限儀、わんからしん。


これが「わんからしん」だそうですが、立てても水平が保たれ、360°の目盛りと、十二支

の方角を示す目盛りが刻まれています。確か、井上ひさしさんの小説にも出てきます。

Pa260096

あの時代に、こんな道具で、あのような正確な地図が作れたと、伊能忠敬の天才性と努力

に関心しました。


さて、伊能忠敬の地図で、二つ確認したかったことが。


ひとつは、千々石町内の道が一部つかめない部分があること(私的に)。

もうひとつは、潜伏キリシタン関係で「コリャード徴収文書」というのがあるのですが、この

中に、「千々石村 大津留 キリシタン書付」と言うのがあり、7名の名前が書いてあるの

ですが、この「大津留」という地名が小字名を調べてもなく、郷土史家の方に尋ねても、ま

ったく分からず、ひょっとしたら、忠敬の地図に記載されていないか、淡い期待を持ってみ

たのですが、予定どおり、大字までは書いてありましたが、小字までは書いて無く、残念で

した。

第一の問題もはっきりしませんでした。こちらは別口の地図があるので、確認だけでよか

ったのですが・・・

Pa260125

しかし、まあ、あの時代にこれだけ正確な地図がかけたものだと、頭が下がりました。実

際のものを見て、新たに感動をした一日でした。


スマートフォンでも、地図が利用できて、良い時代になりました。明日もスマートフォンを見

ながら、どこかへポチポチと。ポチポチね。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 


« 和牛の祭典・島原会場(全国和牛能力共進会)★牛はどこだ~島原市・島原復興アリーナ | トップページ | この一曲~思い出のグリーン・グラス »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/55983627

この記事へのトラックバック一覧です: 伊能忠敬地図展・島原測量200周年★雲仙岳災害記念館~島原市:

« 和牛の祭典・島原会場(全国和牛能力共進会)★牛はどこだ~島原市・島原復興アリーナ | トップページ | この一曲~思い出のグリーン・グラス »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ