« この一曲~美しき天然&さよならトコロテン | トップページ | 西郷(にしごう)の板碑~長崎県諫早市 »

2012年10月 1日 (月)

宿神(しゅくじん)★夢枕獏~困ったもんだよ、この男!

Img

ファンだから、買いましたが、困ったもんです。


以前に「新餓狼伝巻ノ二~やっと出ました」にも書きましたが、「餓狼伝」も「東天の獅子」

も「キマイラ」も完結していないんですよ。それで、これを新聞連載してたなんて。


この間も書いたとおり、「餓狼伝」から「新・餓狼伝」変わりましたが、「餓狼伝」第一巻が

出たのが、1985年、要するに「昭和」の時代、昭和60年。今は平成24年。ず~と読み

続けていますが、「俺の青春を返せよ!」って言いたい気分。


「東天の獅子」にいたっては、第四巻の最後の方で、やっと、主人公の「コンデ・コマ」こと

「前田栄世(後、光世に改名)」が登場。但し、まだ少年として。これでは、いつ終わるのや

ら・・・


夢枕獏曰く「今現在全部で十四本の小説連載を抱えている(2008年現在)」、下手した

ら、作者の寿命で十四本の未完の小説が残るかも。


まあ、「作者といえば親も同然。読者と言えば子も同然」と言う言葉もあるじゃないですか。

(あったかなhappy01)。作者が死んでしまえば、読者は孤児も同然。どうしてくれるんですか?


さて、この「宿神」、朝日新聞に連載されていたものらしいですが、うちは地方新聞しか取

ってないので、知りませんでした。「平清盛」と「佐藤義清(後に出家して西行)」が、親友

であったという設定。


え!平清盛と西行が親友????しかし、小説に書かれているように、両人とも「北面の

武士」。まあ、あり得ないことでしょうが、そこは小説。夢枕獏さんでなくては想像できない

ことでしょう。NHKTVの「平清盛」と重ね合わせて読めば、なお面白い。第三巻と第四巻は

11月発売だそうですが、これは、完結しているみたいですから安心。


作者はいつも後書きで書いています。「・・・本編を読み返して見たのだが、いやいや、本

当におもしろい」、いつも、自作を褒めるのが夢枕獏の口癖。


面白いと言えば、「神々の山領(いただき)」。これ、山岳小説としては最高の小説に属す

るでしょう。


なにせ、「そこに山があるからだ」の名言で有名な、マロリーの写真機(エベレストで遭難。

数十年後、遺骸は見つかったが、カメラは行方不明。これは、史実。)と、日本人カメラマ

ンが巡り会うところから始まり、マロリーがエベレストへ登頂したかの謎。山岳登山の醍醐

味。


「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」、楊貴妃も出てきたりして、伝奇小説として読み応えがあ

ります。


とにかく、夢枕獏は面白い。ただ、ちゃんと最後まで書いてくれると。これ以上連載は増や

さないように祈ってます。本当に困った男です。


今日は夢枕獏に、ちょっと腹がたっているので、文章がめちゃくちゃ。(いつもかdespair


ポチしてなぐさめてね。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



« この一曲~美しき天然&さよならトコロテン | トップページ | 西郷(にしごう)の板碑~長崎県諫早市 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/55792134

この記事へのトラックバック一覧です: 宿神(しゅくじん)★夢枕獏~困ったもんだよ、この男!:

« この一曲~美しき天然&さよならトコロテン | トップページ | 西郷(にしごう)の板碑~長崎県諫早市 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ