« 雲仙鉄道 その12~古写真で見る愛野駅・千々石駅 | トップページ | この一曲~マジカル・ミステリー・ツアー★ビートルズ »

2012年10月 6日 (土)

雲仙まで~古写真に見る

3

            (小浜町80周年記念誌より)

鉄道、バスができるまでには、小浜、雲仙に来るには、長崎の茂木港から船で来るか、

陸路、日見峠~矢上~有喜~愛津(愛野)~千々石~小浜、もしくは、諫早まで汽車。そ

れから、徒歩、人力車、馬車で来ていたそうです。

Photo

  (長崎県衛生公害研究所報 雲仙・小浜温泉誌 平成元年より)

茂木港からの汽船ですが、こうしてみると、思ったより大きな船です。乗客は多かったので

しょう。毎日2時に出港、江の浦、有喜、唐比、千々石を経由し、午後6時に小浜へ着いた

そうです。


さて、小浜へ着いたら雲仙まで行くのに(小浜で湯治で済ませる人もいたでしょうが)、一

番上の写真、チャーカゴ(チェアー)、これは四人で担ぐもの、下の写真、二人担ぐ籠、

馬、徒歩で雲仙まで登っていました。

ただ、多分いまの国道ではなく、、山道もあったと思いますが、大変な事だったでしょう。

Photo_2

 (長崎県衛生公害研究所報 雲仙・小浜温泉誌 平成元年発行 より)

明治42年の温泉(うんぜん)小浜案内記(平凡社:日本百選と土産品・名山・名湯 昭和5

5年)では、チャーカゴが3円、籠は1円50だったそうです。

Photo_4

 (長崎県衛生公害研究所報 雲仙・小浜温泉誌 平成元年発行 より)

こんな大名行列みたいな、一行もあったそうです。先頭の人力車に乗っているのは、西洋

人だそうです。よほどの大金持ちさんでしょう。

4

           (小浜町80周年記念誌より)

雲仙への道路の整備、車の発達で、車が利用されますが、上の車の列は、昭和7年頃の

写真ですが、ゴルフ場へ向かうタクシーだそうです。雲仙のゴルフ場は大正2年に開設し

ています。雲仙には、外国人が多数、避暑に訪れていたといいます。


なお、「長崎県衛生公害研究所(現・環境保健研究センター?)」の報告書等はネットで公

開されていますので、興味ある方はご覧下さい。

(参考・文引用:「小浜町80周年記念誌」「長崎県衛生公害研究所:雲仙・温泉誌」



温泉でゆっくりとポチしましょう。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 


« 雲仙鉄道 その12~古写真で見る愛野駅・千々石駅 | トップページ | この一曲~マジカル・ミステリー・ツアー★ビートルズ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/55827044

この記事へのトラックバック一覧です: 雲仙まで~古写真に見る:

« 雲仙鉄道 その12~古写真で見る愛野駅・千々石駅 | トップページ | この一曲~マジカル・ミステリー・ツアー★ビートルズ »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ