« 十王供養塔~諫早市小野町馬場谷 | トップページ | この一曲★鳥の歌・カザルス~プレミアロビーコンサート:雲仙市国見町「まほろば」にて »

2012年9月22日 (土)

小野の六地蔵石幢(せきどう)群~長崎県諫早市小野&お昼ご飯は「えんげ坂」さんで(諫早市内)

Photo

石幢(せきどう)とは、製造物の一。六角または八角の柱状幢身と龕(がん)部・笠・宝珠な

どより成る(三省堂・大辞林)。だそうで、本地域のものは「佐賀型六地蔵」といわれるそう

です。


普通6体の地蔵が並んでいるのも見かけますが、この形は、佐賀、福岡、熊本に分布し

ているそうです。この地蔵は天文年間の銘を持つ、県下でも古いものだそうです。


残念ながら、顔が削られていますが、明治の神仏分離令による、行き過ぎた、廃仏毀釈

によるものでしょう。

4 2

3 P9210428

上の左の写真の四角いところが、六地蔵です。なお、ここは、昨日書いた「十王供養塔」

をはじめ、興味ある石造物があり、好きな方は、一日見ていても飽きないでしょう。


さて、もう一カ所は、ここから300メートルくらい離れた、天満神社内の若宮社にありま

す。

P9220576

手前の鳥居には「天満神社」と書いてあり、奥の唐風の鳥居には「天満宮」と書いてありま

した。この、奥の鳥居をくぐり、右手の方に、「若宮社」があり、4基の六地蔵があります。

P9210438

真ん中の、仏像の左右に2基づつ祀ってありました。

P9220579

P9220581

なお、上の写真の左から2番目。九州でも珍しく、上竿石に金剛界の四方仏を陽刻し、そ

の下に梵字が刻んであります。建立者は、「悦岩宗喜」「藤原信尚」等、西郷氏一門だと思

われるそうです。


これも、残念ながら顔が削られてありました。石造物に興味がある方は、一度は見に行っ

た方が良い所の一つでしょう。  (参考:各説明版・山口八郎著「諫早を歩く」)

P9220582 P9220583


今日のお昼ご飯:

また、カミサンが行方不明で、帰りがけ図書館によって、諫早公園近くの「えげん坂」さん

でお昼ご飯。

P9220597 P9220593

「えげん坂ランチ」、チキンのトマトクリーム煮。これに、食後の軽いケーキがつきます。こ

れで、1000円以下です。お味?お客さんが多いので、それだけで分かるでしょう。

薬を出していると、「普通のお水をお持ちしましょうか?」と、気配りも心良いものでした。


この前まで暑いと思っていたら、あっという間に朝夕は寒いほどになりました。季節の変わ

り目は、体に変調をきたすことがあるそうです。ポチして体に、ご注意を。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



« 十王供養塔~諫早市小野町馬場谷 | トップページ | この一曲★鳥の歌・カザルス~プレミアロビーコンサート:雲仙市国見町「まほろば」にて »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/55719636

この記事へのトラックバック一覧です: 小野の六地蔵石幢(せきどう)群~長崎県諫早市小野&お昼ご飯は「えんげ坂」さんで(諫早市内):

« 十王供養塔~諫早市小野町馬場谷 | トップページ | この一曲★鳥の歌・カザルス~プレミアロビーコンサート:雲仙市国見町「まほろば」にて »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ