« 工事状況★ミニ眼鏡橋・県立総合運動公園&「ベジーテ」さんでお昼ごはん~長崎県諫早市 | トップページ | 小野の六地蔵石幢(せきどう)群~長崎県諫早市小野&お昼ご飯は「えんげ坂」さんで(諫早市内) »

2012年9月21日 (金)

十王供養塔~諫早市小野町馬場谷

P9210428

実は、諫早の三大名勝「富川渓谷」「長田の御手水観音」は、この間からブログに書いた

ので、あとは「小野の金比羅山」ということで、大体の感でいってみました。


山頂らしきところまでいったのですが、ここには、お社、神社等があるはずなのですが、何

もなく、帰って調べたら、この少し先だということで、何事にも予習は必要ですね。最も、学

生時代から、予習はしたこともなかったもので。(復習も。)

帰りがけ、ウロウロしていたら、小野の郵便局あたりに、

P9210412_2

せっかくだから、寄ることに。

最初に近いところから。

P9210423

この近くには「性空寺(しょうくうじ)跡」といわれるところがあり、そこにあった石仏、供養塔

でしょう、まとめて祀られていました。真ん中の背の高いのが「六地蔵」です。


六地蔵については、明日書こうと思っていますが、下に並んだ石造物に、一番上の写真

のが置いてあって、どこかで見たなと思って調べたら、山口八郎著「諫早を歩く」に、のっ

ていました。「十王(じゅうおう)供養塔」と呼ばれるものだそうです。


以下「諫早を歩く」を要約してみると、十王とは、死後、生前に犯した罪の軽重を裁く十名

の裁判官のことで、良く知られるものに閻魔大王がいるそうです。


さて、この写真、よく見てください。「天秤」なのです。罪の重さを量っている図だそうです。


「性空禅寺」には、「栄守(えいしゅ)」という住職がいて、無常道を感じ、「十王堂」を建て、

「十王経」を人々に講釈しておられたそうです。


おりしも、その頃、諫早の「西郷紀」(西郷氏は伊佐早、後に諫早を支配していましたが、

天正15年に龍造寺に落とされます。)に、天正15年に「怪異の事」として書かれている

そうですが、年の初めに、不思議な異変が起こり、陰陽博士に占わせたところ、「・・・五ヶ

月後、五ヶ国の守護になるであろう。」といったのに対し、栄守は「・・・五ヵ月のあと、在所

を離れねばならなくなるだろう。」と占い、怒りをかって追放されますが、七月には龍造寺

家晴が諫早に入部。西郷氏は落ちのびていきます。


結局、栄守の占いが正しかったということで、この、十王供養塔は、栄守の形見ということ

ができるでしょう。単なる、石造物だと思っていたのですが、調べると歴史って意外と面白

いもんですね。  (参考・引用:山口八郎著「諫早をあるく」)


あなたもこの天秤で、罪の重さをポチと量ってみませんか?

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



« 工事状況★ミニ眼鏡橋・県立総合運動公園&「ベジーテ」さんでお昼ごはん~長崎県諫早市 | トップページ | 小野の六地蔵石幢(せきどう)群~長崎県諫早市小野&お昼ご飯は「えんげ坂」さんで(諫早市内) »

史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/55712090

この記事へのトラックバック一覧です: 十王供養塔~諫早市小野町馬場谷:

« 工事状況★ミニ眼鏡橋・県立総合運動公園&「ベジーテ」さんでお昼ごはん~長崎県諫早市 | トップページ | 小野の六地蔵石幢(せきどう)群~長崎県諫早市小野&お昼ご飯は「えんげ坂」さんで(諫早市内) »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ