« 「百花台遺跡」~47年ぶりの里帰り展~★雲仙市国見町雲仙市歴史資料館 | トップページ | この一曲~正信偈 »

2012年8月11日 (土)

大友宗麟のローマ字印章★実物印譜

2_2 

まあ、驚きましたね。


住んでいる島原半島は、ご存じのように、キリシタン遺物といわれるものが多く、説明され

ても何となく疑問がわくところがあり、あちらこちら資料を読んでいるのですが、

Photo

この本を読んでいるとき、一番上の写真ですが、57ページの所に、和紙に印が捺してあ

り、貼り付けてあるのですが、これが実際に大友宗麟が使用した「ローマ字印章」を捺して

あるのです。決して写真ではありません。実際に大友宗麟が使用した印章を捺したもので

す。


大友宗麟と言えば、説明するまでもなく、キリシタン大名として有名ですが、その大友宗麟

が実際に使った印章の印譜ですよ!拡大すると

2_3

この印章は、このような形をしているそうです。

3_2

この印章は大分の西寒田神社に秘蔵されているものだそうですが、著者によれば、「次の

ページに添付した印譜は、西寒田神社総代の許可を得て、一つ一つ押した実物印譜であ

る。かって約三百八十年前、キリシタン大名大友宗麟がみずから捺したこの印を、静かな

同神社の社務所の中で、私自身の手で捺したとき、私の手は、感激にこまかくふるえてい

た。」と書いてありますが、私もこれを見たとき、ビックリして半日間見とれておりました。


さて、この印、水牛の角だそうですが、印の上に三のように見えるのは「大友家歴代の家

紋で、易(えき)に用いる算木」だそうです。


下の方のRが崩れたように見える字は、「FとRとが組みあわせ(monogram)になっている」

そうで、右の方はそのまま「C」と「O」。「FRCO」で「FRANCISCO」を略したものだそうです。

大友宗麟は天正6年洗礼を受け、霊名フランシスコ(FRANCISCO)の名を得ています。


いや、本当に感動し、驚いた一日でした。

(参考・写真・文引用:竹村覚著 「キリシタン遺物の研究」)



ビックリのポチよ。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 





« 「百花台遺跡」~47年ぶりの里帰り展~★雲仙市国見町雲仙市歴史資料館 | トップページ | この一曲~正信偈 »

キリシタン関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/55400764

この記事へのトラックバック一覧です: 大友宗麟のローマ字印章★実物印譜:

« 「百花台遺跡」~47年ぶりの里帰り展~★雲仙市国見町雲仙市歴史資料館 | トップページ | この一曲~正信偈 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ