« 島原鉄道南目線廃線駅(1)~はじめに | トップページ | 島原鉄道南目線廃線駅(3)~瀬野深江駅・深江駅・布津新田駅・布津駅 »

2012年8月15日 (水)

島原鉄道南目線廃線駅(2)~秩父が浦駅・安徳駅

少しばかり説明を。

島原鉄道南目線は、「口之津鉄道」により、大正11年に島原湊駅(現南島原駅)~堂崎

間(南島原市有家町)が開業。大正15年に堂崎~南有馬(原城駅)、昭和3年に南有馬

~加津佐まで全線開業。昭和18年島原鉄道が口之津鉄道を合併しています。


「秩父が浦駅」です。島原外港駅から1.1km。いかにもローカル駅という感じ。

Photo_5

ホームには待合所が設置してありますが、基本的には他の駅もほとんど同じ作りです。

単線、ホームもひとつだけの無人駅。昔は下の写真の様に、駅の標記があったのです

が、ほとんど他の駅も撤去されていました。(下の駅は現在も運行の北目線の阿母崎駅)

P8020554_3

「秩父が浦駅」の待合所の先の方に黄色棒が少し見えますが、安全確認のためのミラー

が設置してあったのでしょう。撤去してありました。もちろん線路も全撤去です。


駅の側の道路に、線路の一部が残っていました。

Photo_7

鉄路の間がアスファルトで埋められていますが、どうも、線路があると一時停止をする習

慣があって、 線路跡の手前で一時停止をしてしまってから苦笑い。


写真を撮っていると、近くのおばさんが寄ってきて、少し話をしましたが、向こう側からこち

らに来るときは止まらなくても良いのですが、長年の習慣が残っているのでしょう、やはり

線路跡の所で一時停止をするそうです。


「安徳駅」です。「秩父が浦駅」から1.1km。大正11年に「安中村駅」として開業、昭和35年

に「安徳駅」に改称したそうです。

Photo_8

「安徳駅」は高架の上にあります。もちろん立入禁止になっていました。

普賢岳の火砕流で平成5年に営業休止、平成9年に100mばかり移動して、高架駅になっ

て再開。

Photo_9

四角いところに、「安徳駅 ANTOK ST」の看板が。左か鉄橋になっており、国道の鉄橋と

平行に走っています。国道からよく見えます。


次回は、「瀬野深江駅」からです。加津佐まで、あと18駅です。


お盆も今日まで、長崎では派手に「精霊流し」。田舎は静かなものです。長崎育ちなもので

この時期になると血が騒ぎます。ポチね。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




« 島原鉄道南目線廃線駅(1)~はじめに | トップページ | 島原鉄道南目線廃線駅(3)~瀬野深江駅・深江駅・布津新田駅・布津駅 »

島原鉄道南目線廃線駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/55430301

この記事へのトラックバック一覧です: 島原鉄道南目線廃線駅(2)~秩父が浦駅・安徳駅:

« 島原鉄道南目線廃線駅(1)~はじめに | トップページ | 島原鉄道南目線廃線駅(3)~瀬野深江駅・深江駅・布津新田駅・布津駅 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ