« 2012 はだしで遊ぼう雲仙~長崎県雲仙市雲仙 | トップページ | 島原鉄道南目線廃線駅(6)~東大屋駅・口之津駅・白浜海水浴場前駅 »

2012年8月23日 (木)

ペコロスの母に会いに行く~岡野雄一

Photo_2

今日は半日、この本のおかげで笑ったり、泣いたり、というか、泣いたり、笑ったりという

か。


内容は、表紙を見ていただければ分かると思いますが、認知症の母と息子さんの物語で

す。「ペコロス」とは、作者のペンネームだそうで、小タマネギだということだそうです。


作者は、長崎の方で、長崎弁満載ですが、ほかんとこの(他のところの)人にも、十分わか

っと(分かる)思います。


お父さんは若いとき酒乱で、苦労したそうですが、ボケが始まって、死んだお父さんの幻

想が見えるようになった来たそうですが

  2_21_2 

この、幻になって現れるお父さんも、他の登場人物も、ペコロスさんの絵のおかげで、心

温かくなります。


坪内稔典さんの俳句に

「せりなずなごぎょうはこべら母縮む」

「ほとけのざすずなすずしろ父ちびる」


という句があり、数年前に読んだのですが、私事ですが、母は本当に、あっという間に縮

んでしまいしました。父もこの一ト月、入院で、まったく、父ちびるの状態になってしまいまし

た。


父はビルマ戦線へ行き、20㎏くらいの荷物を背負って、毎日20㎞ばかり行軍したそうで

すが、その父があの状態になるとは、考えもしませんでした。まあ、89歳と、88歳ですか

ら無理もないのでしょうが・・・・


まだまだ、お父さん、お母さんが元気だと思っている方も、老いていくのはあっという間。と

いうより、自分自身が老いるのも、あっという間。私もこの歳になるとは思いませんでした。

何年かしたら、ちびるようになるのでしょうが。


皆さんの回りも、あの人がボケてしまうなんて、ということがあると思います。ボケについ

て、また、ペコロスさんとお母さんの小さいときの話などもでてきて、人と人との繋がり、家

族の事にも考えさせられました。


全国民の方に読んで欲しい本の一冊です。


うちのカミサンとも、もう少し仲良くしようかな。ポチしてね。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




« 2012 はだしで遊ぼう雲仙~長崎県雲仙市雲仙 | トップページ | 島原鉄道南目線廃線駅(6)~東大屋駅・口之津駅・白浜海水浴場前駅 »

家庭生活」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/55491314

この記事へのトラックバック一覧です: ペコロスの母に会いに行く~岡野雄一:

« 2012 はだしで遊ぼう雲仙~長崎県雲仙市雲仙 | トップページ | 島原鉄道南目線廃線駅(6)~東大屋駅・口之津駅・白浜海水浴場前駅 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ