« この一曲~正信偈 | トップページ | 島原鉄道南目線廃線駅(1)~はじめに »

2012年8月13日 (月)

おそうざいのヒント365日~朝日新聞社

Photo

暑い日が続くなか、毎日3食作っていただいているカミサンには感謝しているところです。

この間、料理しているとき、ちょっとある事で文句をいったら「飯作りは、自分でせんね!

(自分でしたらどうか)」と怒られましたが、顔見ると汗びっしょり。本当に夏の料理は大変

ですね。


私も料理は嫌いな方でなく、独身時代は時間が取れるとき、ほとんど自分でやっていたも

のです。結婚してからも、結構料理はしており、NHKの「今日の料理」は毎月定期購読をし

ております(今も)。


娘が小さいとき、友達が遊びにきており、晩飯を作っていたら、皆こちらを見て、小さい声

で「なっちゃんのお父さんって、料理するの」というのが聞こえましたが、はやり田舎では、

まだまだ夫たるもの、料理はしないものなのでしょう。


私の義理の兄も、まったく料理を作ったこともなく、「料理をするなら、腹んへったとば、我

慢するばい(料理をするぐらいなら、腹が減ったのを、我慢する方がましだ)」という具合。


さて、毎日の献立につては皆さん頭を痛める方が多いみたいですが、私が重宝したのが

上の本。

2

ご覧のとおり、写真も何もなく、1ページにその日の一品のみ、もちろん一品では足りない

ので、後は適当にパラパラとページをめくってもう一品。書き方は、簡潔かつツボを押さえ

てあります。


現在「30分で作る おそうざいのヒント」として、中身も改訂して出版されているようです。

皆さん方の、台所に置いておくと便利ですよ。

スマートフォーンで料理のアプリを入れていますが、こちらの方が良いみたい。

3

本格的に勉強したい方はこちら。

なにせ、「だし汁の取り方」「包丁の扱い方」「野菜の切り方」「ゆで方・もどし方・アク抜き」

「魚介類のしたごしらえ」等々。これに書いてあるレシピ通り作ると、ひと味違いますね。

一手間かけると、ひと味違ってきますから、是非お勉強を。


余談ですが、料理学校の先生と話をしていて「毎日、違う料理をよく教えられますね」と聞

いたら、さりげなく「五年先まで考えてます」。やはりプロは違いますね。


今日のおやつ:「雲仙ワッフル」

娘が盆休みで買ってきたやつ。長崎から雲仙に帰ってくるのに「雲仙ワッフル」買ってくる

とは、大物かボケか?まあ、自分が食べたかったからでしょうが、雲仙らしく「じゃがいも」

「いちご」「雲仙茶」味でした。皆さんも観光の時のお土産にどうぞ。

P8130302

ポチより、おいしい料理が大切だよ。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




« この一曲~正信偈 | トップページ | 島原鉄道南目線廃線駅(1)~はじめに »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/55415750

この記事へのトラックバック一覧です: おそうざいのヒント365日~朝日新聞社:

« この一曲~正信偈 | トップページ | 島原鉄道南目線廃線駅(1)~はじめに »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ