« 千々石ホテル~雲仙市千々石町 | トップページ | スマートフォン買い換え&ところてん屋さんオープン~雲仙市千々石町 »

2012年7月13日 (金)

役小角(えんのおづの・おづぬ・おつの)の像 ~雲仙市瑞穂町岩戸神社付近

Photo

瑞穂町の知人から、岩戸神社の付近に「役小角の像」があると言うことを聞き、梅雨の晴

れ間出かけて見ました。場所は黄色の所ですが、赤の四角の所が岩戸神社の入り口。矢

印の方向がキャンプ場になります。

P7120557

「役小角」は修験道(山伏、古くは山臥、山中に起臥して修行する事を第一とするという事

から「山臥」というらしいのですが)の祖師として仰がれており、鎌倉中期正嘉元年愚勧住

心らが編んだ「私聚百因縁集」に「役行者ノ事」について「山臥ノ行道尋源皆役行者ノ始テ

振舞シヨリ起レリ」と書いてあり、(役行者(えんのぎょうじゃ)は「役小角」の事です)、山伏

の源が役小角だったことが伺えます。


なお、「役小角」は架空の人物だったと思っていたのですが、実在の人物らしく、「続日本

紀」にも「役君小角流于伊豆島初小角住於葛木山・・・・・」と記述があり、途中、「讒以妖

惑」と書いてあり、伊豆島に讒言で流された事もあるそうです。ウィキペディアにも若干書

いてありますので興味ある方は参照して下さい。


さて、左が「役小角」の像、右には3体の仏像が置いてあり、

Photo_2

Photo_4

立派な石屋根の祠に入っています。右手は何かを握っているような感じですが、錫杖を持

っていたのでしょう。

Photo_5

この、足元。一本下駄を履いた足のリアルな表現。爪まできちんと彫りこんでいます。岩戸

神社へお参りに来たときにご覧下さい。見応えがありますよ。


「瑞穂町誌」によると、「水神様」として「田植後に部落総出で、岩戸さんに酒肴を持参して

祝った。」と書いてあり、ここの写真が載っていましたが、この右の3体の仏像も関係あるの

でしょう

Photo_6

後は岩の岩盤ですが、字が彫ってあり、この日は濡れていて良く読めませんでしたが、

「水波□(不明)神」「明治12(以下不明)」という感じでした。真ん中は十一面観音様でしょ

う。


清水がこんこんと湧いていて、夏向きの良いところですよ。水もきれいで、汲に来ている方

もいるような感じでした。なお、説明版がありましたから下に張っておきます。

(参考:修験道史研究~和歌森太郎著)

Photo_7

ポチしてね。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 







« 千々石ホテル~雲仙市千々石町 | トップページ | スマートフォン買い換え&ところてん屋さんオープン~雲仙市千々石町 »

信仰」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/55187284

この記事へのトラックバック一覧です: 役小角(えんのおづの・おづぬ・おつの)の像 ~雲仙市瑞穂町岩戸神社付近:

« 千々石ホテル~雲仙市千々石町 | トップページ | スマートフォン買い換え&ところてん屋さんオープン~雲仙市千々石町 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ