« 夫と妻~永六輔 | トップページ | 江の浦・熊野神社の天井絵と絵馬&「る・しえる」さんでお食事~諫早市飯盛町・平山町 »

2012年7月31日 (火)

古文書はこんなに面白い★油井宏子~さあ、勉強だ&私的お知らせ

Photo

いろいろ郷土史等調べていると、どうしてもぶち当たるのが古文書。

以前、勉強しようとし思い、何冊か本は買ったものの、何回も中途半端というより、挫折。


今回はなんとしてでもと思って、古文書入門の本をあせくって、探し出したのが上の本。

主人公は、宝暦五年(1755年)、十歳の寺子屋へ通うおでん(淺田傳)ちゃん。その、お

でんちゃんが使った「手本」の後にのっている、寺子屋の規則が材料。


「基本的な心構え」「早朝の学習」「読書は静かに」「復習が第一」「午後の学習」「清書は

入念に」「自宅学習」等々の心構えが書いてありますが、今の学校で注意していることと同

じですね。


でも、十歳の子供が勉強しているものと、あなどっては

Photo_3

これが原文で、クリックすると拡大します。


しかし、この本一行一行分かりやすい解説があり、最初の行

1_2_3

縦にすると、長くなるので、首を横に向けて読んでください。

「可相守絛々」返り点等は省きますが、「あいまもるべくじょうじょう」。要するに、「守らなけ

ればならない条文」のことだそうです。


さて、2行目の途中までが

1_3

「夫、手習稽古之道たる」「それ、てならいのけいこのみちたる」。「そもそも、手習いの道

を究めようとするからには」。「夫」「手習」までは何となく分かりますね。「稽古」少し難しい

ですが、まあ、なんとなく。「之」も慣れれば分かる字。「道」はそのまま。


さて、最後の「たる」これは、最後からの2文字目は「堂」の崩し字で「た」と読ませるそうで

すが、そんなの、ありかよと言う感じですね。最後の字は「留」の崩し字で「る」。


読んでいるとルール違反じゃないの、当て字なんか使うと今の学校では×貰うよ、というの

があちらこちらに。


でも、こんなの本当に十歳のおでんちゃんが読んでいたのですかね。恐るべし昔の子供た

ち。今の子供の学力では到底太刀打ちできないでしょう。


最初は、何が何だか分からなかったのですが、やっと十分の一くらいは読めるようになり

ましたが、分かりはじめると古文書もなかなか面白く、皆さんもいかがですか。この本、入

門書としてお薦めしますよ。


さて、私的なことですが、このブログで365回目を迎えました、最初は知人から「ブログな

んて簡単だよ」と言われ、まあ、はじめるなら365日間は、休まずに書いてみようかと思

い、国立病院で診察してもらっても不明の眼病になった2週間を除いては、毎日休まずブ

ログを書けたことは、読んでいただいている皆さんのおかげでだと感謝しています。


読み返してみて、はやり勉強が足りんな、と言うことを実感し、ブログを書く時間を少し勉

強の時間にあてたいと思いますので、今後、時々休む事もあると思いますが、「千々石に

もいた隠れキリシタン」とか「「肥前温泉災記」とか地域情報とか、調べている事もたくさん

あり、出来るだけ書いていきますので今後もご愛読を。


ただ、「平清盛」と「踊る!さんま御殿」が放映されるときは、ズル休みかなと言うところで、

ご勘弁のほどを。


久しぶりに諫早の競技場の近くを通りかかりましたが、大体の感じはできてきた見たいで

す。

P7310447

365回目。お祝いのチュじゃなく、ポチよ。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




« 夫と妻~永六輔 | トップページ | 江の浦・熊野神社の天井絵と絵馬&「る・しえる」さんでお食事~諫早市飯盛町・平山町 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/55322718

この記事へのトラックバック一覧です: 古文書はこんなに面白い★油井宏子~さあ、勉強だ&私的お知らせ:

« 夫と妻~永六輔 | トップページ | 江の浦・熊野神社の天井絵と絵馬&「る・しえる」さんでお食事~諫早市飯盛町・平山町 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ