« 千々石(ちぢわ)の地名について~長崎県雲仙市千々石町 | トップページ | この一曲~ウォーター・イズ・ワイド★メアリー・ブラック »

2012年7月 7日 (土)

釈迦苦行像~パキスタン・ガンダーラ美術展より

Photo

古い資料を片づけていたら「パキスタン・ガンダーラ美術展」に行ったおりの解説書が出て

きました。


この展覧会。1984年に東京、大阪、福岡で開催され、福岡では6月23日~7月15日に

開催されています。福岡まで見に行きましたが、これ見たときは、ビックリしました。84㎝

×53㎝の像で、そんなに大きな像ではないんですが、展覧会の中では異彩を放っていた

ことを覚えています。


腹部の部分ですが、なんとリアルな表現でしょう。

2_2

解説によれば「シダッルター太子は悟達を求めるため多くの遍歴の後、最後に苦行に入

る。6年間に及ぶ激しい断食修行をなしたと仏典は伝えている。」とあります。


ガンダーラ美術の特徴の一つはリアリズムにあるそうですが、極地にあるともいえる像で

あり、これが本当の釈迦の苦行を伝えるものでしょう。しかし、リアルなだけではなく釈迦

が持つ崇高さが分かると思います。


3~4世紀にガンダーラの工人が作ったそうですが、もちろん名前も分かっておりません。

「ラホール博物館」所蔵だそうですから、是非ご覧にお越し下さい。(と言っても気楽には行

けませんが)


さて、お釈迦様については

3

手塚治虫が書いており、手元にあったので読み返してみたら、釈迦の人生が如何に苦行

であったのかが分かります。もっとも作者は後書きで「この漫画の中で、重要な役割をする

シッダルタの周辺の人物は、ほとんどみんな架空のもので・・・」と書いていますが、手塚治

虫の物語は事実より真実に近いのでしょう。


なお、手塚治虫は修行の様子を

4

と描いており、これ、上の展覧会を見に行って参考にしたのかなと思っていたら、手塚さん

の作品は1972~1983年に描かれたもの。展覧会があった前の作品で、手塚治虫の想

像で描いたのでしょうが、さすが天才手塚治虫さん。


この作品、全8巻で気楽に読めとはいえませんが、一度は読んでみて人生に対して考えて

みるのも良いかもしれません。(参考:パキスタン・ガンダーラ美術展解説書)


お釈迦様にポチね。  

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




« 千々石(ちぢわ)の地名について~長崎県雲仙市千々石町 | トップページ | この一曲~ウォーター・イズ・ワイド★メアリー・ブラック »

信仰」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

25年ほど前、イギリスからの帰路、縁あってパキスタンに立ち寄った時、このラホール美術館に行って、実物を見ました。そのきっかけは、NHKの番組で紹介された、従来の仏陀イメージと違うこの像に私は強い印象を抱いていたからです。その像を実際目の前にした時は、感慨深いものがありました。想像していたよりも小ぶりの像でした。ちょうど横にいた見ず知らずの年配の日本人と「これがあの仏像ですね」みたいな言葉を交わした記憶があります。

コメントありがとうございました。
私もあの仏像を見たときは、従来持っていた釈迦のイメージと違い、衝撃をうけたものでした。
できれば、写真と実物は迫力が違うので、もう一度実物をみたいのですが・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/55142101

この記事へのトラックバック一覧です: 釈迦苦行像~パキスタン・ガンダーラ美術展より:

« 千々石(ちぢわ)の地名について~長崎県雲仙市千々石町 | トップページ | この一曲~ウォーター・イズ・ワイド★メアリー・ブラック »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ