« スマートフォン買い換え&ところてん屋さんオープン~雲仙市千々石町 | トップページ | やまめの里(千々石町)~長崎県雲仙市千々石町岳地区 »

2012年7月15日 (日)

この一曲~一本の鉛筆★美空ひばり

Dcf00121

先日、母から電話があり、「美空ひばり」がどうとか、「一本の鉛筆」がどうとか、とにかく喋

りかかったら、話があちらこちらにいって長電話。何しろ、4時間電話で喋っていたという人

ですから。


やっと「美空ひばり」が昔テレビで歌っていた「一本の鉛筆」の歌詞と、楽譜が無いかとのこ

と。ネットで探したらすぐ出てきましたが。最初聞いたときは、あまり良い曲だなとは思わな

かったのですが、段々聞いているうちに、じわっと好きになってきて。


調べてみると、この歌、第一回広島平和音楽祭のとき、美空ひばりが歌った曲だそうです

が、冷房付きの控え室でなく、8月の暑い中、ずっとステージの横にいて、「あの時、広島

の人はもっと暑かったのでしょう」とつぶやいたそうです。


第15回の音楽祭の時にも病身をおして来て歌ったそうですが、出番の時以外はベットに

横たわって点滴を受けていたそうです。翌年に逝去されました。美空ひばりさんも好きな曲

だったそうです。




一本の鉛筆


あなたに聞いてもらいたい あなたに読んでもらいたい

あなたに歌ってもらいたい あなたに信じてもらいたい

一本の鉛筆があれば 私はあなたへの愛を書く

一本の鉛筆があれば 戦争はいやだと 私は書く


あなたに愛を送りたい あなたに夢をおくりたい

あなたに春を送りたい あなたに世界をおくりたい

一枚のザラ紙があれば 私は子どもが欲しいと書く

一枚のザラ紙があれば あなたを返してと 私は書く


一本の鉛筆があれば 八月六日の朝と書く

一本の鉛筆があれば 人間の命と 私は書く

(松山善三 作詞 : 佐藤勝 作曲)



この歌、You Tubeでたくさんの方が歌われていますのでご覧下さい。この中で、鈴木君代

さんと言う、僧侶でシンガーの方が「八月六日の朝」の所を「八月六日と九日の朝」と歌っ

ていました。


九日と言えば長崎に原爆が落とされた日。広島平和音楽祭の歌なら六日だけで良いので

すが、九日と入れていただいたのは、祖父を原爆で亡くし、身近に被爆者の方を見て育っ

た私にとってはありがたいことでした。


長崎原爆の日」ということで昨年書きましたが、あれから一年。平和祈念像も2,3日前、

式典に備え綺麗に洗ったそうです。暑い夏がまた来ます。


よかったらポチを。  

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



« スマートフォン買い換え&ところてん屋さんオープン~雲仙市千々石町 | トップページ | やまめの里(千々石町)~長崎県雲仙市千々石町岳地区 »

この一曲」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/55201685

この記事へのトラックバック一覧です: この一曲~一本の鉛筆★美空ひばり:

« スマートフォン買い換え&ところてん屋さんオープン~雲仙市千々石町 | トップページ | やまめの里(千々石町)~長崎県雲仙市千々石町岳地区 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ