« 木津・弁天公園(富津)・小浜・鵜の穴~長崎県雲仙市小浜町 | トップページ | 鮎帰りの滝★涼を求めて~南島原市有家町 »

2012年7月26日 (木)

平家物語~猛暑の日にはマンガでいこう

Photo

とにかく、梅雨が明けたら猛暑の毎日。少しは古典でも読んでみようかなと思っているので

すが、この猛暑では、原書では読む気にもならず、訳文の文字を読んでも字が霞んでくる

し、本屋さんによったら、マンガの「平家物語」が。丁度、NHKで「平清盛」をやっていること

もあって買ってきました。


祇園精舎の鐘の音 諸行無常の響きあり 

沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす


ここら辺までは、高校の古典の時に習って覚えているのですが、どんな物語だったか?

確か日本史の時間でも、源平の争いについては習ったはずですが、まったく頭になく、習

った私が悪いのか、教えた先生が悪いのか。


この古典、源氏物語にしても、平家物語にしても人物の関係が、ごっちゃになって分かり

にくく

2

一日で読んでしまいましたが、たかがマンガと思わずに、これで興味を持って原典を読む

人も出てくるでしょう。とにかく、知らないより、知っていた方が良いということ。


誰もが挫折するプルーストの「失われたときを求めて」、ドフトエフスキーの「罪と罰」もマン

ガで読みましたが、それなりのツボは押さえて書いてあります。


昨日は、我が尊敬する、夢枕獏先生の「翁~秘帖・源氏物語」を読みましたが、主人公は

もちろん「光源氏」。


ところが、後書きで夢枕獏先生も、この「源氏物語」、何度か読み返して挫折したとか。出

版社から依頼され、引き受けたのは良いが、最後まで読んだことがない本。結局、「大和

和紀さんのお描きになった少女マンガ『あさきゆめみし』があることを、ぼくはころっと忘れ

ていたのである。」、と言うことで「こうして、ぼくは、マンガという現代語訳で、『源氏物語』

をなんとか最後まで読むことができたのである。」マンガも役に立ちますね。


猛暑の時の読書ははマンガでいきましょう。「あさきゆめみし」書店に行ったのですが、残

念、置いてありませんでした。わたしも「源氏物語」、入門書を読むだけで、最後まで読ん

だことがないもんで。


今日のおやつ:

夏はやっぱり、みんなの味方「白くま」くん。プラスいつものトコロテン店やさんのトコロテ

ン。カロリーが少なく、原材料が海草で食物繊維豊富。この、ツルッとした喉ごしがなんと

もたまりません。

P7260305_2

猛暑の時も忘れないでポチよ。

 にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ 




« 木津・弁天公園(富津)・小浜・鵜の穴~長崎県雲仙市小浜町 | トップページ | 鮎帰りの滝★涼を求めて~南島原市有家町 »

お菓子類」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/55285556

この記事へのトラックバック一覧です: 平家物語~猛暑の日にはマンガでいこう:

« 木津・弁天公園(富津)・小浜・鵜の穴~長崎県雲仙市小浜町 | トップページ | 鮎帰りの滝★涼を求めて~南島原市有家町 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ