« 田植え風景今昔~雲仙市千々石町 | トップページ | 日野江城跡階段遺構~南島原市北有馬町 »

2012年6月26日 (火)

チン釣り石~雲仙市千々石町

1

千々石川の中に、カッパが座った大きな石があります。場所は千々石の温泉神社のすぐ

横です。小浜町雲仙の「温泉神社」と関係があり、由緒ある神社です。

2

この石は「チン釣り石」といいます。「チン」といっても「チン○コ」とは関係ありません。標準

語で言えば「チヌ(黒鯛)釣り石」です。

3

チヌというと海の魚ですから、川で釣れるはずはないのですが、信じられないことですが、

昔はここらあたりまで海岸であったそうです。


郷土史家の方と話をしていたら、本来はこの石は「チン釣り石」ではなく、もっと大きな石が

この橋の所にあったそうです。この橋は昔は無かったそうですが、川の拡幅と橋を架けた

ため、その石は撤去してしまったそうです。その工事を請け負った会社の社長が、後年こ

の石の上にカッパの像と説明碑を設置したそうです。

4

昔は橋がなかったので、飛び石で川を渡っていたそうです。この川の上流に何カ所か見受

けられます。

P6260383


謂われについては、昔、四面宮(現温泉神社)が千々石に鎮座するにあたり、お祝いの魚

をこの辺で釣っていたところ、魚が釣れず、その時、一組の老夫婦が、「鯛は釣れたなー」

と言いながら、大石の上に座って、大きなチヌを次々と釣り上げ、「お四面様へのお供え

と、お祝いの酒肴に」と言うことで立ち去ったのですが、その後ろ姿がカッパに似ていたそ

うです。と言うことででカッパがここに座っています。


その他、2,3のバリエーションがあるのですが、説明の碑があるのでそれを基に書いてみ

ました。この、カッパさんと説明碑は平成16年、比較的新しく設置されたものです。


先ほどの郷土史家の方は、小学校の時遠足に来たときに、少し違ったバリエーションです

が、学校の先生から聞かされたそうです。

先生、「あん石しゃチン釣り石というて・・・」

生徒、「先生、嘘ばっか、こげんとこ(こんなところ)で海の魚が釣れるわきゃ無かたい。」

先生「うんにゃ(いやいや)、昔しゃ、ここんとこまで海岸で・・・・」

ということで話を聞いたそうです。もちろん先生は地元の方です。勝海舟、坂本龍馬が通っ

たのではないかと言う、千々石断層の中腹を走る「早駆け街道」の話も聞いたそうです。



長崎県は今や広域人事で、通勤の先生ばかり。学校の指導も忙しく、勤務校の地域のこと

も知らない方ばかりのようです。学校で副読本も作っているのですが、娘が使った小学校

3,4年生の副読本を読んでも、どうも、知識に偏った感じ・・・


本当は、民話、言い伝えなどの中に、柳田國男「遠野物語」のように地域の文化があると

思うのですが。地域の人が頼りですが、地域の人も段々忘れていく話ばかりで、この石の

上のカッパさんが無かったら、私もこの石のことはまったく知らなかったでしょう。


とにかく、若い子は「温泉神社」と言うと、「昔は温泉が湧いとったとね。」という時代。知っ

ていることは何とか伝えて行きましょう。



カッパが好きな人はポチね。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




« 田植え風景今昔~雲仙市千々石町 | トップページ | 日野江城跡階段遺構~南島原市北有馬町 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/55057720

この記事へのトラックバック一覧です: チン釣り石~雲仙市千々石町:

« 田植え風景今昔~雲仙市千々石町 | トップページ | 日野江城跡階段遺構~南島原市北有馬町 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ