« 「耳採(みみとり)」の地名について★キリシタンの受難~雲仙市小浜町 | トップページ | 孤独のグルメ~久住昌之・原作★谷口ジロー・作画 »

2012年5月25日 (金)

悲恋の猿石伝説~雲仙市小浜町

1

今日は島原の病院へと。雨は降るし、この間痛めた足は治らないし、何となくスッキリしな

い今日この頃。


さて、雲仙にも昔からいわれのある遺跡、史跡があるのですが、時代の流れか、残念な

がら、段々忘れ去られようとしています。上の写真「猿石」です。

2

場所は雲仙に登る途中、籠立場(かごたてば)というところがあり、広いパーキング場にな

っています。ここから、200m~300m登った道路の左側、ガードレールのすぐ横です

が、今は少し草が茂って見にくい感じ。この石、見方によっては、亀や蛙に見えるので「亀

石」とか「蛙石」と呼んでいるそうです。一種の奇岩といってもいいでしょう。

3_2

4_2

この岩には一つの悲恋の話があります。

雲仙は昔、仏道修行の場所であり、女人禁制。愛し合う修行僧と女がここで別れたが、ど

うしても会いたく、この場所で密会を繰り返えす。しかし、山番にあやしまれ後をつけられ、

二人はひき裂さかれようとしたが、僧は「これから我等ふたり人にあらず、猿なり」と言っ

て、一身同体のまま岩になったそうです。


場所の説明版もなく、車で通れば気がつかないような場所。何となく、猿石が侘びしく見え

ます。


雲仙には、まだまだ隠れた所があります。ボチボチと紹介をしますので、雲仙に来られた

ときの参考に。


天気が良ければ、仁田峠でつつじでもと思ったのですが、霧と雨。宝原の方へ回ったら、

もうすぎていて、かわりにヤマボウシが咲いていました。霧の中のヤマボウシも、楚々とし

た白い花で、風情があって良いですよ。うちのかみさんも昔は楚々としていたのですが・・・

5

島原から雲仙の登りがけに「ガトーブリアン」というお菓子屋さんがあり、この間タウン誌に

載っていたので、寄ってきました。ケーキの名前、「エキゾチック」だったかな。お菓子のケ

ースの横にカウンターがありましたので、お茶もできるようでした。

6

(参考:おばま~史跡巡りガイド)


また、ポッチしてね。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ  


« 「耳採(みみとり)」の地名について★キリシタンの受難~雲仙市小浜町 | トップページ | 孤独のグルメ~久住昌之・原作★谷口ジロー・作画 »

史跡」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/54797347

この記事へのトラックバック一覧です: 悲恋の猿石伝説~雲仙市小浜町:

« 「耳採(みみとり)」の地名について★キリシタンの受難~雲仙市小浜町 | トップページ | 孤独のグルメ~久住昌之・原作★谷口ジロー・作画 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ