« 島原半島観世音三十三霊場「二十四番霊場」木場観音~雲仙市千々石町 | トップページ | 「耳採(みみとり)」の地名について★キリシタンの受難~雲仙市小浜町 »

2012年5月23日 (水)

飯盛鬼塚古墳/諫早市飯盛町★犬丸古墳跡/雲仙市千々石町

Photo

今日は、長崎の漢方のお医者さんの所へ。朝9:30に着いたのですが、診療が終わった

のが昼の12:30。待つだけで疲れました。


お医者さんと話をしていると、この間からTVで漢方の番組をやっているので、そのせいか

電話の相談、新しい患者さんが増えどうにもならない状態とか。また、近年の天候不順、

季節の変わり目で、自立神経が乱されて来院する患者さんが増えているそうです。

そのうえ、この時期にもインフルエンザの患者さんがまだ多くて、インフルエンザなんかは

あまり関係ないんだけどと言うお話。


今日は、新患さんが多いせいか時間がとくにかかったみたいです。漢方は、同じ風邪の症

状でも、やせている、太っている、体力のある人、無い人など、各人に合わせて薬を処方

するため、話を聞きながら、脈を取ったり、腹の触診などがあって、新患さんの場合は早く

て30分、だいたい40分はかかりますから、2~3人いるともう待つ時間が大変。


とくに、ビックリするのは若い女性の多いこと。漢方も万能ではないんですがね、というお

医者さんの話なんですが・・・流行すれば何でも飛びつく日本人の悪い癖ですね。


さて、いつも長崎に行くとき、飯盛町の所に「飯盛鬼塚古墳」の看板が気になったので帰り

がけ行ってみました。看板から2.2㎞です。皆さん方も、行く機会が無いと思いますので

写真で見てください。


6世紀後半の古墳だそうです。今は上の写真の様に回の畑が盛土してありますが、本来

は橘湾、天草灘を一望出来る高台だったそうです。

Photo_2

Photo_3

縦2,1m、横1,4mの横穴式石室。発見当時墳丘はなかったそうです。天井石は失われ

ていたそうですが、2,5mほどだと思われるそうです。副葬品として、金環(耳飾り)、須恵

器、鉄農具があったそうです。見晴らしは最高だったでしょう。


千々石の古墳です。こちらは「古墳跡」ということで、本来ここらあたりは小さな丘陵で、開

拓をしていたときに出土したそうです。今は、原型はとどめていません。

Photo_4

棺は臥棺で、長さ5尺、横3尺で、中から太刀、曲玉があったそうです。当時の人は地方

豪族の墓として石碑をたて、「崇徳興仁」と刻んでいます。真ん中の石碑です。一説では、

郡司の制度が大化の改新後のことで、1700前頃ではないかと言われているそうです。

場所は、千々石商店街の宮本書店の横から100mくらい入ったところです。

説明版に、すこし古ぼけていますが、発掘当時の写真が展示されています。

Photo_5

人骨も分かると思います。小さな古墳でも、見ていくといろいろあって面白いですよ。当時

を想像しながら。

(参考:各説明版より引用)



昼過ぎたので、お食事へ。久しぶりに日本食を、矢上の食堂ですが、いつも人が多くて、

駐車場一杯。日替わりの、揚げ出し豆腐定食、ドリンク付き。735円也。

Photo_7

よかったらクリックしてね。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村



« 島原半島観世音三十三霊場「二十四番霊場」木場観音~雲仙市千々石町 | トップページ | 「耳採(みみとり)」の地名について★キリシタンの受難~雲仙市小浜町 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/54783229

この記事へのトラックバック一覧です: 飯盛鬼塚古墳/諫早市飯盛町★犬丸古墳跡/雲仙市千々石町:

« 島原半島観世音三十三霊場「二十四番霊場」木場観音~雲仙市千々石町 | トップページ | 「耳採(みみとり)」の地名について★キリシタンの受難~雲仙市小浜町 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ