« 孤独のグルメ~久住昌之・原作★谷口ジロー・作画 | トップページ | 雲仙鉄道 その9~鉄道とバスのクロスポイント★雲仙市千々石町 »

2012年5月27日 (日)

この一曲~だまって俺について来い★ハナ肇とクレージー・キャッツ

Photo

世の中は不景気の話ばかり、個人的には膝は痛いし、季節の変わり目で心身ともに不調

だし、かみさんは怖いし、車は擦るし。まあ、絶不調の今日この頃。パットいきたくても、年

金暮らしで、アルコールはドクターストップ、女にはもてないし、博打は弱いし、まあこんな

時は、楽しい音楽でもと。


クレージー・キャッツ、全国民的に爆発的に人気がありましたが、この時代、活気がある時

代でした。メンバーは、リーダーがハナ肇、植木等、谷啓、犬塚弘、安田伸、石橋エータロ

ー、桜井センリでしたが、いま生き残っているのは、犬飼弘と桜井センリのみ。なにか寂し

いですね。このCDの中で、なんといっても好きなのが「だまって俺について来い」。




だまって俺について来い


ぜにのないやつぁ

俺んとこへこい

俺もないけど 心配すんな

みろよ 青い空 白い雲

そのうちなんとかなるだろう


彼女のないやつぁ

俺んとこへ来い

俺もないけど 心配すんな

みろよ 波の果て 水平線

そのうちなんとかなるだろう


仕事のないやつぁ

俺んとこへ来い

俺もないけど 心配すんな

みろよ 燃えている あかね雲

そのうちなんとかなるだろう

わかとっるね わかっとるね わかっとるね

わかったら だまって俺について来い


(作詞:青島幸夫・作曲、編曲:萩原哲晶)




さて、近ごろ、かって修験者(山伏)の修行の場であった雲仙の山を歩いて、修験道に興

味が出てきて、

Photo_2

という本を読んでいたら、「塩路鉄砲水さん」という人の話がでてきます。「奧駆げ」という、

険しい山を歩く修行の時、気の向くまま、道がないところでも、「てけと~(適当)に行けば

(目的地に)着くやろ。」といって断崖絶壁でも進んで行く人ですが、著者が一緒に暮らすう

ちに、「鉄砲水さんは自分のことを『てけとーな人間』と言いますが、その『てけとー』の中に

はとても思慮深い先人達の知恵が息づいているように感じます。」と書いています。


この歌を聞いていると、この話を思い出し、「てけとー」でありながらどこかに深いものを感

じるのですが・・・


なお、この歌、「無責任一代男」として有名になった植木等が歌っています。実家はお寺

で、実際は真面目な人間だというのは多くの人が語っているところでが、「スーダラ節」の

楽譜を渡され、歌おうかどうか悩んでいるとき、僧侶である父から「わかっちゃいるけどや

められない」という言葉は親鸞の教えに通じるといわれ、歌うことを決めたそうです。


「みろよ 青い空 白い雲  そのうちなんとかなるだろう」。何となく、人生の達人の言葉と

は思いませんか。




ポッチお願いネnote

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ





« 孤独のグルメ~久住昌之・原作★谷口ジロー・作画 | トップページ | 雲仙鉄道 その9~鉄道とバスのクロスポイント★雲仙市千々石町 »

この一曲」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/54812876

この記事へのトラックバック一覧です: この一曲~だまって俺について来い★ハナ肇とクレージー・キャッツ:

« 孤独のグルメ~久住昌之・原作★谷口ジロー・作画 | トップページ | 雲仙鉄道 その9~鉄道とバスのクロスポイント★雲仙市千々石町 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ