« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

夏野菜~太り始めました

1 2

膝の痛みがひかないので整形外科まで行ってきました。膝に炎症があるとか、炎症が引くま

で、三週間ほど安静とのこと。山を歩くのも、若いときとは違うんだから歳を考えなさいと言わ

れ、トホホ。三週間外出できないのは辛いですね。


さて、先月の5月3日に夏野菜を植えましたが、ここ三週間ほど手入れが出来ず、草ボウボ

ウになっていますが、野菜は元気に育っています。


私が嫌いなピーマン、いの一番になりました。キュウリも一本なっていて、お腹の中に入りま

した。花がたくさん咲いているので次々に実がなっていくでしょう。

9 8

見たことのない方のために、キュウリの花に、ピーマンの花です。どちらも結構可愛い花。

3 4

茄子とトマトも徐々に成長。「親の意見と茄子の花は千に一つの仇(あだ)もない」。茄子の

花は咲けば必ず実がなるように、親の忠告は必ず役ににたつ、ということです。親の意見は

ともかくも、茄子は本当ですね。「冷や酒と親の意見は後できく」というのもありますが・・・・


このトマト4種類ばかり植えてみましたが、種類によってかなり成長の仕方が違うみたいで、

おなじトマトでも・・・同じ日に植えたのですが。

5 6

トマトの育て方に、最小限の水しか与えないという育て方があり、味が違うということですが、

なかなか素人には出来ませんね。土が乾いているのを見ると、おもわずかわいそうになっ

てジャバジャバと水やりを。

75 14

サトイモも順調に芽が出てきました。そろそろ敷わらをしようと思っています。柿は気付かな

いうちに花が咲いて、実が付いていました。小さな実がたくさん付いているのですが、どれだ

け残るのやら、もうボチボチ落ちていました。やっぱり少しは消毒が必要か?

10 11

晩生のたまねぎ、少し小さめですが、毎日食卓に出ています。空豆、この4倍ほど取れたの

ですが、夫婦二人。どうするかと思っていたら、空豆のスープで何回かいただきました。

季節感があっておいしかった。

12 13

イチジク。本当にどこに植えてもよくなります。実は秋口くらいでしょう。

ペパーミント、いやになるほど繁殖します。雑草より強いんでないですか。

白ゴーヤ、苗がなかったので種をポット植えしましたが、うまく芽が出ません。先日、もう一度

種を買ってきて植え直しました。9粒ほど入って450円、少し高かった。


最初に書くのを忘れていました。膝の関節を守るためには、足の筋肉を鍛えておけていうこ

とで、筋トレの方法を。


仰向けに寝て、足のつま先を手前に挙げ、膝をしっかり伸ばしたまま10㎝ほど足を上げ、左

右5秒づつ、20回。慣れてきたら、足に1㎏ほどのおもりをつけ、徐々に2㎏、3㎏と上げ

て、体重の5%くらいまで負荷をかけろということですが、山歩きをするなら10%まで必要と

いう事でした。私の体重の10%というと6㎏。ちょっときついな。でも、頑張りますよ、山の中

の面白いところいろいろ調べているので、この秋のむかって・・・


よかったらポッチしてね。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ





2012年5月30日 (水)

大村公園花菖蒲速報(5月30日)~長崎県大村市

Photo

梅の次は桜、桜の次はつつじ、つつじの次は菖蒲と、まあ、次々にあるもんです。紫陽花

と蓮の花ももうボチボチかな。

大村公園の花菖蒲も、もう時期かなと思って、痛む足をひきづりながら・・・

Photo_2

まだまだ五分咲きだとか。博打が強ければ大村競艇にいったのですが・・・


説明板によれば、ここの花菖蒲園は慶長3年(1598年)に、大村19代当主大村喜前公

が玖島城(注:よく大村城という方がおられますが玖島城が正式名称です。)を築いたと

き、長堀と南掘のあとに作ったそうです。昭和36年熊本から肥後菖蒲を、昭和38年明治

神宮御苑から江戸菖蒲を移植し、現在は伊勢菖蒲も植えてあります。花の種類は271種

類。見頃は5月下旬から6月中旬までだそうです。


私も以前花菖蒲を集めたこともあったのですが、花菖蒲は三日花で散るのが早く、何とな

く侘びしくもあり止めてしまいましたが、


さて、五分咲きといえど、江戸系はの花菖蒲は見るに十分。

Photo_3

江戸系の花菖蒲は、肥後系とは違い池などに密集して植え、上から眺めるように改良して

きた歴史があります。

Photo_4

肥後系ですが、蕾がほころんでいますからもう少しです。

肥後系は元来鉢植えにして、座敷で鑑賞するため、横から見たときに姿が美しく見えるよ

うに改良したもの。この、肥後系の歴史については面白い話があり、「ウィキペディア」の

「肥後六花」の「肥後花菖蒲」に載っています。


また、この肥後系については「日本菖蒲協会」のブログの「肥後花菖蒲の鉢植え展示」の

所に鑑賞の道具、陳列の方法、接待、鑑賞者の心得と作法と詳しく載っており、お茶と同

様にお作法があり、又鉢植えの花菖蒲の美しさが味わえますので、下にリンクを張ってお

きますので是非御覧下さい。

Photo_5

伊勢系の花菖蒲ですが、肥後系より女性的な美しさを持っているそうですが、こちらももう

一息でしょう。

Photo_6

こんなところでスケッチも良いですね。

P5300137

6月3日に花菖蒲まつりがあるそうです。参考のために看板を貼り付けておきます。

Photo_7

「日本花菖蒲協会」~「肥後花菖蒲の鉢植え展示の方法」は→こちらをクリック

「肥後六花」~「肥後花菖蒲」は→こちらをクリック


良かったら下もついでにクリックしてね。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



2012年5月29日 (火)

県立諫早総合運動公園★公園の裏道~長崎県諫早市

1

膝の痛みが少し薄れてきたので、どれくらい歩けるか、諫早の県立総合運動公園に行って

みました。陸上競技場は、4月の下旬に行ったときより、随分工事が進んで、屋根の取り付

けをやっていて、外見が見えてきた感じ。


さて、この前、膝を痛めていないとき、山歩きをしている癖で、テニスコートの上あたりになに

やら林の中に入れる道らしきものをみつけ、入ってみると、

3

落ち葉は積もっているが、結構良い道が。コースより少し高い位置くなりますが、コースと平

行に道は走っています。

4 5 

どこまで続いているか、行って見ると。芝生公園便所の所から、緩い坂道があって、給水塔

がありますが、そこまで続いていました。

6 P4220158_2

給水塔の所には、展望台への指示板が。

8_2

四角のところが展望台でしょう。

10_2

よく考えると、この山、上山公園なるんですね。うっかりしていました。反対側からは登ったこ

とがあるんですが、膝が治ったらこちらから登ってみます。後日、報告します。


今からの時期、このジョギングコース太陽に晒されますが、この裏道コースなら木陰になる

し、森林浴にもなるし、適当なアップダウンはあるし、もう少し手入れをして、標識を立てて貰

えば良いコースなんですが。ここらあたりは、猿とかイノシシとか熊とかの噂も聞きませんか

ら、一度お試しにいかがですか。蛇は保証しません。


所々に菖蒲が、もうすぐ見どころでしょう。

11_2

折角だから、ケーキの「ル・ミエル」さんによって「なると金時のヨーグルトムースのタルト」を。

12_2 13_2

「なると金時」で思い出して園芸店に、サツマイモのツルを買いに行ったのですが、全部売り

切れでした。残念。



ポッチしてね。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ






2012年5月28日 (月)

雲仙鉄道 その9~鉄道とバスのクロスポイント★雲仙市千々石町

Cimg0493

もう終わろうかと思ったのですが、また、雲仙鉄道のことです。鉄道の諫早~小浜間の完

全運行が昭和2年。バスの諫早~小浜間運行が大正10年。昭和13年に鉄道が廃止に

なりますから、この間、昭和2年から昭和13年まではバスと鉄道が競合したことになりま

す。

ふと考えていると、このバスと鉄道とのクロスポイントが千々石町内で2カ所ある事に気づ

きました。


ちょうど、雲仙のビジターセンターで、企画展をやっていて、「長崎大学工学部工学科環境

デザイン工学コース」という所から、雲仙の交通図絵が展示をしてあり、撮影禁止は出て

なかったので、ちょっと千々石の部分だけ撮影して確認してみたら・・・


上の写真、鳥瞰図ですから、普通の地図みたいに正確ではありませんが、赤い線が鉄道

路線。緑の色がバス路線。左が愛野、諫早方面。右が小浜方面です。黄色い丸印の所、

交差しているところがあります。下の写真が、左の黄色の丸印の部分です。

Photo_2

青の道が旧道。バス路線。今はその上の所に国道が走っています。もちろん当時はあり

ません。矢印方向が愛野方面。

赤の矢印が鉄道路線で千々石の国道、千々石駅方面。

上の国道から見たところです。

Cimg0698

下の道が、昔の街道。バスも昔はここを走っていて、雨上がりなどのときは、バスが登り

切れず、乗客で押していったそうですが、泥はねでひどい目に遭ったそうです。いまも、畑

があり使っています。余談ですが、ここを登っていくと、

Photo_3

昔のガードレールでしょう。これなんか、歴史的遺産になりませんかね。何となく懐かしい

感じ。もう少し行くと、

Photo_4

「あいのちかみち」の道標が。建てられた時代ははっきりしませんが、ここから、右に曲が

ると国道を横切って、愛野方面への道があります。残念ながら道路を改修しているため、

昔の道はちょっと分かりません。


元に戻って、さっきの所から、回れ右をすると。

Photo_5

赤の矢印の方向が千々石駅方面になります。今は国道ですが、ここを汽車が走っていた

のです。


昔のバスは千々石の商店街を通って、橘神社の少し上の方に出て、今の国道にでてきま

す。商店街を通る道といえば青い線の矢印の方向。ここらに一つ目のクロスポイントがあ

ります。うちのかみさんの家が、商店街の上の方にあるのですが、高校時代まで家の前を

バスが通っていたそうです。


二つ目のクロスポイントは、商店街の中にあります。

Photo_6

青の線がバス路線。商店街になります。赤の線が鉄道路線。黄色の丸印が「上千々石

駅」になります。


結局、雲仙鉄道は設置の経費がかさみ小浜の温泉街の手前までしか運行できず、車に

乗り換えか歩くか。バスは温泉街の中まで直行。鉄道はバスに負けてしまいます。

旧汽車道に興味があるひとは参考までに。


良かったらどっちかポッチしてね、

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



2012年5月27日 (日)

この一曲~だまって俺について来い★ハナ肇とクレージー・キャッツ

Photo

世の中は不景気の話ばかり、個人的には膝は痛いし、季節の変わり目で心身ともに不調

だし、かみさんは怖いし、車は擦るし。まあ、絶不調の今日この頃。パットいきたくても、年

金暮らしで、アルコールはドクターストップ、女にはもてないし、博打は弱いし、まあこんな

時は、楽しい音楽でもと。


クレージー・キャッツ、全国民的に爆発的に人気がありましたが、この時代、活気がある時

代でした。メンバーは、リーダーがハナ肇、植木等、谷啓、犬塚弘、安田伸、石橋エータロ

ー、桜井センリでしたが、いま生き残っているのは、犬飼弘と桜井センリのみ。なにか寂し

いですね。このCDの中で、なんといっても好きなのが「だまって俺について来い」。




だまって俺について来い


ぜにのないやつぁ

俺んとこへこい

俺もないけど 心配すんな

みろよ 青い空 白い雲

そのうちなんとかなるだろう


彼女のないやつぁ

俺んとこへ来い

俺もないけど 心配すんな

みろよ 波の果て 水平線

そのうちなんとかなるだろう


仕事のないやつぁ

俺んとこへ来い

俺もないけど 心配すんな

みろよ 燃えている あかね雲

そのうちなんとかなるだろう

わかとっるね わかっとるね わかっとるね

わかったら だまって俺について来い


(作詞:青島幸夫・作曲、編曲:萩原哲晶)




さて、近ごろ、かって修験者(山伏)の修行の場であった雲仙の山を歩いて、修験道に興

味が出てきて、

Photo_2

という本を読んでいたら、「塩路鉄砲水さん」という人の話がでてきます。「奧駆げ」という、

険しい山を歩く修行の時、気の向くまま、道がないところでも、「てけと~(適当)に行けば

(目的地に)着くやろ。」といって断崖絶壁でも進んで行く人ですが、著者が一緒に暮らすう

ちに、「鉄砲水さんは自分のことを『てけとーな人間』と言いますが、その『てけとー』の中に

はとても思慮深い先人達の知恵が息づいているように感じます。」と書いています。


この歌を聞いていると、この話を思い出し、「てけとー」でありながらどこかに深いものを感

じるのですが・・・


なお、この歌、「無責任一代男」として有名になった植木等が歌っています。実家はお寺

で、実際は真面目な人間だというのは多くの人が語っているところでが、「スーダラ節」の

楽譜を渡され、歌おうかどうか悩んでいるとき、僧侶である父から「わかっちゃいるけどや

められない」という言葉は親鸞の教えに通じるといわれ、歌うことを決めたそうです。


「みろよ 青い空 白い雲  そのうちなんとかなるだろう」。何となく、人生の達人の言葉と

は思いませんか。




ポッチお願いネ

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ





2012年5月26日 (土)

孤独のグルメ~久住昌之・原作★谷口ジロー・作画

Photo

「孤独のグルメ」。題が良いですね。かみさんが、なんだかんだで、私も3日ばかり、「孤独

のグルメ」やりました。もっとも、ストアーの498円の弁当ばかりでしたが。


この本、1997年に出版され、2000年2月に文庫で出版され、2012年2月で39刷です

から、じわっと息の長い本といえるでしょう。


作画の谷口ジロー、私の愛読している漫画家ですが、明治の4部作「坊ちゃんの時代」な

んかはまさに名作です。いつか、紹介をしたいと思います。


さて、この本、絶対的に男しか読まない本でしょう。女の方のグルメとはちょっと違います。

全部で18話の話からなりますが、題名を読んだだけでも、楽しくなってきます。


第1話 東京都台東区山谷のぶた肉いためライス

第2話 東京都武蔵野市吉祥寺の廻転寿司

第3話 東京台東区浅草の豆かん

第4話 東京北区赤羽の鰻丼

第5話 群馬県高崎市の焼きまんじゅう

第6話 東京発新幹線ひかり55号のシュウマイ

第7話 大阪府大阪市北区の中津のたこ焼き 

第8話 京浜工業地帯を経て川崎セメント通りの焼き肉

第9話 神奈川県藤沢市江ノ島の江ノ島弁   etc

後は本を買ってお読みください。


主人公は、

2

40歳程度か?独身。店舗なしの、事務所だけを持つ輸入雑貨商。それなりに、儲かって

いるみたいで、恋愛経験もあり(女優との恋愛もあり)。ただし、酒はまったくダメ。甘いも

のが好き。といえば軟弱な気がするが、これだけ食って良い体格。ふと見せる格闘技の経

験。漫画にはでてきませんが、よっぽどのトレーニングをしているのでしょう。


B級グルメの走りかも知れませんが、主人公には確たる信念があって、「第12話 東京都

板橋区大山町のハンバーク・ランチ」において、主人公が不愉快な店主に怒る場面があ

り、曰く、「あなたは客の気持ちを全然まるでわかってない!モノを食べるときはね、誰に

も邪魔されず自由で、なんというか、救われなきゃダメなんだ、独りで静かで豊かで・・・」。

そう、これこそ「孤独のグルメ」。マスコミに害されたグルメ、B級グルメとはひと味違った、

「グルメ本」。ただし、出てくる食堂はフィクションか、ノンフィクションかは分かりませんが。


明日も、かみさんはいないし、久しぶりに外食の、「誰にも邪魔されず自由で、独りで静か

で豊かな」、「孤独のグルメ」といきましょうか。「雲仙市千々石町国道脇中華食堂の唐揚げ

定食」でも。


小浜に用事でいったら、豪華客船が入港していました。

Cimg1446

こんな船で世界一周できたら?私は、絶体行きません。泳げませんから。 



読んでいて、お腹が減ってきた人はポッチ、ネ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ  



2012年5月25日 (金)

悲恋の猿石伝説~雲仙市小浜町

1

今日は島原の病院へと。雨は降るし、この間痛めた足は治らないし、何となくスッキリしな

い今日この頃。


さて、雲仙にも昔からいわれのある遺跡、史跡があるのですが、時代の流れか、残念な

がら、段々忘れ去られようとしています。上の写真「猿石」です。

2

場所は雲仙に登る途中、籠立場(かごたてば)というところがあり、広いパーキング場にな

っています。ここから、200m~300m登った道路の左側、ガードレールのすぐ横です

が、今は少し草が茂って見にくい感じ。この石、見方によっては、亀や蛙に見えるので「亀

石」とか「蛙石」と呼んでいるそうです。一種の奇岩といってもいいでしょう。

3_2

4_2

この岩には一つの悲恋の話があります。

雲仙は昔、仏道修行の場所であり、女人禁制。愛し合う修行僧と女がここで別れたが、ど

うしても会いたく、この場所で密会を繰り返えす。しかし、山番にあやしまれ後をつけられ、

二人はひき裂さかれようとしたが、僧は「これから我等ふたり人にあらず、猿なり」と言っ

て、一身同体のまま岩になったそうです。


場所の説明版もなく、車で通れば気がつかないような場所。何となく、猿石が侘びしく見え

ます。


雲仙には、まだまだ隠れた所があります。ボチボチと紹介をしますので、雲仙に来られた

ときの参考に。


天気が良ければ、仁田峠でつつじでもと思ったのですが、霧と雨。宝原の方へ回ったら、

もうすぎていて、かわりにヤマボウシが咲いていました。霧の中のヤマボウシも、楚々とし

た白い花で、風情があって良いですよ。うちのかみさんも昔は楚々としていたのですが・・・

5

島原から雲仙の登りがけに「ガトーブリアン」というお菓子屋さんがあり、この間タウン誌に

載っていたので、寄ってきました。ケーキの名前、「エキゾチック」だったかな。お菓子のケ

ースの横にカウンターがありましたので、お茶もできるようでした。

6

(参考:おばま~史跡巡りガイド)


また、ポッチしてね。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ  


2012年5月24日 (木)

「耳採(みみとり)」の地名について★キリシタンの受難~雲仙市小浜町

1_2

寛永六年七月、長崎からキリシタンの男性37名、女性27名が小浜の石合浜に、舟で運

ばれてきました。石合浜付近です。

2

いまは、海沿いに国道が通っていますが、これは全部埋め立てられたもの。

石合浜とは場所が違いますが、下の写真のようにして、小浜の海岸線は埋め立てられて

いったのです。写真は明治時代のものです。

Umetate

          (写真:おばま~史跡巡りガイドより)


さて、64名のキリシタンは坂を登り、役人は庄屋元の石清水で水を飲み休息しましたが、

キリシタンには水を与えなかったそうです。庄屋元の所ですから、ここ、上の川の湧水でし

ょう。石垣の裏が庄屋屋敷跡です。

3

この後、刈水、椎木坂、道前、鬢串(びんぐし)を通ります。いまの、自動車道路ではなく、

雲仙に車で登る、左手の山の中の急坂を辿って行ったのでしょう。当時の道は全然違って

います。


この間、夏の暑さの中水一滴与えられなかったそうです。笹ン辻にかかったとき水を与え

たそうですが、全員の左の耳を切り採ったそうです。


長崎の二十六聖人が京都から長崎まで連れてこられたときも、京都の一条戻り橋に到着

したとき、秀吉の命令で耳と鼻をそぐようにしてあったそうですが、キリシタンに好意的な

石田三成が、左の耳をそいだにとどめたそうです。


小浜のキリシタンは、キリシタンの転向を迫られて切りとられたのか、逃げられたときの目

印に切りとられたのか、役人が京都の例にならって切りとったのかは分かりませんが、後

日、村人が切り捨てられた耳を集めて埋葬し「耳塚」を作ったそうです。昭和32年、小浜

~雲仙の国道改修までは残っていたそうでが・・・


場所は、小浜~雲仙間の「六兵衛茶屋」、近ごろ紅葉で有名になっている三十路苑あたり

です。

5 4

6

現在は、わずかにバスの停留所に「耳採」の名前が残っているのみです。(一番上の写真

と、赤の四角がバス停です) 

(参考:「小浜町史談」「おばま~史跡巡りガイド)



良かったらクリックお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ  



2012年5月23日 (水)

飯盛鬼塚古墳/諫早市飯盛町★犬丸古墳跡/雲仙市千々石町

Photo

今日は、長崎の漢方のお医者さんの所へ。朝9:30に着いたのですが、診療が終わった

のが昼の12:30。待つだけで疲れました。


お医者さんと話をしていると、この間からTVで漢方の番組をやっているので、そのせいか

電話の相談、新しい患者さんが増えどうにもならない状態とか。また、近年の天候不順、

季節の変わり目で、自立神経が乱されて来院する患者さんが増えているそうです。

そのうえ、この時期にもインフルエンザの患者さんがまだ多くて、インフルエンザなんかは

あまり関係ないんだけどと言うお話。


今日は、新患さんが多いせいか時間がとくにかかったみたいです。漢方は、同じ風邪の症

状でも、やせている、太っている、体力のある人、無い人など、各人に合わせて薬を処方

するため、話を聞きながら、脈を取ったり、腹の触診などがあって、新患さんの場合は早く

て30分、だいたい40分はかかりますから、2~3人いるともう待つ時間が大変。


とくに、ビックリするのは若い女性の多いこと。漢方も万能ではないんですがね、というお

医者さんの話なんですが・・・流行すれば何でも飛びつく日本人の悪い癖ですね。


さて、いつも長崎に行くとき、飯盛町の所に「飯盛鬼塚古墳」の看板が気になったので帰り

がけ行ってみました。看板から2.2㎞です。皆さん方も、行く機会が無いと思いますので

写真で見てください。


6世紀後半の古墳だそうです。今は上の写真の様に回の畑が盛土してありますが、本来

は橘湾、天草灘を一望出来る高台だったそうです。

Photo_2

Photo_3

縦2,1m、横1,4mの横穴式石室。発見当時墳丘はなかったそうです。天井石は失われ

ていたそうですが、2,5mほどだと思われるそうです。副葬品として、金環(耳飾り)、須恵

器、鉄農具があったそうです。見晴らしは最高だったでしょう。


千々石の古墳です。こちらは「古墳跡」ということで、本来ここらあたりは小さな丘陵で、開

拓をしていたときに出土したそうです。今は、原型はとどめていません。

Photo_4

棺は臥棺で、長さ5尺、横3尺で、中から太刀、曲玉があったそうです。当時の人は地方

豪族の墓として石碑をたて、「崇徳興仁」と刻んでいます。真ん中の石碑です。一説では、

郡司の制度が大化の改新後のことで、1700前頃ではないかと言われているそうです。

場所は、千々石商店街の宮本書店の横から100mくらい入ったところです。

説明版に、すこし古ぼけていますが、発掘当時の写真が展示されています。

Photo_5

人骨も分かると思います。小さな古墳でも、見ていくといろいろあって面白いですよ。当時

を想像しながら。

(参考:各説明版より引用)



昼過ぎたので、お食事へ。久しぶりに日本食を、矢上の食堂ですが、いつも人が多くて、

駐車場一杯。日替わりの、揚げ出し豆腐定食、ドリンク付き。735円也。

Photo_7

よかったらクリックしてね。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村



2012年5月22日 (火)

島原半島観世音三十三霊場「二十四番霊場」木場観音~雲仙市千々石町

  P5220264

近ごろ,パンフレトと見れば持ってくる癖があって、これ、どこから貰ってきたのか覚えてい

ませんが。島原の代表的な郷土史家、松尾卓次先生を中心として、全部巡ってきた写真

と、状況が書いてありました。何となく読んでいると、住んでいる千々石町にも「二十四番

霊場『木場観音』」と書いてあり、全然知らなかったので出かけることに。


パンフレットには、「・・・長い石段を登る。これを登るのも修行の一つだと足を動かす。三

百段登ったら観音堂があって、さらにその上に、岩盤を削り込んだ中に御堂がある。そこ

には又急な階段が十数段続く。よつんばいになって登らなければならない。・・・千手観音

を祭っいるというがご本尊はよく分からない。・・・」と書いてあります。


さて、入り口には「熊野大権現」の額。

Photo

脇の灯籠には、文化十年の文字。1800年前半の時代。

Photo_2

パンフレットに書いてあった、階段です。二百八十五段ありました。足はガクガク・・・

Photo_3

上に着いてみると、車が入れるように道が!

まあ、辛い思いをして登ってきたのも修行かと思って。

Photo_4

上には、「宝暦八年」の文字が入った標柱が、宝暦と言えば1700年代の中頃。鳥居の文

政の文字があった灯籠は後から奉納されたものでしょう。

Photo_5

左が、パンフレットに書いてあった観音堂、右が御堂。なるほど急な坂が。建物がまだ新

しく、、最近建て直したものでしょう。

Photo_6

観音堂の中を見ると、左右に今まで見たことのない石像が。

Photo_7

後からつけたものでしょうが、木で作った刀が取り付けられていました。右大臣、左大臣で

しょうか?帰りがけ、近所の人がいたので聞いてみましたが、全然知りませんでした。

Photo_8

さて、いよいよ本尊様へ・・・

Photo_9

急な坂があり、登って開けゴマ。正面より右側の方に祠が。

Photo_10

岩を多少は削ってはあるのでしょうが、どうも岩の割れ目を利用したみたいな感じでした。

この祠の後ろ側、少し岩の裂け目があり、光が漏れていました。

左右に狛犬、祠の中には三枚の銅鏡のみ。

Photo_11

ひょうっとしたらこの祠の中に、千手観音が祀られていたかも知れません。見たかったな。


有名な神社、お寺も良いのですが、最近はこんな小さな地区の氏神様に興味が出て、車

で走っていて、見つけるといつも寄って行くのが、習慣になってしまって・・・結構いろいろあ

って面白いですよ。石ころ一つのご神体もあり。


しかい、仏様でもなく、神道でもなく、教祖も教典もなく、素朴な信仰で、その地域で何百年

も守り続けてきたと思えば、見ているとじわっと感慨ふかいものがこみ上げてきます。

皆さんの所の氏神様もゆっくり御覧になってはいかがでしょう。


全部回るのも大変なら、パンフレットを作るのも大変だっだったでしょう。「島原の交流人

口を増やす会」の皆様ご苦労様でした。

Photo_12


良かったらクリックお願いネ!

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村


2012年5月21日 (月)

マザー・グースを口ずさんで~鷲津名津江★マザー・グースを楽しむために

Photo

マザーグースと言えば、知らない人はいないと思います。たしか、音楽の時間に「ロンドン

橋落ちた」を習った記憶がありますが。訳本も、たくさん出ていますが、なかなか意味不明

なところが多いと思います。

7

「バラのまわりを」。この曲、「バラのまわりを 手をつないで回ろう ポッケにゃ花束 いっ

ぱいだ あ ハクッション あ ハクション あれ しりもちついた!」と輪になって歌いなが

ら、クシャミのあとに尻餅をついて、転がるという子どもの遊び歌なのです。


しかし、この詩は、作者の鷲津さんによると、「1664年から65年にかけて、ロンドンでは

ペストが大流行をし、多くの犠牲者をだしました。この詩はそのときのことをうたっていて、

"rose"(注:バラ)はペストの特徴である赤い輪形の発疹を、"posies"(注:花束)は毒消し

のハーブの花束を、クシャミはこの病気の末期的症状を、転ぶのはだれでもが倒れて亡く

なることを意味しているのです。」ということだそうです。

この本には、このようなマザーグースに関わるいろんなエピソードがたくさん書いてあり、マ

ザーグースの理解に役立つと思います。


さて、この作者の鷲津名津江さん、実はあの童謡歌手の小鳩くるみさんです。おかあさん

といっしょの、うたのおねえさんもやっていました。今は、目白大学でマザーグースを中心

にした研究で、大学教授をしているみたいですが、すごいですね。


「歌手・小鳩くるみとして、マザー・グースのLP盤をつくることになり、20数曲まとめてレコ

ーディングする機会に恵まれました。そのとき、英語で聞くマザー・グースはとても楽しいの

に、なぜか日本語の歌詞でうたうと、本来の楽しさが半減するように思いました。このこと

が、マザー・グースに興味をもったきっかけになったのかも知れません。」


絵本の英語の部分、水色の所がありますが、その部分、強く読んでください、と書いてある

のでその通りやってみたら、あら本当、リズミカルに読めるんですね。英文自体は、中学

程度ですから、難しいことは無し。是非お試し下さい。

5

こんな楽しい、写真、イラスト満載です。マザー・グースを楽しむために是非一読を。


といっても、残念ながらこの本廃本になっているみたいですが、図書館か、Amazonでも手

に入るみたいです。他に、マザーグースに関する本も出していますので、こちらでも楽しめ

ると思います。

おまけにです。私の好きな、おなじみの積み重ねの語りです。口に出して、一気に読んで

見てください。



ジャックの建てた家

「これはジャックの建てた家」

「これはジャックの建てた家

でつくったこうじ」

「これはジャックの建てた家

でつくったこうじ

を食べたねずみ」

「これはジャックの建てた家

でつくったこうじ

を食べたねずみ

をころした猫」

「これはジャックの建てた家

でつくったこうじ

を食べたねずみ

をころした猫

をいじめた犬」

「これはジャックの建てた家

でつくったこうじ

を食べたねずみ

をころした猫

をいじめた犬

を突いたツノ曲がりの牝牛」

「これはジャックの建てた家

でつくったこうじ

を食べたねずみ

をころした猫

をいじめた犬

を突いたツノ曲がりの牝牛

の乳をしぼったひとりぼっちの少女」

「これはジャックの建てた家

でつくったこうじ

を食べたねずみ

をころした猫

をいじめた犬

を突いたツノ曲がりの牝牛

の乳をしぼったひとりぼっちの少女

にキスしたみすぼらしい男」


「これはジャックの建てた家

でつくったこうじ

を食べたねずみ

をころした猫

をいじめた犬

を突いたツノ曲がりの牝牛

の乳をしぼったひとりぼっちの少女

にキスしたみすぼらしい男

を結婚させた禿(はげ)の坊さん」

「これはジャックの建てた家

でつくったこうじ

を食べたねずみ

をころした猫

をいじめた犬

を突いたツノ曲がりの牝牛

の乳をしぼったひとりぼっちの少女

にキスしたみすぼらしい男

を結婚させた禿(はげ)の坊さん

を起こした早起きのおんどり」

「これはジャックの建てた家

でつくったこうじ

を食べたねずみ

をころした猫

をいじめた犬

を突いたツノ曲がりの牝牛

の乳をしぼったひとりぼっちの少女

にキスしたみすぼらしい男

を結婚させた禿(はげ)の坊さん

を起こした早起きのおんどり

を買っている麦蒔きの農夫」


できましたか、一気に読むことが出来たときの爽快感は何ともいえませんよ。

これ、寺山修司さんの訳です。


マザーグースでいえば、高石ともやの「107ソングブックシリーズのVOL6 ハンぷティ・ダン

ぷティ」も44曲の曲を取り上げていますが、これも楽しレコード。


そういえば、谷川俊太郎さんの訳のも持っていたのですが、行方不明。

谷川俊太郎さんも、同じような話で「これはのみのぴこ」と言うのを書いていますが、ライブ

の朗読会で一息に読んだときはすごかったですよ。あの歳で・・・・



一息に読めた人は下をポッチね。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ





2012年5月20日 (日)

この一曲~上海バンスキング/リンゴの木の下で★吉田日出子

Photo

「上海バンスキング」、「バンス」は借金のこと、「キング」はもちろん、「王」、すなわち「上海

借金王」。


1979年に吉田日出子主演、オンシアター自由劇場で上演。舞台は昭和初期の上海。

当時のジャズメン達の、時代に流されていく物語です。残念ながら、田舎暮らしのため

NHKの「芸術劇場」の時間だったでしたか、TVでしか見られませんでしたが。


吉田日出子は歌手ではなく俳優、自由劇場の団員も楽器はアマチュアでしたが、特訓した

のでしょう、吉田日出子の甘い歌声と共に、黎明期のジャズの雰囲気がよくでていました。


LPも持っていたのですが、CDも買ってしまいました。下の写真はLP。はやりこんな曲はLP

で聞くのが良いのはわかっているのですが・・・・CD,LPではプロのミュージシャンもサポー

トしています。

P5200251 P5200254_2

この中から一曲選ぶのは難しいのですが、「リンゴの木の下で」。寺山修司、「林檎の木

ゆさぶりやまず逢いたきとき」、とか、島崎藤村「まだあげ初めし前髪の/林檎のもとに見

えしとき/前にさしたる花櫛の/花ある君と思ひけり・・・・・」、という作品が頭の中にあるか

らかな。林檎と言えば、アダムとイブもあるし、林檎には何か人の心を誘うものがあるので

しょうか?


こちら長崎は林檎はなく、みかん畑とジャガ畑ははうちの回りにたくさんあるのですが、み

かんとか、ジャガはロマンティクではないんでしょうか?そういえば、ウイリアム・テルもりん

ご。ビートルズもアップルレコード。コンピューターもアップルコンピューター。白雪姫もりん

ご。どうも、長崎の人間としては東北の方にコンプレックスを覚えますね。



リンゴの木の下で


リンゴの 木の下で

明日 又会いましょう

たそがれ 赤い夕日

西に 沈むころに

楽しく 頬よせて

恋を ささやきましょう

深紅に 燃ゆる思い

リンゴの 実のように


吉田日出子の、切ない歌声、うっとりしますね、

「ウェルカム上海」、「月光値千金」、「スィート・ジェニ・リー」、「サイド・バイ・サイド」、「貴方

とならば」、「私の青空」、「浮気はやめた」、「アレキサンダース・ラグタイム・バンド」、「ペ

ーパー・ドール」、「スター・ダスト」・・・・

CDの曲名を見ているときに、ひょっとエノケンこと榎本健一のこと思い出しました。小学校

の時、「私の青空」、「月光値千金」、「ダイナ」などラジオで聞いていて、耳の底に残っいて

いるんですね、ネットで調べるとYou Tubeなんかにもありました。懐かしいので、「ダイナ」

の歌詞をおまけに。この歌詞をジャズで歌うんですから、はやり喜劇王といわれただけは

ありますね。



エノケンのダイナ

ダンナ のませてちょうちょうダイナー

おごってちょうダイナー

だんとは呑まない ね、いいでせう(しょう)


ダンナ 盃ちょうダイナー

コップなら尚結構

こいつはいける


酒はうまい うまい 少し酔うた

酔ううたら さあ来い


ダンナ のませてちょうダイナー

けちけちしなさんな かけつけ三杯


・・・・・・・・あとは、You Tubeでお楽しみを


この曲訳詞をみたら、サトウハチローでした。

たまにはこんな古い曲もいかがですか?



一日一回ポッチで健康。ポッチしてね。

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ
にほんブログ村





2012年5月19日 (土)

玉垣額之助★江戸時代二人の大関・その2~雲仙市愛野町・小浜町出身

1

          (「おばま~史跡めぐりガイド」より)


さて、今日は愛野の玉垣を継いだ六代目小浜の玉垣額之助です。

小浜の商店街の方に玉垣額之助の墓(碑?)があります。これとは別に、後で紹介します

が、小浜神社内に立派な顕彰碑も立っています。

2_2_2  3_3

4

文政七年と八月五日そして四十六の文字が見えますが、玉垣は文政七年八月五日、四

十六歳で逝去しています。


小浜の玉垣は、小浜町木指(きさし)の出身で、17歳の時、湯太夫(温泉の元締め)本多

家で働き始めたのですが、力があり、頭も良くということで湯太夫から勧められ、江戸に出

て愛野町出身の五代目玉垣に弟子入りします。シコ名を「漣(さざなみ)」、文化五年幕下

上位、2年後に島原藩お抱え力士になり、「越ノ海」のシコ名に。後に「玉垣」を継ぎます。

文政十一年五代目玉垣の養子になり、大関に昇進。


柏戸利助の好敵手で当時の相撲界の人気を二分したそうですが、文政六年の江戸城内

吹上での御前試合で、柏戸に勝ったそうです。


なお、柏戸とともに横綱の免許を受けたそうですが、横綱の土俵入りの時、柏戸が当日来

なかったために、自分も土俵入りをせず、横綱を辞退しています。


これには、「おばま~史跡巡りガイド」によると、詳細は分からないようですが、玉垣と柏戸

に横綱の免許を与えた京都の五条家、歴代の横綱の免許状を与えていた吉田家、そして

相撲会(現相撲協会)の関係に原因がありそうだということです。


玉垣の顕彰碑が例の謎のフルベッキの写真(5月2日のブログ)が置いてある、小浜神社

に建っています。

6

この碑は昭和14年、島原半島内の旧制県立島原中学校、島原高女、口加高女と53の

小学校、25の青年学校生徒児童と職員、南高来郡教育会の拠出協賛により計画された

そうです。

7

横に、説明文の碑があるのですが、文字が薄くなっていて読めませんでした。


この温泉神社の額、よく見ると「二九代目木村庄之助」の書です。

9_2

玉垣は大関を10年務めましたが現役中逝去しました。


生涯成績、111勝27敗とも119勝27敗13分1預14無勝負との記載も有り、現在と場

所制度も違いますのではっきりしたことは分かりません。

現代なら横綱間違いなし、地元としても大変な事だったでしょう。雲仙市から二人の偉大な

大関が生まれていたことは、忘れてはならない事でしょう。

                        (玉垣額之助★江戸時代二人の大関 終り)


参考:「小浜町史談」「おばま~史跡めぐりガイド~」


よかったらポッチしてね、

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ




2012年5月18日 (金)

玉垣額之助★江戸時代二人の大関・その1~雲仙市愛野町・小浜町出身

1

         (愛野町郷土誌から)

小浜町に玉垣額之助という強い力士がいたことは、知っていたのですが、相撲にはあまり

興味がなく、見逃していたのですが、小浜の郷土史家の方から、小浜の玉垣は、愛野の

五代目玉垣の弟子であり、愛野の方をちょっと調べてくれないかと。


郷土史などを多少調べると、両方とも大関まで出世をした力士。当時としては、横綱は免

許制。吉田司家が行司の総元締めとして、免許を与えられたものが正式な横綱として認

められたそうですが、あの雷電為右エ門も免許は受けなくて大関で終わっています。大関

までいったということは、今の横綱と同じくらいの実力があったのでしょう。この雲仙市に2

人も続けて大関をだしたと言うことは、今にしてみれば大変な事なのですが・・・


さて、調べてくれと渡されたのは、長崎新聞が特集をしたらしくその写し。一枚は墓の写

真、もう一枚は生家跡の写真。記事の所が切れていて、ヒントは、愛野町中野の松ノ木

原墓地。生家跡は愛野町中野ということ。墓地はまあ大体検討はつきましたが、

2

国道の脇、ジャガ畑のなかにある墓地ですが、折角ならマリリン・モンローの墓参りとか、

クレオパトラの墓探しとかが良いな思いながら、さあどうするか?今のように区画整理され

た墓地ではなく、適当に立てていった墓。見て回っているとちょうど墓参りの人が。玉垣の

話を持ち出したのですが、「話は聞いたことはあるばってん・・・」という事。ただ、墓の所有

者がT家だと言うことが分かっていたので、そのことを言うと、「ああTさんのとこの墓なら、

ここと、あそこと、そこと」と言うことで、あっけなく見つかりました。

3

正面に父母の「義諦・妙境」の文字。この、お母さんも大変な力持ちであったそうで、姑さ

んが水浴をしていたところ雨が降ってきたので、盥ごと持ち上げて家の中に入れたとか、

暴れ牛をねじふせたとかいう話があります。


玉垣は3人兄弟ですが、次男の松浦潟は平戸公の召し抱え力士、三男の満瀬(三ツ汐)

は草相撲取りであったそうです。

墓の向かって左の横に、

4

「玉垣」と「松浦潟」の名前と没年が彫ってありました。左側には。

5

こちらは、小さく「三ツ汐」の字が彫ってありました。


玉垣は、本名「田中吉蔵」明和6年(1769)生まれ、18歳の時、大阪相撲千田川に弟子

入り、「雪嵐」、のち親方のしこ名「千田川吉五郎」。その後、江戸相撲、八ヶ峰額之助に

入門、1年後には幕の内に入り、雪州松平公の召し抱えになり、五代目「玉垣額之助」を

襲名したそうです。


なお、同部屋に雷電為衛門がおり、おかげで15年間関脇に留め置かれ、雷電引退後大

関になりますが、15年間ですから力も衰えて来ていたのでしょう、一年間で引退したそう

です。


なお、雷電の旅日記があるそうで、長崎の中島川の眼鏡橋の下に、戸板を持ち出し、大

水の中で、雷電は3歩さか昇ったそうですが、玉垣は踏みとどまっただけであったといいま

す。はやり、雷電はそれだけ強かったのでしょう。


玉垣は、その後親方になりますが、仙台で巡業中、文化10年10月、47歳の生涯を終え

ます。墓は仙台の「成額寺」とここ愛野町にあります。


なお、生家跡については何人か聞いて見ましたが、ほとんどの方が、「そんな力士がいた

ことは聞いたことがあるが・・・」という程度。ここらあたりかな、と思うところの近所の方に

聞くと、養子を取ったり名前が変わったりで、なんにも分からないだろうとのこと。やっと捜

して行って見たら、新聞の写真とピッタリ、一応話を聞こうと思ったら留守で残念でした。


記念碑が愛野町のマルキョウ付近にも建っています。

6

7

右の石碑に、「玉垣額之助」「松浦潟喜代七」「天保八年十一月」の文字、左の石碑、右の

方に「三ツ汐」の文字が見て取れます。


せっかく、郷土が生んだ力士。今の横綱級の力士ですから、忘れないで欲しいと思いま

す。明日は、六代目、小浜の玉垣額之助についてです。こちらは、横綱になっていた力士

なのですが・・・・また明日。           (参考:小浜町郷土誌・長崎新聞)

良かったら、どちらかポッチしてね

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ






2012年5月17日 (木)

屋根裏の明かり~シェル・シルヴァスタイン

1

山歩きで足の関節を痛め、少し良くなったと思って外歩きしたら、また、痛み出して、しばら

くは外出禁止。


ということで、久しぶりに、シェルおじさんの本読みました。この本詩集ですが、1981年出

版、「ビッグ・オーとの出会い~続僕をさがしに」もこの年出版しています。


この間書いた、「歩道の終わるところ」も、アメリカの多くの図書館でずっと禁書になってい

たそうですが、この本も、いくつかの親のグループから非難をあび、多くの地域や学校の

図書館で禁書になり、アメリカ図書館協会の「最も異議の多い本百冊」に入っているそうで

すが、出版されると「ニューヨーク・タイムズ」のベストセラーに入り、「スクール・ライブラリ

ー・ジャーナル」誌からは最優秀児童図書賞を与えられたそうです(マイケル・G・ホーガ

ン著 水谷阿紀子訳より)。アメリカって面白ですね。

2

3

こんな絵もありますから、目くじら立てる親はどこの国にもいるのでしょう。


この本、初めの方に「TO SHANNA」と書いてありますから、このとき11歳の娘の「シャン

ナ」(本名・ショシャンナ)のために捧げたのでしょう。


訳は倉橋由美子さんですが、訳者あとがきで、この本が大人にも子どもにも受ける理由の

一つには「言葉遊び」の面白があり、日本語にしたとたん面白さの半分は失われると言っ

ていますが、「日本の読者には、まず絵の面白さを見ていただいて、それから詩の面白さ

を読み取っていただくと、いう順序の方をお薦めしたい。」と書いています。上の絵グロテ

スクみたいですが、詩と一緒に読むと面白いですよ。好きな詩を一つ。(クリックしたら少し

は大きくなります。)

7

この本1冊本棚に置いておくと楽しいですよ。


この本の最後の詩です。




この橋

きみの憧れの遠い国々

この橋は途中までしか届かない─

ジプシーのテントやアラブの市場

一角獣のあそぶ月夜の森を

ぼくと一緒に辿ってみよう

不思議な世界の曲がり道

だけど橋は途中までしか届かない

最後は自分の足で行け



絵と一緒に読むと良いのですが・・・



「ぼくを探しに」の「ぼく」も、「ビッグ・オー」も、「人間になりかけたライオン」も、最後は自分

の足で行くよりほかはないのです。そして私もあなたも。


先ほどの、マイケル・G・ホーガンは、シルヴァスタインの死について書いた章の題を、「チ

ェックアウト」としていますが、シルヴァスタイン、あの世に行っても自分の足で歩いている

のでしょう。ひょっとしたら、この世にまたチェックインするかも知れません、あのシェルおじ

さんのことですから・・・




良かったら下をポッチしてね。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村



2012年5月16日 (水)

山武士神社とは?~日野江城麓(南島原市北有馬町)

Photo

先日、北有馬町の知人から電話があり、日野江城(日之江城、日ノ江城、日ノ枝城の呼び

名あり)の下に観音山という所があり、そこの祠の扉の所に最近、「千々石」の文字が彫っ

てあるのが分かり、見てくれとの連絡がありお出かけ。


日野江城の下と言うより、日野江城のほんの麓、日野江城の一角とも言えるところでし

た。現在、セミナリョ跡の碑がたっていますが、そこから少しの所に上がる階段があり、山

というより、丘という所の感じ。林の中を少し抜けると、荒れ放題と思っていたのが写真の

ように、こざっぱりした所(夏は草が茂るでしょうが)。誰かがお参りしている様子も。

Photo_2

写真一番左が「山武士神社」の碑。この名前今まで聞いたことのない神社名。ネットで調

べて見ても見当たらず。「山伏」ならまだ有明町などに「山伏の墓」などあって分かるので

すが・・・何でしょう「山武士」というのは。


写真左から二番目です。

Photo_3

頭の所が作り替えてあるみたいですが、多分明治の神仏分離に伴う廃仏毀釈で首を折ら

れていたので、どなたか作り換えたのでしょう。地蔵さんの首が折られているのは、あちら

こちら目にできます。年号等の記銘はありません。


さて、ひとつ置いて、

Photo_4

こちらは、像の台座に寄進者の名前が書いてありました。大正2年。名前を知人に聞くと、

近所の方ではないかとのこと。


さて、問題は

Photo_5

観音さんですが、向かって右の扉はありませんが、左の扉に

Photo_7 

確かに、「千々石里正 宮崎九郎右衛門延髙造立」。


最初、この「里正」が分からない。多分、千々石の「小字名」ではないかと思ったのです

が、該当の字名は無し。ひょっとしたらキリシタンの洗礼名、「ジュリアン」を「寿里庵」とも

書くとことがあり、このたぐいではないのかと思ったのですが、これにも該当は無し。なお、

調べると何のことはない、辞書にちゃんと出ていました。①条里制の里の長②庄屋。村長

のこと。

千々石里正=千々石庄屋。千々石の庄屋と言えば宮崎姓。やっとここまでは分かりまし

た。


なお、「里正」については、江戸時代に使っている例もあり、面白いことに、廃藩置県にな

ったとき、島原藩の千々石村、南串山村、北串山村、小濱村を第五区とし、各村を小区と

し「初ハ此ノ小区ヲ管轄スルモノニハ里正一名副ト改メヌ・・・」と言うことで「里正」という言

葉、条例制の頃から脈々と生きていたのですね。


さて、この千々石の庄屋がこんな所になんで、いつ頃立てたのか。日野江城との関係

は?はたして、何代目の庄屋なのか?

残念ながら、この庄屋さんの子孫は地元には居ず、庄屋跡の敷地も土地ブローカーが買

い上げ宅地にして、石垣がかろうじて残って居るだけで、他はまったく分からない状況。も

ちろん、手がかりになる古文書等も残されていません。


この宮崎庄屋、町史では、「千々石村の庄屋は宮崎家で、村で由緒ある農民が選ばれ、

代々世襲であった。」と書いてありますが、千々石村村誌によると、島原の乱後、高力摂

津守忠房がその戦後経営にあたりますが、二代目の時改易。松平氏が入ってきます。こ

のとき、「・・・庄屋ハ世襲ノ慣例トナリ居タルガ初代目ハ西郷村(現雲仙市瑞穂町)宮崎孫

九郎ト云ヘル人ニシテ・・・」とありますから、根っからの千々石の人ではなさそう。瑞穂町

も調べる必要があるかも?



なお、日野江城は、慶長19年切支丹大名の有馬晴信が岡本大八事件で甲斐の国で切

腹、その後、嫡子直純が延岡城に移封、代わりに松倉氏が入城。しかし、島原城を作りそ

ちらに移りますが、このとき日野江城の石垣を使ったそうです。日野江城は幕を閉じま

す。推察するに、廃城後に祠を建てたのではないでしょうか?


さて、最初に戻り、「宮崎九郎右衛門」わざわざ遠くのこの地に、なぜ祠を作ったのか、「山

武士神社」とは何なのか?その関係やいかに。北有馬町でも「山武士神社」の由来を調

べているそうですから、それを手がかりに・・・何となく推理小説みたいで面白そう。



興味あった人は、下をポッチしてね

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ





2012年5月15日 (火)

日本人の知らない日本語2巻・3巻★蛇蔵・海野凪子~日本人必読書

1_2 2

この本、第1巻は先日紹介をしましたが、書店に行くと2巻と3巻が並んであって、買いた

いけれど年金暮らしの身の上。どうしようかと思っていたら、公民館に並べてあるではあり

ませんか。とくかく読んで面白いし、ためになる本。パワーアップしていますね。

舞台は、日本語学校。外人さんとの考え方の違い、日本語を教えることの難しさ。凪子先

生は、日本語学校の先生をしていますが、日本語教師になる条件の資格として、


●大学で主専攻あるいは副専攻の日本語教科目を履修していること

●日本語教師養成講座において240時間以上の教育を受けていること

●日本語教育能力検定試験に合格していること


のひとつに該当することを採用条件にしている日本語学校が多いそうですが、なにせ、こ

んな生徒さんですから、これくらい厳しい基準がなくては。

11_3

さて、この本読んでいて、日頃疑問に思っていたことが2つばかり分かりました。

ひとつは「ら抜き言葉」がなぜ使われるようになったのか。

3

これで見ると、赤の四角の所が、可能形、受け身・尊敬語が同じで、どちらがどちらが分

かりませんが、「ら抜き」言葉を使うと違いがよく分かりますね。「ら抜き言葉」、あまり好き

ではないのですが、こういう風に説明されると、これもひとつの日本語の変遷かと納得。

4

もう一つは、「歌わせていただきます。」の「さ」。この「さ」は以前から耳障りになっていた

のですが、これ「さ入れ」言葉というのだそうですが、これは必要のない言葉だそうです。

「帰らさせていただきます」(×)ではなく「帰らせていただきます」(○)。


あと、どうにも気になるのが「尊敬語」「丁寧語」「謙譲語」の混同に大安売り。この間、講

演会に行ったら司会の人が、講師の紹介で、「今日の講師であられます、山田先生は、ご

生物のご研究におかせられましては、世界的な研究者であられまして・・・・」この調子で

延々。

ところで、ここでテストです。


6

本には全部かいてあるのですが、わざと消しておいました。空白を埋めて下さい。正解は

本を買ってご確認下さい。知っておくと役に立ちますよ。


なに!尊敬語と丁寧語と謙譲語の違いも分からない!?日本語学校へ通うべきでしょう。

もう一つ、「た」に濁点をつけると「だ」になるますが、なぜ濁点が出来たか、これは勉強に

なりました。日本語もたまには勉強しないとダメですね。


役にたったひと下をポッチしてね。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村




2012年5月14日 (月)

日本最古のキリシタン伏碑(墓碑)~雲仙市小浜町飛子名土手之元

Photo

日曜日の長崎新聞を読んでいたところ、キリシタン墓碑の記事が。

Photo_2

スキャナーがA4までなので途中で切れていますが、南島原市と長崎純心大学が相次いで

調査報告書を発行したとか。要約すると。


南島原市は、「日本キリシタン墓碑総覧」ということで、全国のキリシタン墓碑202基の形

式、石材、寸法、製作時期、銘文等を調べたもの。


長崎純心大学は、墓碑のルーツの解明。ポルトガル、スペイン、イタリアまで調査をし、ポ

ルトガルで日本の伏墓と同型の16世紀前後の墓碑を多数確認したとか。日本の伏碑

は、ポルトガルの宣教師の指導で作られたと推測をしているそうです。


なお、ポルトガルの墓碑は1世紀前後にローマから伝わったそうで、ローマの古代墓碑か

らも日本の伏碑と同形の墓碑を確認したそうです。日本のキリシタン墓碑が歴史的にもい

かに貴重なものか分かると思います。


キリシタン墓碑にはまとまった書物がなく、やっと出てきたかという感じですが、一般には

手に入らないみたいで、県内公立図書館に寄贈するそうです。


さて、この記事の中で、最古のキリシタン伏碑(墓碑)は、雲仙市小浜町飛子名の土手之

元一号墓碑だと判明と書いてあり、小浜町と言えば隣町。ここの墓碑は見たことがなかっ

たので出かけましたが、途中でひどい道に迷い込み、抜け出すのに1時間ばかり、おかげ

で車の横をこすりましたが 捜してみれば、何のことはなく車ですぐ行ける所でした。

Photo_3

4基の墓碑が並んでいますが、一番奥の墓碑が日本最古の伏碑です。説明版はなく、案

内の標識だけが立っていましたが、長崎県指定史跡の説明を読んでみると、「畑の中に

叢林があり、その中にあった花十字紋入り半円柱蓋石型と無紋無銘の切妻石型の2基は

昭和2年に指定されていた。昭和54年2月環境整備の時、地中の中から2基の無紋無銘

の切妻蓋石型墓碑が新しく発見され同年7月追加指定された。地中からいくつかの墓碑

が出土し、しかも台石の固定状況からみて、島原の乱以前にこの地域にキリシタン共同

墓地があったのではないかとも推定される。」とあります。有家町の場合も畑の中に埋も

れたり、うち捨てられたりしたものが多くありました。禁教後、壊され畑の石垣に転用され

たり、そのままにされていたのでしょう。

Photo_4

前面に花十字が刻まれているのですが、ほとんど薄くなっていました。前に紹介した、有

馬商業高校(2009年閉校)の郷土研究会がだした冊子(1983年発行)によると、右のよう

な花十字です。

Photo_6 Photo_7 

後から見た写真と横から見た写真です。

Photo_8

Photo_9

慶長9年の銘が刻まれているということですが、見るのを忘れ、あとで写真を拡大して見た

のですが、安物のカメラで確認出来ませんでした。


慶長9年といえば、安土桃山の最後の時期、慶長8年に徳川家康が江戸幕府を開いてい

ます。

禁教令は豊臣秀吉が天正時代に出していますが、狭義の意味では慶長17年と慶長18

年に江戸幕府が発令したものだそうです。慶長9年は、島原半島は切支丹大名、有馬晴

信が治めていた時代で、まだまだキリシタンが盛んな時代だったのでしょう。

見ていると、時代の重みを感じてきます。



2012年5月13日 (日)

この一曲~剣の舞★ハーモニカ・スクランブル

Photo

小学校の時、音楽の時間に器楽の合奏があったと思います。世代によって楽器の種類が

違っているみたいで、私たちの時はハーモニカ、それからリコーダがあって、私の娘の時

はピアニカ。


夏休みの宿題にハーモニカの課題曲があって、父がハーモニカが好きとあって、一夏、唇

が切れて血がにじむほど練習をしましたが、結構上手にはなりました。


ハーモニカといってもいろいろあって、私が持っているハーモニカですが、

P5060105

一番上の小さいのがお遊び用のミニハーモニカ。ホーナー製ですから結構鳴ります。


二番目がご存じ、フォークソング、ブルースなどで使うブルースハープ。ひとつの穴で2つ

の音が出ます。例えば、吹いて「ド」の音、そのまま同じ穴を吸えば「レ」。半音はベント奏

法という技法を使います。


三番目が、普通使われているハーモニカですが、複音ハーモニカは、上と下にリード(音

が出る部分)が2枚使われており、微妙に音のピッチが違わせてあり、郷愁のある音が出

ます。小学校では単音ハーモニカを使ったような気がしますが。


四番目と五番目がクロマティックハーモニカといって、同じひとつの穴で4つの音をだすと

いう優れもの。息を吹き込んで「ド」そのまま横のレバーを押せば「ドの♯(ドの半音上)」。

レバーを元に戻して、息を吸って「レ」、横のレバーを押せば「レの♯」。結構なお値段がし

ましたが。他にも、バスハーモニカとか、コードハーモニカとかいうのもあります。

私もブルースハープと、クロマティックハーモニカを練習していたのですが、いつもの3年

坊主で・・・


さて、厚木市はハーモニカの愛好者が多く、「ハーモニカの街あつぎ」ということで、今から

数十年前、3日間、朝から晩まで、小さい演奏会から、大きい演奏会、プロ、アマ、クラシッ

ク、ブルース、合奏、クリニックと大がかりなフェスティバルをしたことがありましたが、私も

わざわざ長崎から見にいきました。


そのとき、上のCDの「ハーモニカ・スクランブル」というグループの演奏会もありましたが、

すごいのなんのって、ハチャトリアンの「剣の舞」には圧倒されました。ハーモニカというと

一般には簡単で、子どもの楽器だという意識がありますが、なんのなんの、すごい楽器で

すよ。


そういえば、映画「墓につばをかけろ」の主題歌「褐色のブルース」の出だしが、ハーモニ

カですが、今でも耳に残っています。ハーモニカ良いですよ。ジャス良し、クラッシック良

し、童謡良し、POP良し、歌謡曲良し、バックグラウンドミュージックとして良し、ハーモニカ

のCD一枚いいかがですか。


今日のおやつ:

久しぶりに、小浜に行ったので、シェダムールさんへ「ごまごま」という名前のケーキです。

「まごまご」ではありません。ゴマの香りが何とも素敵で・・・ゴマは体にも良いって言うし・・・

P5130224



2012年5月12日 (土)

橘神社から弘法原へ旧道を歩く★龍馬が歩いた道???

      Photo_3

        (島原半島の歴史 監修・松尾卓次より)


坂本龍馬、勝海舟が、熊本から島原へ渡航したのは万治元年(1864)二月二十二日、

その日のうちに、愛津村庄屋深浦家(現島原市愛野町)で一泊しています。

Photo_4

いまは、民家になっておりますが、一周すると石垣などは昔を偲ばせるものがあります。

昨年は龍馬ブームで訪れる人が多く大変だったみたいですが、伊能忠敬も泊まったと言

われております。


坂本竜馬が島原から愛野まで来る道は、近道だと雲仙を越えていくか、有明海の道を通

って来るかですが、帰路については「神代鍋島家日記」で「(四月五日、小雨のち晴)最前

長崎へ罷り越された公役人が今昼当所で休まれ(略)休所手当いたす。一、御軍艦奉行

並勝麟太郎上下弐十人」(島原半島の歴史 監修・松尾卓次)となっていますから、海側

の道を通ったでしょうが、長崎まで行った道については記録がないみたいですが、どちら

にしても健脚だったのでしょう。

Photo_5

さて、いつも気になっていたのがこの看板(龍馬が歩いた道)、弘法原から千々石の方に

降りることになっていますが、島原から来ると、島原~雲仙~田代原になりますが、田代

原からは小倉という地区に降りる道と、吾妻岳の横の自然歩道を通ってここへでて、急

坂を下る道があります。


伊能忠敬日記には「田代で野陣昼休み。千々石村小倉名内大堀、(略)右に釜蓋城、千

々石大和考古城・・・」(新島原街道を行く 松尾卓次著)と書いてありますから、田代原~

小倉に下る方に街道があってこちらを通ったはずでしょう。なお、この看板の道を下ると

釜蓋城は左になるはずです。この看板あちらこちらに立ててありますが、しっかり調べて

ほしいものです。


この、千々石~弘法原~田代原は、自然歩道になっており、季節の良いときにはよく歩い

ている人の姿が見え、また、雲仙山系は山岳競技の場所でもあり、高校生などがインター

ハイ近くになると練習のためか良く通っています。


地元の人間でもあり、一回は登ってみようと。なお、近くのおばあさんと話をしていると、小

さいとき、弘法原(いまは牧場の里と言っています)まで、この道を通って、牛の世話をしに

行っていたそうです。女の子のが行ったのならと、気軽に考えて・・・・昔の人は強かった。


案内がてらに写真を貼っておきます。出発は橘神社です。神社の鳥居から少し行ったとこ

ろ。弘法原との表示板が、少し分かりにくいので要注意。後は中学校のグラウンドの崖沿

いに進みます。後は表示版通りに行くと間違いありません。

Photo_6 Photo_7

Photo_8 Photo_9

岡東(おかとう)という地区に入るとすぐに神社があります。そこから少し行くと三叉路にな

ります。赤印の道を行きます。ここから上り坂になりますが、登ったところ日向平線(ひな

たびらせん)という道路に出ますから、ここを右に、ここは両方とも表示版がありませんか

ら迷わないように。

Photo_12 Photo_13 

Photo_14

赤い四角いところ、さっき書いた岡東地区の神社です。これからに比べれば、たいしたこ

とはありません。

Photo_15 Photo_16

Photo_17 Photo_18

入ってしばらくは草が茂り、荒れていますが標識は点々立っていますから、道は間違うこと

はないでしょう。よく見ていくと、道が崩れないように、石垣が組んであります。千々石から

弘法原、吾妻町方面への主要道路のひとつだったのでしょう。

Photo_19 Photo_20

Photo_21 Photo_23

Photo_25

さて、やっと着いたところです。時間にすれば、1時間~2時間くらいでしょうか。でも、私、

登りは良かったのですが、下りに関節を痛めて・・・なお、元気ある方はここから田代原

へ。


まあ、できれば、すぐに駐車場がありますから、何方か頼んで車で帰った方が無難かな。

田代原までは別の日にして、牧場の里でゆっくり遊んで。

Photo_27

駐車場と龍馬の看板です。右側がすぐ道の出口になります。

今からは草が茂り始めますから、出来れば秋が良いでしょう。なお、ここらあたり、イノシシ

の罠がたくさんありましたから、間違って入らないように、要注意。


なお、岡東までにキリシタン地蔵がありますから興味ある方は→こちらクリック

吾妻の里は→こちらをクリック





2012年5月11日 (金)

かいじゅうたちのいるところ~モーリス・センダック

Photo

柳田邦夫さんが、「砂漠で見つけた一冊の絵本」でこう書いています。「人は人生において

三度、絵本や物語を読み返すべきではないかということだ。多くの人は、自分が幼いとき

と、親になって子どもを育てるときの二度、絵本や物語を読むだけで、子どもが成長すると

そういう本には目を向けなくなってしまいます。しかし、たとえば『フランダースの犬』が語っ

ている、死の受容に欠かすことのできない『自らの人生への納得』という普遍的な問題の

重要性について、本当に自分の生き方にまで結びつけて読み取るということは、人生後半

になってからか厳しい病気を背負うようになってから読まなければ、なかなかできないこと

だと思う。

 つまり、人生後半になって絵本や物語に親しむのは、その人の内面的な成熟に結びつく

営みだと、私はとらえている。」


先日、5月8日、モーリス・センダックさんが死んだというニュースが流れました。「かいじゅ

うのたちのいるところ」は、子どもが小さいときに読んでやったなと思いながら、懐かしく思

い図書室から借りてきました。


考えれば、子どもに読んでやるときは、どうして興味を持たせようかということばかり考え

ながら読んでやって、中身まで十分に考える余裕もなかったのですが、今回ゆっくりと一人

で読んで見ると本当に良い本ですね。

P5110177

じっくり見ると、ダイナミックでありながら、怪獣の毛皮の一本一本の線の繊細な描写。こ

れ見ているだけで楽しくなってきます。


子どもの頃は、自分が忍者になって崖から飛び降りたり、ままごとごっこでお母さんになっ

たり、プラモデル同士を闘わせたり。この本を読んでいると、大人になった自分の空想力

が、いかに細ってきたかを感じます。半日間絵本を眺めていたら、心が軽くなったような気

がしました。絵本を無心で見ていると精神的にも良いのかな?


ところで、植えていた空豆が空を向いてきたので(下を向いた豆が、だんだん上を向いて

空を向くので、空豆といいます。)試しに10本ほど取ってきたら結構、中身が入っていまし

た。

P5100162

今日ぐらい、全部収穫(といっても7株程度)しようかと思っていたら、知り合いの人が、「食

べんね。」と、袋一杯持ってきてくれました。

旬のものは体にも、味も良いのですが、同じ時期に実るので、いつもあちらこちらから頂

いて、ありがたくはあるのですが・・・夫婦二人では・・・




2012年5月10日 (木)

釜蓋城ぬけ穴か?~雲仙市千々石町

Photo

先日、橘神社の裏山の釜蓋城のことを書きましたが、(釜蓋城→こちらをクリック)上の写

真は展望台であって、こんな天守閣を持っていた城ではなく、いわゆる山城です。


この展望台を作るにあたっては、天守閣を持った城と勘違いされるから止めてくれと、某

所からクレームがあったとか仄聞しましたが・・・・


さて、先日の常会のおり世間話をしていたら、うちの畑に何のための穴か分からないのが

あり、調査にも何回か来て、どうも釜蓋城への抜け穴ではないかとの話であったとか。

とにかく穴ときけば・・・

Photo_2

畑の所に確かに穴が。

Photo_3

下の方は土でかなり埋まっていますが、はやり変な感じの作り方。いつの頃からあったの

か、いわれ等も伝わっていないとか。


中の方もちゃんと石が組んでありましたが、数メートル行った所で岩みたいなのが崩れ落

ちて、ふさがっていました。人がしゃがみながら行ける程度でしょう。

Photo_5

下の写真の後方の森が釜蓋城になり、穴の方向は城の方向を向いています。

Photo_4

穀物の貯蔵庫ではと思ったのですが、それはないとか。


この釜蓋城には抜け穴があったという話は数年前聞いたことがあるのですが・・・

今は、山が削られグラウンドになってしまいましたが、このグラウンドの一角に雪が降って

も積もらないところがあるとかで、ひょうっとしたらと関係あるのではないかと言う話でし

た。

Photo_6

瑞穂町の杉峰城にも抜け穴らしきものがあるとか。城と抜け穴、何となく良い取り合わせ。


考えれば、ここは千々石ミゲル(天正遣欧使節)が幼少時、龍造寺から攻められ逃れ延び

た城。龍造寺は2万の兵を神代(雲仙市国見町)に集めたといいますから、この、小さな城

を囲まれてしまうとそう簡単には抜け出せないでしょう。ひょっとしたら、この抜け穴から逃

げ出したと考えると感慨深いものがありますね。歴史は、推理とロマンですから、楽しく考

えましょう。


    参考:「千々石郷土誌」「瑞穂町誌」



2012年5月 9日 (水)

島原藩・諫早藩~藩境石塚★雲仙市愛野町

先日、諫早市森山町唐比の佐嘉藩(佐賀藩)の境石の事を書きましたが、調べればいろ

いろあるもんで、今度は島原藩と諫早藩の藩境石塚があるとか。藩境石塚とはなんぞや

と好奇心が。「山を越え」と書いてあるので、また山かと思いながらも出かけて見ました。


   惜春やたまに行きたいキャバクラへ sugikan   お粗末な句ですみません。 


場所は、ブログで良く出ている、昭和13年に廃線になった雲仙鉄道跡のすぐ近くです。も

し、雲仙鉄道を辿る機会があったら、ちょっと寄って見てください。面白いですよ。


目印は「プラスナイロン」目立つ看板です。ここから、山王自然公園、日吉神社に行けま

す。すぐに道が分かれていますから、プラスナイロンの方向、右の道を取ってください。

Photo Photo_2

「プラスナイロンの入り口右手山の中」と書いてあったので、また、山の中を捜すのかと思

っていたら、プラスナイロンのすぐ手前に、標識と看板が立っていました。さすが、愛野町

(あいのまちと読んでください。あいのちょうと言ったら叱られたことがありました)。

25  Photo_3

さて、山の中のどこらあたりかと、林の中に入ったら何のことはない。すぐにありました。

Photo_4

Photo_7

Photo_5

Photo_6

上の2枚の写真と、下の2枚の写真の違い分かりますか。上の2枚は四角形、下の2枚は

円形。これは、四角形が島原藩、円形が諫早藩だそうです。


記録によると、42カ所あたっとの事ですが、現存しているのjが31カ所。島原藩は18カ

所、諫早藩は13カ所が確認されているそうです。辿って行くと、愛野町の中野方面まで

1,5㎞辿れるそうです。行ってみようかと思ったたのですが、イノシシの跡がたくさんあり、

蛇さんが出てきそうだし、加えて、先日無理して、島原街道の山道を歩いて、関節を痛め

(歳のせいか)思うように歩けず、今年の冬にまた来ることに。藩境石塚は初めて見たの

で感動しました。ここが、島原藩と諫早藩の境か!


なお、これが積まれたのは、島原藩、有馬晴信、諫早藩、初代龍造寺家晴のころ、約40

0年前、天正年間から慶長年間頃ではないかと考えられるそうです。

本来、まだあったのでしょうが近年畑の石に使われたり、道路工事などで何カ所かは壊さ

れたのではないのでしょうか?多分、山の中で奇跡的に残っていたのでしょう。



■ 参考:愛野町郷土誌(増補改訂版)




2012年5月 8日 (火)

大根のワサビ漬けレシピ~ビールのおつまみに、ご飯に

Photo

数年前、息子の嫁をもらいに沖縄まで行ったのですが、やはり、緊張しました。相手のお

父さんがざっくばらんな方で、趣味も何となくあって話が弾んで、嫁取りの話はどこへや

ら。


サーターアンダーギーが出てきて、これが手作りでおいしかった。そのうちビールでもとい

うことで、おつまみに出てきたのが、手作りの大根のワサビ漬け。これまた結構なお味で、

レシピを習ってきたのでご紹介を。


材料:

・大根              一本

・砂糖       500g

・塩        50g

・ワサビ粉    50g

・ミツカン酢   500mlの2分の1

・ビール     350ml缶ビールの2分の1(ノンアルコールはもちろんノン)


後は簡単。まず大根を適当に、お口の大きさに合わせて拍子木に。

ちょっと雑過ぎか。右の包丁は、私の包丁で1万円。

Photo_2

あとは、他の材料を一緒に混ぜますが、砂糖が少し多いので、若干少なくして後で調整し

た方が良いみたい。ワザビも同じで、好き好きで、多くしたり、少なくしたり、ご自由に。

Photo_3

あとは、適当な入れ物に入れてできあがり。

Photo_4

大根一本は多すぎるので、半分使いました。それに合わせて、調味料も半分に。


ビールの使い残しは飲みたかったけど、ドクターストップで飲めないため、ナメクジの駆除

用に。あれ、面白いんですよ。適当な入れ物にビールを入れて外に置いておくと、ナメクジ

が夜に寄ってきてビールを飲んで酔っぱらって、おぼれ死にするんですけど・・・


後は、すぐ食べると大根のシャキシャキ感と、甘酸っぱさと、ワザビのピリッとした感じが、

うまくマッチして美味。時間をおくと、中まで味が沁みる込んで、これまた美味。これから

の、夏のビールのおつまみにピッタリです。大根はカロリーが少ないから良いですよ。もち

ろん、ご飯のお漬け物にも。アルコール分は時間がたてば抜けてしまいますから、アルコ

ールに弱い方もご心配なく。

それにしてもビール飲みたいな。





   

2012年5月 7日 (月)

諫早の織部灯籠二基(キリシタン遺跡?)~長崎県諫早市

3

諫早方面に織部灯籠、別名キリシタン灯籠というのが二基あるというので、見にいってみ

ました。島原城の二階にもあるのですが、やはりこういうものは現地で見ないと。


一基は、諫早の運動場近くのパチンコ屋の横の栗面(くれも)橋を渡渡ると、すぐにきれい

な花壇があります。

1

青の線の方向に行くと天祐寺、眼鏡橋方面、ここを右に入ると、赤の四角のところに、他

の墓碑と共に立っていました。

2

一番左側ですがこちらは裏側から見たところになります、前面は一番上の写真です。、

笠、火袋、中台はありません。以前の写真を見ると宝珠もなかったみたいなんですが、本

来の宝珠か、どこからか持ってきたものかは分かりません。


織部灯籠はご存じのように、戦国大名、古田重然(一般には茶人古田織部としての名前

が有名)が、茶室用に考案したものと言われています(異説有り)。


竿の上部が膨らみ遠くから見ると、十字架にみえること、竿の中央部に神父、聖人に見え

る像が彫られていること、膨らみのところにローマ字らしい記号が刻まれていること等から

キリシタン灯籠ともいわれ、隠れキリシタンとの関係も考えている方もおられます。


下の写真、神父さんみたいな像が分かると思います。ローマ字らしきものは分かりません

でした。

4_3

さて、もう一基は、諫早観光ホテル道具屋の道を隔てた裏側。金谷町公民館の横に稲荷

社(鳥居には安政六年と彫られてありました)がありますが、そこに飾られていました。

5

いろんな、地蔵さんや祠が並んでいましたが、近所にあったのをまとめて祀ったのかな?

全部詳しく見なかったのでよく分かりませんでしたが。

ここに、一基。

6

こちらも最初は、竿の部分だけだったらしいのですが、町内の方が中台から上を付け足し

て作ったそうです。

7

はやり竿の部分に人の形が。


本来、諫早地方は当時の伊佐早の西郷氏がキリシタンを頑として受け入れず、キリシタン

とは関係ない地方だと思われていたのですが・・・


しかし、、織部灯籠自体諸説有り、ここのものが、禁教前のものであったのか、禁教後の

ものか、キリシタンと関係あるのか無いのか、ただ単に茶室等の飾りとして使ったのか、こ

こらあたりの昔の状況などを考え合わせなければ分からないのでしょうが・・・


なお、千々石にも「神父像(キリシタン遺跡)」というのがあるのですが。

P1040397

何となく似てると思いませんか?

一応金屋町公民館の説明版も張っておきます。(クリックすると大きくなります。)

P4220159

さて、皆さんの推理は如何に。


参考: 「諫早を歩く」 山口八郎著




2012年5月 6日 (日)

この一曲~沖縄で聞いた話★伊奈かっぺい

Photo_3

少し早いのですが、1975年(昭和47年)5月15日、沖縄が日本に返還された日です。

この頃になると、伊奈かっぺいさんの「沖縄で聞いた話。」を思い出します。

「この一曲」といいながら歌ではなく、このCDのライブコンサートで読んだ詩ですが。





沖縄で聞いた話。


学校の先生が言ったー

 あすから沖縄は日本になります

 何もかも、日本と同じになります

ひとりの子どもが言ったー

 先生、それじゃ


あしたから沖縄にも

雪が降るんですね・・・。


笑えなかった


 出来るなら

 降らしてやりたいと

 思ってしまった。




あの頃の事を知っている人には、本当に笑えない話です。日本人が、沖縄の方がいかに

に切実に沖縄返還を望んでいたことか・・・・



沖縄は今基地問題で揺れています。早く、平穏な島になって、子どものために雪が降ると

良いのですが。うちの息子の嫁も沖縄出身で、雪の降るのを見たことがないとか・・・





2012年5月 5日 (土)

干拓の里(諫早ゆうゆうランド)~孫とおつきあい(長崎県諫早市)

Photo_2

孫達が連休に遊びに来ていて、どこかに連れて行こうと。安近短で考えて、諫早の運動公

園、国見の百花公園を考えたのですが、いずれも人が多くて駐車場の問題があるなと。

意外と穴場ではないかと思い、干拓の里に行くことに。と思ったのが甘かった。駐車場は

一杯、乗り物は30分~1時間待ち。


ここは、数年前に来たことがあるのですが、遊具などが増えた感じ。

Photo_3 Photo_4

P5050047 P5050048

有料の遊具、無料の遊具いろいろありますが、小さな水族館もあり(有料)。いろいろ工夫

もしてあって、子供は結構喜んでいました。

Photo_5

真ん中は、有明海の干潟の生物。ムツゴロウさんがピヨンピヨン飛び跳ねていました。

Photo_6 Photo_7

今日は、連休でもあり、イベントが。「仮面ライダーフォーゼショー」。意外と人気があるん

ですね。こちら全然知りませんが、仮面ライダーは知っているのですが「フォーゼとは?」。

調べると、仮面ライダー40周年紀念作品で、キャッチコピーは、「青春スイッチオンで宇宙

キター!」だそうですが、なんのこっちゃ?この暑いのに着ぐるみを着て、俳優さんも大変

でしょう。


さて、入り口を入ったところに、「諫早市有形文化財(建造物)旧早川家住宅」があります。

Photo_8 Photo_9

明治7年、元諫早家家臣、木下氏が自宅として建設し、その後、長男の元衆議院議員竹

下氏をはじめとして代々子孫が住居。同氏の娘婿が入居をし、第九代目の諫早市長を務

められ「市長宅」の愛称で親しまれていたそうですが、市に寄贈され、現地に移築、復元さ

れたものだそうです。いまの2DKとか、4LDKなどと違ってゆったりして良いですね。

人物が写って今っすが人形です。こうしてみると、昔の男は貫禄があったんですね。

ここは無料になっているみたいでしたが。


参考のためのパンフレットを貼り付けておきますが、諫早市内から15分程度、愛野町の

方向に走ったところです。お手軽、手頃な所です。お弁当でも持っていかがですか。ゴー

ルデンウィークで今日は大変でしたが、通常の休日はこんなに混ではないと思います。

Photo_11

まあ、今日は10時から4時くらいまで付き合って、天候が暑かったせいもあり、とにかく疲

れました。人が多い中、孫はチョロチョロして心配しなければならないし・・・・


2012年5月 4日 (金)

文人悪妻★嵐山光三郎~ちょっと、いたずらしました

Photo

ソクラテスの名言に、「良い妻を持てば幸せになれる。悪い妻を持てば私のように哲学者

になれる」というのがありますが、「ソクラテスの妻」を出版した佐藤愛子は、「ソクラテスの

ような男と結婚すれば、女性はみんな悪妻になってしまう」と言ったそうですが。考えれば、

どちらもどちらでしょう。ところで私は哲学者になれませんでしたが・・・


さて、近ごろ、かみさんに、いろいろとカチンとくるところがあり、上の本の表紙にちょっとし

たいたずらを。今は便利ですね。スキャナーあり、編集用ソフトあり。

2

なかなか、良いできですね。


この後、本の表紙を入れ替えて、さりげなくなく食卓の上に置いておきました。

P5030041

さまになっていますね。



後はどうなるか。包丁が飛んでくるか、薬を混ぜられるか、離婚届がでてくるか、一生無視

されるか。私は文士じゃないですが、破滅型人間ですかね。







2012年5月 3日 (木)

夏野菜植えました~参考にならない家庭菜園日記

Photo

先日、雨が降りそうだということで急いで園芸店に。ほんと、何でこんなに花屋さんきれい

に咲かせるんでしょう。


鉢植えにしたキュウリと、ミニトマト。これ、挑戦したことがあるんですが失敗しました。

やはり専門家ですね。

Photo_2 Photo_3

なすびに、キュウリ。二株ずつ。

Photo_4 Photo_19   

嫌いなピーマンに、トマト。トマトは各種出ていたので、四種類ばかり、適当に。去年、白の

ニガウリが良かったので、買おうと思ったら、今年は入荷していないとか。種を買ってきて

育てることに。

Photo_7 Photo_8

去年買い損ねた、サトイモ。いつも植えるときに、どちらを上にするか悩むんですが、ピン

クの芽が出始めていたので、楽でした。

Photo_9

いつもの愛機で耕したのですが、ずっとそのまましていたので、土が硬い、硬い。

いつもと同じく、発行堆肥、発酵石灰、発酵鶏糞、発酵油かすを適当に混ぜて、ばらまい

て耕作。

Photo_10 Photo_11

あと、まあ、考えすぎるとストレスになるので、株間もこんなものかと適当に。

Photo_12

次の日、見にいったら、モコモコとした所、わかりますか?モグラさんの仕業です。

いろいろやってはみたのですが、どれも失敗。子供のいたずらぐらいに気楽に考えて。

Photo_14

晩生(おくて)の玉葱ですが、まだまだ。私みたいに、実らないまま腐ってしまう人生でない

なら良いのですが・・・

Photo_15

空豆は順調に育ちましたが、中身もうすこし。

Photo_16 Photo_17

その他、カリフラワーは、かみさんが黙って全部収穫していました。水菜、ホーレン草は大

きくなり、花が咲いたので処分。イチジクはほっておいても順調に育っていますが、ブルー

ベリーは、又失敗。土が合わないのでしょうか?

Photo_18 19

花は手入れも何もしなかったのですが、結構きれいに咲いてくれました。


毎年、あまり手も入れないのに、野菜が良くなってくれます。飲んだくれの親父に、優秀な

子供が育っているな気持ちです。役に立たない菜園日記で済みません。



2012年5月 2日 (水)

謎のフルベッキ写真~雲仙市小浜町小浜神社

P5020578

江戸時代、愛野町出身の五代目玉垣という力士がおり、そこに弟子入りした六代目の玉

垣という名力士が小浜出身ということで、ここ、小浜神社に記念碑があり写真を撮りに行

ったついでに、神社の天井絵などを見学。


拝殿の左側になにやら写真が飾ってあり、何気なく見ていたら、名前も書いてあり、これ見

てビックリ。(写真クリックすると大きくなります。)

P5020600

写真の下には、「奉納 『明日の日本を方向づけた若き志士たち』」。そして奉納者の名前

が書いてありました。神社に写真を寄進されたのでしょう。


そして、写真には歴史に弱い私でも良く知っている名前がずらりと。

フルベッキという人を中心にして、勝海舟、後藤象二郎、江藤新平、井上馨、伊藤博文、

村田新八、大久保利通、西郷隆盛、、西郷従道、川治利良、黒田清隆、森有禮、陸奥宗

光、中岡慎太郎、大隈重信、高杉晋作、大村益次郎、桂小五郎、岩倉具視、そして坂本

龍馬など44名の名前が。左下の方に、「長崎オランダ塾 慶応元年二月 1865年 撮

影 上野彦馬」。もちろん複写写真でしょうが。


これだけの人物が何のために集まったのか。去年の「竜馬伝」でもこんなシーンは無かっ

たはず。信じられない気持ちで家に帰ってネットで調べると、「フルベッキ」→こちらをクリ

ック。


なお、調べると、「フルベッキ写真」なるものが。

この写真、最初は明治28年、雑誌「太陽」で「ブルベッキが佐賀藩の学生と共に撮影した

写真」となっていたそうですが、明治40年発行「開国五十年史」では「長崎致遠館フルベ

ッキ及び其門弟」として紹介。昭和32年に石黒敬七の「写された幕末」で、「長崎海軍練

習所の蘭人教師とその娘をかこむ44人の各藩生徒」として紹介。


そして、肖像画家の島田高資が、昭和49年、雑誌「日本歴史」に幕末の志士が写ってい

るとの論文を発表して、世に知られるようになったそうです。島田が推定したのは22名で

すが、段々増え現在44名が推定されているそうです。上の写真、確かに44名の名前が

書いてあります。


写真の各名前については、その信憑性が疑われているそうですが、まだまだ論議があっ

ているようです。否定的意見が圧倒的。ただ、実際に一致すると推定される人物もいる

そうです。これ参考になりました→「フルベッキ写真に関する調査結果:舎人学校」


いろいろ読んでいると、フリーメーソン説有り、真ん中あたりの人物が、「大室寅之助」とな

っていますが、これが実は明治天皇になったとか~明治天皇入れ替わり説。とにかく面白

いですから、「フルベッキ写真」でネット検索してみてください。一日楽しい思いができます

よ。


なお、写真の羽織の家紋で真偽を調べた人もいるとか。これだけ、PCの映像技術が進ん

でいますから、各人の写真が残っている人物については検証できないものでしょうか?

この写真、間歇的に話題になるどうですが、それを見られたことは今日はラッキーでした。


なお、写真はネットで明確に写っているのがありますからそちらを見てください。

でも、この写真に写っている人物が全部本物だったら凄いな。小浜神社にお寄りの節は

是非御覧下さい。



(参考:ウィキペデイア・その他ブログ参照)





2012年5月 1日 (火)

佐賀藩・藩境石~こんなところに(諫早市森山町唐比)  付録:唐比ハス園状況(5月1日)

Photo

先日、諫早の郷土館で少し話をして、帰りに「郷土館だより」をもらったのですが、その中

で、佐賀藩の藩境石が唐比の天満宮の建物の基礎石に使われているとか。ほんまかい

な、と思って見にいってみました。この神社については、「唐比一周一万歩」にも取り上げ

ていたのですが、全然気づきませんでした。このこんもりした木立の中にあります。

Photo_2 Photo_3

いって見ると、80年配のご夫婦で、神社の中を掃除中。基礎石に文字が彫ったものがな

いか聞いてみたのですが、訝しげに、「そんなものは、見たことがなか。」と言う返事。

こちらは拝殿ですがどこにも見あたらない。

Photo_4

ふと、思って裏の本殿に回ったら。こんなところに。

Photo_5

赤の四角の基礎石。

Photo_6

確かに「從是西佐嘉領」。「これより西、佐嘉領」。「佐嘉」は今の「佐賀」です。


「佐嘉」については、「肥前国風土記」の「日本武尊、巡幸しし時、樟の茂り榮えたるを御覧

はして、勅りたまひしく、此の國は榮(さか)の國と謂うべし、とのりたまひき。因りて榮の郡

といひき。後改めて佐嘉の郡と號く。」(書き下し文)によるそうで、明治の廃藩置県の時、

県庁所在地になった「佐賀郡」にちなみ「佐賀」になったそうです。


さて、この藩堺石2本が左右に使われていました。一本の大きさが、20㎝角の、長さ3メ

ートルくらいです。

Photo_7

森山町郷土誌によれば、ここ唐比名は、「江戸時代まで唐比村、・・・・島原藩との境界線

があり有喜を経由し長崎街道への重要な地域であった。」と書いてあり、唐比の小字名と

して「休屋」という所があり、島原藩主が長崎の異国船警備のためここを通るときの休憩

所であったそうす。


「ここは唐比番所(関所)もあった。」ということですから、ひょっとしたら番所あたりにでも建

っていたのを持ってきたのではないでしょうか?

ここの休屋番所跡をこの間から探しているのですが、残念ながらまだ分かりません。


さて、唐比は諫早藩と思っていたのですが、諫早は龍造寺(佐賀県)が西郷氏を下し、領

主になり、その後、諫早氏を名乗ったのですが、2代目の時、佐賀藩の家臣になっていま

す。これについては、参勤交代の莫大な出費を免れるため、2代目直孝の病弱、また佐

賀藩の思惑もあったとの諸説あるようです。


2代目直高のとき、慶長16年、佐賀本藩から七浦以東一万石を三部上地(大名が家臣

から、それぞれの知行地を三割没収すること)。元和七年三千石を上地。

九代目の行孝の時、諫早一揆が起き、減地一万石。と言うことで、諫早領ではなく「佐嘉

領」ということになるのでしょう。


なお、この神社、最初は本殿のみで、後から拝殿が建てられたそうですが、本殿が老朽化

したため、本殿を取り囲むように補強したそうです。その時、手頃にあったこの藩堺石が

使われたのでしょう。本来の場所に建っているところを見たかったところです。


参考:「森山町郷土誌」「諫早市郷土館だより第56号」「諫早市郷土館パンフレット」


付録:

唐比のハス園まだまだですが、新しい葉が出てきていました。時々写真を載せますので

御覧下さい。

Photo_8

本日のおやつ。普通のショートケーキ。鯉のぼりが可愛かったので買ってきました。地元

のピュアリッツさんです。

Photo_11




« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ