« 赤岩観世音・音姫観世音~赤岩観世音編★秘境の神社/雲仙市国見町 | トップページ | 橘神社・新春奉納揮毫12年の軌跡展  付録:橘公園の桜 »

2012年4月 5日 (木)

赤岩観世音・音姫観世音~音姫観世音編・秘境の神社/雲仙市国見町

Photo

昨日は、赤岩観音さんの事でしたが、今日は音姫観音さんの事を。

この事については、国見町郷土誌研究会が出した、「国見町の忘れられた文化財第二

集」しか資料が見当たらず、これから引用してみます。赤岩観音と音姫観音との関係です

が、赤岩神社には赤龍、音姫神社には白龍と刻んだ石碑が建っているそうですが、残念

ながらこのときは、知らずに見落としてしまいました。


赤龍は男神で、白龍は女神で、天の一角からつるんだ竜神がこの山に天降ったとして書

いてありますが、これは神話の世界の問題でしょう。

Photo_2 Photo_3

赤岩神社に行く途中から、直接下る道があるのでしょうが、一応用心のため分かれ道まで

戻り、右手の道を。

Photo_4 Photo_6

まったくの下り坂ですが、そんなに急な坂ではありません。10~15分程度下ります。下る

のは楽だけど、また、登るかと思うと・・・

Photo_8

一番谷底になりますが、木立の中から見えました。何となく、ほっとした感じ。

Photo_9

新築をしたみたいで、一番上の写真の鳥居も、昭和62年6月に有明町の方が立てられた

もの。奉納の垂れ幕には、平成23年3月の文字。新築も新築なのかな?


さて、「国見町の忘れられた文化財」から引用しますと、『特に山裾の「音姫神社」は昭和

初年頃迄信仰が盛んで、木綿織りの織子達に崇められた。通称「音姫さん籠もり」と偁し

て神詣りが続いたが、木綿織りが廃れると共にすべてが忘れ去られてしまった。その昔、

織子達に歌われていた歌が残っているので、次に紹介しよう。


音(乙)姫さんはトンコロリ トンコロリ 機を織る その布のさきはよけれども 何方つけて

着せましょう 前には「弥帆」の帆柱 後は象牙の釣船 片袖は 梅の折り枝玉手箱 玉

手箱開けてみたれば 印花布七夕寝てござる・・・・


歌詞に不明なところもあるが、文意からして音姫神社と織物との間に深い関係があると推

察される。・・・』

と書いてありますが、これが書かれたのは平成5年ですから、もう20年程度前。確認する

のは無理でしょう。しかし、これだけでも記録があるということは素晴らしいことだと思いま

した。

ただ、仏像はほとんど新しい物ばかりで

Photo_10

一番左と、この写真の右の外になりますが、これが一番古い仏像でした。本来ここがど

のような場所であったのか、知りたいものでしたが残念でした。ただ、まだ信心している方

がおられる事は事実でしょう。

Photo_11

なお、ここらはどうも湿気があり、マムシの気がありそうなので、これから行かれる方はご

注意を。なお、私みたいに一人で行くような馬鹿な真似はしないで、少なくとも二名では行

ってください。


付録:

イノシシを見ました。近頃山の中を歩くと、あちらこちらイノシシの罠がありますが、今日も

いろいろ山の中で調べていると、罠にイノシシがかかており、近づくと罠が破れんばかりに

暴れて、恐ろしかった。この間は、猿とすれ違うし。私としては、美女との遭遇を期待して

いるのですが。

10



« 赤岩観世音・音姫観世音~赤岩観世音編★秘境の神社/雲仙市国見町 | トップページ | 橘神社・新春奉納揮毫12年の軌跡展  付録:橘公園の桜 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

初めまして*
blog面白いですね(*^^*)
内容も興味深く、楽しく見させて頂きました♪

今日は、数年ぶりに音姫観世音さんの所へ行って来ました☆
いつも色々な所へ、足を運んでいらっしゃるのですね*楽しそうです(^-^*)☆*

コメントありがとうございました。

実は、昨日私も田代原の方に行って、調べ物をしていたところです。

ご存じかも知れませんが、伊能忠敬、島原の殿さま、勝海舟と坂本龍馬一行、魚洗川から、赤岩神社を通って、田代原を通っているのですね。ちょうど、牧場の管理人さんと、出会い1時間ばかり、話を聞いたら、面白話が聞けました。少し調べて、いずれブログにするつもりです。

音姫観音様は、綺麗にしてあったと思います。私が行った時も、掃除道具なども綺麗にしてありました。管理人さんに聞いたら、信者の方が、時々来ておられるそうです。

またのおこしを。

お返事ありがとうございます☆*

私は、歴史や神社に興味があるのですが全くの無知でして(((^_^;)
教えて頂きありがとうございます☆*
自然に触れるのが大好きなのですが、いつもどこに向かえばいいのか分からず
方向音痴な為、いつも足踏みしております(-_-;)笑
よろしければ今度是非お供させてください♪笑

私は、学生時代は歴史の時間が嫌いで、最近、興味を持ち始めた初心者です。昔、勉強しなかったことを後悔しています 。

ブログに知ったふりをして書いていますが、その場あたりで、時々、勘違いをして、書いているところもあるので、御注意を o(_ _)oペコッ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/54397043

この記事へのトラックバック一覧です: 赤岩観世音・音姫観世音~音姫観世音編・秘境の神社/雲仙市国見町:

« 赤岩観世音・音姫観世音~赤岩観世音編★秘境の神社/雲仙市国見町 | トップページ | 橘神社・新春奉納揮毫12年の軌跡展  付録:橘公園の桜 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ