« 中国嫁日記/第2巻~買っちゃいました | トップページ | 雲仙鉄道 その2~昭和2年の長崎日日新聞による★2つの鉄道/5箇村の思惑 »

2012年4月11日 (水)

雲仙鉄道 その1~昭和2年の長崎日日新聞による★口之津鉄道株式会社

Dscn2503

偶然、昭和2年の長崎日日新聞の小浜鉄道開通時の記事を見つけました。記事といって

も、一面全面記事です。

Dscn2465

以前から、この鉄道には二つの疑問がありました。一つは、この短区間(愛野町~小浜

町)になぜ、2つの会社があったのか。後で合併をしますが、大正12年開通の温泉鉄道

(愛野町~千々石町)、昭和2年開通の小浜鉄道(千々石町~小浜町)です。もう一つの

疑問は、なぜ鉄道が温泉街まで行かず、手前の北野までしか運行しなかったかです。


この新聞を見ると、やっと疑問が解けました。特に前者には、郷土誌にも載ってない、当

時の愛野、千々石、小浜、北串山(現雲仙市小浜町)、南串山の駆け引きがあったよう

で、詳しく書きたいのですが、今日はアルバイト。老人クラブ(私、まだ年齢が足りずに入っ

てませんが)の総会資料の作成のため、後日書きたいと思います。


また、この路線のことは良くブログに載っていますが、駅跡の駅名の看板写真ばかりが多

く、地元としては、もう少し気をつけて見て欲しいところもありますので、それも合わせて、

飛び飛びになると思いますが、書いていきたいと思います。


この新聞、もう一面鉄道開通祝いの紙面があります。

Dscn2464_2

これを見ると、当時、旅館組合に入っている旅館が47軒ですから、この頃から、かなりの

有名温泉だったと言うことが分かると思います。


さて、この新聞のお祝いの紙面で、鉄道関係が、島原鉄道株式会社、温泉鉄道株式会

社、今回開通の小浜鉄道株式会社、そして口之津鉄道株式会社の社名が。前の3会社

の名前は知っているのですが、口之津鉄道株式会社は初耳。


調べると、大正2年島原鉄道が諫早から島原湊(現南島原)全線開通。その後大正8年口

之津鉄道株式会社が設立(最も社長は植木元太郞、島原鉄道の社長です。何のために

別会社にしたのか?)、大正11年島原湊から堂崎(現南島原市)、昭和3年に加津佐まで

全線開通、昭和18年に島原鉄道が口之津鉄道を合併しています。なお、平成20年に島

原外港から加津佐まで廃線になっています。


しかし、昭和2年にこの島原半島に4つも鉄道会社があったとは初めて知りました。当時

の新聞を読むと面白いですね。いろんな事が見えてきて。


さあ、アルバイト、アルバイトscissors




« 中国嫁日記/第2巻~買っちゃいました | トップページ | 雲仙鉄道 その2~昭和2年の長崎日日新聞による★2つの鉄道/5箇村の思惑 »

旅行・地域」カテゴリの記事

雲仙鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/54448349

この記事へのトラックバック一覧です: 雲仙鉄道 その1~昭和2年の長崎日日新聞による★口之津鉄道株式会社:

« 中国嫁日記/第2巻~買っちゃいました | トップページ | 雲仙鉄道 その2~昭和2年の長崎日日新聞による★2つの鉄道/5箇村の思惑 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ