« 読書について~ショウペンハウエル著、斎藤忍随訳 | トップページ | この一曲~がんばろう:アジール・チンドン/ソウル・フラワー・モノノケ・サミット »

2012年3月10日 (土)

前立腺がん疑いのための生検入院体験記

Photo

さて、今日のところは無事戻って来ました。要するに検査入院で結果は1週間ほどのちだ

とか。なかなか、経験することがないと思いますので、男性の方はご参考に。

PSA(前立腺特異抗原)が平均値より高いということで、内視鏡、MR等では正確に確認出

来ないために、細胞をとる検査という事でした。


10時に入院。着いたら可愛い看護師さんがお待ちかねheart04

個室が空いてないとの事でしたが、ラッキーにも空いており、シャンデリアとかホームバー

とかカラオケまではありませんでしたが案内されて入室。

血圧測定、体温、一番嫌いな採血。お尻丸出しにして浣腸catface。点滴。抗生剤を2錠。薬剤

師さんが来て、今飲んでいる薬の確認。朝から暇なし。


昼から、妻を従えて、じゃなく妻に従って先生の説明。チンコの先から内視鏡を入れて(こ

れ痛いよ、悶絶するくらい)細胞切り取りかと思ったら、肛門から器具を入れ、針を腸壁か

ら通して前立腺の細胞を取るとか。先生何気なし「10カ所おこないます。」

私、「げぇー10カ所も!」


3時からということで、しばし待機。もうこの時間ドキドキ。とにかく手術と言えば歯を抜いた

くらいのも。かみさん、時間があるのでお気楽に、お買い物。


さて、3時に手術室に。思ったより明るいところ。名前を、部屋に入るときと、部屋に入った

とき確認。なだいなださんによると、昔、右足と左足を間違って切断した医者がいたとか。

念には念をいれて確認作業。


横になって、仙骨のところから麻酔薬注入。麻酔が効いたところで仰向けに。右腕に血圧

計。左腕は点滴。胸には脈拍計。

良く産婦人科でするように、器具に足をのせて広げて恥ずかしい格好(砕石位と書いてあ

りました。)最初指を入れて触診(もちろん肛門から)ぐりぐり。はるな愛ちゃんとか、KABA

ちゃんとかもこんなんかなと思いながら・・・可愛いチンコ見られ放題。


その後、消毒とかなんとかとか出したり入れたり。もう肛門ヒリヒリ。

機械を入れます。ということで挿入されたと思いきや、手術室にバーンと銃声。これ針を刺

す機械の音でした。ビックリしました。多分腸の壁を通して前立腺へ刺しているのでしょう。

これを10回。もう、早くしてよ。ビリザーキッドみたいに早撃ちで。とにかく、一本、二本、

三本、四本・・・数えてやっと十本で終了かと思ったら、消毒とか圧迫とかで、まだ穴に出し

入れ、ガーゼを挿入(30分くらいでしたが)。やっと終わり、本当に待ち遠しかった。


後はベットに移って部屋へ。かみさん、やることがないので「ほんじゃね。」と帰りましたが、

天皇陛下だって、今度の手術にさいしては、美智子妃殿下が天皇陛下の手を撫でながら

「大丈夫ですか。」とお聞きになったとか。手ぐらい撫ででいっても良いじゃないですか。減

るもんじゃなし。2時間ぐらいの安静で飯は普通に食われました。


なにやら放送があって、長崎の方はご存じの「アンサンブル・ポエ」の演奏会があるとか。

Photo_2

ユーモアある司会で、いろんな曲が聴かれて、お客さんも結構入って楽しい音楽会でし

た。良いですね。患者さんの気持ちもほぐれて。

あと、検尿とか、体温、血圧とか次から次々にやることが。

さて、睡眠薬を飲んで眠ろうかと思ってもなかなか眠れず、というより9時消灯は早すぎ

る。

Photo_3

後は大丈夫だろうということで、今日、やっと退院してきましたが、1~2週間は血尿とか、

血便がでることがあるとか。本当に血尿でました。あんまり気持ちいいもんでないですね。


暇なとき本を読もうと思って、少し勉強するつもりで「漢文法基礎」、それも600頁の本を

持ち込こみましたが、病院に入るときは易しい読み物が良いですね。こんな本持ってくる

くるんじゃなかった。

手術がなかったら病院は良い所なんですけどね。

男性の方は、前立腺にはご注意を。本日は疲れました。お休みなさい。









« 読書について~ショウペンハウエル著、斎藤忍随訳 | トップページ | この一曲~がんばろう:アジール・チンドン/ソウル・フラワー・モノノケ・サミット »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
大変参考になりました。
小生も今月末に同じ検査を受けます。
なんか痛そうで心配していたのですが、
恥ずかしさを除けば耐えられそうでちょっと安心しています。
問題はその後の検査結果次第でどうなるかですね。
ところで貴方様は現在、お元気なんでしょうか?
不躾な質問お許しください。

はじめまして。
御心配なことと思います。
検査は麻酔をしているので、痛くはありませんが、なんとなく、気持ちが悪いという感じはしました。
この検査を3回やりました。一回目は灰色で経過を見る。2回目が、どういうわけか白。3回目がPSAの価が上がっていて、黒。
で、手術か、放射線治療か、薬での治療。若い人は手術か放射線治療になりますが、私は切るのが嫌いなので、放射線治療にしました。土、日曜日を除いて、27回の放射線治療です。放射線治療のデメリットは、放射線が腸に影響して、出血がある人もある。私の知人は何もなく、私も3か月目で、今の所、何もありませんが、何年か後に影響が出る人もあるそうです。
手術にもデメリットがあるので、「黒」と分かったら、お医者さんと納得できるまで相談して決めてください。
なお、放射線治療は10~20分ほどで済みますから、病院に近い方は家から通院できます。が、聞くところによると、2か月間通うのはつらかったそうです。私は2か月入院しましたが、退屈でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/54188248

この記事へのトラックバック一覧です: 前立腺がん疑いのための生検入院体験記:

« 読書について~ショウペンハウエル著、斎藤忍随訳 | トップページ | この一曲~がんばろう:アジール・チンドン/ソウル・フラワー・モノノケ・サミット »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ