« 諫早陸上競技場(長崎県立総合運動公園陸上競技場)~諫早市 | トップページ | 歩道の終わるところ~シェル・シルヴァスタイン »

2012年3月 6日 (火)

長崎刑務所正門跡&「破獄」吉村昭~長崎県諫早市

1

昨日、諫早に用事があって行った時、ひょっと目についてものが。

全部無くなっていたと思っていたのですが、正門だけ保存してありました。長崎刑務所で

す。

2

入りたくはありませんが、立派な作りですね。

説明の看板を読むと歴史もあります。

大正年間  豊臣秀吉が囚獄を南馬町(長崎市の諏訪神社下)に設置

慶長5年  南馬町から桜町に移転

明治7年  明治政府桜町囚獄を長崎本獄と改称

明治9年  長崎監獄に改称

明治15年 長崎村片淵郷に移転

明治34年 北高来郡諫早村(諫早市野中町)に移転工事着工

明治41年 移転開庁

大正11年 長崎刑務所に改称

そして、平成4年に諫早市小川町に移転。ここは、廃止になりました。

3

裏側から見た写真です。一部補強してありますと書いてありましたが、白い煉瓦のところ

が補強した部分でしょう。以前は取り囲む塀、建物の大部分が煉瓦造りで、690万個が

使われたそうです。


ここを、取り壊すときは保存するかどうか、議論があり、なくなってしますということで、カメ

ラ愛好者の方が写真撮影でたくさん訪れていたものですが・・・


こんな建物はもう見られないでしょう。近くを通られる時は是非ご覧ください。諫早の陸上

競技場あたりになります。初めての方は、ちょっと分かりにくいので訪ねながら行ってくださ

い。

4

正門の後ろ側は、なにが出来るか知れませんが、敷地造成中でした。


さて、これで思い出したのが、吉村昭の「破獄」。

5

刑務所を脱獄すること4回の白鳥由栄をモデルにした小説。この人をモデルにした本何冊

か出ていた記憶があるのですが。とにかく、何しろ、あの網走刑務所を脱獄した人。読ん

で見ると、緻密、大胆、あっと驚く脱獄方法。筋を書いてしまうと、読むときの楽しみがなく

なるので、書きませんが、是非ご一読を。

(参考:刑務所説明板より)










« 諫早陸上競技場(長崎県立総合運動公園陸上競技場)~諫早市 | トップページ | 歩道の終わるところ~シェル・シルヴァスタイン »

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/54148985

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎刑務所正門跡&「破獄」吉村昭~長崎県諫早市:

« 諫早陸上競技場(長崎県立総合運動公園陸上競技場)~諫早市 | トップページ | 歩道の終わるところ~シェル・シルヴァスタイン »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ