« この一曲~たまには落語を★ハンドタオル/立川志の輔  付録:桜情報(千々石橘公園:小浜とけん山) | トップページ | 富川渓谷(長崎県諫早市)~五百羅漢(磨崖仏)  付録:大村公園の桜情報 »

2012年3月26日 (月)

アライバル★ショーン・タン~この不思議な絵本

Photo

古い本ではありません。作者がわざと古ぼけて表紙を描いたものです。

少し大型の絵本というか、絵による小説というか、どんな言い方をすれば良いのか、少し

戸惑うような本です。表紙を開けたとたんに

Photo_2

こんな感じの絵が。内容はひたすらに絵ばかりで、文字はまったくありません。先日、「ユゴ

の不思議な発明」のことを紹介しましたが、あの本の、文字の頁をなくし、文字の頁を全

部絵で描いた本だと思えば良いでしょう。


一応ストーリーは、絵を追っていけば分かります。

Photo_3

親子3人の父親が一人異国に行き(移民)、その出発、船旅、異国での入国手続き、言葉

の通じない不便さ、戦争、等々、そして親子の再開。絵を見ていけば、文字を読むより、物

語が分かる、というより一つ一つの絵が、いろんな事を語りかけてきます。シュールな場面

もあって、ここらは自分で空想するよりないでしょうが・・

Photo_4

Photo_6

全編、セピア系の絵です。なにか、昔の無声映画を見ている感じ。


裏表紙の讃辞、アート・スピーゲルマン(「アウシュビッツを生きのびた父親の物語」の作

者)によるとこの本は「グラフィック・ノヴェル」だと言うことで、次のように書いています。


「・・・昨今”グラフィック・ノヴェル”への関心が高まりを見せるなか、まさに絶好のタイミング

で到着し、従来の概念を超えた極めて意義のあるスタイルを確立した。つまりそれは。イラ

ストで語られる小説(漫画ではない)であり、コミック本が生まれる以前からあったサイレン

ト映画や絵本と同じ言語を使った文字のない物語なのだ。・・・・」


とにかく、不思議な本でした。この作者の絵?イラスト?でカフカの小説を描けばピッタリの

感じがするのですが・・・・


本日のおやつ「抹茶のなんとかかんとか」。家のポピーもきれいに咲きました。

Photo_7 Photo_8




« この一曲~たまには落語を★ハンドタオル/立川志の輔  付録:桜情報(千々石橘公園:小浜とけん山) | トップページ | 富川渓谷(長崎県諫早市)~五百羅漢(磨崖仏)  付録:大村公園の桜情報 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、ブログ村の「おすすめファンタジー」から来ました。

古いものって、それだけで謎や秘密がある気がして
わくわくするのですが、
こちらの「新しくて古い」「古いけど新しい」絵本は、
まるで本が時間を飛び越えているかのようで
内容もですが、本の存在自体が「不思議」としか
言い様が無いような面白い本ですね…。

いやー、こんな素敵な絵本があることを
知らなかったなんて、もったいない人生を歩むところだった!
是非自分でも手に取ってみたいと思います!

コメントありがとうございました。
私も、この本図書館で偶然見つけ、引きつけられ一気に読んでしまいましたが、なんとも、奇妙でありながら、温かい感じのする絵本でした。
どちらかというと、大人の絵本でしょうが、絵の一つ一つを見ていくと、不思議に懐かしい思いにとらわれる感覚がしてきました。
非常に想像力を必要とする本ですが、その分読んだという充実感は味わえます。是非一読を。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/54315381

この記事へのトラックバック一覧です: アライバル★ショーン・タン~この不思議な絵本:

« この一曲~たまには落語を★ハンドタオル/立川志の輔  付録:桜情報(千々石橘公園:小浜とけん山) | トップページ | 富川渓谷(長崎県諫早市)~五百羅漢(磨崖仏)  付録:大村公園の桜情報 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ