« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

しあわせの書/泡坂妻夫~彼女(彼)の心をつかめ

Photo_2

本棚を整理していたら、ひょっこりでてきました。

泡坂妻夫、本当は泡の「己」は「巳」なのですが。

1990年に直木賞を受賞しましたが、1975年に幻影新人賞佳作、1978年に日本推理

作家協会賞、1982年角川小説賞受賞、1988年泉鏡花賞を受賞しています。

家業は、紋章上絵師という珍しい職業の家系に産まれ、絵師として働く傍ら小説を書いて

いました。また、奇術師としても有名であり、1968年に石田天海(有名な奇術師)賞を受

賞。2009年没。


この本は、ただの小説でなく、奇術のトリックを使った本です。まあ、よくこの本を作ったも

のだと感心しましたが、私も、一時印刷業で飯を食っていたものですから、作者も大変な

ら、印刷業者も大変だったでしょう。

といっても、何のことか分からないと思いますが、某ブログでこのトリックを暴露しています

が、ルール違反ですね。図書館で借りてきた推理小説の初めの1ページ目に犯人の名前

を大きくマジックインクで書いているようなもので、本当に世の中馬鹿がいます。


トリックについてはここでは明かしません。著者も前書きに書いています。『読者の幸せの

ためにー未読の人に「幸せの書」の秘密を明かさないでください』


さて、同じ材料で料理の仕方がまったく変わるように、この本を使って、婚活中の方、利用

できますよ。もちろん男性も女性も。今回は男性の立場で書きます。


実は小説の内容は忘れたのですが、この本の適当な頁を開き、また相手にページ数を言

わせても良いし、本に書いているようにペーパーナイフを差し込んでも良いし、そこの頁の

最初の文字(2~3文字)を覚えてもらい、それを当てるというものです。ピッタリと当たりま

す。2~3回練習すれば、ド素人の方にでも。


最初こう切り出します。

「にんげん強烈なものを見たり、一所懸命見つめるとそれが網膜にしばらくの間、焼き付く

事があるんだって。本当だと思う?そして、それが読み取れる人がいるんだって言うけど、

僕も訓練したら少しだけど、出来るようになったんだよ。試しにやってみようか。」


ここで、さりげなく「しあわせの書」をバックから取り出します。相手に本を見せ、中は見え

ないようにして、ぱらぱらとめくり、ストップと言わせます。

Dscn1546

向こうの頁は自分から見えないようにします。相手は、向こう側にいます。


『最初の1行目の最初の2~3文字だけ、一所懸命見て。あまり、目を瞬かないように、し

っかり網膜に焼き付けるように見て。さあ、大丈夫だね。

今度は僕の目をしっかり見て、瞬かないように。(例えば、「訝(いぶか)しい」という字だっ

たら)なんとなく分かるんだけどな、3文字だということは分かるな。もう少し近づいてみて。

なにか難しいのがひとつあるな。これ漢字みたい。あとは、ひらがなかな(ここらの演技は

一生懸命考えるように)?もう少し、近づいて、僕の目をもっとしっかり見て。

下の二文字は上は「し」は分かるな、次は縦線が二本みたいだから「い」だ。上の文字が

分からないな。

もう少し近づいてみて。あっ、左は「言」だ。右が分からない、悪いけどもう少し近づいて。』

この頃になると、二人の間は、まつげが触れるばかり。

『もっと良く僕の目を見て、あっ、「牙」だ「言」と「牙」で「訝」。わかった、「訝しい」だ。違

う?」もちろんピッタリ合っています。

二人の間も唇が触れる間隔に。あとは、あなたの腕次第。さあ、この本すぐに買うべし。も

ちろん、トリックの種も書いてあります。


ただ、注意すること。トリックは絶体に明かさないこと。あなたの神秘性が失われます。2

回はしないこと。これ、マジックの基本です。「これやるとね、精神的につかれるからパワ

ーが戻るまで時間がかかるんだ、明日まで一緒にいてくれるなら、また、見せるよ。」とで

も誤魔化してください。

私?長崎から東京まで行って、3日間缶詰で催眠術を習ってきましたから、こちらを使い

ます。



2012年2月28日 (火)

すわ日野江城へ~南島原市北有馬町

1_2

先日、「有家町史談会 嶽南風土記」のブログをを見ていると、日野江城の周囲を整備し

ていると、なにか出てきたとか。 教育委員会の文化財の方に訪ねると、不耕作の畑、又、

所有者不明の土地を市が買い上げ、竹藪になっているところを切り開いたら上の写真の

墓が出てきたとのこと。

なお、近所の方はこの事は知っていて、墓石には元禄の文字が読め、女性の方の墓では

ないかとの話でしたが、何となく右側に建っている像が気になったので、すわ日野江城

へ。ほぼ有家町史談会の記事とダブルのですが。

2_3

昔はなかったのですが、セミナリヨ跡の記念碑です。下はセミナリヨと日野江城の位置の

関係図です(クリックで拡大します)。

Dscn1342   

本丸への狭い道を行くと、尾藤碑があります。島原の乱の折、重傷を負いながらも日野江

城にもどり、名号を自然石に刻んで絶命したと言われています。ここの碑の少し下の方に

あります。昔は、竹藪だったのですが、綺麗に払ってありました。

3_2 4 

5

「元禄八□□歳(?)

月妙紅信女 霊位  

九月二十六日」と読めました。信女ですから女性の方の墓ですね。

6

「宝(空)山妙林信女」ですか?年号は見当たりませんでした。下に四角の台石と見えるも

のがあり、建てられるように彫ってありましたので、下の台に建っていたのでしょう。

7

「不明 歳(?) 芳身童女 霊位」でしょうか?左が墓石、右は台でしょう。

一番気になっていたのが下の像ですが、お地蔵さんのようでした。

8

日野江城の築城が建保年間(1213~1219)、島原城築城に伴う廃城が元和2年(161

6年)、墓に書いてある元禄は1688~1704年。ですから、日野江城が廃城になったあ

との墓でしょうが、見た限りでは地蔵さんまで建て、一般の人の墓ではない感じを受けまし

た。このような所は町内にまだ点在しているそうですが、今後の調査でしょう。


さて、ここまで来たので、頂上まで上がって役小角(えんのおずの)へお参りを。

9

説明版によれば「本祠は温泉寺満明密寺傘下の修験道信仰を表現するものとして貴重な

石祠である。」とし「この通称八天様と称する役小角祠は寛文(1661~1673)七年十二

月柘植嘉門他三氏により建立されたもので、・・・」としてありました。


ついでに、有家史談会のブログに書いてあったで佐代姫伝説の「佐代姫神社」を訪ねるこ

とに。どこにあるかと思えば、城の坂を下りきって、少し右側にありました。

看板を読むと、松浦の佐代姫伝説とは少し違っているようですが、伝説は、各地へ散らば

りいろいろ形を変えていくものでしょう。ひょっとしたら違う「佐代姫様」なのかな?

Dscn1428

11

お堂内ですが、説明版に書いてあるように「男根を奉納して供養祈願すれば、世俗のあら

ゆる願望が叶えられるといわれており・・・」左の方をご覧下さい。

13_2

小さいのから、立派なのまで、私もひとつ奉納しようかな。

2012年2月27日 (月)

ヘビがタコになる話

Photo_2

海の真ん中に見える島が対馬です。福岡より韓国に近い島です。昔は6ヶ町だったのです

が、今は合併して対馬市になりました。上の方が上対馬、下の方が下対馬。30年ばかり

前、上県町に3年半ばかり住んでいました。その時、50年配の上司の人がこんな話をし

てくれました。


自分は昔、釣りが好きで手こぎ舟も持っていた。若いときミズイカ(対馬ではミズイカ釣りを

好んでいる人が多く命を落とした人もあるくらい。)を釣りに行ったとき、釣り針にかかった

ので引っ張ってみたらヘビが食いついていた。そしたら、そのヘビのあたりの海が真っ赤

になって、見る間にヘビがタコになっていた。おどろいて、釣り具も投げ捨て帰ってきた

が、あれを機会に釣りを止めた。これを経験したのは自分一人ではないが・・・

嘘をつくような人ではなく、性格も剛胆な人でしたが。


この話、しばらく忘れていたのですが 、立平進氏著「ふるさとの心象風景」を読んで見る

と、「ヘビがタコになる話」として、この話が載っていたのです。立平氏は民俗学者であり、

以前は県立美術博物館に勤めておられました。

Photo_3

立平氏の本では、この話は平戸、五島あたりでも聞かれ、平戸藩主の「甲子夜話」のなか

で「蛇の蛸に変ずるは、領内の者往々見ることあり、蛇海浜に至り、尾を以て石に触れれ

ば、皮分裂し、その皮すなわち足となる。」と書かれてあり、170年前からこのような話が

語り継がれたことはたしかであり・・・・と書いておられます。


立平氏はこの話の原因として、「共同幻覚な作用が発動した可能性が考えられるというこ

とである。・・・」と記しています。

「民俗学事典」には、「社会が単純で人の素質に定まった型があり、外から攪乱する力

の加わらぬ場合には、多数が一度に同じ感動を受け、不思議な幻や音を共通に見たり聞

いたとしても少しもさしつかえない。」とし、柳田国男氏の民俗学に触れながら、吉本隆明

氏の「共同幻想論」を引用し、「山を駆けずり回ってたいへん疲労をおぼえた。この疲労は

判断力を弛緩させ、そのとき白昼夢のように山人に出遭い、あたかも現にあるかのような

光景を視させる。」・・・「山人がいるとか、人さらいがいるとか、山奥の雰囲気をおそれた

体験や言い伝えを、幼児のときでも聞いていたとすれば、猟師はたやすく山人に出遭い、

山人を銃で撃ち、山人と話を交わすという入眠幻覚をうることができるはずである。」とし、

「まったく同じ生活環境にある共同体の成員には、共有する記憶というものが認められる

のではないだろうか、といったのはまさにこのことでであった。・・・・・」と、共同幻想というこ

とで書いています。


まあ、古い人は「口裂け女」の話を覚えていると思いますが、あれもその一種だったのか

な?

しかし、何となく理解はできるが、上司の話は幻想ともおもえず、私も可愛い女が、歳を古

ると角が生えるというのも実際見ていますから(かみさんの事)。・・・地球上にはまだまだ

理解できないことがたくさんあるし。と言うことで不思議な話を思い出しました。


さて、今日はこちらも不思議な体験を。山際を歩いていると、今日は良い天気。

Dscn1317_2

少し山道に入ったのは良いのですが、山道の変なところに穴が。穴とみれば興味が湧き、

奧を見ると4メートルくらいの深さ。最初、防空壕かなと思って入ってみたのですが、まあこ

んな山の中に作るはずはないし。

Dscn1328 Dscn1318 

Dscn1325

ゴミが入り口付近に捨てられていましたが、左に続く道が、左に曲がるともう真っ暗。

カメラのシャッターだけは切ってきましたが、なにやらまだ長く続いている様子。

Dscn1319

真っ暗闇で、ここらあたりは猪が出て、奧が猪の巣になっていてはどうしようもないし、猪と

出遭って「今日は」では、済まされないし、引き返しましたが?ひょうっとしたら、天草四郎

の埋蔵金か?隠れ切支丹の聖堂か?誰が、何のために?こんな所に?近くの人の聞き

取りから始めることにしました。またのお楽しみ。








2012年2月26日 (日)

この一曲~愛の贈り物/嵯峨美子

Photo_2

一時シャンソンブームがありました。イヴ・モンタン、エデイット・ピアフ、アダモ、ダミア、越

路吹雪、岸洋子、芦野宏、高英男、美輪明宏もシャンソンでデビュー、加藤登紀子もシャン

ソン出身。この嵯峨美子さんもシャンソンを中心に歌っています。

このアルバム、どうして、どこで買ったのか忘れたのですが、シルヴァスタインの「大きな

木」のことを考えていると、ふとこのアルバムに入っている「愛の贈り物」を思い出して、CD

をかけてみました。はやり大人の音楽ですね。「サンフランシフコの6枚の枯葉」など本当に

大人の雰囲気。




サンフランシスコの6枚の枯葉

前略 君は元気ですか

僕はやっと今日ついたよ

まずは送る この枯葉を

町で拾った 6枚の落ち葉

今ぼくのいるこのサンフランシスコ

枯葉の季節 あちらこちら

見歩くたび いない君に話しかけて独り言

船の中では 君のことが懐かしくて

苦しんだよ

(作詞 不明/高野圭吾 訳詞/G.WAGENHEIM  作曲/小林靖宏 編曲)


一番だけですけど。

なに?枯葉よりグッチのバックが良い?夢がありませんね。

さて、「おおきな木」で思い出した曲は



愛の贈り物

ある日 私が台所で夕食の支度をしていると

息子がやってきて私に紙切れをさしだしました

もう字を書いたり

数をかぞえたり出来るのです

わたしはエプロンを手でふくと

その紙を受け取りました

読んでみます

お部屋をかたづけてあげたこと 20円

スーパーにお使いに行ったこと 30円

この間お母さんが留守をした時

弟の面倒をみて上げたこと 45円

洗濯物を干して上げたこと 20円

洗濯物を取り込んだこと 18円

ベランダのお花に水を上げたこと15円

合計148円

私は息子をみました

彼は真剣な顔をして私をみています

いろんな事が思い出されます


私は鉛筆をとると紙を裏返してこう書きました

病気の時ずっとそばにいたのは プレゼント

子守歌を歌ったり お話をして上げたのも プレゼント

大好きなハンバークやケーキも プレゼント

それはお前が大好きだから

愛しているから 愛はすべて プレゼント

読み終わった息子の目に涙があふれていました

お母さんぼくもお母さんが大好き

そして新しい紙を取ると大きく書きました プレゼント

大好きだから 愛しているから

そう愛はすぺてプレゼント

(F.THEY 作詞/高野圭司 訳詞/嵯峨美子 補作子/H.HOWARD 作曲/小林靖宏 編曲)


何となく「おおきな木」を思い浮かべませんか。

それにしてもシャンソンは、冬の夜に聞くのが合うような感じ。これでワインでも飲めれば雰

囲気満点なのですが・・・・





2012年2月25日 (土)

キリシタン地蔵~ああ!勘違い!! (雲仙市千々石町)

1

(写真1 大繰子(うぐるす)の地蔵)

以前、キリシタン地蔵として紹介した写真で、前垂れをまくるのと罰が当たらないかと、中

身の写真を「島原半島のキリシタン文化~かくれ切支丹の遺物と遺跡」から紹介。

2

(写真 2)

しかし、よく見ると大繰子の地蔵としてもう一点載っており、他にも腑に落ちないところがあ

りもう一度、見にいって、めくってみると(めくるのは大体好きなのですが。スカートめくり世

代ですから。)なんと。下の写真。まったく違っています。ああ!ミステーク。

3

(写真 3)

手に持っているのは密教などで使う法具、三鈷杵(さんこしょ)、刃が三本に別れているの

が三鈷杵、中央の刃の周囲に四本の刃をつけたものが五鈷杵、同じく七鈷杵、九鈷杵。

この、三鈷杵に十字が刻まれています。これが根拠で切支丹地蔵ということで記載されて

います。(私が持っているのが、ちんこ。)

Cimg0300

(写真 4)

ところが、調べていると近所の人が、三人ほど寄ってきて、「これ前にあった地蔵さんとは

違っているよ」とのこと。

話を聞くと、20年以上前、調査があり戻って来て気がついたら違っていたとのこと。前垂

れをつけているので、すぐには分からなかったのでしょう。誰が調査をしたかを聞いても、

昔のことで記憶なし。どこのと入れ替わったかはもう不明でしょう。

昔、対馬にいたとき大学の調査で仏像を持って行ったまま戻らなかったということもあり、

やはり、ずさんな人はどこにでもいるのでしょう。


では(写真 2)の像はどこにあるのか?同じ大繰子と書いてあるので、2~3日ウロウロし

たが見つからず。そのうち調べると近くの岡東(おかとう)にもあるとのことで、神社の横と

聞き、確かに地蔵さんはありましたが、前垂れをめくってみると普通の弘法大師地蔵さ

ん。

4

困っていると、おばさんがいたので聞いてみたら、この先の方だと言うことでわざわざ連れ

て行ってもらいました(もう少し若い女の方が良かったが)。

5

ありました、標柱も有りで間違いないでしょう。めくると(今日三度目のめくり)間違いなし。

(写真2と比べてください。)

6_2

「島原半島の切支丹文化」によると、「円頭地蔵でω(オメガ)右手の4本と左手の3本で7

本、7はキリスト教の聖数である。聖体(聖なるパン)には星が彫られている。北斗七星を

暗示している?」「?」がついているのに注意。この本に雲仙の絹笠山の山中にもあると

書いてあるので、行って見たら、あるにはあるましたが若干の疑問が、まだ調査中なので

後日。


さて、おばあさんとしばらく話していると、昔の道とか(今は全然変わったところも有り)、弘

法原という放牧場のことなども聞くことができました。こんな時は、はやりおばあさん。

なお、四月二十一日に、この地蔵さんのところで祭りがあり、お接待(お参りに来る人にま

んじゅうとか、ぼた餅を振るまうこと)もあるとのこと。時間がある方は、地蔵さん見学方々

出かけられたらいかが。

7_2 8

今日は一件落着ということで、中学校を通りかかったら白梅、紅梅とも開花。

     白梅のあと紅梅の深空あり   飯田龍太

の俳句など思い出しましたが。帰ったら今日は地蔵さん巡りをしたため、おやつは田舎ら

しく「はっちゃんだご」。都会の方は分かりますか「はっちゃんだご」?





2012年2月24日 (金)

日本人なら知っておきたい日本文学/蛇蔵&海野凪子~あなたの魅力に知性をプラス

Photo

今になってみれば、若いとき、もっと勉強すべきだったなと反省しきりの今日この頃。

本を読んでも、頭に入らない、目は見えない。耄碌(もうろく)するとはこの事か。

でも、最近、難しい本が、漫画などを使って分かりやすく書いてある本が増え始めたので

便利になりました。


おかげで、ドフトエフスキーの「罪と罰」とか、最後まで読める人はほとんどいないという、プ

ルーストの「失われた時を求めて」も漫画ですらすらとで読んでしまいました。

さて、婚活のあなた。女性が可愛くて、知的なのは魅力的なもの。そのあなたに、もう少し

知性をプラス。上の本はいかが。とは言っても中身は漫画と若干の説明文。

Photo_2

という感じで書いてあります。


内容は

・清少納言(枕草紙より)~言いたい放題

・紫式部(紫式部日記より)~ぐるぐる悩む

・藤原道長(御堂関白記より)~夢の男コンプリート

・阿部清明(大鏡より)~伝説になった高級公務員

・源頼光(今昔物語より)~イケメン戦隊の司令官

・菅原孝標女(更級日記より)~夢見るオタク少女

・鴨長明(方丈記より)~家に執着する男

・兼好(徒然草より)~脱サラ・フリーランサー


なんとなく、読みたくなる内容でしょう。読んでみて、彼氏との会話の中にちらっと散りばめ

てはいかが。でもあまり詳しく話すとメッキがはがれますからほどほどに。特に、文学部の

男の子の前では絶体にしないこと。

私も、この美貌に、ちらりと知性が加わりました(かな?)。

2012年2月23日 (木)

水晶観音様その他~諫早市森山町唐比

1_2

昨日、唐比のことを書いたので、今日は唐比に大いに関係ある水晶観音様と、その他の

事を。

国道251号線の唐比あたりに「水晶観音」というバス停があります。お寺には小さな

駐車場がありますが、登りにくいので、私はいつも国道に不法駐車をしています。

屋根は昔、茅葺き屋根だったそうですが、職人もいなくなり、トタン屋根にしたそうです。

2 3

この階段を上がると、水晶観音様を祀った補陀林寺があります。このお寺と、水晶観音様

には言い伝えがありますが、寺の前に説明文がありますので。(写真クリックすると拡大し

ますので読んでください。)

4

寺をお守りしている方が、今はお一人のため、留守の時は参拝できせん。私も3回行っ

て、やっと拝むことができました。水晶観音様は別室に保管してあり、拝みたい旨お願い

すると奥の方から持ってこられました。

5

6

さすが、小柄ながら立派な物でした。写真を撮って良いか憚られたのですが、お願いする

と、「良いですよ」とのこと。でも、写真撮っていると何か手が震えてまともな写真にはなり

ませんでした。寺の横には福々しい六地蔵さんが。昔からあったそうですが。なにか、ほっ

とするお顔。

7

まあ、良いお顔ですね。お線香をあげて寺を後にしましたが、その晩から不思議な事が。

いつもは、パソコンを打っているせいか、目が眼精疲労みたいになっていたのが、その晩

から、調子が良いこと。ご利益なのですかね。水晶観音様は雨乞いと、安産の神様なので

すが・・・これなら遠くのパワースポットに行くより、こちらの観音様にお祈りした方が良いん

でないですか。この補陀林寺は唐比の「唐比ハス園」のすぐ上の国道の所ですから、ハス

見学の折りには是非、こちらの方にもご参拝を。


下の写真が、水晶観音様と関係のある、寅(虎)御前さんです。右の方が、昔からあっ

た祠だそうです。奧にあるのが、新しく(昭和3年)に再建された祠です。「唐比温泉センタ

ー」近くの林の中にあります。

8_3   

「くり舟」です。温泉センターの横に水につけたまま保管されていますが、水が濁って見え

ませんでした。これは、掃除をしたときの写真です。

13 

「くり舟」の説明版です。

11

「池の御前さん」です。「唐比ハス園」の駐車場のすぐ上にあります。寅御前の乳母様を祀

ってあるそうです。

14 15

なお、唐比の大鰻という話があり、唐比が昔池だった頃、大鰻が住んでいたという言い伝

えがあり、昭和57年7月4日大早魃に困まり、住民全員で池をさらえ雨乞いの祈願をした

とき、池の中央の水穴から大鰻が姿を現したのを、数人の者が見つけ、拝み、後世に伝

えるため写真を撮ったそうですが、その写真をこの社殿に奉納してあります。

17_2

さて、ここらあたりをうろつくと、竜馬が歩いた道の看板があちらこちら。

18_2 19

21 23

こちらは、古いやつでしょう。どうも、両方辿ると少しずれがあるような?

25_2_2  26_2

ここらあたり、長崎への街道の重要な場所でもあり、島原藩松平の殿様が異国船警備の

ため長崎往来の時通られた道。殿様が休憩した「休屋」また、関所もあったそうですが、

見つけきれませんでした。


あなたも利用した森山のモーテル。国道から分かれ道に入りますが、モーテルの前に

27

下の方には「陸上自衛隊 竹松部隊」。竹松部隊といえば大村の部隊。訓練の一環とし

て、道路等の敷設をしたりすると言うことがあるそうですが。裏を見ると「昭和36年12月1

0日」の文字。昔は、今の国道の一段下を通っていたことになるのでしょうか?モーテルの

入り口は目の前。相手がいたら入りたかったな。


帰りは、風の森によって、この間入らなかった「フランス食堂 みち草」へ。

もちろん、一番豪華で一番安いプレートランチを注文。中央のパリパリに焼いた鶏肉はお

いしかった。

28 28_2_2

29 30_2

外を眺めながら、本日もおひとり様ランチでした。

(参考:森山町郷土誌)


2012年2月22日 (水)

唐比(からこ)一周一万歩~諫早市森山町唐比

1

いつも同じ所を歩いていると飽きるので、今日は唐比盆地を一周することに。

2_2

下に見えるところが、唐比です。ちょっときついかな、と思いながらも、ここは道が縦横に

走っているので、ダメな時はショートカットと言うところで。


出発点は「唐比温泉センター」から。中に入ったら幻の唐比レンコンが売ってありました。

古い街道図を見るとここらは蓮根畑と書いてあり、古くからレンコンで有名だったのでしょ

う。作業がきつく段々と廃れていったのですが、最近復活させようと取り組みを始めていま

す。

3 32

センターを出て右側の林の中に虎御前の像があるのですが、この話は補陀林寺、水晶観

音と関係があり話が長くなるので今日はカットします。又の日に。

4 5

この道を行くと国道にでるのでその手前から「唐比のハス園」へ。と言っても、今は枯れ

蓮。これはこれで心を打つものが・・・。ハス園の上に池の御前さんがあるのですが、これ

も水晶観音と関係があるので今日はカット。少し行くと神社が見えてきます。天満宮です。

(写真右)

6 9

興味ある方はちょっと寄ってみて。もちろん、天満宮ですから菅原道真を祀ってあります。

本堂の横の方に二つの地蔵さんと(諫江八十八ケ所の第五八番札所)、六地蔵さんが。こ

の写真の左側にももう一つ六地蔵さんがあるのですがどちらとも顔が削ってあります。

10_2_2 11_2_2  

これについては、①寛永年間のキリシタンによるものか。②明治初年の廃仏毀釈によるも

のか。③子供のいたずらか。と郷土誌には記載されていますが、②の可能性が大きいと

書いてあります。本堂の横をみると、珍しい、昔の消防用のポンプ車ですね。これを担い

で、現場まで行って消火したのでしょう。ほぼ完全な形。

 12 122_2

さて、少し寄り道を。唐比あたりの国道で写真の左のカメを見たことありませんか。

「しぇふ亭」の看板です。右が店ですが、看板がなかったら分からないでしょう。昼食のみ、

大体10名程度の予約制で、畳でのフランス料理。旦那さんが亡くなって、もったいないの

で奥様がやられている店です。うちのかみさんも時々昼食会をやっています。

13 14

元に戻って、神社から盆地の周囲に沿って歩くと、右の方にお堂が、唐比権現の神仏と仏

像です。神像はクスの一木造りで、背面に「肥前高来郡唐比村」「奉寄進熊野大権現」「天

和三癸亥二月(1663年)」と銘文があるそうです。「諫江八十八ケ所第56番札所」です。

15_2 16

少し行くと、「唐比ふれあい牧場」が。動物は馬、牛、ひつじと少ないのですが、人なつっこ

くて、うちの孫がそこらの草をむしってやったら、寄ってきて、手からそのまま食べてしまい

ました。

17 19_2

これは珍しい。手前は対州馬、向こうはどさんこ馬。

対州馬は長崎の離島対馬の馬です。小さいみたいですが、これで成馬です。対馬は山が

険しく、サラブレットのようにスマートで、足が長いのは役にたたないのです。(人間と一

緒。私も足が短いが。)対馬にもほとんどいなくなっているそうです。物を運ぶのは機械に

なってしまっていますから。

20

さて、ここを去ってもう少しがんばれば唐比一周です。ハスのシーズンはハス見学のつい

でにどうでしょう。温泉センターで汗を流していくのも良いですよ。車でも回れますが、運動

不足のあなたどうですか。寄り道しながらですが、大体一万歩でした。

なお、ここの盆地は貴重な動植物があるということであり、、自然のままにしてあります。

興味ある方は、お越しを。(各写真クリックすると拡大します。)

(参考:森山町郷土誌 各看板説明文)



2012年2月21日 (火)

家庭菜園~なんちゃってマイ菜園

1

昨日は、調べものをしようと雲仙あたりに行く予定が、かみさん、「これ植えとってよ。」の

一声、かみさんの声は神様の声でありまして、「へい、へい、へい。」と予定を変え久しぶり

の畑仕事。

と言っても、ブロッコリー4株、チマサンチュ4株、水菜4株だけですけれど。

いつものように、いい加減に堆肥、有機石灰、元肥をばらまき、本当は袋に1㎡に何グラ

ムと書いてあるのですが、理科の時間じゃなし。

2 3_2

ここで愛機の登場、さすが我が愛機、一月くらい使ってなかったのですが、一発でエンジン

始動。スコップと鍬で耕すと、心も体も弱い私、一日かかっていたのですが、15分程度

で、整地。

4 5

適当な間隔で、穴を開け、水を流し込み(こうすると、後で上から水をやるより、効率的)

後は、苗を植えるだけ。

右の列に、ブロッコリー。ブロッコリーは品種によって、葉が縦に伸びるやつ、横に伸びて

わき芽まで楽しめるやついろいろありますが、まあ少し広めに。水菜はあまり好きでない

ので、端っこの方に。左の方がチマサンチュを。まあ、いい加減だなと思いながらも作業

終了。少し空きがあるので後日また何か。

6 7

前植えたのを見ると。空豆、やっと花が咲いてきました。近所のプロの畑を見ると、マルチ

をしてあって、成長が随分違っており、こちらもマルチをしておけばと反省。

右はわさび菜、一株しか植えていませんがこれで十分、サラダなどのアクセントに。

8 9

ホーレン草はまあまあ。玉葱は、晩生はマルチをかけるなと言うことだったのですが、雨も

少なかったせいか、何となく情けない姿。まあ、大器晩成を期待しましょう。(私も小さい

頃、親から大器晩成と言われましたが・・・晩成してもこの程度)

10_3 102_2

パセリは少しは虫に食われながらも無事。キャベツも虫に食われ全滅と思っていましたが

ましたが、一個だけ残っていました。

11 12

カリフラワーこれもマルチをしておくべきだったか。

野菜だけでも思って少し花を植えていますが、チューリップの芽が出ていました。もうすぐ

は~るですね。

13 15

パンジーと、デイジー、プリムラ。まだ寒くてかわいそう。

最後の大根ですが、追肥を忘れていたらこの姿。先細りでまるで私の人生みたい。

良いじゃないの、食えさえするば。と言うことで一日終了。

14_2  Cimg0077_2

2012年2月20日 (月)

しまばら芝桜公園~長崎県島原市

Photo_2

島原の火砕流から20年ほどたちます。寛政4年にも噴火が起こり、甚大な被害が起こっ

ています。その時の記録がいろいろあるのですが、そのうちのひとつに「肥前温泉災記」

があります。現在、島原図書館に所蔵してありますが、図書館に所蔵する以前にコピーし

た方があり、幸いにそれをコピーすることができました(孫コピー、本物は色付)。文章と上

のような絵が入った貴重なものです。


昨日、その折の溶岩流に登ることができるということで、出かけようとした所、新聞に「しま

ばら芝桜公園」のことが出ていたので、そちらにもついでにということで出発。

途中雲仙で車外に出ると寒い、寒い。


久しぶりに、災害に遭った大野木場小学校に寄って見ましたが、何回見ても自然の脅威

を感じます。写真、左上の山が平成新山です。ここから、火砕流が流れてきました。

Cimg0056

看板がありましたが、時間が掲示。あれから20年半ほどたつのですね。ついこの間と思

っていたのですが。あのとき生まれた子どもたちが、もう20歳とは。

Cimg0052

さて、砂防ダムですが、この内側に「しばざくら公園」が作られています。ダムの下に段ボ

ール箱に入った芝桜が置いてありました。まだ、植えている所でしょう。

Cimg0074

下の写真の右側、車がたくさん停まって、多くの人がいました。多分、ボランティアの方々

でしょう。


長崎新聞によると、3年前から整備を初め、21万株の芝桜を植えたそうです。地元の観

光行団体等による「芝桜公園を作る会」を2009年に発足。元気になった島原を見てもら

おうと計画。市民から募金を集め、メンバー、ボランティア4500名が参加をし、島原振興

局、島原市も協力をしたそうです。


まだ、芝桜は咲いていませんが、すげえ眺め、見応えはありました。これで、芝桜が咲い

ている所を想像すると・・・

Cimg0067

芝桜が咲いたときの予想図でしょう。鯉が泳いでいますね。真正面に平成新山を眺め、い

い景色になるでしょう。

4月1日から29日に「芝桜まつり」があるそうです。待ち遠しいですね。

Cimg0062

ボランティアも募集しているようですが、あなたもいかがですか。

問い合わせは、芝桜公園をつくる会事務局(島原温泉観光協会)だそうです。

私の目的地は、チェーン規制があって、行けませんでした。又後日。

 

最新情報は3月30日のブログ→「しまばら芝生公園速報」(クリックしてください)へ。

最々新情報4月27日現在はこちらをクリックして下さい。




2012年2月19日 (日)

この一曲~川のほとり/笠木透

Photo_2

数十年前、笠木透さんを長崎の瑞穂町の青年団が呼んだことがありました。

笠木さんについては、ほとんどマスコミに出ることも、レコードも、もちろんTVに出ることも

なく、一般的には知られることがありませんでしたが、青年団の努力で公民館の講堂がほ

ぼ満席にだったことを覚えています。坂庭省吾さんも一緒だった記憶があります。

私は高石ともやの107ソングブックシリーズの「No7 山と川」で良く知っていたので、もち

ろん行きました。


まじめそうなおじさんが出てきて、高石ともやさんとは違い、足を踏ん張り、地に響くような

力強い声で歌ったのを覚えています。でも、最後はみんなで、おならの歌だったかうんこの

歌をだったかを、子供からお年寄りまで一緒に楽しく歌いました。

高木透さん、作詞がおもですが、「私たちのこどもたちへ」「私に人生があるなら」「わが大

地の歌」「川のほとり」いい歌がたくさんあるのですが、一般に知られていないのが惜しい

ですね。


この、CDブックス表紙にかいてあるように、戦時中、戦後の子どもたちの替え歌が入って

います。「月月火木金」「紀元二六〇〇年」「負けてくるぞと勇ましく」「討匪行」等々の替え

歌です。戦時中の困窮した時代にもかかわらず、子供の力強さが分かるかと思います。


インターネットで調べると直接買えそうです。笠木さんの考えについてはこちらを呼んで頂

ければ共鳴できると思います。是非ご一読を。(こちらの所ををクリックしてください)

この、本にはありませんが笠木さんの歌で私の好きな歌を。



川のほとり(詞:笠木透 曲:田口正和)

1 めぐる春の 水が光る

  川のほとりの ネコヤナギ

  春をつげる 花なのに

  心を ひらく人はなし

2 めぐる夏の 雲がゆく

  川のほとりの 月見草

  一夜かぎりの 花なのに

  心をよせる 人はなし

  ※おなじ土 おなじ草

   変わりはないのか かなしいぞ

   人は去り 時は流れ

   変わっていくのか かなしいぞ

3 めぐる秋の 風がゆく

  川のほとりの 彼岸花

  まっ赤にもえる 花なのに

  心をゆるす 人はなし

4 めぐる冬の 雪がまう

  川のほとりの 枯れあざみ

  うしろ姿の 花なのに

  心をとめる 人はなし

  ※繰り返し


多分インターネットでとれると思います。一度聴いて見てください。忘れられない曲になるで

しょう。私も、時々口に出る歌です。




2012年2月18日 (土)

ランチタイム&ティータイム~風の森(諫早市森山町唐比)

1

昨日、気づいてみると200回目の記事でした。どこまで続くかと思っていたのですが、途

中、目を悪くした2週間くらいを除いて、よく、なにやらかにやら、駄文ばかり毎日書いてい

るなと反省。



記念ではないのですが、昨日はかみさんが留守で、飯作るのも面倒だし、弁当を食うのも

少しあきたし、外飯することに。

よく、長崎のタウン誌に「風の森」というのが紹介され、食堂もあるとか。一回、夕方遅くい

ったのですが、よくわからず、今日は昼に行ってみました。わが家から15分程度の所で

す。ちょっと入り道が分かりにくいのですが・・・


森の自然の中に、雑貨店とか、アトリエとか、あまり大きな店ではありませんが点々と建っ

ていました。飯を食うところが2カ所「COZY」と、フランス食堂「みち草」。コインの裏表で決

めたら「COZY」の方。駐車場が少し分かりにくかったのですが。

2

木立の中に囲まれたという感じ。他の店もこんな感じで建っていました。

中へ入ると。ユニークさに少しびっくり縦に長細い感じ。

3

プレートランチ、サンドイッチ、ケーキなどありましたが、面白そうだったので「まぜまぜご

飯プレート」を注文。コロッケかハンバークどちらかをチョイス。コロッケにしました。

4

豆とかゴマとか混ぜたご飯、野菜の煮物、ナスのチーズ乗せ、野菜サラダ、そしてメイン

のコロッケ。ここらあたりはジャガイモの産地だけあってコロッケはおいしかった。

いつもは食後のコーヒーなどあまり頼まないのですが、メニューに「紅茶~LUPICIAの茶

葉使用。cozyオリジナルブレンド」なる文字を見るにつけなんぞやと思って注文。

5

さて、少しゆっくり考え事をしようと思っていたら、お客さんが少しずつ増え続け、しかもア

ベックばっかり、女の子は可愛いのばかり、思わず「ヤケのヤンパチ石投げた」という歌を

思い出しました。知らない?高石友也の「受験生ブルース」の3番「昼は悲しや公園へ、行

けばアベックばっかりで、恋いしちゃならない受験生、ヤケのヤンパチ石投げた。」という

やつです。しかし、平日の昼というのに、この若者たち何やってるんですかね。

私にもいませんかね、食事してお話をするだけでも良いのですが、年の頃30~40歳、も

ちろん美人で、知的で話題豊富、若干ほっそりとして、笑うと片えくぼ、少し八重歯が見

えたりして、二重まぶたで、笑い顔が素敵な恋人。



自分の顔と体型と歳を考えろと言う声が聞こえそうですが、「The Impossible Dream」と言う

歌があるでしょう。「見果てぬ夢」。ブロードウェイのミュージカル「ラ・マンチャの男」の中の

歌です。今年はがんばりますよ「見果てぬ夢」。

回りがアベックばっかりになって、おじさんは私一人、少し侘びしくなって店を後にしまし

た。

6

外へ出ると雲仙、橘湾、唐比と見えてなかなか良い景色。

写真で見える唐比(盆地みたいになっている所です。)、なかなか面白いところなので来週

あたり、気が向いたらご紹介を。

2012年2月17日 (金)

ヘレン・ケラーと長崎そして雲仙②~雲仙編

1

ヘレン・ケラーの来日は昭和12年4月15日ですが、離日の8月10日まで、日本各地、朝

鮮、満州(当時)まで及び、全行程1万4000キロ、39都市を訪問、講演回数97回と言い

ます。

長崎での記念植樹の際「記念樹に寄せて」を書いた日が、5月29日。雲仙に着いたのが5

月30日。


泊まり先は雲仙ホテルですが、写真右の二人がヘレン・ケラーを日本に招聘した岩橋武夫

とその奥様でしょう。

2

その時の宿帳です。ヘレン・ケラーの自筆署名が分かると思います。下に書いてあるのが

秘書のポーリーの名前ですが、これから見るとイギリス人だったことが分かります。部屋は

同じく1号室です。


忙しい中でのほんのひとときの休息だったのでしょう。いかにもくつろいだ様子が写真でう

かがえます。

3

4

おばあさんから何か受け取っているみたいですが、ひょっとしたしたら温泉卵かな?


さて、今日は「温故叢書 56号」の「雲仙と湯けむり」佐藤隆久氏(熊本第一ライオンズクラ

ブ)の文章をもとに書いていますが、ここからちょっとヘレン・ケラーのお茶目なことが書い

てありますからそのまま写してみます。


『雲仙ホテルで旅装を解いたヘレンは日本の温泉における「男女混浴」なる風習をすでに

同行の岩橋武夫さんから聞き及んでおり、温泉を自然に湧き出でる大地の恵みと考え、性

別を超えてくつろげる場所と解釈をしてそれを”実行”したのだ。そのとき、大浴場の中に

は、ヘレンと秘書のポーリーそして岩橋夫妻の姿があり、ヘレンは自らを「象」、ポーリーを

「アザラシ」と呼んで湯船の中を子供のように泳ぎ回ったという。そしてヘレンはこのニュー

スがアメリカに知れたら大変だといいながらも精いっぱい湯あみをたのしんだのであった。

いっぽう、岩橋は「神は完全に私に目隠しをなさっているから(注:岩橋氏も目が不自由で

した。)実におおらかな天国がそこにあった」とのちに述懐している。』

(あの、ヘレン・ケラーが混浴を!)



この文章については、佐藤隆久の(注)によれば、「本文のヘレン・ケラー」のエピソード及

び史実は、岩橋英幸著「青い鳥のうたーヘレンケラーと日本」(NHK出版社)からの引用で

あることを付記する。と書いておられます。この本、探したのですが、長崎県内の図書館に

はまったく無く、ネットでやっと見つけたら9,500円残念ながら断念しました。


しかし、この文章を読んでヘレン・ケラーの強い意志とは別の、底抜けに明るい一面がうか

がえると思います。ヘレン・ケラーが人々に愛された理由のひとつでしょう。


さて、ヘレン・ケラーは本土の全日程を終え(7月4日)、朝鮮、満州(当時)へ旅立とうとし

た時、盧溝橋を挟んで日中の戦争状態。

ヘレン・ケラーは釜山を経て、京城、奉天、大連と行きますが、ヘレン・ケラーのことが新聞

を飾ることもなく、その上、講演旅行中のヘレン・ケラーの一行がスパイだと言う噂も流れ、

大連を最後の終了地とし、8月10日横浜から帰国をしました。


この後、昭和23年に来日。このときは昨日書いたように、長崎の永井博士を訪問。

第3回目の来日は昭和30年。熱烈な歓迎を受けたそうです。


岩橋武夫氏の逝去が昭和29年、第3回目の来日の時は日本に来て泣き崩れたそうで

す。

秘書のポーリーは昭和35年逝去。ヘレン・ケラーは昭和43年6月1日逝去87歳でした。

ヘレン・ケラーのことはこの後も長く語り継がれ、人々に勇気を与えてくれるでしょう。



本日の写真提供、情報には「雲仙お山の情報館」のご協力をいただき深く感謝いたしま

す。

■写真・情報提供:雲仙お山の情報館

■文書参考・引用:社団法人温故学会第56号 佐藤隆久氏著「雲仙の湯けむり~ヘレ 

 ン・  ケラーーとニールス・ボーアー」から

  なお、このニールス・ボーアーのことも手に汗を握る面白いものですが、ヘレン・ケラーと

  は直接ないので割愛いたしました。

(追記)佐藤氏の文章ではヘレン・ケラーは、来日2日後の4月14日に塙保己一の曾孫、

          忠和氏と会われたそうです。 


                             

2012年2月16日 (木)

ヘレンケラーと長崎そして雲仙①~長崎編

3

私の所に、故あってヘレンケラーの3枚の生の写真があります。ヘレンケラーについて

は、伝記の本、映画、舞台などでご存じだと思います。三重の障害苦を乗り越えた女性で

す。ヘレンケラーは、昭和12年、昭和23年、昭和30年に来日しています。


上の写真は、昭和12に年に来日した時、長崎の盲学校で月桂樹の記念植樹をしていると

ころです。帽子を被った方がヘレンケラーです。ヘレン・ケラー57歳の時です。

下の写真は、長崎の盲学校(当時の山里地区・現長崎市時津町へ移転)の校舎前での歓

迎式でしょう。

当時の盲学校は、浦上天主堂、神学校のすぐに近くにありました。

2

ヘレン・ケラーが日本に来た理由は2つあるようです。少し長くなりますが。

ひとつは、岩橋武夫氏の要請。この方は、早稲田大学時代に失明。ふたたび関西学院文

学部英文学科に入学。エジンバラ大学に留学し学位を受け、関西学院大学専門部・英文

学部の講師となり、大阪盲人協会の会長に就任。1934年カナダからメキシコにいたる講

演旅行の際にヘレン・ケラーを訪問。日本へ来日し障害者支援を要請したそうです。

その後、ライトハウスを設立、日本盲人会連合を結成し会長に就任しております。


さて、もう一つの理由は塙保己一の生国を訪れたかったといいます。

塙保己一は、江戸時代の総検校、目が不自由ながら「群書類従」「続群書類従」の編集

者。(高校の時、日本史で習ったはず。思い出して。)

余談になりますが、この「群書類従」版木に彫られますが、版木を彫る際20×20字に統

一したそうで、これが現在の原稿用紙の様式の基になったそうです。


ヘレン・ケラーと橘保己一の関係ですが、塙保己一の偉業を継承すると共に、「群書類従」

版木の保管と活用を図るために設立された学術団体「温故学会」があるのですが、その団

体から刊行した本があり、その中に載っており、以下に要約です。

突如して電話を発明した、グラハム・ベルが出てくるのですが。


ベルの家系は祖父の頃から、口のきけないひとを教育するという研究者だったのですが、

明治9年、のちに東京音楽大学や東京盲聾学校の校長を務めた伊沢修二が青年時代留

学をし、グラハム・ベルの所へ行って聾・唖の教育について話を聞いたそうです。その時、

日本にも塙保己一という目が不自由な学者がいたという話をしたそうです。

その後、ベルの所にヘレン・ケラーの両親が訪れ、その時、塙保己一のことをお手本として

励まし、助言をしたそうです。これをヘレン・ケラーは聞いて育ったようです。


ヘレンケラーが来日したのは昭和12年4月15日ポリー・トンプソン(のちに秘書、先生の

サリバンは前年に逝去しています。)と共に横浜に到着。この後、、新宿御苑の観桜会で

昭和天皇に拝謁し、その後も多忙なスケジュールをこなします。しかし、4月26日には「温

故学会」を訪問しています。塙保己一の銅像、愛用の机に触れ、通訳を経て「私はこども

のころ、母から塙保己一をお手本にしなさいと励まされて育ちました。今日先生の像に触

れることができたことは、日本訪問に於ける最も有意義なことと思います。

先生の手垢のしみたお机と頭を傾けておられる敬虔なお姿とには、心からの尊敬を覚えま

した。先生のお名前は流れる水のように永遠に伝わることでしょう。」といっています。

いかに、塙保己一に憧れたが分かるでしょう。こののち、8月10日離日するまで各地で多

忙なスケジュールを過ごします。

3

ヘレンケラーの月桂樹を記念植樹したときの言葉です。



月桂樹に詠みて

樹にそへて

この木が日の光

雨の恵みをうけ

みごとに成長して

その蔭のもと

教へ兒たる目しひ耳しひが

健やかなる人生を歩むよう

またこの蔭がよき働き手に

憩ひと力を與へる

源となるよう私は願ってやみません

昭和12年5月29日 ヘレン・ケラー



この月桂樹は残念ながら原爆の被害を受け焼け焦げてしまったようです。

Photo_4

原爆で吹き飛ばされた校舎です。多分写真左の庇のあるあたりにヘレン・ケラーが立って

いて歓迎式があったのでしょう。当時この校舎は軍用工場として使われ、生徒は疎開をし

ていて無事だったそうです。

5

原爆落下当時の浦上天主堂です。私も小学校に上がるとき、ここから1キロの所に引っ越

しをし、一部はそのままにしてあった瓦礫のところで遊んだものです。今は立派に建て変わ

っていますが、人類の愚行としてこのまま残しておいておくべきではなかったでしょうか。


昭和23年再来日したとき、ここから数百メートル離れたところの、如己堂の永井博士を訪

れています。盲学校あたりを通ったはずですが、どんな気持ちだったのでしょうか?

原爆が落ちていなかったら、あの月桂樹はどれだけ大きく育っていたでしょう。



あしたは、雲仙でのヘレン・ケラーのちょっとしたお茶目ぶりを。


参考:社団法人温故学会刊「温故叢書 第56号」 他各ブログより)


2012年2月15日 (水)

観櫻火宴 2012~日本一の松明武者行列(雲仙市千々石町)

Photo

Photo_3

いよいよ、日本一の松明武者行列「観櫻火宴」が長崎県は雲仙市千々石町で、3月31日

(土)開催されます。皆さん方に一足先にお知らせします。当日のプログラム、申し込み要

領は、チラシをクリックすると拡大しますのでご覧下さい。


少し古い写真になりますが。(7年ばかり前の写真です。ここ数年撮り忘れて・・・)

2_2

Photo_4

Photo_5

長崎県は桜の名所、橘神社がメイン会場ですから3月31日と言えば、ちょうど桜も見どこ

ろ。夜桜見物にもいい頃でしょう。(できれば、もてるあなたは若い子と。アラフォーのあな

たも若い子と。)


出発地点は、海岸の福石様の所。ちょうど夕日が綺麗な時間帯ですね。カメラマンのあな

た、腕の見せ所ですよ。

お薦めなのが、元服立志式。小学校、中学校入学予定の子どもたちの出演。

Photo_6

舞台に並んで、一人ひとり自分の名前、志を発表します。市外から来られた方も記念にな

ったと喜んでおられました。

Photo_9

こうびっしり決めれば、かっこいいでしょう。あなたもいかが。衣装をつければあなたもイケ

メン武将、美女武者。

私は「あれ~お殿様ご無体な~」の悪代官役をやりたいんですが。プログラムにはないよ

うで残念。


今年の様子は→こちらをクリック「観櫻火宴スナップ」






2012年2月14日 (火)

バレンタインデーの日に~「何度も読みたい 広告コピー」から

Photo_2

ちゃんと私の所にも来ましたよ。息子の嫁と孫から。

チョコレートと「ねんりん小僧」というのが。ところが、ねんりん小僧の箱の横を見てびっく

り。

Photo_3

こりゃなんじゃ、何んと「東海大学福岡短期大学 地域総合連携研究室」の文字。

お菓子にしては、えらくまた堅い文字。


説明を読むと、北九州の「小倉北区役所まちづくり推進課」から、小倉のお土産を開発して

ほしいとの依頼が、観光を学問としている研究室へ。原案を完成し、商工会議所へ作る所

を相談。「株式会社つる平」とお互いに手をつなぎ作ったお菓子だそうです。

かわいらしい小さなバームクーヘンですが(食べてしまって写真撮るの忘れた)、黒ごまク

リーム味、トマトクリーム味、バナナクリーム味、紫クリーム味、抹茶クリーム味があるそう

です。皆さんも小倉に行ったらどうぞおみやげに。


さて、バレンタインで来たのはもう一つ。私の女友達からです。(ちゃんといますよ私だっ

て)

Photo_4

手袋と「がんば最中」です。

「がんば」は島原弁で「フグ」のことを言いますが、島原では棺桶のことを「ガンオケ」と言い

ます。フグを食べるときは棺桶を用意して食べろと言う意味だそうです。

Photo_5

中身もびったり入って、この下にもう一段あります。島原にお越しの節は是非どうぞ。

手袋は、車用のがなくなっていたのでグッドタイミングでした。


まあ、バレンタインデーというのに地味な本ですね。なんか、かわいそうな感じで手に取っ

てみたら面白い。

Photo_7

広告コピーはご存じですね。新聞、雑誌などで商品の事を紹介するのがボディコピー。

コピーも良いのがありますね。「一瞬も 一生も 美しく」「思い立ったが、父の日、母の日に

なる。」「がんばる人の、がんばらない時間」「バラ色でいくぜ」「私たちは、家族の温暖化に

賛成です。」「MAID IN DREAM」「汗水の価値」「ナケレバ、ツクレバ」等など。どうかした小

説より面白い広告コピーもあります。

バレンタインデーにふさわしいのがあったので、ひとつ全文紹介を。




人生が、ラブストーリーでありますように。


私は、「その人」との約束を破った。

生まれて初めて愛した異性。

生まれて初めてバレンタインデーに、

チョコレートを贈った相手。

完璧な人生の先輩。

愛妻の存在は知っていたけれど、私は本気だった。

なのに、だんだん欠点が見え始めた。

大切なときに、仕事、束縛。

年下の私をいつまでも子供あつかいにすることにも

我慢できなくなった。

会話が途切れた。

長い月日・・・。

そして大学を出た私には、他に好きな人が。

どこか「その人」に似ていた。

結婚を決意。

「その人」はただ黙っているだけだった。

式は、2月14日。

新しい恋人に私が愛を告白した日。

その朝、「その人」と二人っきりで会い、

お別れのチョコレートを贈った。

「約束を破ってごめんね」という言葉に、

「その人」と私は数年ぶりの笑顔をかわした。

バージンロードへ向かう私は、

守れなかった「約束」を心の中で繰り返していた。

「大きくなったらパパのお嫁さんになるの」


チョコレートで、愛を伝える日、

チョコレートは、明治。




娘を持つおじさんたちとしては、こんなのを読むと目がウルウルしてくるんですよね。

ところで、うちの娘からは何にも贈ってきませんが、皆さんはお父さんに義理チョコでも良

いから贈ってあげてね。





2012年2月13日 (月)

開高健「夏の闇」~「新潮」掲載から直筆原稿版そして司馬遼太郎追悼文

1

頼んでいた、開高健の直筆版が届きました。本当は、開高健記念会から出した、原稿用原

寸大をそのまま印刷したものが欲しかったのですが、700部の限定、気づいたときにはす

でに手遅れ。仕方ないので、新潮社から出版された「直筆原稿縮刷版」を買いました。

5


Ken_2


やはり、印刷とはいえそのままの字。直しも少なく、意外と読みやすく、少し丸っこい字が、

晩年の開高健を彷彿とさせます。

もちろん万年筆の字ですが、モンブラン社マイスターシュテック149番を使ったそうです。

私もある事情で買いましたが、20年ほど前6万円だったかな?ペン先も良いですね。

6 7

さて、この小説は「新潮 昭和46年10月号増大号」のために書き下ろされた小説です。

292ページのうち6~139ページを占めています。書き出しは、題があってそのまま本文

に入っています。

8


普及版の方は少し違って、本文にいる前に序文が入ります。昭和47年3月15日発行。


・・・・われはなんじの行為(おこない)を知る、

なんじは冷ややかにもあらず熱きにもあらず、われはむしろなんじが冷ややかならんか、

熱からんかを願う。 『黙示録』   (序文です。)


             

2_2

この後、昭和47年5月25日に特装版が出版されます。2500部の限定ですが、60部は

個人で買い取り検印の所に「私」と書いたそうです。多分知人の方に贈呈したのでしょう。

他の2440部は「ken」と書いてあり、自署、パラフィン紙で保護してあります。

この本フランス装丁本といって、小口が切ってありません。ペーパーナイフで切って読むも

のですが、もちろん私のも切らないままにしています。読むのは普及版で。

3_2

4_2 P2130310


この本にいたって開高健、初めて後書きを書いております。

『・・・前作の「輝ける闇」をだしてから三年ぶりである。三部作にするつもりでその第二部と

してかいた。』・・・・『第一部の「輝ける闇」が雄ネジだとすると、これは雌ねじである。そうで

なければならないのである。そうだとしてすべてをはこんだ』・・・・・・

これを読めば、書かれなかった小説はどんな小説だったのか。雌ねじと、雄ネジだけで、

他に何か入る余地があるのか?それだけで完結しているのではないか?


さて、開高健の葬儀の際、弔辞を読んだのは司馬遼太郎です。夫人の牧洋子さんから

依頼されたみたいです。この「文學界」で10ページに及ぶ長文の弔辞です。

9

『大兄の病篤し、との知らせを仄かにうかがった朝、天から舞い込むようにして「文學界」所

載「珠玉」がとどき、吸い寄せられるように読みました。第58頁、なにやら輪廻のごとき思

想的述懐がのべらているくだりにいたって奇しくも訃報に接しました。』にはじまる、名文と

も言っていいでしょう。この中で、日本文学における開高健の試みを「夏の闇」を中心として

語っていますのですが、


『ここで、思い出すことがあります。

大兄に最後にあったのは一昨々年1987年12月11日・・・夜半、別れるときに、大兄は、

はにかみをこめた笑顔で「いま、小説を書こうとしている」と話しました。ただひとことでし

た。大兄と小生のあいだで、小説とか文学とかいう言葉が用いられたのはこのときただ一

回きりで、それも二秒か三秒ほどのあいだでありました。小生は不用意にも、大声で答え

ました。

「やめればいいのに」』・・・・


『「やめればいいのに」ということばについて、小生は言い足りぬまま年をすごし、今

この場に立っています。いま、それを、言い足さなければならないと思っています。』

『・・・大兄は五十代の後半になっていました。さらにいえば「夏の闇」一作を書くだけで、天

が開高健に与えた才能の返礼は十分以上ではないかと思われたのです。それほど小生

は「夏の闇」気にいっていましたし、それを越えるものを書こうとするのは無駄だろうと思っ

たのです。以上が小生が言い足りなかったことどもです。』


「輝ける闇」を書いたのが、昭和47年、42歳の時。司馬遼太郎に「いま、小説を書こうとし

ている」と言ったのが昭和62年、57歳の時。この間15年、開高健は小説の構想を練って

いたのでしょうか。

それから2年後の平成元年死去。享年58歳。できていたらどんな小説だったのか。

死者は黙して語らず、残された我々は只追想するのみか。

最後の小説は「珠玉」まさに「珠玉」のような小説です。



2012年2月12日 (日)

この一曲~ベートーベン交響曲 第7番

7

ベートーベン交響曲第7番。ご存知ですね。ドラマの「のだめカンタービレ」の主題曲に使わ

れていた音楽です。千秋様がSオケで最初にタクトを振り、留学するときに最後にタクトを

振った曲です。


この曲、なんかで使われていた記憶があったので、DVDを借りてきて、見たらビンゴでし

た。(当時ちらっとしか見たこと無いのですが。)

確かめるために、第1巻しか借りて来なかったのですが、あまりに面白く、日本編の6巻、ヨ

ーロッパ編の2巻、完結編の2巻、一気に見ましたが、笑ったり、泣けたり、おまけに名曲の

説明までついていたり、学校音楽の時間はこのドラマを見せた方が、音楽好きの子どもが

増えるのではないでしょうか。


ベートーベンの交響曲というと3番「エロイカ」、5番「運命」、6番「田園」、9番「合唱付~歓喜

の歌」と、標題音楽の間に隠れて、なんとなく地味な存在でしたが、このドラマに取り上げら

れ少しは知られるようになったようです・・・


日本人はと言っても、外人の事は知りませんが、標題音楽が好きですね。「月光」「悲愴」

「未完成」「新世界」等々、題が分かった方が頭の中で何んとなく、その感じになるのでしょ

うが、フルトヴェングラーは「音楽とは、あくまで耳で聞くもので、頭の中で考えるものでは

ない。」と言っています。


この曲、初演当時はいろいろ評価があったそうで、ワーグナーは「舞踏の権化」、ウェーバ

ーは「ベートーベンは精神科行きだ」といい、北ドイツでは「あれは酔っ払いの音楽」と酷評

されたとロマン・ローランの著作に書いてあるそうです。


一時は、クラシックと言うとベートーベンでしたが、耳が不自由で、背が低く、醜男で、女に

もてなく、刻苦して音楽を書いたところが、明治以降の、列国に追いつき追い越せの勤勉

で努力家の日本人に合ったのでしょう。戦後、名曲喫茶というのがあり、私たちの一世代

前の方はそこで、ベートーベンを一生懸命聞いたそうですが。

砂川しげひさも「ベートーベンの音楽は人が苦境に立たされたときに、はじめて威光を放つ

種類の作品だということ・・・」と書いています。

「つべこべいわずに」良い題です。ベートーベンの音楽にピッタリ。

Photo


いま、ベートーベンを聴く人も少なくなって来ているようです。私たちの暮らしが不況、就職

氷河期と言われながらも、昔より良いのか、J-POP、TV、ゲームのおかげで感性が鈍って

きたのか。


余談になりますが、学校で映画鑑賞の時間があり、泣ける映画で、私も泣きながら見たの

ですが、明かりがついたら、ハンカチを出して泣いているのは先生ばかり、生徒はケロリと

したもので、子供の感性もここまで来たかと思うとガックリしましたが。


フルトベングラーではありませんが、標題音楽以外にも、耳だけを頼りに聞いていくと良い

音楽に出会えますよ。一緒を友とするような。



(参考:五味康祐著「音楽巡礼」 砂川しげひさ著「つべこべいわずにベートーベン」 ライナ

 ーノート)




2012年2月11日 (土)

雲仙市美術展覧会(第6回)見てきました

1

第6回雲仙市美術展覧会が開催。2月9日~12日(日)午後6時まで。場所は小浜町の体

育館です。本格的な美術館なんてない貧乏市ですから、体育館での開催です。


市展が良いのは、知っている方が出品していること。「この人まだ生きていたか。」とか

「お!少しはうまくなったな。」とか「書だけだと思ってたら、写真まで手を出したか、まあ、

昔から浮気性だったからな。」とかいろいろ見て歩くのは楽しいもの。


出品者は、県展の受賞者とか、審査員をされた方とか、中央での作品展で受賞された方と

か、かなりハイレベルなのもありす。

私も、図画の成績は2しか取ったことがありませんが、見るのは好きで、昔は月に2~3度

は福岡の美術館、博物館、ギャラリーを見てあるいた身。審美眼の成績があれば5だった

でしょう。


さて、上の絵はチョークの絵です。去年「チョークのある生物」が日展洋画部門で特選を取

った吾妻町出身の小野大輔さんのです。ちゃんと「チョーク絵です。触れただけで消えま

す。要注意」の注意書きが。黒い紙の上にチョークで書いてあったみたいでした。


可愛い写真ですね。

2

若い子も良いが、少し年増も良いな。てなことも思いながら・・・

3_2 4

この書、外人さんのです。「祭」。千々石と書いてありましたから多分、英会話スクールを

開いている方か、学校の外人の英語指導助手さんのかな?

前衛書道なら、私の方が少しはましかな。何しろ、普通に書いても前衛で、自分でも読めな

いからな。

5_2

光が反射して申し訳ありませんが、これを撮った方、心臓病があり、いつ死ぬか分からな

いからと言うことで、定年前に仕事を辞め、写真を撮り続けています。まだ、元気なようで

安心しました。良い写真ですね。

7_3

下が会場ですが、私のかみさんの絵も張ってあります。どれでしょう。去年より上手になっ

ているようですが、よく見るとかなり先生の筆が入ってますね。私の審美眼はごまかせま

せん。(写真をクリックすると拡大します。)

8

さて、開館時時間より少し早めに行ったので、近くをぶらぶらとしていたら、知らなかった

欲情、ではなく浴場が2つばかり。左は「長崎県まちづくり景観資産/源泉かけ流し/脇浜共

同浴場(通称 おたしゃん湯)」です。なんとも渋い感じの浴場。

右は、「上脇浴場」「部外者の入浴を固くお断りします」と書いてあったので、近くの人に聞く

と自治会で作った浴場とか。小さいながらも自治会で浴場を持っているとは、さすがに湯ど

ころ小浜町。

10_2 9

帰りがけの国道で下の看板を。よく見るとあの名門、世界チャンプも出した「角海老ボクシ

ングジム(現・角海老宝石ボクシングジム)」の古びてはいますが看板が。ちゃんとJR山手

線大塚駅と書いてありますが。何でここに?わざわざ東京からここまで貼りに来たのか

な?看板の絵がノスタルジックで良いですね。

11_2



2012年2月10日 (金)

ため池のオブジェクト~諫早市森山町上井牟田

1_2

2~3日前の長崎のNHKのローカル放送で放映していましたね。


長崎は諫早市森山町上井牟田というところのため池に、月替わりでオブジェクトが飾られ

ます。これは1月の分、辰年ということで龍、気合いが入っていますね。

作ったのはこの地域の土曜会という10名程度の飲み仲間(私の知り合いも入っています

が、)。なにか、やってみようと始まり、もう10年以上になるかと思います。

でも、良いですね。地域のつながりが薄れいくなか、何かしてみようかという気持ちは。

2

2月はバレンタインディーで「チョコレート」上の右側が少し囓られているのが何ともいえま

せん。


場所が分かりにくいので紹介を、国道251号線、長崎から愛野町まで行く途中、森山町に

入ると、地場産の物を売っている「旬屋」というのがありますから(地元の野菜なんか新鮮

で良い物を売ってますよ。バイキングもやってて1000円。時々行ってますが、なかなかで

す。)

そこから100メートルほど行くと、モーテルがありますから、そこの角を曲がって、モーテルに

は入らないで、そのまま坂を上がります。途中ゴルフ場に行く道がありますが、これも無

視。

急な狭い下り坂になりますから、注意して。坂を下れば分かれ道(県道124号線)になりま

すから、左に行ってください。すぐに分かります。


さて、NHKでもやってなかったのが。「幸せの鐘」

3_3

左の方、滑車の所にロープがありますから、引いてください。さあ、どうなるか。

「幸せの鐘を鳴らすのはあなた。」でも、ひとりでやっても味気ないですよ。恋する二人で

鳴らすのがベストでしょう。一人でやってみたら恥ずかしかった。


これは、愛野町~島原のグリーンロードの土手に見られます。国見町です。

多分、共同で草刈りをしたときにしたものではないでしょうか。「ファイヤー♡山の上 

Unzen」と書いてあります。山の上の地区の方でしょう。

4

こんな、遊び心を持ったものが、あちらこちら出てくれば世の中も楽しくなるんですがね。皆

さんの所もどうすか。





2012年2月 9日 (木)

便秘を治す81のワザ+α~小林暁子・読売新聞 大手小町編集部

Photo

便秘で悩む女性のかた多いみたいですね。NHKの「ためしてガッテン」でもやってみたいだ

し、その他、新聞、雑誌等でよく「便秘」ってタイトルをよく見ますが。


さて、この本、読売新聞の女性サイト「大手小町」の中の「発言小町」という掲示板がありま

すが、いろんな方の相談を投稿し、それに、いろんな方が自分の経験、解決法などを回答

して行くという掲示板です。

この本は、その中でも「便秘」について寄せられた悩みの、回答を集めたものですが、それ

に専門医の解説をプラスしたものです。なお、著者の小林暁子さんは、小林メディカル新

宿御苑院長さんです。


しかし、読んでいくとすごい便秘の方もいますね。『よく「一週間でなかったら倒れた」という

人がいるのですが、私たち母娘から見たら、超軽症の人がおおいですよ。』どんな母娘さ

んでしょう。


オリーブオイル、キシリトール、本屋さん、図書館にに入ると便意をもうよおす人が多いと

いうこと。バナナ、音楽療法、腹筋、浣腸のこと、オリゴ糖、ヨーグルトに含まれる乳酸菌に

もいろいろあって、人によって合うのと合わないのとがある事、納豆、発芽玄米のことなど

81のワザが書いてあります。


わたしも、以前少し便秘気味で、2~3日に1回、30分ほどしゃがんでいた経験がありま

す。整腸剤やお医者さんから薬をもらって飲んだのですが、出るには出るが、何か残って

いるような不快感を持っていました。整腸剤はしばらくは良かったのですが・・・


今は、愛するかみさんが、ニンジンとリンゴでジュースを作り、ヨーグルトとバナナを食べて

いますが、ほぼ順調にいっています。

とにかく、この本81のワザが書いてありますから「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」で取り組ん

でみてはかがでしょう。


2012年2月 8日 (水)

「ユゴーの不思議な発明」そして「トリックものがたり」

Photo

本屋で立ち読みして、面白そうだったので買ってみました。

腰巻きをみると、失礼、本に帯があっていろいろ宣伝が書いてありますが、あれを業界用

語で腰巻きと言います(色っぽいでしょう)。

映画化された本。腰巻きの後ろを見ると、「アメリカで最も素晴らしい絵本に贈られる賞 コ

ールデコット賞金賞受賞」と書いてありますが、全くの絵本ではありません。

すこし、変わった本で、530ページの中で、絵が続くと思ったら文章になったり、又絵が続

いたり、絵は300点あまりです。


主人公は、時計屋を経営しながら、古い博物館で、時計の手入れをしている父を持つユゴ

ーという少年。

時代は、20世紀初め。

ユゴーの父は偶然に博物館で誰も覚えていない、ほこりを被った、字を書くからくり人形

を見つけ、修理をはじめ、人形をスケッチしたノートをユゴーに贈るが、博物館が火事にあ

い、ユゴーの父も巻き込まれ死んでしまう。物語はここからいろいろ展開しますが、ユゴー

少年はからくり人形を修理し、動かしてみる。

そして、人形が書いたのがルミエール兄弟が映画を発明し、その映画初期で活躍したメリ

エスの映画の一場面の絵と、ジョルジュ・メリエスの署名。

ここで、ひとつの物語が終わるが、ここからもう一つ、ここからこのメリエスの物語が始まり

ます。もちろん、メリエスは出てきますが、フィクションの話です。

そして、この本、文章の最後のページ読んだら、「え!」と言いますよ。

さて、この本を読んで思い出したのが「からくり人形」について書いてある本。

Torikkumonogatari

この本に「チェスをする自動人形」というのが書いてあります。著者は松田道弘さん。

十八世紀末、時計技術の発達と共にゼンマイ仕掛けの自動人形が多く作られたみたいで

すが、人間と実際のチェスの試合をする人形は人々にショックを与えたそうです。

もちろんこの時代コンピューターがあるわけではなく、仕掛けはあるのですが・・・


人形を作ったハンガリー生まれの技師ケンプレは「実にくだらない何の実用価値もありま

せん。ただ大胆な思いつきと、幻想(イルージョン)を生み出す手順がうまく組み合わされた

ので、見る人の目をおどろかす効果をつくりだせたのです」と答えたそうです。


要するに、チェスのうまい人間が隠れているのですが、実演前に機械の中を全部見せてし

まうというやり方がうまかったのでしょう。今でも、マジックの前に箱の中を全部見せて、人

間やライオンを出すということをしますが、同じような事だったのでしょう。

ただし、学者たちには論議があったそうです。ユリーゲラーの手品と同じですね。

マリア・テレジア、ナポレオン、ベンジャミン・フランクリンも、フレッド大王、英国のジョージ4

世も見物をしたそうですが。


ケンプレの死後メルツェルという機械技師が人形を買い受け興業をし大成功。メルツェル

の死後人の手を転々として、最後はフィラデルフィアの中国博物館に寄贈されたそうです

が、1854年6月5日ナショナル劇場から火事が起こり、中国博物館にもおよび、焼けてし

まったそうです。ひょうっとしたら「ユゴー」の方もこの話に影響を受けたのかな?


さて、「このとりっくものがたり」の「チェスをする自動人形」の項目の次になんと「光の錬金

術師ジョルジュ・メリエスのトリック地獄」。「ユゴーの不思議な発明」の主要人物のひとりで

す。

メリエスの時代、奇術が全盛期を迎えていたそうですが、もちろん熱心に通ったそうです。

その後、劇場を買い取り、経営者になりましたが、リュミエールの映画を見、買い取ろうとし

ましたが失敗。別口で、機械を手に入れ自分で映画を作り、自分の劇場で上映したそうで

す。

メリエスの映画についてはYou Tubedで代表作の「月世界旅行」少しばかり見られます

が、世界最初のSF映画です。


メリエスの映画は、奇術の影響を受け、椅子に座った女性が消えるとか、小さなトランクの

中から机、椅子、子供、奥さんまで出すというようなものです。今では子供でもわかる映画

のトリックですが、当時としてはみんな驚いたようです。メリエスはこの後不幸が続き、養

老院に入り亡くなったそうです。


「ユゴー」の不思議な発明」は前半は「からくり人形」、後半は「メリエス」のこと。

「とりっくものがたり」も「からくり人形」話の後に「メリエス」のこと。

偶然のことでしょうか?何となく、狐につままれたみたいな日でした。


(参考:とりっくものがたり~著者:松田道弘)


2012年2月 7日 (火)

”史上最短”の民話~開高健講演会より

Photo_2

開高健講演会のカセットブック。2巻になっています。

今日、本の整理をしていたら出てきました。発売1990年。22年前のカセットです。

第1巻が41歳、第2巻が53歳の時の講演会の録音です。

開高健を読み出したのが、高校生の時。対談集「悠々として急げ」の裏表紙の言葉。



Festina Lente

古語に《フェスティナ・レンテ》という。

悠々として急げ、の意である。

もとはこれ、ある王様の治政の座右の銘だったと伝えられるが、

衆庶の日常必須心得としたいものである(著者のことばより)


これを読んで《フェスティナ・レンテ》という言葉はいつも頭の中に響いていたものでした。

もっとも、悠々としすぎてこの歳になってしまいましたが。


第1巻は「経験・言葉・虚構」。41歳の時の講演会。

・”史上最短”の民話

・ライオンという言葉を発明した男

・作家は全て人間主義者

・「文学」は病の産物か?


第2巻は「地球を歩く」

・セーヌの下のウンチ

・戦争レポーターをやめたわけ

・アマゾンは現代文明爛熟の地

・地球から酸素がなくなる


さて、”史上最短”の民話はこう始まります。言葉、虚構と言うことを考えるたびに、ひとつ

の事を思い出す。

プリンストン大学、ハーバード大学、東京大学の言語学、民話学の研究者が、人口数十人

の沖縄のある島に研究に行って、取材が終わり、帰ろうとしたとき、老人が追ってきて

「家に帰ったら、これくらいの虫がいました。」と言ったそうです。研究者は、老人が家に帰

って戸を開けたら、ムカデみたいな長い虫がいたのかと思ったら、どうも違うみたい。良く聞

くと「家に帰ったら、これくらいの虫がいました」というのが民話だったそうです。ただそれだ

けの。

これには、プリンストンも、ハーバードも、東京大学もひっくり返って、呆然としたそうです。

民話は家庭等の現世のバリエーションがあって、別の世界を作っていくもの。

開高健、奄美大島で落ち合って、この話を聞き、研究者にどんなことかと尋ねても呆然とし

たままだったそうです。

開高健「民話コンクールがあったら一位になっただろう」「どんなシュールレアリズムの詩を

もってもかなわないだろう。」とも語っています。そして「いまだに謎のように漂う」


しかし、便利な民話ですね。「いいこと、お話をしてあげるからすぐ寝るのよ。家に帰った

ら、これくらいの虫がいました。おしまい。お休みなさい」使ってみませんか?


私も短いお話が得意で、子供によく聞かせたものです。「昔々、ある所に、おじいさんとお

ばあさんがおりませんでした。おしまい。」「相撲で熊に負けた金太郎は泣いて帰りました。

おしまい。」「桃を切ろうとしたおばあさんは誤って手を切ってしまいました。おしまい。」こん

な話ばかりしていたので、少し変わった大人になったのかな?

皆さんはちゃんとお話してあげてくださいね。


第2巻のテープは切れてしまって聞かれませんでした。残念。


「家に帰ったら、これくらいの虫がいました。」

何なんでしょう。でも、なにか面白いな。「家に帰ったら、これくらいの虫がいました」か。

 

2012年2月 6日 (月)

高岩山登山~豪華昼食(南島原市西有家町・雲仙市小浜町雲仙)

Photo

さて、先月の30日少し寒かったのですが、天気も良く、少しムズムズしはじめ。と言って

も、あちらの方でなく、足が。心臓病を持つ以前は休みごと雲仙、多良岳あたりをウロウロ

していたのですが。


さて、無理せず気楽に登れるといったら、宝原から登る高岩山。あそこなら、まあ大丈夫だ

ろうと出かけました。

高岩山といったら、大きな岩が山頂付近に多く、外国人から「ロッキーヒル」と呼ばれてい

たそうです。山頂からは、島原半島の南部から天草地方まで眺められます。この日は少し

霞んでいて残念。この一帯は修験道の修行の場所でもあったそうです。

また、近年は西有家町がこの山に住んでいたと言われる、大男伝説の「みそ五郎」を町

おこしのシンボルともしています。(島原半島一帯、諫早地方もみそ五郎伝説はたくさんあ

るのですが。)

Photo_2 Photo_3

これは、山頂にあったミニ五郎。

Photo_5

道は山頂まで良いのですが。やはりそこは山。段々と急坂に。昔だったら高下駄を履いて

走って登れるくらいの感じだったのですが。少しずつ心臓がパコパコと。帰ろうかと思って

携帯電話みると、アンテナが三本立っていたので、まあ、いざとなったら救急車のお世話に

なろうかとそのまま登りました。

Photo_7 Photo_29

途中でこんな標識が、「奧」というと、引かれるのが私「奧」にはなにがあるのかな。

いいな、「奥の院」。新宿の某所の某サービス業の店もこんな名前だったかな?

でも「一夜大師」なにかいわれがあったのをどこかで読んだのだが・・・・

少し入り込んだのですが、道がよく分からず断念。

Photo_10

高岩山の山頂ですが、もう少し行くと岩戸神社です。

Photo_24


山頂付近は大きな岩がゴロゴロ。

Photo_12 Photo_13

やっと無事つきました。中には「保食神」が祀られているそうです。

普賢の山岳信仰から推して、大宝(701)~神亀(727)年に創建されたと推測されている

そうです。

Photo_17

地元の方でしょうか、お供え物が。ただ、上を見ると落書きをしていく馬鹿が。

 Photo_21 Photo_20

正面の左が妙見岳、右が平成新山、普賢岳です。眺めは抜群。

Photo_22

さて、登るときから登山用のステッキを持ってくればと思っていたのですが、登り口に杖代

わりの竹や木の枝が。気づきませんでした。

Photo_23

見慣れないものが置いてあると思ったら、登山者の数をカウンターする器械でした。

行ったり来たりして、数を上げようかと思ったのですが、この年になってと思い止めました。

2 Photo_25

宝原の写真ですが、まだ左右に広がっています。ツツジの名所です。

案内板によると、雲仙のツツジは島原藩時代から守られていたそうです。

元禄6年、安永4年に下のような制札が立てられたそうです。

禁  札

一 是により境地内、諸殺生のこと

二 みだりに竹木、伐採のこと

  付、躑躅堀とり、並びに花おりとること

三 野原、放火のこと 

 右の條を堅く守るべきことなり

        安永四年二月    主  殿

 

2_3

さて、帰ってもかみさんはいないし、思い切ってホテルでお食事といきました。

豪華なところでしょう。そのはず、九州ホテルのレストラン「百年ダイニング」です。

九州ホテルというと、昭和天皇(確か現皇太子殿下ご夫妻も)を初めとして、ノーベル賞を

取り詩聖といわれたインド人のタゴール、岡本太郎、松本清張、星野哲郎、深作欣二等々

有名人が泊まった由緒あるホテルです。

豪華な雰囲気。思い切って豪華に一番安い「ハッシュドビーフ」を頼みました。家で作るとき

は豚肉か鶏で誤魔化しますが、本物の「ビーフ」がたっぷり。(本当に気が小さい事。「一番

高いやつを」と言いたいのですが。)

Photo_26 Photo_27

ここから眼下に、もうすぐ私が行く「地獄」がよく見えました。

Photo_28

無事今日も一日生き延びました。感謝、感謝。

(参考:西有家郷土誌 各掲示板)

2012年2月 5日 (日)

この一曲~Me and Bobby McGee/ジャニス・ジョプリン 

Photo


ジャニス・ジョプリンこの名前を覚えている人は少なくなってきているでしょう。1960年代

のロックシンガーを代表するひとりです。映画「ローズ」のモデルです。


作詞作曲はクリス・クリストファソン。ロース奨学生(ケネディ、クリントン等もこの奨学生)、

オックスフォードヘ留学。ヘリコプターの操縦士として退役後、陸軍士官学校の英語教授に

なるが、1965年ドロップアウト、ソングライターに。


「Frrdom's just another word.For nothing left to lose.」

「自由とは、別の言葉で言うと、失うものが何もないこと。」有名なフレーズです。

私はこの曲を聴くたびに、先日書いた、シルヴァスタインの「ぼくを探しに」を思い出すので

す。

この曲の2番。少し長いですが。



「Me and Bobby McGee」2番

ケンタッキーの炭鉱地帯から

カリフォルニアの太陽の話まで

ボビーとアタシは

どこまでも気があったわ

どんな天気になっても

何が起こっても

そうよアタシのボビーは

全世界からアタシを守ってたわ

ある日サリーナ近くで

彼と別れたの

彼は生まれ故郷を探していたのよ

うまく見つかったのならいいけれど・・・

でもアタシの思い出の内のたった一日のために

未来のすべてを売り払っても良いわ

ボビーの体に

ぴったり寄り添うためになら・・・

自由ってことは

失う物がなにもないってこと

何もない・・・ボビーは行ってしまったわ

(訳:竹内邦愛)



ボビーと別れた”me”。

”missing piece”を探しに出た”ぼく”は、ついにぴったりした”missing pice”をみつけ、快適

に旅を続けるが、別れていく。

自由ってことは、失うことが何もないってこと。”missing piece”がある限り”ぼく”は自由でな

いし、”ボビー”がいる限り、”me”は自由でない、なぜなら両方がいる限り、失う物があるか

ら。愛する者を失っても自由が良いのか。不自由でも愛する者を持っていた方が良いの

か。


長田弘著「アメリカ心の歌」にはこう書いてある。要約すると、ジャニス最後のカナダツァー

に出たとき、汽車の中で誰かがジャニスにギターを手渡す。「わたしだけが知っている曲は

一つきり」・・・ジャニスは「ミー・アンド・ボビー・マッギーを」うたいだす。・・・そしてこの歌が

われわれの国歌であるかのように、とジャニスの最後の日々の記録(デイヴィド・ドルトン「

ジャニス~ブルースに死す」田川律・板倉まり訳)は伝える。旅のあいだずっと、われわれ

は何百回も歌った。


ジャニスは何を考えながらこの歌を歌っていたのか。


ジャニス1943年生まれ、1970年27歳であまりにも早い死。シルヴァスタイン1930年

生まれ。「ぼくを探しに」が書かれたのが1976年。はやり、1960年~1975年までのベト

ナム戦争があの時代に大きな影を落としていたのでしょう。あの混沌とした時代を生きてき

た者しか分からないかも知れません。


さて、「捨離断」というのが流行っていますが、ひょっとしたらみんな「自由ってことは、失う

ことが何にもないっていうこと」を心のどこかで求めているのでは・・・


私も「捨離断」したいのですが、捨てられるのは私の方かな。かみさんから。

ともあれ、天国のジャニスよ2000年代に生きる我々が、失うものをなんと多く持ちすぎた

ことか。

2012年2月 4日 (土)

岩戸神社(パワースポット)もう一つの道~昔の道を辿って(雲仙市瑞穂町)

1_2 2

パワースポットで有名な雲仙市瑞穂町の岩戸神社です。


愛野方面から、島原まで行くのには、海沿いの国道、山の中腹を走るグリーンロードがお

もに使われていますが。もう一本、グリンロードの上に、県道58号線、俗称開拓道路。愛

野の峠に「TAYA」やコンビニなどがありますが、そこのガソリンスタンドから、愛野のゴル

フ場に行く道です。島原まで通じています。

あまり広い道ではありませんが、こんな道ですが、3メートルほどのミニ滝があったり、

3   4

地元の方が作ったのでしょう。展望所があったり。

5 6

先日、島原に用事で行くとき時間があったので、何年かぶりにこの道を走って見ました。

途中で立派な鳥居が。

7

どこの神社かと思って、見たらなんと岩戸神社の鳥居でした。

8

普通、グリーンロードから雲仙方面に上がって行くのですが、おかしいなと思っていた

ら、、この鳥居の横で女性の方が洗濯物を干していたので、聞いてみました。鳥居はその

家の方のものだとか。


昔は岩戸神社に行くのにこの道を行ったそうです。いまは、グリーンロードから、雲仙に

行く道ができ、そちらから行っていますが、本来の道はこの道だそうです。昔は、山道とい

うか、もっとひどい道だったそうで、川もあるので岩を飛び飛びに歩きながら神社まで行っ

たそうです。よっぽどすごい道だったのでしょう。神社の穴には狸の親子も住んでいたよう

なところだったそうです。

別の方に聞いたら、この鳥居ができるまでは、特に鳥居などもなかったとか。全国的に有

名になったのはここ数年でしょう。

鳥居の近くに古ぼけた看板があったので読んでみると。「岩戸神社ご案内/瑞穂町西郷駅

より約600メートル/駅前バス停から大鳥居までバスの便あり/大鳥居から岩戸ガーデン

まで約400メートル/それから拝殿まで約300メートルです」と読めました。

いまは、バスは通っているのかな?


さて、道が整備されたため、この鳥居を通って車までも行けると言うことで、行ったら数百

メートルは狭い道。それを過ぎると大きな道に出ました。少し行くと「水郷の里」という公

園が道の左手にありました。

10_2 11

川を利用した公園で、水車まで作ってありました(冬なので止めてありましたが)。

近頃の子供は川で水遊びもしないようですが、夏はここで水遊びをさせると喜ぶかも。

駐車場、トイレ完備です。コンクリートと石造りの小さなプールもありました(冬のせいか水

は抜いてありましたが)。


少し行くと、役の小角の石像が。(写真クリックすると拡大します。)

13 12

グリーンロードからの道では気づかないでしょう。水が飲めるようになっているので、一

口。思ったより温かい。神社の入り口のすぐ下の方です。まっすぐ行くと神社の入り口。

ここまで来たので、神社まで。こちらの穴に狸が住んでいたのかな?

14

9

多分、愛野から行くと曲がりくねった道で遠いので、国見から百花台に行く道に、この看板

がありますから、愛野と書いた方へ行く方が良いでしょう10Km弱くらいだったかな。


帰りがけは美人豆腐の食堂であつあつの「厚揚げ豆腐定食」を。土産は隣にある「雲仙ど

まんなか」の店で雲仙ブランドあかね豚を使った角煮まんじゅうと、揚げたてのコロッケ

を。ここの、コロッケは本当ににうまかった。

15 16


2012年2月 3日 (金)

島原城下ひなめぐり~島原市

  1

今日は寒い、寒い。でも、昼から島原の病院へ。ちょうど「第8回しまばら城下ひなめぐり」

が開催されていたので見物してきました。

島原城の「観光復興記念館」をはじめ、商店街の各店に、古い時代、現代、創作のおひな

さまが飾られていました。

期日は3月11日までです。イベント等も詳しくはインターネットでも案内があっております

ので、クリックしてご覧ください。 「島原城下ひなめぐり」


珍しかったのが、島原城内にある復興記念館に置いてあった、「押し絵雛」。説明によると

「厚紙でこしらえた花鳥などの方に、布帛(ふはく)を貼り、綿を入れて凸凹を表現」したも

のだそうです。島原地方の一部の家庭でも作られていたそうですが、白山サダさんが明治

中頃から昭和7、8年頃までオリジナルの押し絵雛を製作して発売したそうです。

ところで、皆さんのところは男雛、女雛の左右はどうしますか。これも説明がしてありました

が、「左上位であった宮廷儀式の伝統」で女雛が右、男雛が左だそうです。今は、逆にな

っているのかな?

これが押し絵雛です。

2

横から見ると。分かりますね。

3

さて、後はいろんなところの写真を撮ってきましたので、おひな様のオンパレードです。

おひな様もいろいろあって面白いですよ。各写真クリックすると拡大しますからお楽しみ

を。

4 5

6 7

8 9

10 11

12 13

14 15

16 17

Photo Photo_2

Photo_3 Photo_5

Photo_7 Photo_8

Photo_9  Photo_11

まだありますが、後は自分で行って見てください。商店街の方は、「あれ、こんなところに

と」気づき難いところにある事もあるのでご注意を。


さて、この間島原城の梅林に探梅に行ったのですが。この間は咲いてなかったので・・・

Photo_12 Photo_13

ありました。4,5輪ですが。まだ、咲ききれない冬の中、数輪の花を求めた歩く探梅。

寒い中だったのですが、見つけたときはうれしかったですね。


探梅や記念スタンプしかと押し  谷野由紀子

探梅行話題のつくるところまで  渡辺民新

探梅やここまでくればあきらめも  平子公一


島原では、一年中正月のしめ縄をつけた家があります。

Photo_14 Photo_15

これは、私の家は切支丹ではないよとアピールしたものだそうです。今になっても、その

風習を受け継いでいる家が見受けられます。


さて、森岳商店街を歩いていると面白いものを見つけました。

Photo_16

左側の、像です。

P2030543

「布袋尊」だそうです。『「布袋さん」のおなかをなであげて下さい。元気がもらえます。』と書

いてありました。もちろん私もなでてて来ました。でも、私、弁天様の方が良いんだがな。


さて、雛巡り、湧水巡り、その他調べて見に行けば、島原は面白いですよ。島原城の隠れ

切支丹の資料なんかすごい。撮影禁止で、紹介できないのが残念ですが。

天気が良い日は是非島原へどうぞ。今日はさむくて、根性で回ってきましたが。


2012年2月 2日 (木)

携帯換えました

P2020449

今日は雪が降ったりやんだり、東北、北陸の方から見れば雪のうちには、はいらないので

しょうが、雪は雪。森山図書館に用事があり、開館前にマイウォーキングロードを歩いてい

たら、ビオラが雪を被り必死に耐えているようでした。「雪に耐えるビオラ、かみさんに耐え

る私」と言うところか。


さて、本日は携帯電話を換えに行きました。なにせ、鍵束と一緒にポケットに入れる癖が

あり、ガチャガチャに傷ついたものですから、換えることにしました。

P2020455

 Fー04Dですね。何となく大人の雰囲気。良いのか悪いのか分かりませんが、店に入

った瞬間目と目が合ったのです。 調べてみると、リアルマテリアル&タフシールド(何

のこっちゃ?)。説明を見ると、「キズに強い本物素材」「F1のレーシングカーなどにも使用

されるほど、軽量でありながら強靱性に優れた本物素材」。なんとカーボンファイバー製。

私にピッタリではありませんか。これで、安心して鍵束と一緒にポケットに入れても大丈

夫。

P2020457

さて、カウンターに行って申し込み。例のごとく「身分証明書を」。何気なく前に書いた「全

国亭主関白協会会員書」を出してみたら、「これでは」と断られました。「全亭協」の力も

docomoまでには及びませんでした。それではと、雲仙市と諫早市の「図書館カード」を出し

たらもちろん。あんまり、茶化してもと思い、運転免許証を出しましたが。

もちろん現金で一括払い。なにせ僕らの時代「いつもニコニコ現金払い、安くてどうもすみ

ませ~ん」ですから。これ知らない?先代の林家三平さんがやっていたCMです。


さて、中国のことわざに「一時間幸せになりたかったら、酒を飲みなさい。3日間幸せに

なりたかったら、結婚しなさい。8日間幸せになりたかったら、豚を殺して食べなさい

永遠に幸せになりたかったら、釣りを覚えなさい。」と言うのが、開高健の本に書いてあ

りましたが、開高健さん何しろ釣りキチなので、引用したのでしょう。

でも、3日ごとに結婚し直せば一生幸せになれるのかな?


携帯も以前と違い機能がたくさん。使いこなせるのにまで1週間ほどは人生を楽しめる

ところで、以前は日本語で書いてありながら、なにが書いてあるか分からない、分厚い解

説書が近頃はついてなくて、使い方も携帯にインストールしてあったりして、あの解説書

があれば、謎を解くまでの一ト月くらいは楽しめたのにな

2012年2月 1日 (水)

「ぼくを探しに」「ビッグオーとの出会い」「人間になりかけたライオン」~シェル・シルヴァスタイン

Photo

出だしが好きです。

「だめな人と だめでない人のために」

1976年出版。シルヴァスタイン46才の時の作品です。

ベストセラーになりました。あの頃はアイデンティティーの確立なんて言葉が流行っててそ

のような読まれ方もしていたようでした。

読まれた方も多いでしょうが、この円の欠けた部分(missing pice)を探しにいき、ついに出

会ったけれど、又別れていくという物語でした。


シルヴァスタインは1970年にスーザン・ヘイスティングス(結婚はしておりません)という女

性の間にショシャンナという女の子をもうけていますが、スーザンは1975年に死去してい

ます。なお、娘も1982年には娘も死去をしています。

Photo_2

1981年出版。51才の時の作品です。

今度は、このmissing piece 三角形みたいなのが自分に合うのを、待ち続け、ついに「ビッ

グオー」に出合いますが、ビッグ・オーは完全な球体。missing pieceはビッグ・オーから教

えられ、段々転がりながら、少しずつ角が取れ、丸くなり、自分で転がり始める。


さて、この2冊の本、いつも行っている図書館に借りに行ったのですが、児童文学のところ

では見つからず、図書館の方に訪ねたら、一般書の中に置いてありました。他の図書館

も調べてみると、児童文学のところにある図書館、青少年年向けのところにある図書館、

一般図書のところにある図書館、様々でした。判断に苦しむのでしょう。


訳者の倉橋由美子さんは「大人の童話」ととらえています。後書きに、こう書いてありま

す。

「大人のための童話というのは形容矛盾に聞こえるが、考えてみると大人の大部分はうま

く大人のふりをしていけるようになった子供か、それがうまくできないでいる子供か、その

いずれかであって、文学の中にはもっぱらこの子供の方に訴える型のものがある。その

種のものは大人が読むための童話である。」


さて、この円形のものとmissing pieceはどちらが男で、どちらが女と考えますか?倉橋由

美子さんのビッグ・オーの後書きを読んで、なるほどと思いました。知りたい方は、読んで

ね。

Photo_3

1963年出版。33歳の時の作品です。

この本はあまり、読んでないと思います。

あるライオン(後でラフカディオと名付けられます)がライオン狩りに来たハンターの銃を奪

い、それを練習し、見事な曲打ちまで覚え、サーカスの親方にスカウトされ、大成功。なん

と億万長者までになり、何でも手に入れるのですが、すべてに飽いてしまい、シェルヴィー

おじさんに(知り合いになったおじさんシルヴァスタインのこと)に言います。「何でも、という

ことは何でもということにならないんだ」と言って涙を流します。

サーカスの親方に誘われ狩りに行くが、昔なじみのライオンと出会い、ハンターからは撃

てといわれ、昔なじみのライオンからはハンターを食ってやれと言われ、板ばさみになり、

ラフカディオは銃を置き去って行く。


「ラフカディオはどこへ行くのか自分にも分からなかった。でもどこかに向かっているのは

分かっていた。みんなどこかへ向かうしかないものだ。

これからどうなるのか、ラフカディオには分からなかった、何かが起こることは分かってい

た。いつも何かが起こるのだ。」


この3冊にていませんか?

「僕をさがしに」の「僕」も「ビッグ・オ-」も「みんなどこかへ向かうしかないものだ。」

33歳、46歳、51歳の時の作品ですが、一貫したものがあるようです。

シルヴァスタインの本、結末ははっきりしません。解釈は各人のものでしょう。つまらない

事考えないで、そのまま読んだ方が面白いような気がしました。

Photo_4

   「みんなどこかへ向かうしかないものだ。」




(参考:あとがき~倉橋由美子/「おおきな木」の贈りもの~マイケル・G・ボーガン著

 水谷阿紀子訳)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

フォト
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ